映画「予期せぬ出来事」のランキング情報

総合評価E
0.00
評価数:8
全映画の平均
(評価:2.58、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数人
YAHOO 3.13評価数8人
ぽすれん0.00評価数---人
DMM 0.00評価数---人
楽天 0.00評価数---人
ぴあ 0.00評価数---人
映画.com0.00評価数---人
予期せぬ出来事
霧のロンドン空港で初めて知った愛情の烈しさ美しさ!ヒースロー空港VIPラウンジに、出発前の乗客が集まってきた。有名な映画プロデューサーのマックス・ブーダ(オーソン・ウェルズ)と女優のグロリア(エリザ・マルティネリ)、ブライトン公爵夫人(マーガレット・ラザフォード)、妻のフランシス(エリザベス・テイラー)を見送りに来たやり手の実業家、ポール・アンドロス(リチャード・バートン)、そしてトラクター会社を経営するマングラム(ロッド・テイラー)と秘書のミード(マギー・スミス)。VIPラウンジの面々はそれぞれに事情を抱えていた。ブーダは、税脱税目的で、今日中にイギリスを離れる必要があり、ブライトン夫人は、城の維持費を稼ぐためにマイアミのホテルの渉外担当の職に就く予定だった。フランシスは、ポールの愛を信じることができず、ジゴロのギャンブラー、マーク(ルイ・ジュールダン)と駆け落ちすることを決心していた。、大手から敵対的買収を仕掛けられているマングラムはNYでの取締役会に出席する前に、裏切りにより保証のない小切手を発行する羽目に陥っていた。霧による視界不良で出発の延期がアナウンスされる。フランシスが置いてきた手紙を読んだポールが現れ、マークに小切手を突きつけ、別れるように迫るが、マークはそれを拒否する。マングラムは小切手の保証を断られ、買収を受け入れるしか方法はなくなっていた。マックスは、グロリアに会社を設立させ、そこに利益を寄付することで罰金を逃れることを思いつくが、そのためにはグロリアと結婚しなければならなかった。結局、フライトは明日の朝となって。ホテルに案内された一行は、それぞれに眠れない夜を過ごすことになる。ヒースロー空港のVIPラウンジを舞台にした、オールスターキャストの群像劇。それぞれの登場人物が真実の愛と幸福に気付くまでを情感を込めて描く。

ヒューマンドラマ


「予期せぬ出来事」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第17144位(26368件中)
1963年
第126位(586件中)
洋画
第15197位(32754件中)
イギリス
第1700位(3314件中)
1960年代
第1241位(5757件中)
第36回アカデミー賞(1964年開催)
第10位(12件中)
第21回ゴールデン・グローブ賞(1963年開催)
第7位(8件中)
アンソニー・アスクィス監督が制作
第3位(12件中)
リチャード・バートンが出演
第17位(39件中)
ルイ・ジュールダンが出演
第6位(25件中)
エリザベス・テイラーが出演
第19位(36件中)
マーガレット・ラザフォードが出演
第2位(9件中)

スポンサードリンク