全8作品。第21回ゴールデン・グローブ賞(1963年開催)の映画ランキング

  1. 野のユリ

    野のユリ
    評価:A3.97
    アカデミー賞(1964年・主演男優賞)ウィリアム・E・バレットの原作を「八十日間世界一周」(アカデミー賞)のジェームズ・ポーが脚色、TV出身のラルフ・ネルソンが製作・演出したヒューマニズムドラマ。撮影は「風と共に去りぬ」(アカデミー賞)のアーネスト・ホーラー、音楽は「マンハッタン物語」のジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「長い船団」のシドニー・ポワチエ、TV「プレイハウス90」のリリア・スカラ、フランセスカ・ジャービス、アイサ・クリノ、リザ・マン、パメラ・ブランチ、「ティファニーで朝食を」のスタンリー・アダムスなど。

    ヒューマンドラマ、シスター

    ネット上の声

    NO.52「の」のつく元気になった洋画
    歌あり、笑いあり、人情あり、感動あり
    癒されたい人にお勧めの映画です
    こんなにポップだったぁあ?!
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:ラルフ・ネルソン
    主演:シドニー・ポワチエ
    1
  2. あなただけ今晩は

    あなただけ今晩は
    評価:A3.84
    アカデミー賞(1964年・作曲賞) 「アパートの鍵貸します」のスタッフとキャストが再び揃って制作された、ヒット・ミュージカルを基にしたラブ・コメディ。世間知らずの警官がパリの娼婦街に配属され、生真面目さも手伝って早々にガサ入れを行ってしまう。

    コメディ、恋愛

    ネット上の声

    掛け値なしに楽しめる作品
    古くて新しいラブコメ
    シャーリーマクレーンの魅力は生きてたが後半がかなり悪乗りぎみ
    アパートの鍵貸しますには及ばないにしても存分に楽しめる良作
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:ジャック・レモン
    2
  3. 地下室のメロディー

    地下室のメロディー
    評価:C3.48
    ゴールデン・グローブ賞(1963年)監督はギャバンとベルモンドを組ませた「冬の猿」や「野獣は放たれた」のアンリ・ヴェルヌイユ。主演者には「ギャンブルの王様」のジャン・ギャバンと「太陽はひとりぼっち」のアラン・ドロン。またギャバンの女房に「地の果てを行く」「我等の仲間」でギャバンと名コンビをうたわれたヴィヴィアーヌ・ロマンス。カジノの踊り子でドロンの手管にかかって利用される女ブリジットに「地下鉄のザジ」のグラマー、カルラ・マルリエ、ドロンの義兄ルイにモーリス・ビローが扮している。撮影には「ヘッドライト」のルイ・パージュ、ファンキィなモダンジャズのフィーリングをきかせた音楽は「戦士の休息」のミシェル・マーニュ、そしてシナリオは「殺…

    ヒューマンドラマ、アクション

    ネット上の声

    知らずに刑事が犯人のすぐ後ろで喋る緊張感
    渋い!格好良い!本当悪人がよく似合う!
    名優☆ 名曲☆ 名ラストシーン☆
    ただの犯罪映画とは違う深み
    製作年:1963
    製作国:フランス
    監督:アンリ・ヴェルヌイユ
    主演:ジャン・ギャバン
    3
  4. 昨日・今日・明日

    昨日・今日・明日
    評価:C3.43
    アカデミー賞(1965年) S・ローレン、M・マストロヤンニが共通して主演する、3話からなるオムニバス。妊娠中の女性は法を犯しても罪を免れるため、夫に頑張らせて妊娠し続ける主人公を描く第1話「アデリーナ」。

    コメディ

    ネット上の声

    ソフィアとマルチェロの三変化。面白い!
    デ・シーカ監督のおおらかな人間賛歌
    女が強いのは、イタリアも同じ
    ソフィア・ローレン魅力満載
    製作年:1963
    製作国:イタリア/アメリカ
    監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
    主演:ソフィア・ローレン
    4
  5. アメリカ アメリカ

    アメリカ アメリカ
    評価:C3.32
    アカデミー賞(1964年) アメリカにあこがれるギリシャの青年が、幾多の困難を乗り越えながら、ついに夢を果たすまでを描いた長編映画。原作はカザン自身が一族の話を基に書いた同名小説。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    自伝を基にした映画。
    見ごたえあるドラマ
    アメリカアメリカ
    トルコ人とアルメリア人
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:スタティス・ヒアレリス
    5
  6. トム・ジョーンズの華麗な冒険

    トム・ジョーンズの華麗な冒険
    評価:D3.04
    アカデミー賞(1964年) 大地主の屋敷のベッドに子供が捨てられていた。主人はその男の子を養子として育てる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    アカデミー作品賞受賞作を見る?
    これでいいのだ。
    じわっといい
    好き嫌いが分かれそう!
    製作年:1963
    製作国:イギリス
    監督:トニー・リチャードソン
    主演:アルバート・フィニー
    6
  7. 予期せぬ出来事

    予期せぬ出来事
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1964年・助演女優賞)「求むハズ」のアンソニー・アスキスが監督した人生ドラマ。撮影も「求むハズ」のジャック・ヒルドヤード、音楽は「エル・シド」のミクロス・ローザ。脚本は現在華々しい活躍をみせているイギリスの劇作家テレンス・ラティガンのオリジナルである。出演者には「バターフィールド8」のエリザベス・テイラー、「史上最大の作戦」のリチャード・バートン、「恋の手ほどき(1958)」のルイ・ジュールダン、「第3の男」のオーソン・ウェルズ、「ローマを占領した鳩」のエルザ・マルティネリ、「鳥」のロッド・テイラー、久しぶりのリンダ・クリスチャンなど。製作はアナトール・デ・グランウォルド。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    人間ドラマとしては物足りない☆2つ
    娯楽作品として安心して見れた
    おもしろくなかった・・・
    エリザベスとリチャード
    製作年:1963
    製作国:イギリス
    監督:アンソニー・アスクィス
    主演:リチャード・バートン
    7
  8. 枢機卿

    枢機卿
    評価:E0.00
    ゴールデングローブ賞(1963年・2部門)ヘンリー・モートン・ロビンソンの同名小説をロバート・ドジアが脚色、「栄光への脱出」のオットー・プレミンジャーが製作、監督した聖職人間ドラマ。撮影は「クレオパトラ(1963)」のレオン・シャムロイ、音楽はジェローム・モロス、タイトルを「勝利者(1963)」のソウル・バスが担当した。出演は「史上最大の作戦」のトム・トライオン、「審判」のロミー・シュナイダー、「ヤムヤム・ガール」のキャロル・リンレイ、「女は夜の匂い」のジル・ハワース、「エル・シド」のラフ・ヴァローネ、「H氏のバケーション」のジョン・サクソン、「フロイド 隠された欲望」の監督ジョン・ヒューストンほか。

    アクション

    ネット上の声

    プレミンジャーの超大作
    ロミー・シュナイダー
    面白かったです!
    教会批判?
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:オットー・プレミンジャー
    主演:トム・トライオン
    8

スポンサードリンク