全39作品。リチャード・バートンが出演した映画ランキング

  1. 1000日のアン

    1000日のアン
    評価:A3.93
    アカデミー賞(1970年・衣装デザイン賞)チューダ王朝のヘンリー八世とアン・ブリンをめぐる愛憎の葛藤。製作は「裸足で散歩」のハル・B・ウォリス、監督はTV出身のチャールズ・ジャロット。マクスウェル・アンダーソンの戯曲をブリジット・ボーランドとジョン・ヘールがシナリオを書き、リチャード・ソコラヴが脚色。撮影はアーサー・イベットソン、音楽は「しのび逢い」のジョルジュ・ドルリュー、衣装はこれでアカデミー賞を受賞したマーガレット・ファースがそれぞれ担当。出演は「キャンディ」のリチャード・バートン、「パリの大泥棒」のジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、「マッケンナの黄金」のアンソニー・クェイル、カナダ演劇界出身のジョン・コリコス、「Z」のイレーネ・…

    ネット上の声

    ジュヌヴィエーヴ・ビジョルドのアン必見。
    死を賭して王位継承権をエリザベスに
    王妃アン・ブーリンの激動の1000日
    母の闘いは、娘へ…
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・ジャロット
    主演:リチャード・バートン
    1
  2. ワイルド・ギース

    ワイルド・ギース
    評価:B3.62
     アフリカ某国で軍部のクーデターが発生。拉致された大統領を救出すべく、高額の報酬と引き換えに命知らずの傭兵部隊が飛び立った。

    アクション

    ネット上の声

    同監督「コマンド戦略」に雰囲気似る・・・
    荒削りながらも、男気溢れる傭兵アクション
    おじさんたちの戦闘アクション
    終盤はずっと泣いてました
    製作年:1978
    製作国:イギリス
    監督:アンドリュー・V・マクラグレン
    主演:リチャード・バートン
    2
  3. 恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ

    恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ
    評価:C3.53


    ホラー

    ネット上の声

    渋すぎる名優二人のスリラー映画です。
    イギリスのホラー
    いたんですね~
    (大塚周夫の声で)ネンリキ~
    製作年:1978
    製作国:イギリス/フランス
    監督:ジャック・ゴールド
    主演:リチャード・バートン
    3
  4. 1984

    1984
    評価:C3.37
     恋愛すらも禁じられたデストピアを描くジョージ・オーウェルの“未来小説”を、実際に84年となった時点で映画化した作品。管理社会の管理されるリーダーを演じたリチャード・バートンは、これが遺作となった。

    SF

    ネット上の声

    プレ「マイノリティ・リポート」として
    日本に産まれた幸運を味わえる映画
    ディストピア映画の代表作
    TSUTAYAの発掘なんちゃらで
    製作年:1984
    製作国:イギリス
    監督:マイケル・ラドフォード
    主演:ジョン・ハート
    4
  5. 荒鷲の要塞

    荒鷲の要塞
    評価:C3.35
    「ナバロンの要塞」の作家アリステア・マクリーンのオリジナル・シナリオ(彼はのちに、この脚本を小説化している)を、俳優から転じた「追いつめて殺せ!」のブライアン・G・ハットンが監督したアクション篇。撮影は「暗殺! 5時12分」のアーサー・イベットソンで、ロケ地はオーストリア・アルプスのザルツブルグ地方である。音楽は「クロスボー作戦」のロン・グッドウィンが担当した。出演は「危険な旅路」のリチャード・バートン、「夕陽のガンマン」シリーズのクリント・イーストウッド、「カスター将軍」のメアリー・ユーア、「ジョーカー野郎」のマイケル・ホーダーンほか。製作は「今宵限りの恋…

    戦争

    ネット上の声

    戦争アクションの秀作・イーストウッド男前
    プロゲーマーによる1Pプレイはスミス少佐
    アクション要素 < スパイ推理要素
    タランティーノの偉大さを再認識
    製作年:1968
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:ブライアン・G・ハットン
    主演:リチャード・バートン
    5
  6. 寒い国から帰ったスパイ

    寒い国から帰ったスパイ
    評価:C3.34
    ゴールデン・グローブ賞(1965年)ジョン・ル・カレの原作をポール・デーンとガイ・トロスパーが共同で脚色、「ハッド」のマーティン・リットが製作・監督したスパイ・サスペンス。撮影は「ロリータ」のオズワルド・モリス、音楽はソル・カプランが担当した。出演は「ベケット」のリチャード・バートン、「暴行」のクレア・ブルーム、「突然炎のごとく」のオスカー・ウェルナー、「真昼の情事」のピーター・ヴァン・アイク、「素晴らしきヒコーキ野郎」のサム・ワナメイカーほか。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    「リアル・スパイ」の悲しい末路
    最初の40分までは我慢が必要
    007と正反対のスパイ映画
    職業:スパイはすごいw
    製作年:1965
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・リット
    主演:リチャード・バートン
    6
  7. クレオパトラ

    クレオパトラ
    評価:C3.30
    アカデミー賞(1964年・4部門)プルタークの英雄伝、スブトニアス、アピンそのほかC・M・フランツェロの小説「クレオパトラの生涯とその時代」から、「野郎どもと女たち」のジョセフ・L・マンキーウィッツウィッツ、「山」のラナルド・マクドゥガル、「ジョルスン再び歌う」のシドニー・ブックマンら3人が脚本を書き、「去年の夏突然に」のジョセフ・L・マンキーウィッツウィッツが監督した。戦闘場面を「史上最大の作戦」のアンドリュー・マートンとエルモ・ウィリアムスがあたり、3度のアカデミー受賞のレオン・シャムロイがロケ撮影をした。出演は「予期せぬ出来事」のエリザベス・テイラー、「史上最大の作戦」のリチャード・バートン、「誰かが狙っている」のレッ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ただの豪華な舞台演劇になっている
    超豪華な衣装とセットに彩られたスケールの大きいメロドラマ風のロマン...
    華麗エリザベス・テイラーのクレオパトラ!
    スペクタクルと手堅い演出のクレオパトラ
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ
    主演:エリザベス・テイラー
    7
  8. バージニア・ウルフなんかこわくない

    バージニア・ウルフなんかこわくない
    評価:C3.28
    アカデミー賞(1967年・5部門) ニューイングランドの大学内に建てられた住宅。そこに住む教授夫妻ジョージとマーサのもとに、若い夫婦がやってくる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    現実に耐えられなくなると人は狂気に逃げる
    スターは去りぬ、されと代表作は残る・・・
    子供という名の“依存物”を求めて…
    最後まで見るとわかる夫婦の本質
    製作年:1966
    製作国:アメリカ
    監督:マイク・ニコルズ
    主演:エリザベス・テイラー
    8
  9. 聖衣

    聖衣
    評価:D3.21
    アカデミー賞(1954年) 構想に十年、当時の値打ちで製作費450万ドルをかけた大作で、ハリウッドがテレビ界への対抗手段として打ち出したシネマスコープが初めて導入された記念すべき第一作。タイベリアス皇帝治下のローマ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    シネマスコープはここから始まった
    「せ」のつく元気になった洋画2
    赤いローブ(聖衣)の不思議
    キリストを殺した男の話
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・コスター
    主演:リチャード・バートン
    9
  10. 暗殺者のメロディ

    暗殺者のメロディ
    評価:D2.98
     ロシア革命の推進者の一人だった革命家トロツキーと彼をつけ狙う暗殺者。この二人を冷徹に描いた心理サスペンスで、支援するふりをして接近していく暗殺者が不気味に描かれている。

    サスペンス

    ネット上の声

    泣き叫ぶドロンが観られる貴重な映画です。
    暗殺者アラン・ドロン
    緊張感はあまりない
    トロツキー暗殺
    製作年:1972
    製作国:フランス/イタリア/イギリス
    監督:ジョセフ・ロージー
    主演:アラン・ドロン
    10
  11. いそしぎ

    いそしぎ
    評価:D2.85
    アカデミー賞(1966年・歌曲賞)

    ヒューマンドラマ、恋愛
    製作年:1965
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィンセント・ミネリ
    主演:エリザベス・テイラー
    11
  12. キャンディ

    キャンディ
    評価:E2.73
    性文学のベスト・セラー「キャンディ」の映画化。製作はロバート・ハギャッグ、監督は「太陽は傷だらけ」のクリスチャン・マルカン。「イージー・ライダー」のテリー・サザーンとメーソン・ホッフェンバーグの共著を、「卒業」のバック・ヘンリーが脚色。撮影は「サテリコン」のジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽は「レーサー」のデーヴ・グルーシンがそれぞれ担当。主題曲はザ・パーズとステッペンウルフが歌っている。出演は「殺しを呼ぶ卵」のエバ・オーリン、「華麗なる悪」のリチャード・バートン、「伯爵夫人」のマーロン・ブランド、ビートルズのリンゴ・スター、「ハロー・ドーリー!」のウォルター・マッソー、「冒険者(1970)」のシ…

    コメディ、青春

    ネット上の声

    時代が彼女に追い付いたのか。
    なぜだかたまに観たくなる笑
    くだらないけど見てしまう。
    替え歌レビュー
    製作年:1968
    製作国:イタリア/フランス/アメリカ
    監督:クリスチャン・マルカン
    主演:エヴァ・オーリン
    12
  13. 砂漠の鼠

    砂漠の鼠
    評価:E2.56
     第二次大戦の北アフリカ戦線を舞台に、ドイツ戦車軍団の猛攻を退け、戦闘を勝利に導こうとする連合軍指揮官の活躍を描いた戦争スペクタクル。“砂漠の狐”といわれたロンメル元帥を、「砂漠の鬼将軍」に続いて、J・メイソンが演じている。

    戦争

    ネット上の声

    戦争映画というより西部劇
    戦勝国が自国に都合よく画いた戦争英雄譚って感じになってしまって
    ぴあシネクラブ97’より
    砂漠の狐対鼠
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:リチャード・バートン
    13
  14. じゃじゃ馬ならし

    じゃじゃ馬ならし
    評価:E2.53
     イタリアのある村にやってきた青年が、土地の若い娘に恋をした。しかし娘の父親は、その娘の姉が結婚するまでは妹の結婚は認めないという。

    コメディ

    ネット上の声

    豪華なセットに豪華な俳優が豪華な
    いかんせんストーリーが退屈
    まあリズだけ観ておこう。
    まさにじゃじゃ馬
    製作年:1967
    製作国:アメリカ/イタリア
    監督:フランコ・ゼフィレッリ
    主演:マイケル・ヨーク
    14
  15. エクソシスト2

    エクソシスト2
    評価:E2.41
    1作目から4年、再びリーガンを襲った恐るべき異変に、新たなエクソシストが立ち向う姿を描く「エクソシスト」の続篇。製作はジョン・ブアマンとリチャード・レデラー、監督は「未来惑星ザルドス」のJ・ブアマン、脚本はウィリアム・グッドハート、撮影はウィリアム・A・フレーカー、特殊効果はチャック・ガスパー、ウェイン・エドガー、ジム・ブラント、ジェフ・ジャーヴィス、ロイ・ケリー、特殊メーキャップはディック・スミス、音楽はエンニオ・モリコーネが各々担当。出演はリンダ・ブレア、リチャード・バートン、ルイーズ・フレッチャー、マックス・フォン・シドー、キティ・ウィン、ポール・ヘンリード、ジェームズ・アール・ジョー…

    ホラー

    ネット上の声

    昆虫パニック映画へと変貌した続編です。
    お互い相容れない、珍しいタイプの続編
    イナゴに勝って悪魔の誘惑に負けた少女
    たぶん、分かる人には分かる珍作。
    製作年:1977
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ブアマン
    主演:リチャード・バートン
    15
  16. ロンメル軍団を叩け

    ロンメル軍団を叩け
    評価:E2.11
     第二次大戦初頭の北アフリカ戦線を舞台に、“砂漠の狐”と異名を取った独軍ロンメル将軍の戦車部隊に挑む、英軍コマンドの活躍を描く。

    戦争

    ネット上の声

    ロンメル軍団を叩け
    引用
    駄作
    火炎放射器が異常に強い!!
    製作年:1970
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・ハサウェイ
    主演:リチャード・バートン
    16
  17. イグアナの夜

    イグアナの夜
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1965年) テネシー・ウィリアムズの舞台劇の映画化。落ちぶれた元牧師と、彼を巡る二人の女性の恋愛劇を描いたヒューマン・ドラマ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    渋い味わいの中に、強烈な個性
    熱帯地方を舞台に美しい風景
    いい味わい
    ハンナの祖父の生き様
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ヒューストン
    主演:リチャード・バートン
    17
  18. ワーグナー/偉大なる生涯

    ワーグナー/偉大なる生涯
    評価:E0.00
    「ニーベルングの指環」「トリスタンとイゾルデ」「タンホイザー」など数々の名歌劇を残し、19世紀ドイツを代表するロマン派の巨匠リヒャルト・ワグナーの生涯を、3部構成・総時間7時間50分で描いた歴史大作。
    製作年:1983
    製作国:イギリス,ハンガリー,オーストリア
    監督:トニー・パーマー
    主演:リチャード・バートン
    18
  19. エクウス

    エクウス
    評価:E0.00
    ゴールデングローブ賞(1977年・2部門) 馬に異常な執着をもつ青年が、六頭の馬の目をくりぬくという事件を起こすまでを描いた異色心理劇。P・シェーファー原作の舞台劇をS・ルメットが映画化した。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ラドクリフ版はどうなのかな
    製作年:1977
    製作国:イギリス/カナダ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:リチャード・バートン
    19
  20. クランスマン

    クランスマン
    評価:E0.00
    KKK団の恐怖と暗躍を白日の下にさらし、ついに越えることのできない人間問題をとらえた作品。製作はウィリアム・アレクサンダー、監督は「アマゾネス」のテレンス・ヤング、脚本はミラード・カウフマンとサミュエル・フラー、原作はウィリアム・ブラッドフォード・ヒューイ(立風書房刊)、撮影はロイド・エイハーン、音楽はスタックス・オーガニゼーションが各々担当。出演はリー・マーヴィン、リチャード・バートン、O・J・シンプソン、キャメロン・ミッチェル、ローラ・ファラナ、リンダ・エヴァンスなど。

    アクション

    ネット上の声

    人種差別の胸糞悪さ
    製作年:1974
    製作国:アメリカ
    監督:テレンス・ヤング
    主演:リー・マーヴィン
    20
  21. 裂けた鉤十字/ローマの最も長い一日

    裂けた鉤十字/ローマの最も長い一日
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、アクション、戦争

    ネット上の声

    コストマス監督のデビュー作
    メルツァー将軍
    製作年:1973
    製作国:イタリア/フランス
    監督:ジョルジ・パン・コスマトス
    主演:リチャード・バートン
    21
  22. 風雪の太陽

    風雪の太陽
    評価:E0.00
     1943年イタリア、ブルガリア軍を含むナチス・ドイツ軍との戦闘に陥ったチトー率いるユーゴ人民解放軍の壮絶な戦いを描いた歴史スペクタクル。ドイツ軍の幾度にも及ぶ攻撃の末、ついに物資が不足し追い詰められたパルチザンは、隊を二分し退却することになるが……。

    戦争

    ネット上の声

    この映画でチトーを知った。
    ユーゴのパルチザン物。
    製作年:1973
    製作国:ユーゴ
    監督:ステェイペ・デリッチ
    主演:リチャード・バートン
    22
  23. レッスン・イン・ラブ

    レッスン・イン・ラブ
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1980
    製作国:カナダ
    監督:ジュールス・ダッシン
    主演:テイタム・オニール
    23
  24. ベケット

    ベケット
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1965年)

    ヒューマンドラマ
    製作年:1964
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:ピーター・グレンヴィル
    主演:リチャード・バートン
    24
  25. 逢いびき

    逢いびき
    評価:E0.00
    平凡な家庭の主婦と開業医の悲痛な恋を描いたノエル・カワードの戯曲「静物画」の再映画化作品。製作はセシル・クラーク、監督はTV出身のアラン・ブリッジス、脚本はジョン・ボウエン、撮影はアーサー・イベットソン、音楽はシリル・オーナデンが各々担当。出演はソフィア・ローレン、リチャード・バートン、ジャック・ヘドレー、ローズマリー・リーチ、ジョン・ル・メズリヤーなど。
    製作年:1974
    製作国:イギリス
    監督:アラン・ブリッジス
    主演:ソフィア・ローレン
    25
  26. 青ひげ

    青ひげ
    評価:E0.00
    “青ひげ”と呼ばれる富豪の男に嫁いだ美女。夫に決して入るなと言われた部屋を開けた彼女は、先妻の死体を発見してしまう……。シャルル・ペローの原作童話を、リチャード・バートン&ラクエル・ウェルチ共演で映画化。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1972
    製作国:アメリカ
    監督:エドワード・ドミトリク
    主演:リチャード・バートン
    26
  27. ロンドン大捜査線

    ロンドン大捜査線
    評価:E0.00
     工場に運ばれる給料が何者かに奪われた。ロンドン警視庁の警部は、犯人の目星をつけたが、その男にはアリバイがあった……。

    アクション

    ネット上の声

    誰も見たいと思わないのか……
    製作年:1971
    製作国:イギリス
    監督:マイケル・タックナー
    主演:リチャード・バートン
    27
  28. 北海の果て

    北海の果て
    評価:E0.00
    「ジャイアンツ」の原作者エドナ・ファーバー女史の、アラスカの歴史を描いた大ロマンの映画化。「カルメン(1954)」のハリー・クライナーが脚色し、「都会のジャングル」のビンセント・シァーマンが監督した。撮影はジョゼフ・ビロック、音楽はマッス・スタイナー。出演は「にがい勝利」のリチャード・バートン、「征服されざる西部」のロバート・ライアン、「聖なる漁夫」のマーサ・ハイヤーのほか、キャロリン・ジョーンズ、カール・スウェンソン、ジム・バッカス、ドーカス・ブロワーら。製作ヘンリー・ブランク。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    二人の強き男の対立を描いた大河ドラマ
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィンセント・シャーマン
    主演:リチャード・バートン
    28
  29. アレキサンダー大王

    アレキサンダー大王
    評価:E0.00
    製作、監督、脚本を一手に引き受けるロバート・ロッセンは「Boby and Soul」「オール・ザ・キングスメン」などで著名な監督であり、撮影は英国第一のキャメラマンといわれるロバート・クラスカー。主演は「ランチプールの雨」のリチャード・パートン、「必死の逃亡者」のフレドリック・マーチ、「リチャード三世」のクレア・ブルーム、「チャタレイ夫人の恋人」のダニエル・ダリュー、「ガラスの靴」のバリー・ジョーンズ、「善人は若死にする」のスタンリー・ベイカー、ニエール・マクギニス、「モビイ・ディック」のハリー・アンドリュース、「情事の終り」のピーター・カッシング、「島のならず者」のマイケル・ホーダーンなど。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ロッセン
    主演:リチャード・バートン
    29
  30. 旅路

    旅路
    評価:E0.00
    厳しい封建制度に支配されていた今世紀初頭のシシリー地方を舞台に、古い因習に縛られた男女の愛を描くヴィットリオ・デ・シーカ監督の三十本目の作品。製作は「アラビアンナイト」のカルロ・ポンティ、著名な作家であり劇作家であるルイジ・ピランデルロの原作を、ディエゴ・ファブリ、マッシモ・フランシオーサ、ルイザ・モンタニャーナが共同脚色、撮影はエンニオ・グァルニエリ、音楽はデ・シーカ監督の長男に当たるマヌエル・デ・シーカ、編集はキム・アルカッリが各々担当。出演はソフィア・ローレン、リチャード・バートン、イアン・バネン、バーバラ・ピラビン、アナベラ・インコントレラ、パオロ・レナなど。
    製作年:1974
    製作国:イタリア
    監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
    主演:ソフィア・ローレン
    30
  31. 怒りを込めて振り返れ

    怒りを込めて振り返れ
    評価:E0.00
     ロンドン出身の劇作家ジョン・オズボーンの代表作を映画化。監督は、これが初長編作品となるトニー・リチャードソン。

    ヒューマンドラマ、青春
    製作年:1958
    製作国:イギリス
    監督:トニー・リチャードソン
    主演:リチャード・バートン
    31
  32. 危険な旅路

    危険な旅路
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・グレンヴィル
    主演:リチャード・バートン
    32
  33. 夕なぎ

    夕なぎ
    評価:E0.00
     T・ウィリアムズの哲学的な舞台劇を、E・テーラーとR・バートンのコンビで映画化した異色作。かつて絶世の美女と呼ばれた女富豪。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    二流映画の煌めき
    製作年:1968
    製作国:アメリカ,イギリス
    監督:ジョセフ・ロージー
    主演:エリザベス・テイラー
    33
  34. にがい勝利

    にがい勝利
    評価:E0.00
    「理由なき反抗」がベスト・テンに入ったりして、フランスで高い評価をうけている「無法の王者ジェシイ・ジェイムス」のニコラス・レイが、仏人作家ルネ・アルディの同名原作を得てフランスで監督した作品。第二次大戦に材をとったリビア・ロケーションの砂漠の人間ドラマである。脚色はアルディとレイにギャバン・ランベールが協力し、台詞は「しのび逢い」のレイモン・クノー。撮影は「ノートルダムのせむし男」のミシェル・ケルベ。音楽は「赤い風船」のモーリス・ルルー。「眼には眼を」のクルト・ユルゲンス、「わかれ」のリチャード・バートン、「火薬に火」のレイモン・ペルグラン、「次はお前だ」のルス・ローマンの独英仏米四人の国際俳優が主演する。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1957
    製作国:西ドイツ/フランス
    監督:ニコラス・レイ
    主演:クルト・ユルゲンス
    34
  35. ファウスト悪のたのしみ

    ファウスト悪のたのしみ
    評価:E0.00
    1588年頃に書かれたクリストファー・マーロウの戯曲「ファウスタス博士の悲劇」を、ネヴィル・コギルが脚色。このコギルとリチャード・バートンが共同で監督に当たった。撮影はガボール・ポガニー、音楽はマリオ・ナシンベーネ、編集はジョン・シャーリーの担当。出演は、リチャード・バートン、エリザベス・テイラー夫妻のほか、オックスフォード大学の演劇科のメンバー48人。製作はバートンとリチャード・マクワーター。
    製作年:1967
    製作国:イギリス
    監督:リチャード・バートン
    主演:リチャード・バートン
    35
  36. 雨のランチプール

    雨のランチプール
    評価:E0.00
    タイロン・パワー、マーナ・ロイ共演で「雨ぞ降る」という日本題名で公開された映画の再映画化で、原作はルイス・ブロムフィールドのピュリッツアー受賞小説『雨季来たる』。製作は「聖衣」のフランク・ロス、脚色は小説家マール・ミラー、監督は「足ながおじさん」のジーン・ネグレスコ。音楽は「夢去りぬ」のヒューゴー・フリードホーファー、撮影監督は「七年目の浮気」のミルトン・クラスナー。パキスタンに2ヵ月ロケをした。出演者は「プロディガル(1955)」のラナ・ターナー、「聖衣」のリチャード・バートン、「殺人者はバッジをつけていた」のフレッド・マクマレイ、「楽し我が道」「恋人騒動」のジョーン・コールフィード、「一獲千金を夢見る男」のマイケル・レニー。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ジーン・ネグレスコ
    主演:マイケル・レニー
    36
  37. わかれ

    わかれ
    評価:E0.00
    製作年:1957
    製作国:イギリス
    監督:ボブ・マクノート
    主演:リチャード・バートン
    37
  38. 予期せぬ出来事

    予期せぬ出来事
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1964年・助演女優賞)「求むハズ」のアンソニー・アスキスが監督した人生ドラマ。撮影も「求むハズ」のジャック・ヒルドヤード、音楽は「エル・シド」のミクロス・ローザ。脚本は現在華々しい活躍をみせているイギリスの劇作家テレンス・ラティガンのオリジナルである。出演者には「バターフィールド8」のエリザベス・テイラー、「史上最大の作戦」のリチャード・バートン、「恋の手ほどき(1958)」のルイ・ジュールダン、「第3の男」のオーソン・ウェルズ、「ローマを占領した鳩」のエルザ・マルティネリ、「鳥」のロッド・テイラー、久しぶりのリンダ・クリスチャンなど。製作はアナトール・デ・グランウォルド。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    人間ドラマとしては物足りない☆2つ
    おもしろくなかった・・・
    エリザベスとリチャード
    英国にもグランドホテルがあったのか!
    製作年:1963
    製作国:イギリス
    監督:アンソニー・アスクィス
    主演:リチャード・バートン
    38
  39. ふたりは恋人

    ふたりは恋人
    評価:E0.00
    中年の、2人のホモ男同志の愛情(?)を、描いたチャールズ・ダイアーの舞台劇「階段」の映画化。製作・監督は「悪いことしましョ!」のスタンリー・ドーネン。脚色は原作者のチャールズ・ダイアー自身があたった。撮影は「いつも2人で」のクリストファー・チャリス、音楽は「悪いことしましョ!」のダドリー・ムーアがそれぞれ担当。出演は「パリの秘めごと」のレックス・ハリソン、「荒鷲の要塞」のリチャード・バートン、「めぐり逢い(1957)」のキャスリーン・ネスビット。他にビアトリクス・リーマン、スティーブン・ルイスなど。

    コメディ
    製作年:1969
    製作国:イギリス
    監督:スタンリー・ドーネン
    主演:リチャード・バートン
    39

スポンサードリンク