スポンサーリンクあり

映画「ローマの休日」のランキング情報

A
4.13
評価数:115544
ローマの休日
製作
1953年 アメリカ
時間
118分
監督
ウィリアム・ワイラー
出演
オードリー・ヘプバーングレゴリー・ペックエディ・アルバート
種類
恋愛
アメリカ映画初出演となるオードリー・ヘプバーンと名優グレゴリー・ペック共演によるロマンティックコメディの永遠の名作。

ヨーロッパを周遊中の某小国の王女アンは、常に侍従がつきまとう生活に嫌気が差し、滞在中のローマで大使館を脱出。街中で彼女と偶然出会ったアメリカ人新聞記者ジョーは、大スクープのチャンスとばかりに、彼女が王女だとは知らないふりをしてガイド役を買って出て、観光気分にはしゃぐアンの姿をカメラマンの同僚アービングに撮影させる。しかし、つかの間の自由とスリルを満喫するうちに、アンとジョーの間には強い恋心が芽生えはじめて……。

監督は巨匠ウィリアム・ワイラー。アカデミー賞では主演女優賞、脚本賞、衣装デザイン賞を受賞した。1953年製作で54年に日本公開。日本ではその後も幾度もリバイバル公開されており、2003年には製作50周年記念デジタル・ニューマスター版でリバイバル公開。2023年8月に製作70周年を記念した4Kレストア版が公開、24年4月には4Kレストア版の日本語吹き替え版も公開。

「ローマの休日」のランキング情報

恋愛
第152位(5178件中)
1953年
第1位(487件中)
洋画
第1136位(39357件中)
アメリカ
第614位(24153件中)
1950年代
第10位(13194件中)
Amazon定額
第188位(5081件中)
Amazonレンタル視聴
第666位(16911件中)
U-NEXT定額
第630位(15560件中)
hulu定額
第305位(4474件中)
社会人が選ぶ「忘れられないヒロイン」が登場
第8位(30件中)
第26回アカデミー賞(1954年開催)
第1位(12件中)
第11回ゴールデン・グローブ賞(1953年開催)
第1位(9件中)
第19回ニューヨーク映画批評家協会賞(1953年開催)
第1位(5件中)
ウィリアム・ワイラー監督が制作
第1位(38件中)
オードリー・ヘプバーンが出演
第2位(26件中)
エディ・アルバートが出演
第1位(15件中)
グレゴリー・ペックが出演
第1位(48件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。