映画「戦争と平和」のランキング情報

総合評価D
2.92
評価数:151
全映画の平均
(評価:2.58、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数人
YAHOO 3.21評価数78人
ぽすれん3.90評価数7人
DMM 0.00評価数0人
楽天 3.31評価数36人
ぴあ 2.75評価数26人
映画.com3.10評価数4人
戦争と平和
露の文豪レオ・トルストイの不朽の名作“戦争と平和”の映画化である。伊のポンティ=デ・ラウレンティイス・プロの作品。製作は「ユリシーズ」のディノ・デ・ラウレンティス。脚色はブリジット・ボーランド、ロバート・ウェスタービーに伊のマリオ・カメリーニとエンニオ・デ・コンチーニさらに監督のキング・ヴィダーと5名が協力し、「星のない男」のヴィダーが監督している。協力監督は「河の女」のマリオ・ソルダーティ、撮影は英のジャック・カーディフと伊のアルド・トンティの共同。編曲は「平和に生きる」のニーノ・ロータ、音楽監督はフランコ・フェラーラ。出演は「麗しのサブリナ」のオードリー・ヘップバーン、「ミスタア・ロバーツ」のヘンリー・フォンダ、「美しのロザリンダ」のメル・ファーラーを中心に、「ラプソディー」のヴィットリオ・ガスマン、「ホブスンの婿選び」のジョン・ミルズ、「絶壁の彼方に」のハーバート・ロム「地獄の翼」のアニタ・エクバーグ、「ガラスの靴」のバリー・ジョーンズ、「エディ・フォイ物語」のミリ・ヴィターレ、「貴女は若すぎる」のアンナ・マリア・フェレロ、「水爆持逃げ道中」のオスカー・ホモルカなど。

ヒューマンドラマ


「戦争と平和」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第12052位(26368件中)
1956年
第57位(722件中)
洋画
第9557位(32754件中)
アメリカ
第6258位(20680件中)
イタリア
第530位(2016件中)
1950年代
第908位(13004件中)
長編
第159位(361件中)
第14回ゴールデン・グローブ賞(1956年開催)
第5位(10件中)
キング・ヴィダー監督が制作
第5位(45件中)
オードリー・ヘプバーンが出演
第15位(24件中)
ヘンリー・フォンダが出演
第28位(62件中)
メル・ファーラーが出演
第4位(22件中)
ヴィットリオ・ガスマンが出演
第7位(26件中)