全50作品。三船敏郎が出演した映画ランキング

  1. 七人の侍

    七人の侍
    評価:S4.15
    ヴェネチア国際映画祭(1954年・銀獅子賞) 戦国時代の貧しい農村を舞台に、野盗と化した野武士に立ち向かうべく農民に雇われた侍たちの闘いを描いた作品。黒澤明監督による日本映画の傑作。

    アクション、時代劇

    ネット上の声

    ・観てる間ずっとあの村にいる人たちと同じ気持ちになってた。終わった...
    侍たちよ、永遠なれ!~日本映画最高峰にして伝説的傑作
    世界映画史に輝く、黒澤作品最高傑作!
    こうゆう映画を、たまにはカケテヨ!
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    1
  2. 赤ひげ

    赤ひげ
    評価:S4.14
    ブルーリボン賞(1966年・作品賞) 山本周五郎原作の『赤ひげ診療譚』を基に、巨匠・黒澤明監督が三船敏郎、加山雄三主演で映画化したヒューマニズム溢れる人情ドラマ。江戸時代の小石川養生所を舞台に、そこを訪れる庶民の人生模様と通称赤ひげと呼ばれる所長と青年医師の心の交流を描く。

    時代劇、医師、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    厚生・文部・法務大臣に「赤ひげ」がいたら
    威厳と寛容、そして医師としての謙虚さ
    原作山本周五郎小説『赤ひげ診療譚』
    たくさんの人間愛に感動の涙
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    2
  3. 椿三十郎

    椿三十郎
    評価:S4.13
    名作「用心棒」の続編ともいえる作品で、前作では桑畑を名乗った三十郎が椿三十郎として活躍。キャラクターとしてはより人間味が増し、ユーモアと知略を駆使し、上役の不正を暴こうと立ち上がった9人の若侍をその凄腕で助けていく。加山雄三をはじめとした血気にはやる若侍たちをうまく制御し、敵方の用心棒仲代達矢と知恵比べをしつつ、有名なラストの決闘シーンへと物語は導かれていく。

    時代劇

    ネット上の声

    やっぱ、三船・黒沢コンビこそ最強でしょ!
    今見ても充分通じるのではないだろうか。
    ハン・ソロの原型は「椿三十郎」だわ!
    うわ!完璧!娯楽時代劇の真髄!!
    製作年:1962
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    3
  4. 用心棒

    用心棒
    評価:A4.07
     やくざと元締めが対立するさびれた宿場町。そこへ一人の浪人者がやってくる。

    時代劇

    ネット上の声

    痛快娯楽時代劇の真髄!最後まで飽きない!
    三船敏郎がもうただただかっこいい、、、
    本当に良い映画というのは何年経っても
    三船「たたずまい」という名の才能
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    4
  5. 天国と地獄

    天国と地獄
    評価:A4.03
    エド・マクベインの原作を得て、黒澤明監督が映画化した全編息づまるサスペンス。製靴会社の専務権藤の息子と間違えられて、運転手の息子が誘拐された。要求された身代金は三千万円。苦悩の末、権藤は運転手のために全財産を投げ出して三千万円を犯人に受け渡し、無事子供を救出する。非凡な知能犯の真の目的とは。鉄橋を利用した現金受け渡しのシーンは秀逸で、実際にこれを模倣した誘拐事件が発生した。また白黒作品であるにもかかわらず、最も重要なシーンで一個所のみ着色を施すなど新たな演出も印象深い。

    サスペンス、誘拐

    ネット上の声

    スピード感のある展開で一気に話が進んでいき、文句無しに面白い。犯行...
    ・それぞれの展開が濃すぎて3本ぐらいの映画を一気見したような感じ ...
    誘拐事件の現金受け渡しと犯人を追い詰めるスリルある展開。
    スピルバーグ最高傑作に絶大な影響与えた!
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    5
  6. 太平洋奇跡の作戦 キスカ

    太平洋奇跡の作戦 キスカ
    評価:A3.96
     太平洋戦争末期、連合軍に封鎖されたキスカ島には、数百の将兵が残されていた。司令部は救出艦隊を組織、大村少将を指揮官として派遣するが……。

    ヒューマンドラマ、戦争、リアルな戦闘シーンがある

    ネット上の声

    「戦争」を描く難しさ
    良作
    女性と外国人が全く出演しない映画です。
    「阿武隈」のプラモを買った
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:丸山誠治
    主演:三船敏郎
    6
  7. 男はつらいよ 知床慕情

    男はつらいよ 知床慕情
    評価:A3.91
     北海道の知床を舞台に、無骨な獣医と居酒屋のおかみを結びつける寅次郎の奮闘を描くシリーズ第38作目。“とらや”に久しぶりに帰ってきた寅次郎だったが、例のごとく口論が始まり、また飛び出してしまう。

    ヒューマンドラマ、コメディ、北海道が舞台、男はつらいよ

    ネット上の声

    渥美さんと三船さんの2ショットが拝める
    自分の恋だけ不器用なシリーズ38作目
    寅さん映画の最高傑作
    男はつらいよ 寅さんDVDマガジンより
    製作年:1987
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    7
  8. 血と砂

    血と砂
    評価:A3.88
     伊藤桂一の『悲しき戦記』を元に「侍」の岡本喜八が「ギャング同盟」の佐治乾とともに脚本を書き、自らメガホンをとった戦争映画。撮影は「太平洋奇跡の作戦 キスカ」の西垣六郎、音楽は「姿三四郎」の佐藤勝が担当した。

    アクション

    ネット上の声

    言葉の違いを乗り越え音楽は鳴り響く
    アクションの醍醐味と戦争の悲惨さ
    今じゃ放送、放映できない傑作。
    岡本喜八監督作の戦争ミュージカル映画。 大戦末期に中国戦線に派兵さ...
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:三船敏郎
    8
  9. 西鶴一代女

    西鶴一代女
    評価:A3.87
    溝口健二監督の「武蔵野夫人」に次ぐ作品で、製作はやはり児井英生。井原西鶴の『好色一代女』に取材して溝口健二が構成を練り、「武蔵野夫人」「大江戸五人男」の依田義賢が脚本を、吉井勇が監修に当たっている。撮影は「唐手三四郎」の平野好美である。出演者は、「稲妻草紙」の田中絹代、「馬喰一代(1951)」「霧笛」の三船敏郎、「結婚行進曲」の山根寿子、「風ふたたび」の浜田百合子、「ある夜の出來事」の宇野重吉のほか、清水将夫、菅井一郎、近衛敏明、市川春代、進藤英太郎、柳永二郎、加東大介などの脇役陣である。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    波乱な人生で街娼となったお春の田中絹代の芝居がとてもすばらしかった...
    江戸時代に撮ったのか!と思える映像。
    流れに身をゆだねる女性の人生
    田中絹代が落ちぶれていく。
    製作年:1952
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:田中絹代
    9
  10. 侍
    評価:A3.86
     郡司次郎正の「侍ニッポン」を、橋本忍が脚色し岡本喜八が監督した時代劇。三船敏郎によるスピーディーかつ豪快な殺陣が見どころ。

    アクション、時代劇、幕末

    ネット上の声

    万延元年の暗殺劇
    侍に成ろうとして侍を終わらせる男の話
    季節外れの大雪が…
    若かった、今もう一度見る気にはなれない
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:三船敏郎
    10
  11. ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐

    ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐
    評価:A3.85
     東宝初のカラー・ワイドによる戦争映画で、“太平洋”の名を冠した三部作の一作。真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦での敗北までを描く。

    戦争

    ネット上の声

    東宝戦争映画8・15シリーズの原点。
    10年に1度必ず見てしまう
    特撮戦史超大作!
    見る価値あり
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:松林宗恵
    主演:夏木陽介
    11
  12. 隠し砦の三悪人

    隠し砦の三悪人
    評価:A3.80
     黒澤明監督が戦国時代を舞台に描く娯楽活劇時代劇の傑作巨編。敗軍の将が世継ぎの姫と隠し置いた黄金200貫とともに、敵陣を突破する。

    時代劇

    ネット上の声

    スターウォーズを思い出してください!
    黒澤作品基準でいうと…
    冒険時代活劇の巨編。
    元祖スター・ウォーズ
    製作年:1958
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    12
  13. 無法松の一生

    無法松の一生
    評価:B3.78
    ヴェネチア国際映画祭(1958年・金獅子賞)岩下俊作の原作から故伊丹万作と稲垣浩が脚色、「柳生武芸帳 双龍秘劔」の稲垣浩が再び監督する往年の名作の再映画化。撮影は「遥かなる男」の山田一夫が担当した。「柳生武芸帳 双龍秘劔」の三船敏郎、「張込み」の高峰秀子という顔合せに、芥川比呂志、笠智衆、宮口精二、多々良純、有島一郎などが出演。色彩はアグファカラー。

    時代劇

    ネット上の声

    NO.165「む」のつく元気になった邦画
    こんな男を許容する時代の雰囲気
    80点 人情肌、真面目一途。
    原作小説「富島松五郎伝」
    製作年:1958
    製作国:日本
    監督:稲垣浩
    主演:三船敏郎
    13
  14. ジャコ万と鉄

    ジャコ万と鉄
    評価:B3.74
     大衆雑誌懇話会賞を受賞した梶野悳三の『鰊漁場』を、谷口千吉が脚色・監督したサスペンス。黒澤明が共同で脚本を執筆している。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    ジャコウネコは熱帯に棲んでいるのだけれど
    谷口千吉最高傑作!
    ジャコ萬と鉄 
    製作年:1949
    製作国:日本
    監督:谷口千吉
    主演:三船敏郎
    14
  15. 悪い奴ほどよく眠る

    悪い奴ほどよく眠る
    評価:B3.71
    黒澤プロ設立第1作として監督が選んだテーマは、当時社会問題となっていた政治汚職。汚職事件の隠蔽工作により自殺に追い込まれた男の息子による復讐劇を通して、政界に根深くはびこる腐敗の構造にメスを入れた意欲作。極めて社会性の強いテーマでありながら、スリルとサスペンスを盛り込むことで十二分に娯楽映画として通用する作品。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、どんでん返し

    ネット上の声

    タイトルの通り。 でも、昔と比べて今はまだ眠れなくなっているような。
    テンポよく展開して飽きさせない。2転3転する。ただ、画面からは空気...
    確かに見ていてとても面白かったけど…
    実験的な映画ではないのでしょうか。
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    15
  16. 栄光への5000キロ

    栄光への5000キロ
    評価:B3.70
    笠原剛三の原作『栄光への5000キロ東アフリカ・サファリ・ラリー優勝記録』(荒地出版刊)を「濡れた二人」の山田信夫が脚色し「愛の渇き」の蔵原惟繕が監督した。撮影は「黒部の太陽」の金宇満司が担当。

    ヒューマンドラマ、アクション、アドベンチャー(冒険)、カーレース

    ネット上の声

    日本で男のロマンや夢や栄光を描かせて石原裕次郎に並ぶ者はナシ!
    世界に通用する映画への熱い思いの作品
    もう一度、映画館で観たいです。
    祝ノーカット完全版TV初放映
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:蔵原惟繕
    主演:石原裕次郎
    16
  17. 野良犬

    野良犬
    評価:B3.67
    巨匠・黒澤明監督が初めて本格的な犯罪サスペンスに挑んだ意欲作。暑い夏の日の午後。若い刑事村上は射撃練習を終え、満員のバスに乗り込み帰路につく。しかし、車内でコルト銃を盗まれたことに気づき、慌てて犯人らしき男を追うが結局路地裏で見失う。コルトには実弾が7発。村上の必死の捜索もむなしく、やがてそのコルトを使った強盗事件が起きてしまう。窮地に追い込まれた村上は老練な刑事佐藤の助けを借り、コルトの行方を追うのだった……。真夏の都会を覆う息苦しいほどの灼熱の空気が緊迫感を生み出し、切れ味鋭い演出が目を見張る。

    サスペンス

    ネット上の声

    刑事物の古典として意義ある作品。 当時の東京の風景も興味深いです。...
    昭和24年の東京は熱気溢れていた
    ちょっと中途半端な感じ…
    悪くはないけど・・・
    製作年:1949
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    17
  18. 蜘蛛巣城

    蜘蛛巣城
    評価:B3.64
    シェイクスピアの「マクベス」を日本の戦国時代に置き換え描いた、戦国武将の一大悲劇。謀叛を起こした敵を討ち城主の危機を救った鷲津武時は、帰城途中に出会った老婆から不思議な予言を聞く。その予言通りに大将に任ぜられると、今度は妻にそそのかされて主を殺害、自ら城主の地位に着く。黒澤監督は、欲望に刈られた魂が繰り返す殺戮と狂気を、能の様式美に乗せて見事に描いていく。三船=マクベスが無数の矢に曝されるラストシーンは圧巻。

    時代劇

    ネット上の声

    初めて観る風の映画で、現代にはあまり好まれ難い雰囲気もあるけど話が...
    もちろん先が読めるけど、食い入ってしまう。 二人の顔がすごく凄い。...
    シンプルな話に力のある映像で、目が離せない
    黒澤映画全28作品中、最も陰鬱な作品
    製作年:1957
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    18
  19. 連合艦隊司令長官 山本五十六

    連合艦隊司令長官 山本五十六
    評価:B3.62
     太平洋戦争を背景に、山本五十六の活躍を描いた戦争映画。円谷英二による流麗な空中戦が印象深い。

    アクション、戦争

    ネット上の声

    「内乱回避の戦争は、主客転倒。」―然り。
    山本五十六を演じられる唯一の俳優。
    この作品のリメイク決定だそうです。
    結構好きな映画です・・・
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:丸山誠治
    主演:三船敏郎
    19
  20. 上意討ち 拝領妻始末

    上意討ち 拝領妻始末
    評価:B3.60
     滝口康彦の『拝領妻始末』をもとに「白い巨塔」の橋本忍が脚本を書き「怪談」の小林正樹が監督した時代劇。撮影は「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」の山田一夫、美術は「狸の休日」の村木与四郎、音楽は「伊豆の踊子」の武満徹がそれぞれ担当した。

    時代劇

    ネット上の声

    父として、義父として、
    「切腹」には及ばない
    武家社会の不条理?
    三船が息子夫婦に真の愛をみつけ、「男」を取り戻し、決死の形相で徹底...
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:小林正樹
    主演:三船敏郎
    20
  21. 太平洋の地獄

    太平洋の地獄
    評価:B3.60
    製作のルーベン・バーコヴィッチのストーリーを、「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のアレクサンダー・ジェイコブスと新人エリック・バーコヴィッチが脚色、「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のジョン・ブアマンが監督した。撮影は「冷血」のコンラッド・ホール、音楽を「女狐」のラロ・シフリンが担当した。出演は、日本側から「祇園祭」の三船敏郎、アメリカ側から「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のリー・マーヴィンの2人。製作総指揮は、ヘンリー・G・サバースタインとセリッグ・J・セリッグマン。

    戦争

    ネット上の声

    呉越同舟、日米同島、三船とリーは?
    日米サバイバルコント
    三船の狂気に感動
    製作年:1968
    製作国:日本/アメリカ
    監督:ジョン・ブアマン
    主演:リー・マーヴィン
    21
  22. グラン・プリ

    グラン・プリ
    評価:B3.60
    アカデミー賞(1967年・3部門) アメリカ人のF1レーサー、ピートはモナコなどヨーロッパ各地を転戦する過酷なレースでライバルたちとしのぎを削っていた。常に死と隣り合わせの彼らは、プライベートでも癒やされるどころかそれぞれに色恋沙汰で揉めている。

    ヒューマンドラマ、カーアクション、カーレース

    ネット上の声

    アメリカ人レーサーが日本車に乗って
    三船のハリウッドデビュー作
    発掘良品を観る #436
    大迫力!
    製作年:1966
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フランケンハイマー
    主演:ジェームズ・ガーナー
    22
  23. 羅生門

    羅生門
    評価:B3.60
    アカデミー賞(1952年)芥川龍之介の小説「藪の中」を故・黒澤明監督が映画化した時代劇。ある侍の死に立ち会った、男女4人それぞれの視点から見た事件の内幕を生々しく再現する。

    時代劇

    ネット上の声

    「人間」を描く。
    考えさせられた
    解らない
    芥川龍之介原作。内容はほぼ小説「藪の中」、ほんの少し「羅生門」。映...
    製作年:1950
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    23
  24. 大菩薩峠

    大菩薩峠
    評価:B3.59
     中里介山による未完の長編時代小説を原作として「霧の旗」の橋本忍が脚本を執筆し「血と砂」の岡本喜八がメガホンをとった時代劇。撮影は「大工太平記」の村井博、音楽は「五匹の紳士」の佐藤勝。

    時代劇、幕末

    ネット上の声

    意外と誰も知らない「大菩薩峠」
    狂気の殺陣
    狂気…ってほどでもなかったかも
    暗黒面の男
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:三船敏郎
    24
  25. 黒部の太陽

    黒部の太陽
    評価:C3.58
     木本正次による同名原作をもとに「日本列島」の熊井啓が脚本・監督を務めた。共同脚本は「喜劇 競馬必勝法」の井手雅人、撮影は「情炎」の金宇満司、音楽は「禁じられた情事の森」の黛敏郎がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    観ている自分にも自然と力が入ってしまう、見逃せない名作
    これを観ちゃうと最近の日本映画ショボすぎる。
    映画ファンなら、「見ておくべき」
    建設の醍醐味がわかる名作
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:熊井啓
    主演:滝沢修
    25
  26. 酔いどれ天使

    酔いどれ天使
    評価:C3.55
     戦後の混乱期のヤミ市を舞台に飲んべえの医者と結核にかかった若いチンピラやくざとの交流を描いた作品。本作が新人・三船敏郎の初主演映画にして、黒澤=三船の黄金コンビ誕生の記念すべき作品。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    黒澤x三船の濃ぃ〜初作品
    来年は生誕100周年。第3弾
    みんな若いです☆3つ
    ツンデレ天使
    製作年:1948
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:志村喬
    26
  27. 荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻

    荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻
    評価:C3.55
    黒澤明が脚本を書き、森一生が初めて東宝で撮った大チャンバラ時代劇。伊賀上野の鍵屋の辻で荒木又右衛門が義弟の助太刀をするまでを描く。従来の芝居や映画では又右衛門が大勢の仇をバッタバッタと斬り倒していたが、本作では実録通りに二人しか斬らないなど、新しい解釈の荒木又右衛門像を作っている。

    時代劇

    ネット上の声

    森一生&黒澤明によるリアリズム時代劇
    「七人の侍」への導線
    鍵屋って戦後まで残っていたんだ!
    野心作!
    製作年:1952
    製作国:日本
    監督:森一生
    主演:三船敏郎
    27
  28. 生きものの記録

    生きものの記録
    評価:C3.55
    一貫して反戦を訴え続けた黒澤明監督が、原水爆の恐怖を真正面から取り上げた異色のヒューマン・ドラマ。町工場を経営する中島喜一は原水爆の実験に脅威を感じ、地球上で安全な場所は南米しかないと考え、家族にも相談しないで南米への移住を計画。しかし息子たちは父の計画に猛反対し、中島を裁判にかける。次第に孤独に追い込まれていく中島がとった行動は・・・。当時35才の三船敏郎が、メイクによりみごとに70過ぎの老人を熱演。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    当時の人はどう感じたんだろう?
    やさしすぎる頑固者・・・
    メッセージ
    涙が出た
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    28
  29. 日本海大海戦

    日本海大海戦
    評価:C3.52
     日本連合艦隊とロシアのバルチック艦隊との海戦を描いた戦争スペクタクル。ロシアと交戦状態に入った日本軍は、からくもロシア太平洋艦隊を封じ込める。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    特撮の巨匠円谷英二最後の作品。
    三船敏郎の存在感はさすが。
    円谷特撮がみもの・・・
    重厚な演技の集まり。
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:丸山誠治
    主演:三船敏郎
    29
  30. レッド・サン

    レッド・サン
    評価:C3.48
    初めて西部に乗り込んだ“サムライ”と強盗団との、大統領献上の宝刀をめぐる確執を描く。製作は「夜の訪問者」のロベール・ドルフマン、製作協力はテッド・リッチモンド、監督は「クリスマス・ツリー」「夜の訪問者」のテレンス・ヤング、脚本はレアード・コーニグ、撮影はアンリ・アルカン、美術はポール・アポテケール、音楽は「ライアンの娘」のモーリス・ジャール、編集は「明日に向かって撃て!」のジョニー・ドワイヤーが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、アラン・ドロン、三船敏郎、ウルスラ・アンドレス、キャプシーヌ、モニカ・ランドール、中村哲、田中浩など。

    アクション

    ネット上の声

    アラン・ドロン、ブロンソン、ミフネ
    日米仏の三大スター夢の共演!!
    西部劇のお話に侍が出てくるのも悪くない
    3大俳優がそろって一度に楽しめる
    製作年:1971
    製作国:フランス/イタリア/スペイン
    監督:テレンス・ヤング
    主演:アラン・ドロン
    30
  31. 続・宮本武蔵 一乗寺の決闘

    続・宮本武蔵 一乗寺の決闘
    評価:C3.46
     稲垣浩監督、三船敏郎主演による「宮本武蔵」三部作の第二作目。前作同様、吉川英治の同名小説を劇作家の北条秀司が劇化したものを、稲垣浩と若尾徳平が脚本化した。

    時代劇

    ネット上の声

    この武蔵はちょっと…
    三部作の第二作目
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:稲垣浩
    主演:三船敏郎
    31
  32. 静かなる決闘

    静かなる決闘
    評価:C3.43
    戦争中、当時不治の病といわれた性病“梅毒”を真摯に取り上げたヒューマンドラマ。野戦病院で手術中に梅毒に感染した青年軍医藤崎。彼は復員後も恋人の美佐緒を遠ざけ、誰にも打ち明けることなく一生を病と戦いながら、独身のまま生きる決意をする。軍医として生命を救った兵士から不治の病をうつされるという皮肉に絶望しつつも、医師としてひとり静かに人生と闘っていく姿を描いた良心作。

    ヒューマンドラマ、戦争、医師

    ネット上の声

    決闘ですか、血闘ですか、血斗ですか。
    善悪二元論がいかにもクロサワ的な作品
    悪いところが多々あるが・・・。
    理性と欲望の【桶狭間】の戦い
    製作年:1949
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    32
  33. 銀嶺の果て

    銀嶺の果て
    評価:C3.39
     黒澤明との共同脚本をもとに、谷口千吉が初めてメガホンをとったデビュー作。見事な脚本とダイナミックなロケーションが評価された。

    サスペンス、生き残りを賭けた極限のサバイバル、雪山で遭難する、登山

    ネット上の声

    きれいな映画。綺麗すぎるかも……。
    険しい雪山シーンは見応えアリ
    谷口!黒澤!志村!三船!
    主役は志村喬
    製作年:1947
    製作国:日本
    監督:谷口千吉
    主演:志村喬
    33
  34. 暗黒街の対決

    暗黒街の対決
    評価:C3.38
     大藪春彦の『血の罠』をもとに「宇宙大戦争」の関沢新一が脚本を執筆し「独立愚連隊」の岡本喜八が監督したハードボイルド作品。撮影は「日本誕生」の山田一夫、音楽は「天下の大泥棒 白浪五人男」の佐藤勝が担当した。

    アクション

    ネット上の声

    ダイナミックB級"ハーフ"ボイルドの傑作
    荒神市
    東宝暗黒街物の最高作
    男臭さはよく伝わる
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:三船敏郎
    34
  35. 制覇

    制覇
    評価:C3.37
     志茂田景樹の同名小説を、中島貞夫が脚色(西沢裕子と共同)・監督した、オールスター競演によるやくざ映画大作。「ゴッドファーザー」よろしく、家族を中心に据えた人間ドラマが展開する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    その筋のオールスター映画
    三代目姐の決意
    面白い!
    東映盛りし頃の気合いと勢いある最高な映画
    製作年:1982
    製作国:日本
    監督:中島貞夫
    主演:三船敏郎
    35
  36. 座頭市と用心棒

    座頭市と用心棒
    評価:C3.36
     「座頭市」シリーズ第二十作。敵役で用心棒(三船敏郎)が登場し、座頭市と対決するという作品。

    時代劇、座頭市

    ネット上の声

    “座頭市対用心棒”とか“キングコング対ゴジラ”とか、邦画でまたこういう豪華な贅沢企画を見たい
    ドル箱スターW起用で岡本監督らしさ出ず
    本当のバケモノ、ケダモノは誰なんだ?
    これって「ガメラ対ゴジラ」でしょ?
    製作年:1970
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:勝新太郎
    36
  37. 太平洋の翼

    太平洋の翼
    評価:C3.36
     太平洋戦争末期を背景に、紫電改部隊の活躍を描いた戦記物。特攻隊に反対する千田航空参謀は、最新鋭の戦闘機による部隊を結成、制空権の奪取を計ろうとする。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    B29の爆撃を阻止しようとした若者たち
    この映画のパクリが紫電改のタカ
    演技に気合いが入っている。
    重厚なナレーションは秀逸
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:松林宗恵
    主演:三船敏郎
    37
  38. 太陽にかける橋/ペーパー・タイガー

    太陽にかける橋/ペーパー・タイガー
    評価:C3.32
     東南アジア某国。日本大使の一人息子が家庭教師と共にテロリストに誘拐された。

    ヒューマンドラマ、アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    英国紳士と少年の友情物語
    テーマ曲はわりかし良い。
    少年冒険物かな?
    やっぱり三船
    製作年:1975
    製作国:イギリス
    監督:ケン・アナキン
    主演:デヴィッド・ニーヴン
    38
  39. 醜聞〈スキャンダル〉

    醜聞〈スキャンダル〉
    評価:C3.32
    黒澤明が初めて松竹に招かれメガホンを取った作品。脚本は「野良犬(49)」と同じく菊島隆三との共著である。新進気鋭の画家(三船)と美しい声楽家(山口)が偶然出遭ったところを雑誌記者に盗撮される。まったくの醜聞(スキャンダル)に巻き込まれていく二人。物語の舞台はやがて裁判へ……。いたずらに醜聞を追うジャーナリズムを糾弾する一方で、後半は志村喬演じる弁護士の心情・行動が焦点となっていく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    今も昔もマスコミって一緒なのかな?
    でっちあげの‘言論の自由’と闘う
    お星様が生まれた瞬間を初めてみた
    1950年の、スキャンダラスなお話
    製作年:1950
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    39
  40. 赤毛

    赤毛
    評価:C3.31
     「肉弾」の岡本喜八が「日本の青春」の広沢栄とともに脚本を執筆し、自らメガホンをとった幕末アクションドラマ。撮影は「弾痕」の斎藤孝雄、音楽は「尻啖え孫市」の佐藤勝が担当した。

    アクション、時代劇、幕末

    ネット上の声

    “維新” の歴史はこの程度のものだった。
    岡本映画の一貫したモチーフ “雑草魂”
    知らなかったですね、歴史的事実
    立ち上がる民衆、権力者への怒り
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:三船敏郎
    40
  41. 姿三四郎

    姿三四郎
    評価:D3.13
     黒澤明監督作品「姿三四郎」「続姿三四郎」をまとめてリメイクした作品。黒澤自身が製作と再脚色を行い「道場破り」の内川清一郎が監督した。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    同じ脚本でもちょっとした匙加減で..。
    個人攻撃をうけますた(>0<)
    抜群の三船さん
    やわら のシーンで
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:内川清一郎
    主演:加山雄三
    41
  42. 白痴

    白痴
    評価:D3.08
    黒澤明自身が敬愛するドストエフスキーの名作「白痴」を映画化した美しくも激しい愛憎劇。純真無垢な美しい亀田青年、彼を愛するふたりの女・綾子と妙子、そして妙子を野獣のように愛する無骨な男赤間。4人の間には、神々しいまでの愛と激しい憎悪が燃えあがる。原作に忠実であろうとするあまり、当初前後編4時間25分の長編として完成したが、難色を示した松竹側と黒澤監督が対立。切るならフィルムを縦に切ってしまえと、激怒した逸話は有名。結局現在観ることのできるのは大幅にカットされた166分バージョンのみである。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    主人公は白痴じゃない・・・
    ややつながりが悪いが…
    ゴージャスな演技合戦
    森さんを観よう!
    製作年:1951
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:原節子
    42
  43. 日本の首領(ドン) 完結篇

    日本の首領(ドン) 完結篇
    評価:D3.08
     「日本の首領」シリーズの第三部にして完結篇。飯干晃一の原作をもとにした高田宏治の脚本を、中島貞夫が監督した。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    日本版「ゴッドファーザー」シリーズ第3作
    オールスター・ヤクザ映画の完結篇
    オールスターの醍醐味!
    貫禄の三人
    製作年:1978
    製作国:日本
    監督:中島貞夫
    主演:三船敏郎
    43
  44. 風林火山

    風林火山
    評価:D3.08
    井上靖の同名原作を、「日本のいちばん長い日」の橋本忍と、「大奥(秘)物語」の国弘威雄が共同で脚色にあたり、「佐々木小次郎(1967)」の稲垣浩が監督した大型時代劇。撮影は「連合艦隊司令長官 山本五十六」の山田一夫が担当。

    時代劇

    ネット上の声

    07年の大河ドラマはこれを超えられるか?
    あるいは公開当時、見たのかもしれないけど
    軍師ブームのさきがけか?
    この顔ぶれといったら!
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:稲垣浩
    主演:三船敏郎
    44
  45. 宮本武蔵

    宮本武蔵
    評価:D3.05
    アカデミー賞(1956年・外国語映画賞) ご存じ吉川英治の同名小説を劇作家の北条秀司が劇化したものを「お祭り半次郎」の稲垣浩が「恋風街道」の若尾徳平とともに脚本化。それをもとに稲垣自身がメガホンをとった、時代劇三部作の第一作。

    時代劇

    ネット上の声

    ちょっと主演キャストが老けてはいるが、
    56年という、計り知れない年月。
    北条秀司と稲垣浩
    宮本武蔵・青春編
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:稲垣浩
    主演:三船敏郎
    45
  46. 日本誕生

    日本誕生
    評価:D3.04
     大和国の皇子・小碓命が、景行天皇から熊曽族の征伐を命じられた。熊曽族の王、熊曽建(クマソタケル)を討ち果たした小碓は、日本武尊(ヤマトタケル)の名を与えられる。

    特撮

    ネット上の声

    学芸会 ―― 良くできました。
    美しい国は美しい心で作る
    稀有な日本神話映画
    日本武尊の英雄譚
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:稲垣浩
    主演:三船敏郎
    46
  47. 海燕ジョーの奇跡

    海燕ジョーの奇跡
    評価:D3.01
    弟分の復讐に暴力団の首領を射殺、フィリピンへ逃亡した沖縄の青年ヤクザの青春を描く。佐木隆三原作の同名小説の映画化で、脚本は「野獣刑事」の神波史男と「赤い帽子の女」の内田栄一、「天使を誘惑」の藤田敏八の共同執筆。監督は「ダブルベッド」の藤田敏八、撮影は「草迷宮」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

    アクション、ヤクザ・ギャング、沖縄

    ネット上の声

    藤谷美和子の若々しい肢体!
    製作年:1984
    製作国:日本
    監督:藤田敏八
    主演:時任三郎
    47
  48. 1941(いちきゅうよんいち)

    1941(いちきゅうよんいち)
    評価:D2.91
    1941年、アメリカが真珠湾攻撃を受けた日から6日後の12月13日の南カリフォルニアを舞台に、日本軍が攻めてくるという恐怖の中での住民たちの一日の行動をコメディ・タッチで描く。製作総指揮はジョン・ミリアス、製作はバズ・フェイシャンズ、監督は「未知との遭遇」のスティーヴン・スピルバーグ。ロバート・ゼメキス、ボブ・ゲイルとジョン・ミリアスの原案(三笠書房刊)を基にロバート・ゼメキスとボブ・ゲイルが脚色。撮影はウィリアム・A・フレイカー、音楽はジョン・ウィリアムズ、編集はマイケル・カーン、製作デザインはディーン・エドワード・ミズナー、衣裳はデボラ・ナドゥールマン、特殊効果はA・D・フラワーズが各々…

    コメディ

    ネット上の声

    おいおいおいおい、おい〜〜!!
    予想外に受け付けなかった…
    オープニングで、あれっ!映画間違えた?ってなります!!
    これがあるから『ブルースブラザース』がある!
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:ダン・エイクロイド
    48
  49. ミッドウェイ

    ミッドウェイ
    評価:D2.87
    1942年、北太平洋のほぼ中央部に位置する小島、ミッドウェイにおける日本とアメリカの大海戦を描く。製作はウォルター・ミリッシュ、監督は「エアポート'75」のジャック・スマイト、脚本はドナルド・S・サンフォード、撮影はハリー・ストラドリング・ジュニア、美術はウォルター・タイラー、音楽はジョン・ウィリアムス(2)、編集はロバート・スウィンクとフランク・J・ユリオステテ、特殊効果はジャック・マクマスターが各々担当。出演はチャールトン・ヘストン、ヘンリー・フォンダ、グレン・フォード、三船敏郎、ロバート・ミッチャム、ジェームズ・繁田、ロバート・ウェーバー、ハル・ホルブルック、エドワード・アルバート、ロ…

    戦争

    ネット上の声

    やっぱり、手を抜いちゃあダメよね…
    駄作、駄作と言われるが・・・・
    駄作ですね…これは…
    初めてミフネを見た
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:ジャック・スマイト
    主演:チャールトン・ヘストン
    49
  50. 待ち伏せ

    待ち伏せ
    評価:D2.81
    小国英雄、「女賭博師壷くらべ」の高岩肇、「女組長」の宮川一郎、それに「風林火山」の稲垣浩(藤木弓は稲垣監督のペンネーム)の四人が脚本を共同執筆、稲垣浩が監督した時代劇。撮影は「幕末」の山田一夫が担当。

    時代劇

    ネット上の声

    4大スターがそれぞれ活動屋の代紋を背負い
    この四人には待ち伏せされたくねー
    なんともパッとしない時代劇
    傑作になりそこねた時代劇
    製作年:1970
    製作国:日本
    監督:稲垣浩
    主演:三船敏郎
    50

スポンサードリンク