スポンサーリンクあり

映画「小間使の日記」のランキング情報

C
3.30
評価数:772
小間使の日記
製作
1964年 フランス,イタリア
時間
98分
監督
ルイス・ブニュエル
出演
ジャンヌ・モローミシェル・ピッコリジョルジュ・ジェレ
種類
ヒューマンドラマ
「アンダルシアの犬」などの巨匠ルイス・ブニュエルがジャンヌ・モローを主演に迎え、1946年にジャン・ルノワール監督が映像化したことでも知られるオクターブ・ミルボーの小説を映画化。1930年代半ば、右派と左派の対立が激化するフランス。モンテイユ家の田舎屋敷に、パリからやって来た魅力的な女性セレスティーヌが小間使いとして雇われる。そこには、家の実権を握る妻と性的欲求不満を狩猟で紛らわす夫、妻の父で婦人靴を異常なほどに愛する老人、粗野な下男らが暮らしていた。ある日、近所で恐ろしい殺人事件が起こり……。モンテイユ家をフランス社会の縮図に見立てながら、ブルジョワ風刺と社会批評を込めて描く。晩年のブニュエル作品には欠かせない脚本家ジャン=クロード・カリエールが初めて参加した。

「小間使の日記」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第6624位(29706件中)
1964年
第85位(545件中)
洋画
第6557位(39015件中)
フランス
第1250位(4952件中)
イタリア
第399位(2339件中)
1960年代
第704位(5845件中)
U-NEXT定額
第2831位(14822件中)
ルイス・ブニュエル監督が制作
第14位(32件中)
ミシェル・ピッコリが出演
第11位(39件中)
ジャンヌ・モローが出演
第15位(47件中)
ジョルジュ・ジレが出演
第2位(5件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。