スポンサーリンクあり

全39作品。ミシェル・ピッコリが出演した映画ランキング

  1. 汚れた血
    • A
    • 4.27
    レオス・カラックスの、アレックスという青年を主人公にした3部作の2作目。愛のないセックスで伝染する死の病、STBOが蔓延する近未来のパリ。父を亡くしたアレックスは、父と同じく借金を抱える父の友人マルクから、ある製薬会社が開発したSTBOの特効薬を盗む話を持ちかけられる。マルクの愛人アンナをジュリエット・ビノシュが、アレックスのガールフレンドのリーズをジュリー・デルピーが演じている。

    ネット上の声

    • 主人公がデビッドボウイのモダンラブで疾走するシーンがあまりにカッコよかったので鑑
    • 片頬に塗られた血が全てを表していた。アレックスの心は既に元恋人の元...
    • 痛みとともに思い出す、あの毒ある甘さ
    • 3部作の2作目なの知らなかった!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1986年
    • 製作国フランス
    • 時間125分
    • 監督レオス・カラックス
    • 主演ドニ・ラヴァン
  2. 2

    友情

    友情
    • B
    • 3.92
    アメリカで実際にあったエピソードを基に、白血病に冒された少女と彼女のクラスメイトたちの厚き友情を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「大安に仏滅!?」の和泉聖治。脚本は、「大安に仏滅!?」の布勢博一と「曖・昧・Me」の伊藤尚子の共同。撮影を「大安に仏滅!?」の安藤庄平が担当している。主演は、故三船敏郎の愛娘で映画初出演の三船美佳。文部省選定、厚生省、骨髄移植推進財団推薦作品。

    ネット上の声

    • 淡々と、しみじみと、いろいろありますなぁ。
    • イヴモンタン(町工場の似合わないこと!)のいつもの微笑みが、ずっと不安げに、泣く
    • クロードソーテの友情
    • クロード・ソーテ監督、フィリップ・サルドの音楽、このコンビの作品はいつもフランス
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス
    • 時間118分
    • 監督クロード・ソーテ
    • 主演イヴ・モンタン
    • 定額
  3. 3

    家路

    家路
    • B
    • 3.88
    老境を生きる舞台俳優が自らの人生について思いを巡らせる人間ドラマ。監督・脚本は「クレーヴの奥方」のマノエル・ド・オリヴェイラ。出演は「ボーマルシェ」のミシェル・ピコリ、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」のジョン・マルコヴィッチ、「クレーヴの奥方」のアントワーヌ・シャペーほか。

    ネット上の声

    • ただ人生を理解するだけ、それが映画!
    • ちょっと良さが分からなかった・・・
    • 変化のきっかけを逃し続けること
    • オリヴェイラ監督92歳の作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国ポルトガル,フランス
    • 時間90分
    • 監督マノエル・ド・オリヴェイラ
    • 主演ミシェル・ピッコリ
  4. 自由の幻想
    • B
    • 3.78
    「アンダルシアの犬」などの巨匠ルイス・ブニュエルが晩年に撮りあげたシニカルな不条理劇。1808年、ナポレオン占領下のスペインで、抵抗派の男が「自由くたばれ!」と叫びながら処刑される。現代のパリでは、公園で遊んでいた少女が見知らぬ紳士からもらった観光地の写真を両親に見せると、両親はそこに写った建造物に眉をひそめながらも性的興奮を覚える。容態の悪化した父のもとへ急ぐ看護師の女は、道中で次々と奇妙な人たちに出会う。互いに関係のない不思議なエピソードの数々が、様々な偶然を介して緩やかに連結されていく。出演は「女は女である」のジャン=クロード・ブリアリ、「太陽はひとりぼっち」のモニカ・ビッティ。

    ネット上の声

    • 【「自由よ、くたばれ!」で始まるもの/“林檎”、“ゴリラ”、“ラッパ”、“パリ”、“林檎”】
    • 自由な欲望に支配された人間の可笑しさと生理を風刺したルイス・ブニュエルの傑作
    • 不自由なくして自由は有り得ない
    • 非日常的なブラックユーモアの
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス
    • 時間104分
    • 監督ルイス・ブニュエル
    • 主演ジャン=クロード・ブリアリ
    • 定額
  5. 5

    いぬ

    いぬ
    • B
    • 3.74
    新鋭推理作家ピエール・ルズーの同名の小説からわが国には初めてながら、名匠のジャン・ピエール・メルヴィルが脚色、演出もした暗黒もの。撮影は、ニコラ・エイエ、音楽はポール・ミスラキが担当した。出演者は「大盗賊」のジャン・ポール・ベルモンド。他にセルジュ・レジアニ、ジャン・ドザイ、ミシェル・ピッコリ、新人女優のフェビエンヌ・ダリ、モニーク・エネシーら。

    ネット上の声

    • よく知らないけど、なんだかカッコ良さそう映画だなぁ~と思って観るとたいてい失敗す
    • フィルム・ノワール仕立てのミステリー
    • メルヴィルの推理ノワール、雨
    • 美しすぎるフィルム・ノワール
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1963年
    • 製作国フランス
    • 時間109分
    • 監督ジャン=ピエール・メルヴィル
    • 主演ジャン=ポール・ベルモンド
    • 定額
  6. 美しき諍い女(いさかいめ)
    • C
    • 3.62
    日本公開にあたり、モデルを演じるエマニュエル・ベアールの“ヘア論争”が巻き起こったリベットの問題作。老画家の屋敷を、新進画家が訪ねてきた。彼の恋人を見た老画家は、10年間中断していた野心作“美しい諍い女”の制作再開を決意する。かつて“美しい諍い女”のモデルを務めた妻、創作に悩む老画家、最初はモデルを拒んでいたが次第に積極的に老画家に挑み始める娘、そしてその恋人。二組のカップルの関係にも緊張が走りはじめる……。

    ネット上の声

    • ミシェル・ピコリが老画家、エマニュエル・ベアールがヌードモデルを演じる超長編4時
    • 映画嘗を総なめにした4時間の芸術
    • 「エマニュエル・ベアールの裸身」
    • エマニュエル・ベアールを視姦する
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1991年
    • 製作国フランス
    • 時間237分
    • 監督ジャック・リヴェット
    • 主演ミシェル・ピッコリ
    • 定額
  7. すぎ去りし日の…
    • C
    • 3.60
    妻子ある男との結婚をひかえ、逡巡し、そして多くの不安を乗り越えて結婚にたどりつく一歩手前で、二人の未来は無惨にも断ち切られてしまう。製作はレイモン・ダノン、監督はクロード・ソーテ、脚本はポール・ギマール、ジャン・ルー・ダバディ、クロード・ソーテの共同、撮影はジャン・ボフティ、音楽はフィリップ・サルドが各々担当。出演はロミー・シュナイダー、ミシェル・ピッコリ、レア・マッサリ、ジェラール・ラティゴなど。

    ネット上の声

    • 別れ道の原版
    • ロミーに惹かれてオランダ人夫がチョイスした作品
    • 長年つれ添った妻と若い愛人の間をフラフラする話
    • 凝縮・反転した意識の中で…
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1970年
    • 製作国フランス
    • 時間88分
    • 監督クロード・ソーテ
    • 主演ロミー・シュナイダー
    • 定額
  8. 8

    軽蔑

    軽蔑
    • C
    • 3.52
    名匠ジャン=リュック・ゴダールがスター女優ブリジット・バルドーを主演に迎えて手がけた長編第6作。イタリア人作家アルベルト・モラビアの同名小説をもとに、ある夫婦に訪れる愛の終焉を、斜陽化の進むヨーロッパ映画産業の問題と絡ませながら描いた。 脚本家のポールは映画プロデューサーのプロコシュから、フリッツ・ラングが監督する大作映画「オデュッセイア」の脚本の手直しを依頼される。ポールと妻で女優のカミーユはプロコシュの自宅へ招かれるが、ポールが遅れて到着するとカミーユの態度はなぜか豹変しており、彼に対して軽蔑のまなざしを向ける。やがてポールとカミーユは映画のロケのため、カプリ島にあるプロコシュの別荘を訪れるが……。脚本家ポール役を「昼顔」のミシェル・ピッコリ、映画プロデューサーのプロコシュ役を「シェーン」のジャック・パランスが演じる。 巨匠フリッツ・ラング監督が本人役で出演。日本初公開は1964年。2017年9月にデジタルリマスター版が公開。2023年11月には60周年4Kレストア版で公開。

    ネット上の声

    • 愛しているのに軽蔑される辛さ 見事に
    • ゴダールのラブ、好き好き大っ嫌い!
    • 愛に執着して喧嘩して裏切る
    • 旦那さん、あんたが悪い。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1963年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間102分
    • 監督ジャン=リュック・ゴダール
    • 主演ミシェル・ピッコリ
    • レンタル
    • 定額
  9. 美しき諍い女/ディヴェルティメント
    • C
    • 3.48

    ネット上の声

    • 裸体って、なんでこんなに魅力的なんだろうか
    • このバージョン未視聴
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1993年
    • 製作国フランス
    • 時間131分
    • 監督ジャック・リヴェット
    • 主演ミシェル・ピッコリ
  10. それぞれのシネマ 〜カンヌ国際映画祭60回記念製作映画〜
    • C
    • 3.46
    日本のとある田舎町。四方を田畑に囲まれたくたびれた映画館に、一人の男(モロ師岡)がやってくる。観客席にじっと座り映画を楽しもうとするが、運悪く次から次へと小さなトラブルが起こり、男のつかの間の休日を奪っていく。(素晴らしき休日・北野武)

    ネット上の声

    • 映画は、空っぽで、不人気で、熱狂で、希望で、絶望で、記憶で、再生で、くだらなくて
    • 32名の監督(錚々たる面々)による映画館がテーマのオムニバス
    • 暇をもてあました神々の・・・シネマ
    • 「素晴らしき休日」は映画とともに!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国フランス
    • 時間118分
    • 監督テオ・アンゲロプロス
    • 主演ジャンヌ・モロー
  11. 11

    別離

    別離
    • C
    • 3.44
    フランソワーズ・サガンの小説『熱い恋』を、「さすらいの狼」のアラン・カヴァリエが監督した。脚色はサガンとカヴァリエの共同。撮影はピエール・ロム、音楽はモーリス・ルルー、編集はピエール・ジレットの担当。なおドヌーブの衣裳をイヴ・サンローランがデザインしている。出演はカトリーヌ・ドヌーヴ、ミシェル・ピッコリ、新人ロジェ・ヴァン・オール、イレーネ・テュンクほか。製作はオスカル・ダンシヘルス。

    ネット上の声

    • 「昼顔」と互角に並ぶ程だいすき
    • 原作読み終えてからもう一度観る
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1968年
    • 製作国フランス
    • 時間103分
    • 監督アラン・カヴァリエ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  12. アトランティック・シティ
    • C
    • 3.44
    ニュージャージー州のカジノの街“アトランティック・シティ”を舞台に、盗まれた麻薬がひきおこす犯罪に巻き込まれた初老の男とひとりの女の出会いと夢を描く。製作はデニス・エロー、監督は「さよなら子供たち」のルイ・マル、脚本はジョン・グアーレ、撮影はリチャード・シュプカ、音楽はミシェル・ルグランが担当。出演は「ローカル・ヒーロー 夢に生きた男」のバート・ランカスター、「さよならゲーム」のスーザン・サランドンほか。

    ネット上の声

    • 「あの車は乗り捨てろよ。」
    • ギャングと賭博士
    • 解説間違い!
    • カラフルなルイ・マルと言うべきか、クライムものでありながら彼の映画の中ではテンシ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1980年
    • 製作国フランス,カナダ
    • 時間105分
    • 監督ルイ・マル
    • 主演バート・ランカスター
  13. マックスとリリー
    • C
    • 3.39
    「太陽が知っている」のロミー・シュナイダーと「昼顔」のミシェル・ピッコリが共演したクライムサスペンス。 裕福な家庭に生まれ育ったマックスは、現在は一匹狼の刑事として犯罪者たちの逮捕に執念を燃やしていた。ある日、銀行強盗を捕らえ損ねていまいましく思っていた彼は、旧友アベルに出くわす。アベルはチンピラ仲間たちとともに車や廃品を盗んで日銭を稼いでいた。アベルが連れてきた娼婦リリーとも知り合ったマックスは、アベルたちが強盗に手を染めるように仕向けるが……。 監督は「すぎ去りし日の……」のクロード・ソーテ。日本では「はめる 狙われた獲物」のタイトルでビデオ発売された。「没後40年 ロミー・シュナイダー映画祭」(2022年8月5日~25日/Bunkamuraル・シネマ)で劇場初公開。

    ネット上の声

    • 将を射んとまずは馬を射たら返り討ち
    • マックス かっこいい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1971年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間111分
    • 監督クロード・ソーテ
    • 主演ミシェル・ピッコリ
  14. 小間使の日記
    • C
    • 3.29
    「アンダルシアの犬」などの巨匠ルイス・ブニュエルがジャンヌ・モローを主演に迎え、1946年にジャン・ルノワール監督が映像化したことでも知られるオクターブ・ミルボーの小説を映画化。1930年代半ば、右派と左派の対立が激化するフランス。モンテイユ家の田舎屋敷に、パリからやって来た魅力的な女性セレスティーヌが小間使いとして雇われる。そこには、家の実権を握る妻と性的欲求不満を狩猟で紛らわす夫、妻の父で婦人靴を異常なほどに愛する老人、粗野な下男らが暮らしていた。ある日、近所で恐ろしい殺人事件が起こり……。モンテイユ家をフランス社会の縮図に見立てながら、ブルジョワ風刺と社会批評を込めて描く。晩年のブニュエル作品には欠かせない脚本家ジャン=クロード・カリエールが初めて参加した。

    ネット上の声

    • ブニュエルのブルジョワ批判
    • メイド探偵の失敗、なのか
    • 不穏な雰囲気が漂う
    • ブニュエルらしさ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1964年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間98分
    • 監督ルイス・ブニュエル
    • 主演ジャンヌ・モロー
    • 定額
  15. 雨上がりの駅で
    • C
    • 3.25
    自由奔放に生きる19歳の少女が、アルツハイマー症である老教授との奇妙な旅の道連れになることによって、心の成長を遂げていく様を描く人間ドラマ。監督は「エトワール」のピーター・デル・モンテ。製作はエンツォ・ポルチェッリ。モンテとマリオ・フルツナートの原案を、モンテ自身がグーロリア・マラテスタとクラウディア・スバリジャとの共同で脚色。撮影は「親愛なる日記」のジュゼッペ・ランチ。音楽はダリオ・ルカントーニ。出演は「スタンダール・シンドローム」「トラウマ 鮮血の叫び」など、実父ダリオ・アルジェント監督のホラー作品の常連であるアーシア・アルジェント。共演は「百一夜」のミシェル・ピコリほか。

    ネット上の声

    • 友達から「私の祖父を尾行してほしい」と、不思議な依頼をされ、何も考えずに引き受け
    • アルツハイマー症のコジモ(ミシェル・ピッコリ)を尾行するコラ(アーシア・アルジェ
    • 雨の日に軽やかな気分で観れる作品です
    • 雨映画と探していて巡り合った映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1996年
    • 製作国イタリア
    • 時間104分
    • 監督ピーター・デル・モンテ
    • 主演ミシェル・ピッコリ
  16. 黄金の眼
    • C
    • 3.13
    イタリアで人気爆発のコミックの映画化で超スーパーマンの物語。アンジェラ・ジュッサーニ、ルシアン・ジュッサーニ、ディノ・マイウリ、アドリアーノ・バラッコのストリーを、ディノ・マイウリ、ブライアン・ディガス、チューダー・ゲイツ、マリオ・バーヴァの四人が脚色、「白い肌に狂う鞭」のマリオ・バーヴァが監督したアクション篇。撮影はアントニオ・リナルディ、音楽はエンニオ・モリコーネが担当した。出演は「バーバレラ」のジョン・フィリップ・ロー、「潜行」のマリサ・メル、「めざめ」のミシェル・ピッコリ、アドルフォ・チェリほか。製作は「バーバレラ」のディノ・デ・ラウレンティス。

    ネット上の声

    • 華麗な泥棒は変な髪形って感じです。
    • 60年代、伊製B級映画の究極!
    • 痛快な怪盗アクション
    • あのエメラルドのネックレスが欲しい!
    アクション
    • 製作年1967年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間99分
    • 監督マリオ・バーヴァ
    • 主演ジョン・フィリップ・ロー
  17. 地獄の貴婦人
    • D
    • 3.10
    背徳的な快楽にふける貴婦人姉妹と弁護士がまきおこす猟奇事件を描く。製作はラルフ・ボームとアラン・コワフィエ、監督はフランシス・ジロー、脚本はジロー自身とジャック・ルーフィオの共同、原作はソランジュ・ファスケル、撮影はアンドレアス・ヴァインディング、音楽はエンニオ・モリコーネ、編集はクロード・バロウが各々担当。出演はミシェル・ピッコリ、ロミー・シュナイダー、マーシャ・ゴムスカ、アンドレア・フェレオル、モニカ・フィオレンティーニなど。

    ネット上の声

    • 新卒で保険会社に勤めていたので、保険金詐欺の被害者の立場だった
    • 驚いたねぇ・・これDVD出てるんだ・・・
    • 夜はエログロナンセンスをネタバレで
    • ちっとも知らなかったんですけどロミシュナとピコリが人体を硫酸で溶かすことで有名ら
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス,イタリア,ドイツ
    • 時間107分
    • 監督フランシス・ジロー
    • 主演ミシェル・ピッコリ
  18. 18

    夜顔

    夜顔
    • D
    • 3.08
    ある演奏会の会場で、かつての友人の妻で、今は未亡人となったセヴリーヌ(ビュル・オジエ)の姿を見かけたアンリ(ミシェル・ピコリ)。後を追いかけるアンリだったが、セヴリーヌは彼を避けるようにタクシーに乗り込んでしまう。その後、アンリーはセヴリーヌがピラミッド広場の高級ホテルに宿泊していることを突き止めるが……。

    ネット上の声

    • もしかすると、「金脈」を掘り当てたかも知れない
    • なんという美しさ、なんというエレガンス!
    • どうして不満? この結末で 良いんです!
    • こんな映画もたまにはいいんじゃないかな
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国フランス,ポルトガル
    • 時間70分
    • 監督マノエル・ド・オリヴェイラ
    • 主演ミシェル・ピッコリ
  19. 五月のミル
    • D
    • 3.05
    1968年5月、フランスの田舎の家に集まってきたブルジョワ一家の数日間の騒動を描く人間ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはヴァンサン・マル、製作はジェラール・モルト、監督・脚本は「さよなら子供たち」のルイ・マル、共同脚本はジャン・クロード・カリエール、撮影はレナート・ベルタ、音楽はステファン・グラッペリが担当。出演はミシェル・ピッコリ、ミュウ・ミュウほか。

    ネット上の声

    • フランスらしい様な、らしくない様な作品!
    • ジャズ・バイオリンの軽快な旋律に乗せて
    • 可笑しくて悲しくてほんわかする映画
    • フランスではあの方法で獲るんだ!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1989年
    • 製作国フランス
    • 時間107分
    • 監督ルイ・マル
    • 主演ミシェル・ピッコリ
  20. 最後の晩餐
    • D
    • 2.95
    食欲と性欲の二大本能に殉じようとする、生きることに絶望した四人の中年男の奇妙な行動を描く。監督・脚本は「ひきしお」のマルコ・フェレーリ、撮影はマリオ・ヴルピアーニ、音楽はフィリップ・サルドが各々担当。出演はマルチェロ・マストロヤンニ、ウーゴ・トニャッティ、ミシェル・ピッコリ、フィリップ・ノワレ、アンドレア・フェレオルなど。

    ネット上の声

    • 「欲」とはどんなものかしら
    • 無理して食べちゃダメよ。
    • 男の理想的、死に方?
    • 現代一般人頽廃趣味極
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1973年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間130分
    • 監督マルコ・フェレーリ
    • 主演マルチェロ・マストロヤンニ
  21. 犯罪の系譜
    • D
    • 2.95

    ネット上の声

    • C・ドヌーヴ、M・プポー、M・ピコリ、M・アマルリックという豪華出演陣+犯罪映画
    • こんな豪華キャストでお金かけた美術で、とてもつまらない…
    • ナレーションが悪印象を残す映画
    • 追悼ミシェルピコリ特集
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1996年
    • 製作国フランス
    • 時間112分
    • 監督ラウル・ルイス
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  22. サン・スーシの女
    • D
    • 2.83
    戦時下のヨーロッパで過酷な運命に翻弄された人々を描き、名優ロミー・シュナイダーの最後の出演作となったドラマ。 人権擁護委員会の代表を務めるマックスはパラグアイ大使との会見の席で、大使の本名を確認すると射殺してしまう。逮捕されたマックスは留置所へ面会に来た妻リナに、自身のつらい過去について語り始める。1930年代、ベルリン。10歳のマックスはナチスに父を殺され、家族の友人ミシェルとエルザ夫妻に引き取られる。幸せに暮らす3人に再びナチスの魔の手が迫り、マックスはエルザとともにパリへ逃れるが……。 シュナイダーがマックスの妻リナと養母エルザの2役を演じ、「昼顔」のミシェル・ピッコリ、「キャバレー」のヘルムート・グリームが共演。ジョセフ・ケッセルの小説を原作に、「仮面」のジャック・ルーフィオが監督を務めた。「没後40年 ロミー・シュナイダー映画祭」(2022年8月5日~25日/Bunkamuraル・シネマ)上映作品。

    ネット上の声

    • 歴史は繰り返され、本作は制作当時には思いもよらない四重構造になっていたのです
    • フランスで20世紀最高の女優に選ばれたことがあるロミー・シュナイダーの遺作
    • 復讐が生み出すのは復讐だけなのか?
    • もう一度観たくて探し続けた映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1982年
    • 製作国フランス,ドイツ
    • 時間115分
    • 監督ジャック・ルーフィオ
    • 主演ロミー・シュナイダー
  23. この庭に死す
    • D
    • 2.81
    シュールレアリズムの名作「アンダルシアの犬」やアカデミー外国語映画賞を受賞した「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」など多様な作風で高く評価された巨匠ルイス・ブニュエルが、メキシコ時代の1956年に手がけたサバイバルドラマ。南米のとある鉱山村を舞台に、ひと癖もふた癖もある人々が繰りひろげる命がけの戦いを描きだす。出演は「年上の女」のシモーヌ・シニョレ、「軽蔑」のミシェル・ピッコリ、「恐怖の報酬」のシャルル・バネル。

    ネット上の声

    • 前半は南米の鉱山で働く山師vs軍
    • 朽ちていく文明の中で…
    • ルイス・ブニュエル監督のフィルモグラフィーを代表するような傑作ではないだろうけど
    • 『アンダルシアの犬』をチラッと観たことがあるくらいで(DVD届くの楽しみにしてた
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国フランス,メキシコ
    • 時間104分
    • 監督ルイス・ブニュエル
    • 主演シモーヌ・シニョレ
    • 定額
  24. ランジュ・ノワール/甘い媚薬
    • E
    • 2.71
    上流階級の貴婦人の過去の謎をめぐるエロティック・サスペンス。監督・脚本は、「白い婚礼」のジャン・クロード・ブリソー。共同製作はジャン・リュック・ゴダール作品や「野生の葦」などの大物プロデューサー、アラン・サルド。撮影は「かごの中の子供たち」のロマン・ヴァンダンで、音楽は「白い婚礼」のジャン・ミュジーがそれぞれ担当。編集はエリック・ロメール作品で知られるブリソー夫人のマリア・ルイサ・ガルシア(本作ではリザ・エレディア名義でマドレーヌ役も演じている)。主演は60年代フレンチ・ポップスのアイドル、シルヴィー・ヴァルタンで、映画主演は約10年ぶり。共演は「ニキータ」「ゴールデンアイ」のチェッキー・カリョ、「美しき諍い女」などのベテラン、ミシェル・ピッコリ、新人アレクサンドラ・ウィニスキーほか。95年「フランス映画祭横浜95」クロージング作品(ちなみに団長はシルヴィー・ヴァルタン)。

    ネット上の声

    • シャンパンひっくり返して全員注目、検事の奥さんに「最近はどの女と寝てるの?」つっ
    • かまきり夫人を観たばかりなので親娘の感じが似てるーとか思って観たりして、とにかく
    • マフィアの大物である男性を射殺して正当防衛を主張するブルジョア婦人の秘密が、彼女
    • 暗黒街の大物の殺人事件からフランス階級社会の歪みを描くエロティック・サスペンス
    サスペンス
    • 製作年1994年
    • 製作国フランス
    • 時間95分
    • 監督ジャン=クロード・ブリソー
    • 主演シルヴィー・ヴァルタン
    • 定額
  25. ここに幸あり
    • E
    • 2.70
    「月曜日に乾杯!」「素敵な歌と舟はゆく」などの名匠オタール・イオセリアーニが監督・脚本を手がけ、失脚した大臣が気ままな毎日を過ごす中で本当の幸せを見いだしていく姿をユーモラスにつづったドラマ。 大臣のヴァンサンはある日突然失脚し、仕事もお金も失ってしまう。妻にも愛人にも愛想を尽かされ行き場をなくした彼は、故郷へ帰ることに。旧友たちとワインを飲んで歌ったり、優しい女性たちに出会ったりと自由気ままな日々を満喫するうちに、ヴァンサンは本当の豊かさや生きていることの幸せに気づいていく。 「軽蔑」「美しき諍い女」などの名優ミシェル・ピコリがヴァンサンの母親役を演じている。

    ネット上の声

    • 赤ワインで多少酔ってから鑑賞してみては?
    • 日本人には馴染まない世界?!
    • 自由な男の最後の夢
    • フランス版落語
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国フランス,イタリア,ロシア
    • 時間121分
    • 監督オタール・イオセリアーニ
    • 主演セヴラン・ブランシェ
  26. 百一夜
    • E
    • 2.59
    映画が生まれてから100周年を記念し、ヌーベルバーグ出身の女性監督アニエス・バルダがフィクションとドキュメンタリーを融合させて描いた異色のコメディ。製作に「ラストエンペラー」「戦場のメリークリスマス」のジェレミー・トーマス。あらゆる映画にかかわってきたと言われるシネマ氏が100歳を迎え、映画ファンの若者カミーユがシネマ氏の語る映画の話の聞き手となる。やがてカミーユは、シネマ氏の唯一の肉親が行方不明であることを知り、シネマ氏の莫大な遺産を手に入れ、それを資金に映画を作ろうと考えつくが……。シネマ氏をミシェル・ピッコリが演じ、欧米の豪華映画俳優が多数顔を出す。

    ネット上の声

    • シネマ誕生100年記念作品なんてなんかハードルが高い様な気がしてしばらく寝かして
    • 一度だけみた快作
    • えらく楽天的に映画の未来を考えてるんだなーという百周年記念映画だがお祭りだと思え
    • 一瞬のレオなるどディカプリオのために購入して、出てくる映画ことごとく知らな過ぎて
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1994年
    • 製作国フランス
    • 時間105分
    • 監督アニエス・ヴァルダ
    • 主演ミシェル・ピッコリ
  27. 獲物の分け前
    • E
    • 2.48
    「コールガール」「帰郷」で2度のオスカーに輝いた名優ジェーン・フォンダが、ブレイク前の1966年にフランスで出演した官能ドラマ。 19世紀フランスの文豪エミール・ゾラの同名小説を原作に、自由奔放に見えながらも男に利用され全てを失ってしまう女性の姿を描く。莫大な遺産を相続したが家庭に縛られたくないルネは、20歳以上も年上の実業家アレクサンドルと愛のない結婚をする。2人はパリ郊外の豪邸で暮らし始めるが、そこにはアレクサンドルの先妻の息子マキシムも暮らしていた。ルネはマキシムに惹かれ、夫の目を盗んで彼と関係を持つようになるが……。 夫アレクサンドル役に「軽蔑」のミシェル・ピコリ。監督は当時のフォンダの夫で、後に「バーバレラ」でもタッグを組むロジェ・バディム。

    ネット上の声

    • 文豪エミール・ゾラ『はらわた』が原作だが
    • うまい邦題
    • 【可哀想な美女を堪能するための映画】
    • ラストどういうことーーー?!!!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国フランス
    • 時間95分
    • 監督ロジェ・ヴァディム
    • 主演ジェーン・フォンダ
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  28. めざめ
    • E
    • 2.44
    「女は夜の匂い」で登場したヌーベル・バーグ派のミシェル・ドヴィルがニナ・コンパネーズと共同で脚本執筆し、彼自身が監督した艶笑譚。撮影は「ロシュフォールの恋人たち」のギスラン・クロケで、ブランデーの醸造で名高いヘネシー家の城でロケを敢行、音楽はボッチェリーニ、モーツァルト、ハイドンなどの古典を使い、選曲その他の音楽監督はジャン・ヴィーネ。出演は「昼顔」のカトリーヌ・ドヌーヴとミシェル・ピッコリ、同じく「昼顔」の新人ピエール・クレマンティィ、大女優ミシェル・モルガン、「女は夜の匂い」のオディール・ヴェルソワほか。製作は「シェルブールの雨傘」「幸福」など、今やフランスの名作を一手にひきうけている感さえある女流のマグ・ボダール。

    ネット上の声

    • 「ロミオとジュリエット」と併映だった
    • 確かシナリオにベルイマン参加
    • 字幕ないのしかなくて、雰囲気だけ観た
    • 昨日のソフィカルで1番悲しかった展示
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1968年
    • 製作国フランス
    • 時間104分
    • 監督ミシェル・ドヴィル
    • 主演ミシェル・モルガン
  29. パパラッツィ
    • E
    • 2.40
    ジャン=リュック・ゴダール「軽蔑」のイタリア・カプリ島での撮影現場を取材した短編ドキュメンタリー。 ゴダールと親交のあったジャック・ロジエが「軽蔑」撮影現場を訪れてカメラを回し、そこで起きていた、ブリジット・バルドーと彼女のスクープ写真を撮ろうと狙うパパラッチたちとの攻防や、彼女を一目見ようと集まる群衆の姿を収めた。その様子を通して「軽蔑」という作品を外側から捉える。 2010年1月開催の特集上映「ジャック・ロジエのヴァカンス」や、2023年7月開催の特集上映「みんなのジャック・ロジエ」で上映。

    ネット上の声

    • 「バルドー/ゴダール」の副産物の短編
    • 「アデュー・フィリピーヌ」と併映
    • アンナもバーキンもスパークも君たち可愛いね〜‼️‼️🤤🤤とはなるが、バルドーは全
    • ゴダールの現場演出が記録された貴重な映像であることは当然として、隠し撮りの映像が
    ドキュメンタリー
    • 製作年1963年
    • 製作国フランス
    • 時間20分
    • 監督ジャック・ロジエ
    • 主演ブリジット・バルドー
  30. 恋の病い
    • E
    • 2.20
    ボルドーを舞台に、一人の女性と二人の男性が織りなす愛の形を描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはジャン・ミシェル・ユラエール、製作はマリー・ロール・リール、監督は「パリ警視J」のジャック・ドレー、アンジェイ・ズラウスキの原案・脚色を基にダニエル・トンプソンが脚本・台詞、撮影は「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」のジャン・フランソワ・ロバン、音楽は「悲しみのヴァイオリン」のロマノ・ムスマラが担当。出演はナスターシャ・キンスキー、ジャン・ユーグ・アングラード、ミシェル・ピッコリほか。

    ネット上の声

    • ロマンチックな気分に浸れる!
    • 中々にナスターシャ
    • これDVD出ないかな
    • 愛を強烈に追い求めるナスターシャ・キンスキーが胸毛ボーボーのミシェル・ピコリの愛
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1987年
    • 製作国フランス
    • 時間118分
    • 監督ジャック・ドレー
    • 主演ナスターシャ・キンスキー
  31. ひきしお
    • E
    • 2.19
    地中海の孤島でジョルジョと出会ったリザは彼と暮らし始めるが、彼の愛犬に嫉妬し、海で殺してしまう。イヌを殺したことをジョルジョに告げたリザは、自分の首に首輪を巻き、彼の足元にうずくまる。そんな彼女をジョルジョはイヌとして扱うようになり…。

    ネット上の声

    • 疑問符ばかりの不思議な作品
    • マルチェロ・マストロヤンニとカトリーヌ・ドヌーヴの出演作で、なぜかレビューしてい
    • ドヌーヴが首輪されて鎖で繋がれたポスター画像見たら、観ずにおられなんだ
    • 沖縄の離島にしばし避難中だったので、何か島映画観たくてこれ観た
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1971年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間100分
    • 監督マルコ・フェレーリ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • 定額
  32. ローマ法王の休日
    • E
    • 2.02
    「息子の部屋」「親愛なる日記」のナンニ・モレッティ監督が、ローマ法王のつかの間の休日を笑いと涙を交えて描くハートフルドラマ。ローマ法王が死去し、新しい法王を選出するため各国の枢機卿がバチカンに集まる。全員が心の中では面倒な法王に選ばれたくないと思うなか、誰もが予想していなかったメルビルが新たな法王に選出される。メルビルはプレッシャーのあまりローマの街へ逃げ出すが、街の人々と触れ合うことで人生において大切なものや法王の存在意義とは何かを見つめ直していく。

    ネット上の声

    • 役者になりたかった法王と「かもめ」の寓意
    • お前は生徒会長に選ばれ登校拒否る小学生か
    • 10億人信者がオーマイガーッと卒倒必至?
    • 監督がバチカンの悪口を言いたいだけ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国イタリア
    • 時間105分
    • 監督ナンニ・モレッティ
    • 主演ミシェル・ピッコリ
    • レンタル
    • 定額
  33. バルドー/ゴダール
    • E
    • 1.92
    ジャン=リュック・ゴダール監督作「軽蔑」で行われた、カプリ島での撮影現場を取材した短編ドキュメンタリー。 イタリアのカプリ島で行われていた同作の撮影の現場を訪れたジャック・ロジエがカメラを回し、ブリジット・バルドーとゴダールの関わりを捉えることで、作品の内側からゴダールの撮影美学に迫った。また同時にロジエ自身の作家性をも浮かび上がらせる。 2010年1月開催の特集上映「ジャック・ロジエのヴァカンス」や、2023年7月開催の「みんなのジャック・ロジエ」にて劇場公開。

    ネット上の声

    • 資料的価値まで
    • ラング、ゴダール、ロジェが『軽蔑』の撮影現場で集結していたという事実が何よりも凄
    • 数日前に観たものだから、もう何もかも忘れてしまった でも当時の感情としては恐らく
    • ゴダールの即興への考え方をロジェが語っているところが端的で分かりやすい
    ドキュメンタリー
    • 製作年1963年
    • 製作国フランス
    • 時間10分
    • 監督ジャック・ロジエ
    • 主演ブリジット・バルドー
  34. シルビア・クリステルの ピンク泥棒
    • E

    ネット上の声

    • 泥棒のドパルデューと警官のピコリが友達になり、強制キャンプ場に送られる
    コメディ
    • 製作年1977年
    • 製作国フランス
    • 時間98分
    • 監督フランシス・ジロー
    • 主演シルヴィア・クリステル
  35. 35

    潜行

    潜行
    • E
    ヴィクター・キャニングの小説『ミネルバ城』を、ウィリアム・ゴールドマンとマイケル・レルフ(製作も担当)が共同脚色、「わらの女」のバジル・ディアデンが監督したサスペンス・ドラマ。撮影は「わらの女」のオットー・ヘラー、音楽は「黒い狼」のフィリップ・グリーンが担当した。出演は「ニューヨークの休日」のクリフ・ロバートソン、「バタシの鬼軍曹」のジャック・ホーキンスのほかに、新人マリサ・メル、イギリス劇団の名子役クリストファー・ウィッティなど。
    アクション
    • 製作年1965年
    • 製作国イギリス
    • 時間102分
    • 監督ベイジル・ディアデン
    • 主演クリフ・ロバートソン
  36. 仮面/死の処方箋
    • E
    フランスの一地方都市の医師界を舞台に善や正義という名の仮面の下に息づく人間の本性を描く。製作はジャック・ドルフマン、製作協力はフランシス・ジロー、監督はジャック・ルーフィオ、脚本はジョルジュ・コンションの原作を彼とジャック・ルーフィオ、ジャン・ルイ・シュヴァリエが脚色。撮影はアンドレアス・ヴァインディング、音楽はフィリップ・サルドが各々担当。出演はミシェル・ピッコリ、ジェラール・ドパルデュー、ジェーン・バーキン、マリナ・ヴラディ、シャルル・ヴァネル、ミシェル・オークレールなど。地方公開時「イノセント」と二本立てで上映された。
    サスペンス
    • 製作年1976年
    • 製作国フランス,ドイツ,スペイン
    • 時間106分
    • 監督ジャック・ルーフィオ
    • 主演ミシェル・ピッコリ
  37. 奇襲戦隊
    • E
    J・P・シャブロルの小説を「七人目にかける男」のコスタ・ガブラスが脚色・監督した戦争アクションもの。撮影はジャン・トゥルニエ、音楽はミシェル・マーニュが担当している。出演は、「昼顔」のミシェル・ピッコリ、「ロシュフォールの恋人たち」のジャック・ペラン、「まぼろしの市街戦」のジャン・クロード・ブリアリ、「汚れた英雄」のジェラール・ブラン、「ダンケルク」のフランソワ・ペリエ、ブリュノ・クレメール、シャルル・ヴァネルなど。製作はレイモン・フレーメンとハリー・サルツマン。テクニカラー、テクニスコープ。
    • 製作年1967年
    • 製作国アメリカ,フランス,イタリア
    • 時間---分
    • 監督コンスタンタン・コスタ=ガヴラス
    • 主演ミシェル・ピッコリ
  38. 恋びと
    • E
    ジャン・ルイ・トランティニャンの夫人ナディーヌ・トランティニャンが自らの脚本で監督したデビュー作。撮影は「男性・女性」のウィリー・クラント、音楽は「白い恋人たち」のフランシス・レイが担当した。出演はジャン・ルイ・トランティニャン、「輪舞(1964)」「男と女(1966)」に顔をみせていたヴァレリー・ラグランジュ、「めざめ」「黄金の眼」のミシェル・ピッコリ、「風もひとりぼっち」「ペルーの鳥」のジャン・ピエール・カルフォンのほかに、トランティニャンの娘が、彼の姪の役で出演している。製作はアンドレ・ジェノーヴェ。イーストマンカラー、フランスコープ。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1968年
    • 製作国フランス
    • 時間---分
    • 監督ナディーヌ・トランティニャン
    • 主演ジャン=ルイ・トランティニャン
  39. 爪を磨く野獣
    • E
    アメリカの小説家デイ・キーンの『夜の森』の映画化で、脱獄囚と若い未亡人の恋を描く。ミシェル・オーディアール、ロドルフ・モーリス・アルロー、ジョルジュ・タベの三人と、監督のピエール・シュナールが脚色した。シュナールは戦前「罪と罰(1935)」などで知られるベテラン。撮影は「両面の鏡」のクリスチャン・マトラ。音楽はモーリス・ジャル。出演は「女猫」のフランソワーズ・アルヌール、「女は一回勝負する」のアンリ・ヴィダルのほか、ミシェル・ピッコリら。
    • 製作年1959年
    • 製作国フランス
    • 時間95分
    • 監督ピエール・シュナール
    • 主演アンリ・ヴィダル

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。