スポンサーリンクあり

映画「水を抱く女」のランキング情報

D
2.92
評価数:10699
水を抱く女
製作
2020年 ドイツ,フランス
時間
90分
監督
クリスティアン・ペッツォルト
出演
パウラ・ベーアフランツ・ロゴフスキマリアム・ザリー
種類
ファンタジー
「東ベルリンから来た女」のクリスティアン・ペッツォルトが監督・脚本を手がけ、“水の精・ウンディーネ”の神話をモチーフに描いた恋愛ドラマ。ベルリンの都市開発を研究する歴史家ウンディーネは、アレクサンダー広場に隣接するアパートで暮らしながら博物館でガイドとして働いている。恋人ヨハネスが別の女性に心変わりし悲嘆に暮れる彼女の前に、愛情深い潜水作業員クリストフが現れる。2人は強く惹かれ合い、新たな愛を大切に育んでいく。やがて、ウンディーネが何かから必死に逃げようとしているような違和感をクリストフが感じ取ったことをきっかけに、彼女は自分の宿命に直面することになる。「婚約者の友人」のパウラ・ベーアが神秘的なウンディーネを妖艶に演じ、2020年・第70回ベルリン国際映画祭で女優賞を受賞。クリストフ役に「希望の灯り」のフランツ・ロゴフスキ。

「水を抱く女」のランキング情報

ファンタジー
第1337位(4424件中)
2020年
第626位(1831件中)
洋画
第10165位(39167件中)
フランス
第1923位(4972件中)
ドイツ
第761位(2387件中)
2020年代
第3018位(7436件中)
Amazon定額
第1274位(5087件中)
Amazonレンタル視聴
第4808位(16906件中)
U-NEXT定額
第4283位(15099件中)
DmmTV定額
第945位(4341件中)
クリスティアン・ペツォールト監督が制作
第4位(4件中)
フランツ・ロゴフスキが出演
第6位(6件中)
パウラ・ベーアが出演
第5位(5件中)
マリアム・ザリーが出演
第3位(3件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。