全9作品。「猿の惑星」シリーズの映画ランキング

  1. 猿の惑星

    猿の惑星
    評価:A3.83
    アカデミー賞(1969年) 未知の惑星に不時着した宇宙飛行士たちは、そこでは猿が人間を支配している事を知る。主人公テイラーはコーネリアスとジーラというチンパンジーの協力者を得て逃亡を計るが……。

    SF、どんでん返し、惑星、猿の惑星

    ネット上の声

    猿は日本人
    衝撃の結末はなんとなく覚えていました。何十年も前のガキの頃に見た作...
    The man can be domesticated. ラストが超有名なSF映画の古典
    特殊メイク凄い。目元と口周りの動きが快活。
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:フランクリン・J・シャフナー
    主演:チャールトン・ヘストン
    1
  2. 猿の惑星:新世紀(ライジング)

    猿の惑星:新世紀(ライジング)
    評価:B3.76
    名作SF『猿の惑星』の前日譚(たん)『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。ウイルスによって滅亡状態に陥った人類と、遺伝子の進化を経て知能や言語を得た猿たちとの対峙(たいじ)が思わぬ事態を引き起こしていく。

    SF、猿の惑星

    ネット上の声

    進化することで直面する現実、戦争の原理をテーマにした考えさせられる前日譚二作目でした
    もはや人間にしか見えない!元祖人間弱しっ
    “猿の惑星”の名に恥じない秀作だが・・・
    ただのアクション映画になってしまい残念
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:マット・リーヴス
    主演:アンディ・サーキス
    2
  3. 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    猿の惑星:創世記(ジェネシス)
    評価:B3.68
    現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、自由のために人類との戦いに向けて立ち上がることに。人類のごう慢さが、猿の知能を発達させてしまう要因となり、人類にとって最大の危機を巻き起こしていく。

    SF、猿の惑星

    ネット上の声

    始まりの始まりとして、とても見応えを感じた前日譚序章でした
    元々の『猿の惑星』は、実は好きじゃないの
    旧シリーズは忘れて鑑賞する必要あり
    ただのモンスター・パニック映画
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:ルパート・ワイアット
    主演:ジェームズ・フランコ
    3
  4. 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

    猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)
    評価:C3.44
    『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方で、自らの種族を守るべく行動する猿のリーダー・シーザーの心の葛藤も映す。

    SF、猿の惑星

    ネット上の声

    猿が人間を支配する世界か?共存の世界か?
    アンディの演技と少女の存在が押し上げる
    「野生」が文明に勝つ世界観。3つの疑問
    前2作に比べると残念な感じ。
    製作年:2017
    製作国:アメリカ
    監督:マット・リーヴス
    主演:アンディ・サーキス
    4
  5. 新・猿の惑星

    新・猿の惑星
    評価:D3.19
     「続・猿の惑星」のラストで消滅した地球から過去の世界にタイム・トラベルしてきたジーラとコーネリアスを描くシリーズ第3弾。カリフォルニアの沖合に着水したロケット・カプセルから現れたのはジーラ、コーネリアス、マイロの3人の猿人だった。

    SF、猿の惑星

    ネット上の声

    なるほど、確かに「新」だった☆3つ
    続編のなかではオモシロイ・・・
    ラブストーリーだと思います。
    逆境から生まれた秀作!
    製作年:1971
    製作国:アメリカ
    監督:ドン・テイラー
    主演:キム・ハンター
    5
  6. 猿の惑星・征服

    猿の惑星・征服
    評価:D3.05
     「新・猿の惑星」で誕生した、コーネリアスとジーラの息子マイロが猿族を率いて人間に叛旗を翻し、シーザーと名乗るまでを描くシリーズ第4作。前作より20年が経ち成人したマイロはサーカス団長だったアーマンドに助けられていたが、初めてメガロポリスを訪れた際に虐待を受けている猿たちを見て大声を上げてしまう。

    SF、猿の惑星

    ネット上の声

    ペットでなく奴隷にされると怒るのは当然
    今はなくなったもう一つの「創世記」
    立場逆転の起点を描く。
    猿の革命
    製作年:1972
    製作国:アメリカ
    監督:J・リー・トンプソン
    主演:ロディ・マクドウォール
    6
  7. 続・猿の惑星

    続・猿の惑星
    評価:D2.82
     興行的にも、評価的にも世界的に大成功をおさめた「猿の惑星」の続編で、猿族と地下に住むミュータント人類の闘いを描く。前作の主人公テイラーの後を追ってやって来たもう一人の宇宙飛行士ブレントは、禁断地帯と呼ばれる地下で核によって埋没したニューヨークの街を発見する。

    SF、猿の惑星

    ネット上の声

    「猿憎し、ここで一発!という感じでした。
    これがあるから後に続いていける!
    あまりパッとしない続編・・・
    地底人が完全にテレタビーズ
    製作年:1970
    製作国:アメリカ
    監督:テッド・ポスト
    主演:ジェームズ・フランシスカス
    7
  8. PLANET OF THE APES 猿の惑星

    PLANET OF THE APES 猿の惑星
    評価:D2.81
     そのユニークな設定と衝撃のラストでSF映画の金字塔となった68年作品を「シザーハンズ」「バットマン」のティム・バートン監督が再映画化。リメイクを超えたリ・イマジネーション(再創造)として甦る。

    SF、猿の惑星

    ネット上の声

    登場人物は多いが光るのは水泳チャンピオン
    オリジナルは超えられず。でも良かったよ。
    ティム・バートンって凄い………ですか?
    ティム・バートンに活劇は向いていない
    製作年:2001
    製作国:アメリカ
    監督:ティム・バートン
    主演:マーク・ウォールバーグ
    8
  9. 最後の猿の惑星

    最後の猿の惑星
    評価:D2.79
     時間軸を移動しつつ継続した、シリーズ物としては実にユニークな「猿の惑星」の第5作にして完結編。前作「猿の惑星・征服」で勝利の凱歌を上げたシーザーが今回も主人公。

    SF、猿の惑星

    ネット上の声

    惰性と、義務感にも似た気持ちで観ましたが
    一番悪いのは猿類でも人間でもなく・・・
    シリーズ完結編、もうひとつの未来
    この最終章で大好きなシリーズに
    製作年:1973
    製作国:アメリカ
    監督:J・リー・トンプソン
    主演:ロディ・マクドウォール
    9

スポンサードリンク