全8作品。宇宙飛行士の映画ランキング

  1. ライトスタッフ

    ライトスタッフ
    評価:A4.03
    アカデミー賞(1984年・4部門) 人類初の有人宇宙飛行をめざす男たちをドキュメンタリー・タッチで描きアカデミー四部門(編集賞、作曲賞、音響賞、音響効果賞)に輝いた感動のドラマ。ロケットの弾道飛行に成功したアメリカは、次いで、有人宇宙ロケットを新たな目標として掲げていた。

    ヒューマンドラマ、吃音者が登場する、宇宙、NASA、宇宙飛行士

    ネット上の声

    テーマ曲が、チャイコフスキーの曲に似てる
    彼らは、間違いなく英雄だった。
    一番じゃなくちゃ駄目ですか?
    とにかく、皆がカッコ良い!
    製作年:1983
    製作国:アメリカ
    監督:フィリップ・カウフマン
    主演:サム・シェパード
    1
  2. アポロ13

    アポロ13
    評価:A3.99
    アカデミー賞(1996年・2部門) どんな困難な危機であっても、人類の英知の前に不可能がない事を知らしめた、あまりにもドラマティックな実話を遂にハリウッドが映画化。1970年4月、月へ向けて打ち上げられたアポロ13号に爆発事故が発生。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、実話、宇宙、NASA、宇宙飛行士

    ネット上の声

    何がすごいって、これ実話なんです。できれば何も知らずに見てほしい。...
    全部再現してたのなら凄い
    見どころも沢山ありストーリーは良いのに退屈な仕上がりで演出の力不足感。
    何時観てもドキドキ。ノンFドラマの傑作!
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:ロン・ハワード
    主演:トム・ハンクス
    2
  3. オデッセイ

    オデッセイ
    評価:B3.75
    ゴールデングローブ賞(2015年・2部門)『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きていることが発覚、主人公の必死のサバイバルと彼を助けようとするNASAや乗組員たちの奮闘が描かれる。

    SF、生き残りを賭けた極限のサバイバル、宇宙、惑星、宇宙飛行士

    ネット上の声

    マット・デイモン役作りが凄い!
    原作好きからのつまんねえ愚痴
    マット・デイモンありきの作品
    SF苦手意識をなくしてくれた
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:リドリー・スコット
    主演:マット・デイモン
    3
  4. スペース カウボーイ

    スペース カウボーイ
    評価:B3.66
    1958年。フランク・コービン(イーストウッド)率いるアメリカ空軍の“チーム・ダイダロス”の4人は、宇宙飛行のため厳しい訓練に耐えていた。しかし、直前になってそのプロジェクトをNASAが遂行。アメリカ初の宇宙飛行士は一匹のチンパンジーになった。それから約40年。NASAからフランクのもとに、故障したロシア衛星を修理してほしいと連絡が入る。彼はこの任務のためにかつての仲間達を集め始める。

    ヒューマンドラマ、宇宙、NASA、宇宙飛行士

    ネット上の声

    似たような作品「アルマゲドン」より質は高い
    監督イーストウッドの粋な演出が光る!
    現役じいちゃん達がカッコいい!
    贅沢な、主役クラス俳優の競演!
    製作年:2000
    製作国:アメリカ
    監督:クリント・イーストウッド
    主演:クリント・イーストウッド
    4
  5. ゼロ・グラビティ

    ゼロ・グラビティ
    評価:B3.64
    アカデミー賞(2014年・7部門)『しあわせの隠れ場所』などのサンドラ・ブロックと『ファミリー・ツリー』などのジョージ・クルーニーという、オスカー俳優が共演を果たしたSFサスペンス。事故によって宇宙空間に放り出され、スペースシャトルも大破してしまった宇宙飛行士と科学者が決死のサバイバルを繰り広げる。

    SF、生き残りを賭けた極限のサバイバル、宇宙、宇宙飛行士

    ネット上の声

    あなたは地上にあってもゼログラビティでは無いといえるのだろうか?
    映画というよりもこれは凄い映像体験!
    劇場で宇宙酔い!?3D革命起きる!!
    映像だけでも褒めてやる
    製作年:2013
    製作国:アメリカ
    監督:アルフォンソ・キュアロン
    主演:サンドラ・ブロック
    5
  6. 宇宙兄弟

    宇宙兄弟
    評価:C3.46
    子ども時代に、宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟ムッタとヒビト。時は過ぎて2025年、弟ヒビト(岡田将生)が夢をかなえて宇宙飛行士となった一方、兄ムッタ(小栗旬)は会社を解雇され意気消沈していた。互いに違った道を進んでいた兄弟だったが、弟からの連絡をきっかけに兄はかつての夢を実現させるべく再び宇宙飛行士という目標に向かって進み始める。

    ヒューマンドラマ、兄弟、漫画を実写化、宇宙飛行士

    ネット上の声

    小栗旬を見直した
    人間関係にグッとくる。最近、年取ったせいか、家族ものに弱い。 月で...
    ○自分の小さい頃の夢って何だったかなぁ?
    「夢があるじゃないか!兄弟で宇宙だぞ!」
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:森義隆
    主演:小栗旬
    6
  7. ライフ

    ライフ
    評価:C3.26
    『デンジャラス・ラン』などのダニエル・エスピノーサがメガホンを取ったSFスリラー。国際宇宙ステーションを舞台に、火星で発見された生命体の脅威にさらされた宇宙飛行士たちの運命を追う。

    SF、宇宙、宇宙飛行士

    ネット上の声

    カルビンが美しい。
    他の大方の意見と同じかなー
    この単純さは逆に新鮮
    最後までドキドキ!
    製作年:2017
    製作国:アメリカ
    監督:ダニエル・エスピノーサ
    7
  8. アポロ18

    アポロ18
    評価:E2.56
    1969年に初めて人類が月面に足を踏み入れて合計6回に及んだ「アポロ計画」の終えんが発表されたのは突然だった。しかし現在、その真実を明らかにする極秘映像を発見。計画中止になったはずのアポロ18号が存在したという衝撃の事実が発覚する。そしてその極秘映像から、アポロ18号に乗船した宇宙飛行士の月面での壮絶な体験が明らかになる。

    サスペンス、SF、宇宙、宇宙飛行士

    ネット上の声

    パラノーマル… インス・ペース
    NASAは映画『アポロ18』の公開をなぜ妨害するのか?
    アポロ計画中止に隠された、おバカ過ぎる謎
    しょうもない映画だが、わりと好きかも。
    製作年:2011
    製作国:アメリカ/カナダ
    監督:ゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ
    主演:ウォーレン・クリスティー
    8

スポンサードリンク