1950年代のヒューマンドラマ映画ランキング

  1. 残菊物語

    残菊物語
    評価:S4.60
    2代目・尾上菊之助の悲恋をつづった村松梢風の同名小説を映画化し、溝口健二監督の代表作のひとつとなった傑作時代劇。5代目・尾上菊五郎の養子として周囲からもてはやされて育った菊之助は、自分の芸の未熟さを率直に指摘してくれる弟の乳母・お徳に恋心を抱く。ところが、ふたりの身分違いの恋に周囲は猛反対。家を飛び出してお徳と一緒に大阪へやって来た菊之助は、旅役者になって貧しい暮らしを送るが……。

    ネット上の声

    昔の時代の悲哀・・・
    ラストシークエンスは必見!
    歌舞伎の世界
    微妙に冴えないかも。。。
    製作年:1939
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:花柳章太郎,森赫子,河原崎権十郎,梅村蓉子
    1
  2. 丹下左膳餘話 百萬兩の壺

    丹下左膳餘話 百萬兩の壺
    評価:S4.53
    隻眼隻腕の剣豪・丹下左膳は、矢場の用心棒。ひょんなことから、みなし児・ちょび安の父親代わりになってしまった左膳は「こけ猿の壺」の騒動に巻き込まれていく。

    ネット上の声

    嬉しいです
    黒澤、小津、成瀬、溝口に並ぶかも!
    いい映画は陳腐化せずにいつまでも通用するという見本のような映画
    コメディーだったのか
    製作年:1935
    製作国:日本
    監督:山中貞雄
    主演:大河内伝次郎,喜代三,沢村国太郎,山本礼三郎
    2
  3. 街の灯

    街の灯
    評価:S4.49
    「サーカス」に次ぐチャールズ・チャップリン作品で、例によって自ら原作脚色監督主演したもの。カメラはチャップリン映画専属のローランド・トセローがゴードン・ポロック及びマーク・マークラットを助手としてクランクしている。助演者はこの映画でデビューしたヴァージニア・チェリル、ハリー・マイヤース、「進めオリンピック」のハンク・マン、アラン・ガルシア等である。チャップリンは発声映画反対主義であるから、台白は…

    ネット上の声

    人間の真実
    「笑いと涙」の最高傑作
    楽しくて、切なくて、笑えて、泣ける
    こんなに古い映画が細やかな演出をしているとは驚き
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・チャップリン
    主演:チャールズ・チャップリン,ヴァージニア・チェリル,フローレンス・リー,ハリー・マイアーズ
    3
  4. 人間の條件 第1部純愛篇/第2部激怒篇

    人間の條件 第1部純愛篇/第2部激怒篇
    評価:S4.48
    五味川純平のベストセラーを映画化した、日本映画史に残る反戦ヒューマニズム巨編。満州戦線に従軍した経験を持つ五味川順平の半自伝的名作を、小林正樹監督が自らのライフワークとして映画化。戦火の緊張みなぎる満州を舞台に、梶夫妻の過酷な運命を描く。

    ネット上の声

    感動の一言
    テレビの印象
    たしかに、スケール高く名作近いですが・・
    きれいごとすぎる!
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:小林正樹
    主演:仲代達矢,新珠三千代,淡島千景,佐田啓二
    4
  5. 素晴らしき哉、人生!

    素晴らしき哉、人生!
    評価:S4.42
    人生に絶望した男が、翼の無い天使と出会い、生きる意味を模索する感動ドラマ。

    ジョージは育った街を出て自分の夢を叶えようとしていたが、父親の急死によって家業の建築貸付組合を継がなければならず、田舎の小さな町を出ることは叶わなかった。
    町一番の富豪・ポッターの圧力に負けず懸命に働いていた彼は、その後も度々、不運な出来事に見舞われる。
    とある年のクリスマスイヴの晩、ついに万策尽きたジョージは絶望し、…

    ネット上の声

    古いけど良いです
    生まれてきてよかった!
    ★★★.5 脚本が良くできています
    大切なもの
    製作年:1946
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・キャプラ
    主演:ジェームズ・スチュワート,ドナ・リード,ライオネル・バリモア,ヘンリー・トラヴァース
    5
  6. 二十四の瞳

    二十四の瞳
    評価:S4.41
    「女の園」に次ぐ木下恵介監督作品。壷井栄の原作を同監督自身が脚色している。撮影も「女の園」の楠田浩之、音楽は「三つの愛」の木下忠司。出演者は「女の園」の高峰秀子、田村高廣、天本英世、「昨日と明日の間」の月丘夢路「陽は沈まず」の小林トシ子、笠智衆など。

    ネット上の声

    先入観を払拭
    万人向けの優れた作品
                  二十四の瞳
    もっと沢山の人に見て欲しい名作
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高峰秀子,天本英世,夏川静江,笠智衆
    6
  7. コンドル

    コンドル
    評価:S4.41
    南米バランカに到着した踊り子のボニーは郵便物の空輸会社のボス、ジェフと知り合う。ジェフは結婚に失敗して以来、女性不信に陥っていた。最初は冷ややかなジェフに反感を抱くボニーだが、危険と隣合せの職業に命を賭ける姿を見て、心惹かれていく……。作品は大成功を収め、当時ほぼ無名であったリタ・ヘイワースにとってはスターダムへの足がかりとなった。

    ネット上の声

    偶然とインチキコイン
    内容たっぷりの2時間を
    ハワード・ホークス監督の懐の深さを代表する名作
    映像も飛行機も技術発展の黎明期
    製作年:1939
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ケイリー・グラント,ジーン・アーサー,リチャード・バーセルメス,トーマス・ミッチェル
    7
  8. 近松物語

    近松物語
    評価:S4.39
    近松門左衛門作の『大経師昔暦』を川口松太郎が劇化(オール読物所載「おさん茂兵衛」)し、それをもととして「忠臣蔵(1954)」の依田義賢が脚本を執筆、「噂の女」の溝口健二が監督に当る。撮影も同じく宮川一夫で、音楽は「千姫(1954)」の早坂文雄の担当。出演者は「銭形平次捕物控 幽霊大名」の長谷川一夫、「母の初恋」の香川京子、「君待船」の南田洋子、「新しき天」の小沢栄の外、進藤英太郎、田中春男など。

    ネット上の声

    『龍城恋歌』の元ネタであろうか
    香川京子 目当てで、借りたけど …
    あなたしか、見えない……。
    おさん 茂兵衛
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:長谷川一夫,香川京子,南田洋子,進藤英太郎
    8
  9. 西鶴一代女

    西鶴一代女
    評価:S4.38
    溝口健二監督の「武蔵野夫人」に次ぐ作品で、製作はやはり児井英生。井原西鶴の『好色一代女』に取材して溝口健二が構成を練り、「武蔵野夫人」「大江戸五人男」の依田義賢が脚本を、吉井勇が監修に当たっている。撮影は「唐手三四郎」の平野好美である。出演者は、「稲妻草紙」の田中絹代、「馬喰一代(1951)」「霧笛」の三船敏郎、「結婚行進曲」の山根寿子、「風ふたたび」の浜田百合子、「ある夜の出來事」の宇野重吉の…

    ネット上の声

    溝口渾身の一発
    転がり落ちていく女の業
    女の運命を描いた「邦画の至宝」
    製作年:1952
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:田中絹代,山根寿子,三船敏郎,宇野重吉
    9
  10. チップス先生さようなら

    チップス先生さようなら
    評価:S4.37
    イングランド南部の全寮制の学校に勤める教育熱心なチップス先生。変わり者の新任時代から、校長として名台詞を残す涙の退職式を迎えるまでの紆余曲折。スピーディーな展開かつ心あたたまる感動作です。出演はロバート・ドーナット、グリア・ガーソンほか。

    ネット上の声

    伴侶との出会いが彼を変えた
    R.ドーナットの役者根性に敬服!
    チップス先生 お疲れ様です
    日本にだって、こういう愛すべき先生は、いたのでは …
    製作年:1939
    製作国:アメリカ
    監督:サム・ウッド
    主演:ロバート・ドーナット,グリア・ガーソン,ジョン・ミルズ,テリー・キルバーン
    10
  11. 大平原

    大平原
    評価:S4.35
    「平原児」「海賊(1938)」に次ぎセシル・B・デミルが製作・監督した映画で、アーネスト・ヘイコックスの物語をジャック・カニンガムが改作し、「ワイキキの結婚」のウォルター・デレオンが「海賊(1938)」のC・ガードナー・サリヴァン及びジェシー・L・ラスキー・ジュニアと協力脚色したもの。出演は「ゴールデン・ボーイ」のバーバラ・スタンウィック、「デッド・エンド」のジョエル・マクリー、舞台から来たロバ…

    ネット上の声

    大平原に賭ける夢
    いかにしてアメリカは一つになるのか
    大平原 1939
    製作年:1939
    製作国:アメリカ
    監督:セシル・B・デミル
    主演:バーバラ・スタンウィック,ジョエル・マクリー,ロバート・プレストン,エイキム・タミロフ
    11
  12. 賭博師ボブ

    賭博師ボブ
    評価:S4.35
    モンマルトルを舞台に、そこに棲息する賭博師たちの姿を描くノワール映画。製作はフロランス・メルヴィル、監督・脚本・脚色はジャン・ピエール・メルヴィル、共同脚色と台詞はオーギュスト・ル・ブルトン、撮影はアンリ・ドカエ、音楽はエディ・バークレーとジャン・ボワイエが担当。出演はイザベル・コーレイ、ロジェ・デュシェーヌほか。

    ネット上の声

    最高のハッピーエンド
    ジャン・ピエール・メルヴィル (重大なネタバレあり)
    夜の帳が開く頃、拾った女は。
    皮肉なラスト映画のベスト10に入るかも
    製作年:1955
    製作国:フランス
    監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
    主演:イザベル・コーレイ,ロジェ・デュシェーヌ,ギイ・ドゥコンブル,ダニエル・コーシー
    12
  13. 心の旅路

    心の旅路
    評価:S4.34
    「失はれた地平線」「チップスさん左様なら」のジェームズ・ヒルトン作の小説の映画化で主役は「キューリー夫人」のグリア・ガースンと「消え行く灯」のロナルド・コールマンが勤める。「大地」のクローディン・ウェストが、ジョージ・フローシェル、「紅はこべ」のアーサー・ウインベリスと協力して脚本を書き「キューリー夫人」と同じくマーヴィン・ルロイ監督、シドニー・A・フランクリン製作、ジョゼフ・ルッテンバーグ撮影…

    ネット上の声

    ラブストーリーの傑作。
    切ない、健気、ハッピーエンド
    歴史的美男美女コンビです
    G・ガースンがいい・・・
    製作年:1942
    製作国:アメリカ
    監督:マーヴィン・ルロイ
    主演:ロナルド・コールマン,グリア・ガーソン,フィリップ・ドーン,スーザン・ピータース
    13
  14. 道
    評価:S4.33
    旅回りの道化師と一人の女をめぐって人生の哀歓をつく、五四年ヴェニス国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞、五六年ニューヨーク映画批評家協会最優秀外国映画、五六年アカデミー最優秀外国映画賞各受賞の話題作。「無防備都市」「戦火のかなた」のシナリオを執筆したフェデリコ・フェリーニとトゥリオ・ピネリが原案、脚本を書き、同じくフェリーニが監督した。撮影は「恋愛時代」のオテロ・マルテリ、音楽は「戦争と平和」のニーノ…

    ネット上の声

    私が死んだら悲しい?
    心のどこかに残る名作。
    自分の人生=道 を考えさせられる
    人間の本質的な悲惨さを描いた映画であり希望はない
    製作年:1954
    製作国:イタリア
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:アンソニー・クイン,ジュリエッタ・マシーナ,リチャード・ベースハート,アルド・シルヴァーニ
    14
  15. 悲しみは空の彼方に

    悲しみは空の彼方に
    評価:S4.31
    1934年にクローデット・コルベール主演で映画化されたファニー・ハーストのベスト・セラーの再映画化で、暗い宿命に泣く女の悲しみを描くメロドラマ。脚色はエリノア・グリフィンとアラン・スコットの共同。監督は「愛する時と死する時」のダグラス・サーク。撮影は「暴れ者」のラッセル・メティ。主演は「青春物語」のララナ・ターナー、「愛する時と死する時」のジョン・ギャビン、それに新人のサンドラ・ディー、「地獄の…

    ネット上の声

    イミテーションの消えない輝き
    誰が見ても泣くのではないだろうか
    あまりにもメロドラマチック
    いくつもの感情
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ダグラス・サーク
    主演:ラナ・ターナー,サンドラ・ディー,ファニタ・ムーア,スーザン・コーナー
    15

スポンサードリンク