1980年代のヒューマンドラマ映画ランキング

  1. ラストエンペラー/オリジナル全長版

    ラストエンペラー/オリジナル全長版
    評価:S5.00

    ネット上の声

    中国の歴史の1ページですが・・・・
    数奇な運命に弄ばれた皇帝
    製作年:1987
    製作国:イタリア/イギリス/中国
    監督:ベルナルド・ベルトルッチ
    主演:ジョン・ローン,ジョアン・チェン,ピーター・オトゥール,坂本龍一
    1
  2. 遙かなる山の呼び声

    遙かなる山の呼び声
    評価:S4.54
    警察に追われる男と、牧場を切り回す母子の出会いと別れを描く。脚本は「男はつらいよ 寅次郎春の夢」の山田洋次と同作の朝間義隆の共同執筆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当している。

    ネット上の声

    健さんの男気に惚れ惚れします
    雄大な自然と不器用な男
    製作年:1980
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:高倉健,倍賞千恵子,吉岡秀隆,ハナ肇
    2
  3. 夢みるように眠りたい

    夢みるように眠りたい
    評価:S4.54
    誘拐された娘を追う私立探偵が、映画史から消えている大正時代に作られた一本の映画の謎を解明するまでを描く。脚本、著者はこの作品がデビュー作となる林海象、撮影は「TATOO<刺青>あり」の長田勇市がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    キレイな×2映画
    実験的(?)な映画だったのか
    私の日本映画最高の一本です。
    やっぱりうまい
    製作年:1986
    製作国:日本
    監督:林海象
    主演:佳村萌,佐野史郎,大竹浩二,松田春翠
    3
  4. ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ/完全版

    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ/完全版
    評価:S4.51
    製作年:1984
    製作国:アメリカ
    監督:セルジオ・レオーネ
    主演:ロバート・デ・ニーロ,ジェームズ・ウッズ,エリザベス・マクガヴァン,ジェニファー・コネリー
    4
  5. アレクサンダー大王

    アレクサンダー大王
    評価:S4.42
    牢につながれたひとりの盗賊が手下の導きで脱獄する。漆黒の森の中、白馬の傍らで兜をかぶるとき、彼は“アレクサンダー大王”となった……ある義賊が故郷の小さな村で独裁者へと変貌していく姿をギリシャ歌劇の姿を借りて描きながら、ファシズムの実像に迫りその危険性を告発する、アンゲロプロス監督の壮大な歴史劇。黒澤明監督が感嘆した黒いマントに注目のヴェネチア映画祭金獅子賞受賞作。

    ネット上の声

    共産主義の歴史
    舞踏的映画
    製作年:1980
    製作国:ギリシャ/イタリア/西ドイツ
    監督:テオ・アンゲロプロス
    主演:オメロ・アントヌッティ,エヴァ・コタマニドゥ,グリゴリス・エバンゲラトス
    5
  6. フォエバー・フレンズ

    フォエバー・フレンズ
    評価:S4.40
    貧しいが歌手を目指すCCと、箱入り娘で弁護士志望のヒラリーは親友同士。だが、それぞれの夢が叶った時、2人は互いの考え方、生き方の違いに気づき始め……。境遇の違う2人の女性の30年に渡る交流を描いた友情物語。

    ネット上の声

    ほんとの友情
    ホンモノの友情
    素敵な映画です♪
    こういうのあこがれる
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:ゲイリー・マーシャル
    主演:ベット・ミドラー,バーバラ・ハーシー,ジョン・ハード,スポルディング・グレイ
    6
  7. フィツカラルド

    フィツカラルド
    評価:S4.33
    南米ペルーの密林にオペラ・ハウスを建設しようと試みる男を描くドラマ。82年のカンヌ映画祭監督賞を受賞している。製作はヴェルナー・ヘルツォークとルッキ・シュティペティック。監督・脚本は「アギーレ・神の怒り」(72)のヴェルナー・ヘルツォーク。撮影のトーマス・マウフ、音楽のポポル・ヴーはともに「アギーレ・神の怒り」にも参加している。マナウスにおけるオペラ「エルナニ」をヴェルナー・シュローターが演出し…

    ネット上の声

    誰が見てもとてつもない映像
    ラストの絵が爽やか☆2.5
    製作年:1982
    製作国:西ドイツ
    監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
    主演:クラウス・キンスキー,クラウディア・カルディナーレ,ホセ・レーゴイ,ポール・ヒッチャー
    7
  8. U・ボート

    U・ボート
    評価:S4.30
    第2次世界大戦の1941年。ナチスドイツに占領されたフランスのラ・ロシェルの港から、出撃命令によって出航する潜水艦U96にヴェルナー(ヘルバート・グリューネマイヤー)が乗り込む。ベテランの艦長(ユルゲン・プロフノウ)や乗組員に囲まれながら、荒れた海での過酷な哨戒(しょうかい)、次々と爆雷を放ってくる敵駆逐艦との攻防、海の藻くずと化していく敵の姿など、戦争の現実を次々と目の当たりにするヴェルナー。…

    ネット上の声

    最高傑作 究極の人間劇
    途中からでも思わず見てしまいます
    カメラワークの凄さだけでも一見の価値
    戦争映画の最高傑作。私はDVDもサントラCDも買いましたよ
    製作年:1981
    製作国:西ドイツ
    監督:ウォルフガング・ペーターゼン
    主演:ユルゲン・プロフノウ,ヘルバート・グリューネマイヤー,クラウス・ヴェンネマン,ベルント・タウバー
    8
  9. 黄昏

    黄昏
    評価:S4.29
    ニューイングランドの静かな湖畔を舞台に老夫婦と娘をめぐるひと夏の触れ合いを描く。製作はブルース・ギルバート、監督は「ローズ」のマーク・ライデル、原作・脚色はアーネスト・トンプソン、撮影はビリー・ウィリアムス、音楽はデーヴ・グルーシン、編集はロバート・L・ウォルフ、衣裳はドロシー・ジーキンズが各々担当。出演はキャサリン・ヘップバーン、へンリー・フォンダ、ジェーン・フォンダ、ダグ・マッケオン・ダブニ…

    ネット上の声

    昔の作品ですが
    深いテーマですが
    ステキな映画でした
    子とは親を許すもの?
    製作年:1981
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・ライデル
    主演:ヘンリー・フォンダ,キャサリン・ヘプバーン,ジェーン・フォンダ,ダグ・マッケオン
    9
  10. 男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎

    男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎
    評価:S4.28
    シリーズ第32作。寅さんは博の亡父の三回忌を思い出し、墓参りに立ち寄る。そこで寺の坊主と娘・朋子に出会う。坊主と寅さんは意気投合し、翌日、二日酔いの坊主に代わって法事に行く事になる。名調子の弁舌がすっかり檀家に気に入られる。やがて三回忌の法事でさくら一家がやってきて、坊主と共に木魚を叩く寅さんの姿にビックリする。さくらは朋子を見て兄の恋路の行方に胸を痛める…。

    ネット上の声

    寅さんがお坊さんに?・・・・
    竹下景子のマドンナぶりが絶品、このシリーズ中最もお気に入りの作品
    フランス映画顔負けの最高の別れの場面
    寅さんシリーズが好きな方にお勧めです
    製作年:1983
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清,倍賞千恵子,竹下景子,中井貴一
    10
  11. ニュー・シネマ・パラダイス

    ニュー・シネマ・パラダイス
    評価:S4.26
    映画監督のサルヴァトーレ(ジャック・ペラン)は、映写技師のアルフレード(フィリップ・ノワレ)という老人が死んだという知らせを受け、故郷のシチリアに帰郷する。

    ネット上の声

    人生の羅針盤映画
    全てが暖かい眼差しで描かれている作品
    トトの涙 私の涙 みんなの涙
    言葉ではなく、目で見るものを信じよう
    製作年:1989
    製作国:イタリア/フランス
    監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
    主演:フィリップ・ノワレ,ジャック・ペラン,サルヴァトーレ・カシオ,マルコ・レオナルディ
    11
  12. 小説吉田学校

    小説吉田学校
    評価:S4.25
    被占領下の戦後日本の運命を賭けて政治の世界に生きた吉田茂を中心とする“保守本流”の実力者群像を描く。戸川猪佐武の同名小説の映画化で、脚本は長坂秀佳と「海峡」の森谷司郎、監督も同作の森谷司郎、撮影も同作の木村大作がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    小説吉田学校
    政治映画の金字塔
    重厚感のある政界ドラマ
    ワンマン(吉田茂)道路
    製作年:1983
    製作国:日本
    監督:森谷司郎
    主演:森繁久彌,芦田伸介,小沢栄太郎,竹脇無我
    12
  13. ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版

    ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版
    評価:S4.25
    シチリアの田舎町にある、庶民にとって唯一の娯楽場「パラダイス座」を舞台に、父親がいないトトと映写技師アルフレードの長年の友情を綴った名作。初公開版より約50分長くなり、トトの青春時代の恋愛エピソードや、シチリアへ戻った中年時代のその後が詳細に描かれている。パラダイス座では、「どん底」「駅馬車」など1930〜50年代の名作が数々上映され、ノスタルジックな雰囲気やラストシーンは、映画好きにはたまらな…

    ネット上の声

    すみません
    映画=人生
    運命の悪戯
    優しく、そして温かい。
    製作年:1989
    製作国:イタリア/フランス
    監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
    主演:フィリップ・ノワレ,ジャック・ペラン,サルヴァトーレ・カシオ,マルコ・レオナルディ
    13
  14. アマデウス

    アマデウス
    評価:S4.24
    ピーター・シェイファーによる戯曲を「カッコーの巣の上で」のアカデミー賞コンビ、製作ソウル・ゼインツ&ミロス・フォアマン監督で映画化。19世紀の楽聖ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの半生を、彼を妬む宮廷音楽家サリエリの視点から描く。出演はサリエリにF・マーレイ・エイブラハム、モーツァルトにトム・ハルス。1984年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞を含む8部門で受賞した。

    ネット上の声

    凡人が天才に嫉妬する話
    天才は現実に疎いものなのか
    ディレクターズカットでどうぞ!
    モーツァルトの話がこんなにおもしろくなるなんて!
    製作年:1984
    製作国:アメリカ
    監督:ミロス・フォアマン
    主演:F・マーレイ・エイブラハム,トム・ハルス,エリザベス・ベリッジ,ロイ・ドートリス
    14
  15. 泥の河

    泥の河
    評価:A4.22
    大阪安治川河口を舞台に、河っぷちの食堂に住む少年と、対岸に繋がれた廓舟の姉弟との出会いと別れを描く。第十三回太宰治賞を受賞した宮本輝の同名の小説を映画化したもので、脚本は人気TVシリーズ「金八先生」の重森孝子、監督は浦山桐郎監督に師事し、これが第一回作品となる小栗康平、撮影は「泣く女」の安藤庄平がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    テーマパークの泥の河
    白黒の原風景
    製作年:1981
    製作国:日本
    監督:小栗康平
    主演:田村高廣,藤田弓子,朝原靖貴,加賀まりこ
    15

スポンサードリンク