全43作品。裁判・法廷モノのヒューマンドラマ映画ランキング

  1. 告発

    告発
    評価:S4.18
    悪名高きアルカトラズ刑務所を閉鎖に追い込んだ実際の事件に基づき、若き弁護士と囚人の友情を描いたヒューマン・ドラマ。「パッセンジャー57」「ワイアット・アープ」のダン・ゴードンのオリジナル脚本を、「ハートブレイク・タウン」のマーク・ロッコが監督。製作はマーク・フリードマンとマーク・ウォルパー、エグゼクティヴ・プロデューサーはデイヴィッド・L・ウォルパーとマーク・ロッコ。撮影は「みんな愛してる」のフレッド・マーフィー、音楽はクリストファー・ヤングが担当。主演は「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のクリスチャン・スレイターと、「激流」のケヴィン・ベーコン。「レオン」のゲイリー・オールドマン、「シ…

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷、実話、刑務所、不正告発

    ネット上の声

    脚本が悪くてすごい話がすごそうに見えなかった、かなり物足りない
    重くて痛い
    権力を持った人間の恐ろしい悪に触れた気分
    こんなことが実際にあったとは!?楽しむというより学ぶ映画
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・ロッコ
    主演:クリスチャン・スレイター
    1
  2. 疑惑

    疑惑
    評価:A4.09
    殺人容疑者の女と彼女を弁護することになった女性弁護士の間の確執を描く。松本清張の同名小説の映画化で、作者自身が脚色し、撮影台本は「ダイナマイトどんどん」の古田求と「わるいやつら」の野村芳太郎、監督も野村芳太郎、撮影も同作の川又昂がれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    女は強い!!
    性悪女対氷の女
    realityは、さておいて …
    桃井かおりが暴走しています
    製作年:1982
    製作国:日本
    監督:野村芳太郎
    主演:桃井かおり
    2
  3. 父の祈りを

    父の祈りを
    評価:A4.06
    爆破テロ容疑で逮捕された親子が無実を勝ち取るまでを、父と子の絆の強さの中に描いた社会派ヒューマンドラマ。75年に口ンドンで実際に起こった冤罪事件 ギルフォード・フォーの被害者ジェリー・ロンドンの追想記『Proved Innocent』を、「マイ・レフトフット」の監督ジム・シェリダン、主演ダニエル・デイ・ルイスのコンビで映画化。脚本はシェリダンとジャーナリスト兼劇作家のテリー・ジョージの共同。製作はシェリダン、エグゼクティヴ・ブロデューサーは「ミラーズ・クロッシング」の俳優ガブリエル・バーン。撮影は「ミシシッピー・バーニング」のピーター・ビジウ、音楽は「クリフハンガー」のトレヴァー・ジョーンズ…

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、裁判・法廷、実話、子供が生まれてから見たら大泣きする、冤罪、刑務所

    ネット上の声

    いいけど・・・
    事実だなんて…
    歴史的名作
    実話ならでは。いい映画です
    製作年:1993
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:ジム・シェリダン
    主演:ダニエル・デイ=ルイス
    3
  4. 十二人の怒れる男

    十二人の怒れる男
    評価:A4.05
    ニューヨークの裁判所。18歳の不良少年が実父殺害の容疑で裁かれようとしていた。12人の陪審員たちは評決の投票をするが、ただひとり陪審員8番だけが無罪を主張し、改めて審議が行なわれることに。それでなくても疲れきっていた11人は苛立つが、8番の説得によって次々と無罪に転じていく。はたして審議の行方は? レジナルド・ローズ脚本のテレビドラマを映画化。シドニー・ルメットがこの作品で映画初監督を飾った。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    爽快感の演出
    名役者に脱帽!!
    ノット ギルティ!!
    今、改めて日本人が観るべき名作
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ヘンリー・フォンダ
    4
  5. それでもボクはやってない

    それでもボクはやってない
    評価:A4.05
    フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車で女子中学生から「痴漢したでしょ」と訴えられてしまう。まったく身に覚えのない金子は、話せば分かってもらえると思い、大人しく駅の事務室に行った。しかし、「ボクはやってない!」という訴えもむなしく、そのまま警察に連行されてしまう。その日から、留置所暮らしを余儀なくされた金子の無実を訴える戦いが始まった。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷、冤罪

    ネット上の声

    今までとは比べモノにならないリアルな裁判映画。邦画名作の予感
    執念の取材
    満員電車。こわ・・・。
    日々常々起こりうることだから
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:周防正行
    主演:加瀬亮
    5
  6. ニューオーリンズ・トライアル

    ニューオーリンズ・トライアル
    評価:A4.00
    「ペリカン文書」などの人気リーガル・サスペンス作家ジョン・グリシャムの「陪審評決」を、「コレクター」「サウンド・オブ・サイレンス」のゲイリー・フレダー監督が映画化。銃乱射事件の裁判の裏側で、陪審員工作、弁護士の取引きなど熾烈な裏工作合戦が展開していく。下積み時代からの親友のジーン・ハックマンとダスティン・ホフマンが、陪審コンサルタント役と原告側の弁護士役という敵対する役柄で初共演したのも話題。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    勉強になった!!
    三竦みの私利私欲。
    取り引き社会アメリカの暗部
    法廷ドラマの傑作、娯楽性も充分です
    製作年:2003
    製作国:アメリカ
    監督:ゲイリー・フレダー
    主演:ジョン・キューザック
    6
  7. エリン・ブロコビッチ

    エリン・ブロコビッチ
    評価:A3.94
    第73回アカデミー賞でジュリア・ロバーツが主演女優賞を受賞。作品賞、監督賞ほか5部門にノミネートされたスティーブン・ソダーバーグの監督作。カリフォルニアの小さな町に住むエリンは、幼い子供を3人も抱えているのに仕事もお金もなく、しまいには車の衝突事故に遭い怪我までする始末。雇った弁護士エドは和解金を取れず、借金はかさむ一方だ。窮地に追い込まれたエリンは、エドの弁護士事務所に押しかけて居座り、エドはしぶしぶ彼女を雇い入れる。不動産関係のファイル整理を任された彼女は、ある書類に不審を抱いて調査を始め、大企業が引き起こした周辺地域の水質汚染に気付く。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、実話、不正告発、シングルマザー

    ネット上の声

    実話の映画
    面白かった!!
    エリン本人が変えも出演
    女は敵に回しちゃいけない
    製作年:2000
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・ソダーバーグ
    主演:ジュリア・ロバーツ
    7
  8. 真実の行方

    真実の行方
    評価:A3.90
    野心家の弁護士が担当した、ある事件の顛末を描く法廷サスペンス。意外性に富んだストーリーの妙と、それを生かす巧みな演出と演技が見もの。「シャーキーズ・マシーン」の原作者として知られる作家ウィリアム・ディールの同名長編小説(福武文庫・刊)を、「ハッスル」「シシリアン」のベテラン、スティーヴ・シェイガンと「コピーキャット」のアン・ビダーマンが4年がかりで脚色。監督には『ヒルストリート・ブルース』『L.A. Low/7人の弁護士』『NYPD/ブルー』などのTVドラマシリーズを手掛け、これが初の劇場用映画となるグレゴリー・ホブリットが当たった。製作のゲイリー・ルチェシとエグゼクティヴ・プロデューサーの…

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷、どんでん返し

    ネット上の声

    役者がよかったです。
    エドワード・ノートンの映画デビュー作!
    まだあどけないエドワード・ノートンの演技に圧巻。
    で、結局動機は何だったの?
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:グレゴリー・ホブリット
    主演:リチャード・ギア
    8
  9. アラバマ物語

    アラバマ物語
    評価:A3.87
    ピューリッツア賞を獲得したハーパー・リーの小説『ものまね鳥を殺すには』をホートン・フートが脚色し、「九月になれば」のロバート・マリガンが監督した社会ドラマ。撮影は「ポリアンナ」のラッセル・ハーラン、音楽は「肉体のすきま風」のエルマー・バーンスタイン。出演者は「悲愁(1959)」のグレゴリー・ペック、新人少女メアリー・バーダム、新人少年フィリップ・アルフォード、ジョン・メグナ、フランク・オバートンなど。製作はアラン・J・パクラ。なおこの映画でグレゴリー・ペックは62年度アカデミー最優秀主演男優賞、脚色者のホートン・フートは最優秀脚色賞、セット美術のオリーバー・エマートは最優秀黒白美術賞を受賞し…

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、裁判・法廷、人種差別

    ネット上の声

    高潔さと勇気
    子供に迎合しない内容で子供に見せ様としている作りが良い
    To Kill A Mockingbird
    緊張感あり
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・マリガン
    主演:グレゴリー・ペック
    9
  10. 12人の優しい日本人

    12人の優しい日本人
    評価:A3.85
    もし日本にも陪審員制度があったらという仮定に基づいて、ある殺人事件の審議に奮闘する12人の陪審員の姿をユーモラスに描く。東京サンシャインボーイズによる同名戯曲の映画化で、脚本は同劇団主宰の三谷幸喜が執筆。監督は「櫻の園」の中原俊。撮影監督は「風の国」の高間賢治がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、コメディ、裁判・法廷、どんでん返し

    ネット上の声

    ハードボイルド
    三谷ワールドを初体験
    陪審員の是非はさておき
    2009年までに見ておくべし!
    製作年:1991
    製作国:日本
    監督:中原俊
    主演:塩見三省
    10
  11. フィラデルフィア

    フィラデルフィア
    評価:B3.77


    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、AIDS(エイズ)
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:ジョナサン・デミ
    主演:トム・ハンクス
    11
  12. ライアー ライアー

    ライアー ライアー
    評価:B3.76
    【 「家族と仕事」どっちを取る?家族愛がテーマの笑える作品。 】
    突然ウソがつけなくなってしまった、やり手の弁護士の悪戦苦闘ぶりを描いたコメディ。「ケーブルガイ」のコメディアン、ジム・キャリーが出世作「エース・ベンチュラ」のトム・シャドヤック監督と3年ぶりに組み、得意の顔面演技や形態模写、オーバーアクトを披露して笑いを誘う。脚本は『リトル・ラスカルズ』(V)のポール・ガイとスティーヴン・マザールのコンビ。製作は「身代金」のブライアン・グレイザー、製作総指揮は「ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合」のジェームズ・D・ブルベイカー、マイケル・ボスティック。撮影は「ティン・カップ」のラッセル・ボイド、音楽は「サドン・デス」のジョン・デブニー、美術はリンダ…


    ヒューマンドラマ、コメディ、裁判・法廷、子供が生まれてから見たら大泣きする

    ネット上の声

    俳優と監督の相性次第
    ライアー ライアーを観て・・・
    モーラ・ティアニー
    野茂頑張れ、と思います
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:トム・シャドヤック
    主演:ジム・キャリー
    12
  13. アミスタッド

    アミスタッド
    評価:B3.71
    19世紀半ばに実際に起こった事件をもとに、アメリカの奴隷制度にあらがった勇気ある人々の闘いを、重厚な映像で描き出した歴史ドラマ。監督は「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のスティーヴン・スピルバーグで、彼が設立したスタジオドリームワークスでの自身の第1回監督作品。製作総指揮は同社の社長でもある「メン・イン・ブラック」のウォルター・パークスとローリー・マクドナルド。「ファミリー・タイズ」などのTVシリーズを手がける製作のデビー・アレンが、10年以上も温めていた企画をスピルバーグのもとに持ち込んで実現した。脚本は『虚偽 シチズン・コーン』(V)のデイヴィッド・フランゾーニ。製作のコリン・ウ…

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、裁判・法廷、実話、人種差別、死刑囚

    ネット上の声

    仏作って魂入れず
    少しだれてしまいました。ごめんなさい。
    自由の国アメリカとは?
    スピルバーグが奴隷制度に挑む人々を
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:マシュー・マコノヒー
    13
  14. 依頼人

    依頼人
    評価:B3.71
    「ペリカン文書」に続いて人気作家J・グリシャムの小説を映画化したサスペンス。秘密を知ったため、ギャングに追われる11歳のマークはわずか1ドルの所持金で女性弁護士レジーに弁護を依頼。彼らの心の絆を軸に、マークに法廷で証言させようとする検察側の思惑を絡めてスリリングな物語が展開する。ビデオ、DVDタイトルは「ザ・クライアント/依頼人」。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    深みが無い
    Brad Renfro 
    ヒューマン・サスペンス。
    おもしろい!!
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:ジョエル・シューマカー
    主演:スーザン・サランドン
    14
  15. 神阪四郎の犯罪

    神阪四郎の犯罪
    評価:B3.70
    石川達三の小説を「「石狩川」より 大地の侍」の高岩肇が脚色し、「続・警察日記」のコンビ、久松静児が監督、姫由真佐久が撮影を担当した。主なる出演者は「森繁の新婚旅行」の森繁久彌、「ただひとりの人」の新珠三千代、「俺は犯人じゃない」の左幸子、「生きものの記録」の清水将夫、「青銅の基督」の滝沢修、「月夜の傘」の轟夕起子など。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    黒澤の「羅生門」っぽい
    >現代版「藪の中」
    現代法廷劇で見せる“藪の中”
    ちょっとイライラする
    製作年:1956
    製作国:日本
    監督:久松静児
    主演:森繁久彌
    15
  16. リンカーン弁護士

    リンカーン弁護士
    評価:B3.69
    ロサンゼルス中を高級車リンカーンで奔走するやり手弁護士ミック(マシュー・マコノヒー)の顧客は、主に麻薬の売人や娼婦(しょうふ)たちだ。ある日、彼の元に殺人未遂容疑で訴えられた資産家の息子ルイス(ライアン・フィリップ)の事件の依頼が舞い込んでくる。ミックは彼の十八番の司法取引で事を丸く収めようとするが、ルイスは無実を訴える。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    雰囲気は出てるかな
    リーガル・サスペンスが好きな方にはお薦め
    米映画の「法廷もの」は久しぶり
    是は面白かったです
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:ブラッド・ファーマン
    主演:マシュー・マコノヒー
    16
  17. 12人の怒れる男

    12人の怒れる男
    評価:B3.69
    ロシア人将校である継父を殺害した容疑にかけられたチェチェン人少年の裁判が開始。隣人の目撃証言や物的証拠などから、当初は明らかに有罪だと思われていた事件だったが、いくつか腑に落ちない点があった一人の陪審員(セルゲイ・マコヴェツキー)が、ほかの陪審員に疑問を投げ、審議は二転三転し始める。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    う~~んf(゜゜)
    考えさせられる
    自己批判の伝統 (重大なネタバレあり)
    長い!けど退屈しない!!
    製作年:2007
    製作国:ロシア
    監督:ニキータ・ミハルコフ
    主演:セルゲイ・マコヴェツキー
    17
  18. 否定と肯定

    否定と肯定
    評価:B3.67
    ナチスドイツによるホロコーストをめぐり、欧米で論争を巻き起こした裁判を基に描かれた法廷劇。ユダヤ人歴史学者をオスカー女優のレイチェル・ワイズ、ホロコースト否定論を唱える歴史学者を『ターナー、光に愛を求めて』などのティモシー・スポールが演じるほか、名優トム・ウィルキンソン、『007 スペクター』などのアンドリュー・スコットらが共演。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、実話、ホロコーストが舞台
    製作年:2016
    製作国:イギリス,アメリカ
    監督:ミック・ジャクソン
    主演:レイチェル・ワイズ
    18
  19. ア・フュー・グッドメン

    ア・フュー・グッドメン
    評価:B3.67
    キューバ米海軍基地で起った不審な殺人事件の真相を探る若き弁護士の姿を中心に、軍隊内の組織悪を暴く過程での、登場人物たちの人間的成長を描くドラマ。監督は「ミザリー」のロブ・ライナー。映画の主要部分を成す法廷場面は、カリフォルニアのカルバー・スタジオに巨大セットを組んで撮影された。製作はライナーと、「JAWS・ジョーズ」のデイヴィッド・ブラウン、「スタンド・バイ・ミー」のアンドリュー・シェインマン。エグゼクティブ・プロデューサーはウィリアム・S・ギルモアとレイチェル・フェファー。ブロードウェイでロングラン・ヒットとなったアーロン・ソーキンの舞台劇を基に、彼自身が脚色。撮影は「JFK」のロバート・…

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    この映画のテンポがよかった
    コードレット
    知恵袋で薦められて観ましたが
    ただ・・ただ眠かった・・・!?
    製作年:1992
    製作国:アメリカ
    監督:ロブ・ライナー
    主演:トム・クルーズ
    19
  20. ディア・ブラザー

    ディア・ブラザー
    評価:B3.66
    殺人罪で収監された兄の冤罪を晴らすために、弁護士資格を取り18年かけて兄の無罪を勝ち取った女性ベティ・アン・ウォーターズの実話を、ヒラリー・スワンク&サム・ロックウェル主演で映画化。1983年ボストン。ベティ・アンの兄ケニーが殺人罪で逮捕される。収監されてなお無実を訴え続ける兄だったが、家族以外は彼の言葉を信用しない。そこでベティ・アンは親友のエイブラの助けを借りて、自力で兄を助ける準備を始める。監督は「恋する遺伝子」のトニー・ゴールドウィン。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、実話、冤罪
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:トニー・ゴールドウィン
    20
  21. 告発のとき

    告発のとき
    評価:B3.65
    退役軍人のハンク・ディアフィールド(トミー・リー・ジョーンズ)は、イラクから帰還してくるはずの息子マイク(ジョナサン・タッカー)が脱走したという知らせを受ける。息子を探すために現地へ向かい、地元警察のサンダース刑事(シャーリーズ・セロン)と捜索を開始。真実が明るみに出るとともに、ハンクは知らなかった息子の素顔を知ることに……。

    ヒューマンドラマ、戦争、裁判・法廷、実話

    ネット上の声

    戦争の傷,人間の尊厳
    トミー・リー・ジョーンズの圧倒的存在感
    『 エラの谷 』
    病んでいる・・・
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:ポール・ハギス
    主演:トミー・リー・ジョーンズ
    21
  22. 代理人

    代理人
    評価:C3.58
    ひとりの子どもの親権をめぐり、生みの母である黒人女性と育ての母である白人女性が法廷で争う姿を描いた社会派ドラマ。麻薬中毒の母カイラによってゴミ捨て場に置き去りにされ、病院に運ばれてきた黒人の赤ん坊イザヤ。看護を担当したソーシャルワーカーの女性マーガレットは、イザヤを引き取って養子として育てることに。ところが数年後、更生したカイラは自分の子どもが生きていることを知り、親権を求めて訴訟を起こす。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    深いんですよ・・・
    みんなが幸せになる方法
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・ギレンホール
    主演:ジェシカ・ラング
    22
  23. 評決

    評決
    評価:C3.56
     過去の一件が原因でどん底の日々を送っていた中年弁護士のポールは医療ミス事件の裁判にかつぎ出されることに。被害者を目のあたりにしたポールは正義に目覚め、病院側が申し出た示談を蹴ってしまう。やがて病院側は辣腕弁護士コンキャノンを雇い、ポールと法廷で争うことに。ポールは裁判の準備を進める一方、ローラという女性と親しくなるが……。正義を貫こうとする弁護士の戦いを描いた法廷ドラマ。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    裁きと赦し
    静かなる正義
    重圧の中での奮闘
    何回みても感動する
    製作年:1982
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ポール・ニューマン
    23
  24. 告発の行方

    告発の行方
    評価:C3.56


    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:ジョナサン・カプラン
    主演:ジョディ・フォスター
    24
  25. 明日への遺言

    明日への遺言
    評価:C3.53
    第二次世界大戦終了後、戦争末期に名古屋を空爆した米軍捕虜を処刑した責任を問われ、B級戦犯として裁判にかけられた岡田資中将(藤田まこと)。裁判で彼は「一般民衆への無差別爆撃の責任は誰が負うのか、命令により実行した部下の責任は誰が負うべきなのか」と堂々と信念を主張し、戦勝国アメリカによる法廷を戦い抜く。

    ヒューマンドラマ、戦争、裁判・法廷、実話

    ネット上の声

    こんな男に私もなりたい。
    映画 「明日への遺言」 を観ました。
    最上の映画。ゆえの心配もありますが…
    何回もいうが全員無罪
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:小泉堯史
    主演:藤田まこと
    25
  26. 折れた矢

    折れた矢
    評価:C3.50
    大学で教壇に立つキム・ギョンホ教授(アン・ソンギ)は、大学入試試験に出題された問題の間違いを指摘したせいでクビになってしまう。職場復帰を求めた裁判にも負け、控訴審も棄却されて頭に血が上った彼は担当裁判長をボウガンで脅迫するという暴挙に出る。その後この騒動に関して、キム教授は罪に問われることになり……。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    それでも僕は撃ってない
    韓国司法の闇をえぐる、本物の法廷ドラマ。
    製作年:2012
    製作国:韓国
    監督:チョン・ジヨン
    主演:アン・ソンギ
    26
  27. アメリカン・クライム

    アメリカン・クライム
    評価:C3.49
    『JUNO/ジュノ』のエレン・ペイジ主演、65年にアメリカで実際に起きた事件を元に描いた衝撃のドラマ。シングルマザーのガートルードに預けられたシルビアとジェニーの姉妹が、ガートルードやその子供たちなどに恐ろしい虐待を受ける様子を鮮烈に描く。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    実際に起きた事件らしい
    なぜ「やめよう」と誰一人言わないんだ!
    実話なので。
    悲しい実話
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:トミー・オヘイヴァー
    主演:キャサリン・キーナー
    27
  28. ジャスティス

    ジャスティス
    評価:C3.42
    メリーランド州、ボルチモアを舞台に、町の法廷にのさばる司法制度の矛盾と裁判の不条理に挑む、理想主義者である若い弁護士の姿を描く。製作総指揮はジョー・ワイザン、製作はノーマン・ジュイソンとパトリック・パーマー、監督は製作も兼ねる「ローラーボール」のノーマン・ジュイソン、脚本はヴァレリー・カーティンとバリー・レヴィンソン、撮影はヴィクター・J・ケンパー、音楽はデーヴ・グルーシン、編集はジョン・F・バーネット、製作デザインはリチャード・マクドナルド衣裳はルース・マイヤーズが各々担当。出演はアル・パチーノ、ジャック・ウォーデン、ジョン・フォーサイス、リー・ストラスバーグ、ジェフリー・タンバー、クリス…

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    ごくフツー。
    唯一の身内サム
    第52回アカデミー賞ノミネート
    「味のある作品」だと思います。
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・ジュイソン
    主演:アル・パチーノ
    28
  29. 私は貝になりたい

    私は貝になりたい
    評価:C3.36
    本土防衛のために従軍していた清水豊松(中居正広)は、終戦を迎え家族の元へと帰ってきた。平凡でも幸せな家族との日々を営もうとしていた矢先、B・C級戦犯として逮捕されてしまう。豊松の銃剣がアメリカ兵捕虜の腕をかすめたというのだ。それだけのことにもかかわらず、裁判で下されたのは死刑の宣告だった。

    ヒューマンドラマ、戦争、裁判・法廷

    ネット上の声

    オリジナルは超えられない。
    脚本の改編で、焦点がぼやけた
    思ったより秀作♪
    大作です・・・初日に観てきました
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:福澤克雄
    主演:中居正広
    29
  30. ザ・ファーム/法律事務所

    ザ・ファーム/法律事務所
    評価:C3.33
    ハーバード大学を優秀な成績で卒業したミッチはある法律事務所から内定を受ける。最高の労働条件を提示され、大喜びで就職するミッチ。だが、この事務所には謎の死を遂げた4人の弁護士がいたことが判明。やがてミッチは事務所とシカゴ・マフィアの繋がりを知り……。マフィアのボスを相手に、青年の必死の攻勢を描くスリル満点のサスペンス。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    ジョン・グリシャムの
    ハラハラ(x_x;)
    見応えタップリ、楽しめます。
    将来を約束されたはずの新人が・・・
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ポラック
    主演:トム・クルーズ
    30
  31. 半落ち

    半落ち
    評価:C3.31
    元刑事で警察学校教官の梶(寺尾聰)が警察に、「私は妻(原田美枝子)を殺しました」と自首してきた。県警刑事部の志木(柴田恭兵)が取り調べにあたるが、梶は妻殺害後2日間の行動については固く口を閉ざしていた。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、夫婦、認知症

    ネット上の声

    つまらない映画です
    原作を越えれない映画化
    魂が壊れたら「死」なのか?
    それは、私自身を決して忘れたくないから
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:寺尾聰
    31
  32. 依頼人

    依頼人
    評価:C3.29
    結婚記念日の夜、ハン(チャン・ヒョク)が急いで自宅に戻ると妻の姿はどこにもなく、彼の家は多数の警察官たちで埋め尽くされていた。寝室のベッドは多量の血で染まっていたものの、死体も物的証拠もないままハンは現行犯逮捕される。妻殺害容疑で捕らえられた彼の弁護を、腕利き弁護士のカン(ハ・ジョンウ)が担当することになり……。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    そこらへんの法廷サスペンス
    なにって、チャンヒョク!
    どこかで観た感あるけど大満足!
    いつもはワイルドなチャン・ヒョクssiが…
    製作年:2011
    製作国:韓国
    監督:ソン・ヨンソン
    主演:ハ・ジョンウ
    32
  33. コネクション マフィアたちの法廷

    コネクション マフィアたちの法廷
    評価:C3.23
    ニュージャージーの悪名高いマフィア、ルッケーゼ・ファミリーのメンバーであるジャコモ・“ジャッキー”・ディノーシオ(ヴィン・ディーゼル)は、麻薬取引の現場を押さえられ逮捕される。検察側から30年の刑期を短くするため司法取引を持ちかけられるが、長年の仲間を裏切れないとして突っぱねる。その後行われた裁判では、被告人という立場ながら弁護も自分でこなすという異例の行動を取り……。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    検事がなぜに悪役に?
    おもしろい法廷劇
    有罪無罪はウケ次第?しまりのない法廷劇。
    製作年:2006
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ヴィン・ディーゼル
    33
  34. 弁護人

    弁護人
    評価:D3.18
    韓国のノ・ムヒョン元大統領が弁護士時代に担当した釜林事件がモチーフで、『JSA』『スノーピアサー』などのソン・ガンホが主人公を演じたヒューマンドラマ。1980年代初頭の韓国で民主化勢力を弾圧しようとした捏造(ねつぞう)事件が発生し、不当に逮捕された被告の弁護人がさまざまな困難に遭いながらも奮闘する姿を描く。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、実話、冤罪
    製作年:2013
    製作国:韓国
    監督:ヤン・ウソク
    主演:ソン・ガンホ
    34
  35. 陪審員

    陪審員
    評価:D3.14
    マフィアに脅迫され、陪審員を務める法廷で虚偽の証言を強いられた女性の危難と闘いを描いたサスペンス・スリラー。「ザ・インターネット」などの監督作でも知られるプロデューサーのアーウィン・ウィンクラーが雑誌『ニューヨーカー』に載った実録記事にヒントを得、同じテーマだったジョージ・ドーズ・グリーンの同名小説を発売前に映画化権を取得。「羊たちの沈黙」のテッド・タリーが脚色し、「TINA/ティナ」のブライアン・ギブソンが監督に当たった。N.Y.郊外からメキシコのインディオ村までの多彩なロケを展開した撮影は、「不法侵入」「TINA/ティナ」のジェイミー・アンダーソン、音楽は「ウォーターワールド」のジェーム…

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    無理すぎる展開
    グアテマラ
    好きな裁判物ではなかった
    このタイトルでこの中身じゃ、羊頭狗肉だなぁ
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:ブライアン・ギブソン
    主演:デミ・ムーア
    35
  36. Q&A

    Q&A
    評価:D3.08
    「十二人の怒れる男」「ネットワーク」などの名匠シドニー・ルメットが、警察や司法機関の腐敗を題材に撮りあげた社会派サスペンス。ニューヨーク市警のベテラン刑事ブレナンが麻薬の売人を射殺する事件が発生。事件を担当することになった元警官の新人検事補ライリーは、正当防衛を主張するブレナンの証言に疑問を抱くが……。ブレナン役に「48時間」のニック・ノルティ、ライリー役に「普通の人々」のティモシー・ハットン。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷
    製作年:1990
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ニック・ノルティ
    36
  37. ジャスティス

    ジャスティス
    評価:D3.04
    第二次大戦下のドイツの捕虜収容所を舞台に、アメリカ人捕虜の殺人事件をめぐって繰り広げられる骨太のサスペンス・ミステリー。主演は「シックス・センス」「バンディッツ」のブルース・ウィリスと、「タイガーランド」のコリン・ファレル。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争、裁判・法廷

    ネット上の声

    戦争映画なのにローテンション
    悪くないのだが設定に少し疑問がある
    一見の価値あり。
    見る前の注意!
    製作年:2002
    製作国:アメリカ
    監督:グレゴリー・ホブリット
    主演:ブルース・ウィリス
    37
  38. ザ・フィクサー

    ザ・フィクサー
    評価:D3.02


    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷
    製作年:2006
    製作国:ドイツ
    監督:レト・サリンベーニ
    主演:ティル・シュヴァイガー
    38
  39. 裁判長!ここは懲役4年でどうすか

    裁判長!ここは懲役4年でどうすか
    評価:D3.01
    三流ライター南波タモツ(設楽統)は、裁判映画の脚本を書くために生まれて初めて裁判所を訪れる。法廷ではアダルトビデオ万引犯や、思わぬ理由で友人を撲殺したまじめなサラリーマンなど、ワイドショー顔負けのスリリングな人間模様が繰り広げられていた。やがて、タモツは傍聴席で知り合った傍聴マニアの面々と共に行動するようになるが……。

    ヒューマンドラマ、コメディ、裁判・法廷
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:豊島圭介
    主演:設楽統
    39
  40. ナイト・アンド・ザ・シティ

    ナイト・アンド・ザ・シティ
    評価:D2.77
    都会の片隅で、しがない商売をしている男が、夢の実現のために情熱をそそぎ、そして挫折するまでを描く人間ドラマ。1950年に発表された、赤狩りでハリウッドを追われたジュールズ・ダッシン監督の「町の野獣」のリメイクだが、舞台をロンドンから現代のニューヨークへ置き換えている。監督・製作は「レイジング・ブル」「グッドフェローズ」などで知られる映画プロデューサーで、91年に初監督作「真実の瞬間」を発表したアーウィン・ウィンクラー。共同製作はジェーン・ローゼンサール、エグゼクティヴ・プロデューサーは「星の流れる果て」のハリー・J・アフランドとメアリー・ジェーン・アフランド、脚本は「シー・オブ・ラブ」のリチ…

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    ニューヨーク
    デ・ニーロは普通の存在感です。
    レビュー一番乗り、後にも先にも一人なのか・・・
    何だろうね、このモヤモヤ感
    製作年:1992
    製作国:アメリカ
    監督:アーウィン・ウィンクラー
    主演:ロバート・デ・ニーロ
    40
  41. 逆転裁判

    逆転裁判
    評価:D2.70
    近未来、政府は弁護士と検事の直接対決により3日間で判決を下す「序審裁判」制度を導入。上司が殺害された事件で被告の弁護人となった新人弁護士・成歩堂龍一(成宮寛貴)は、幼なじみの天才検事・御剣怜侍(斎藤工)と法廷で激しいバトルを繰り広げる。その裁判の後、成歩堂のもとに御剣が殺人容疑で逮捕されたという知らせが届き、御剣の弁護を引き受けるが……。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    ええッ!?
    犯罪者の氾濫で
    面白くない雑なマズさ
    1時間ドラマものでしょう。
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:三池崇史
    主演:成宮寛貴
    41
  42. 消された証人

    消された証人
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    エドワード・G・ロビンソン
    big cold world
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:フィル・カールソン
    主演:ジンジャー・ロジャース
    42
  43. ジャッジメント・イン・ベルリン

    ジャッジメント・イン・ベルリン
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:レオ・ペン
    主演:マーティン・シーン
    43

スポンサードリンク