全50作品。文芸・史劇のヒューマンドラマ映画ランキング

  1. ラストエンペラー/オリジナル全長版

    ラストエンペラー/オリジナル全長版
    評価:S4.19


    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    中国の歴史の1ページですが・・・・
    数奇な運命に弄ばれた皇帝
    製作年:1987
    製作国:イタリア/イギリス/中国
    監督:ベルナルド・ベルトルッチ
    主演:ジョン・ローン
    1
  2. サウンド・オブ・ミュージック

    サウンド・オブ・ミュージック
    評価:S4.16
    リチャード・ロジャース作曲&オスカー・ハマースタイン2世作詞によるブロードウェイミュージカルを、「ウエスト・サイド物語」のロバート・ワイズ監督により映画化。1938年、オーストリア・ザルツブルグ。古風で厳格な教育方針のトラップ家に家庭教師としてやってきた修道女マリアは、子どもたちに音楽や歌うことの素晴らしさを伝えていこうとするが、子どもたちの父親であるトラップ大佐とは事あるごとに衝突してしまう。やがて、自分がトラップ大佐にひかれていることに気付いたマリアだったが、そんな折、トラップ大佐は再婚が決まってしまう。「ドレミの歌」「私のお気に入り」「エーデルワイス」など劇中で歌われる名曲の数々ととも…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇、シスター

    ネット上の声

    音楽がやっぱり
    ドレミファソラ チ ド 
    最高のエンターテイメント!!
    レビューを書くのが恥ずかしくなるほどの名作
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:ジュリー・アンドリュース
    2
  3. アラビアのロレンス/完全版

    アラビアのロレンス/完全版
    評価:S4.15
    第一次世界大戦の2年目を迎えた1916年、カイロ英陸軍司令部勤務のロレンス(ピーター・オトゥール)は、アラビアに対して勢力を持っているトルコの圧政に苦しむアラビア人に深く同情していた。やがて、ロレンスはさまざまな戦略を用いてトルコ軍を打ち破り続けるが……。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    この時代にすでにこんなものを。
    決して長くは感じない。
    絶対に見逃さないで! 正月に大画面で公開
    今更ですが
    製作年:1988
    製作国:イギリス
    監督:デヴィッド・リーン
    主演:ピーター・オトゥール
    3
  4. 愛と宿命の泉 PART I /フロレット家のジャン

    愛と宿命の泉 PART I /フロレット家のジャン
    評価:S4.14


    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    印象に残る一本
    愛と宿命の泉
    見るべし!!
    エマニュエルベアール
    製作年:1986
    製作国:フランス/イタリア
    監督:クロード・ベリ
    主演:イヴ・モンタン
    4
  5. バーレスク

    バーレスク
    評価:S4.12
    歌手になる夢を追い掛けているアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、セクシーなダンサーたちが毎夜ゴージャスなショーを繰り広げているロサンゼルスのバーレスク・クラブで働くことに。オーナーのテス(シェール)のもと、たぐいまれな歌唱力と傑出したダンスの才能を花開かせていくアリは人気者となり、クラブは盛況を極める。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇、ダンサー

    ネット上の声

    ミュージカル映画
    スクリーンから目が離せない
    アギレラの胸ばっかり見てすみません
    C.アギレラのPV
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・アンティン
    主演:シェール
    5
  6. レ・ミゼラブル

    レ・ミゼラブル
    評価:A4.05
    1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、以前自分の工場で働いていて、娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌ(アン・ハサウェイ)と知り合い、幼い娘の面倒を見ると約束。そんなある日、バルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、法廷で自分の正体を明かし再び追われることになってしまい……。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    これぞ大作!!
    見てきました☆星三つです!!
    力強い明日への希望☆感動の響き高らかに♪
    革命的ミュージカル映画か、世紀の失敗作か
    製作年:2012
    製作国:イギリス
    監督:トム・フーパー
    主演:ヒュー・ジャックマン
    6
  7. コーカサスの虜

    コーカサスの虜
    評価:A4.02
    捕虜交換のため囚われの身になった兵士と、彼を捕えた一家の姿を描き、反戦を訴えたドラマ。トルストイの小説『コーカサスの虜』の設定を、現代のチェチェン紛争に置き換え、「モスクワ・天使のいない夜」のセルゲイ・ボドロフ監督で映画化。脚本は製作も兼任したボリス・ギレルの原案を、ボドロフ、ギレル、アリフ・アリエフが執筆。撮影は「ヴァーリャ!愛の素顔」のパーヴェル・レベシエフ。出演は「太陽に灼かれて」のオレーグ・メンシコフ、ボドロフの実子セルゲイ・ボドロフ・ジュニアほか。96年カンヌ映画祭国際批評家協会賞・観客賞、ソチ映画祭、カルロヴィバリ映画祭グランプリ受賞。

    ヒューマンドラマ、戦争、文芸・史劇

    ネット上の声

    飽きちゃいました
    変貌する世界地図
    捕虜となったロシア人とチェチェン人との間の心の交流の映画。
    楽しみにしていたのですが・・・
    製作年:1996
    製作国:カザフスタン/ロシア
    監督:セルゲイ・ボドロフ
    主演:オレグ・メンシコフ
    7
  8. ブレイブハート

    ブレイブハート
    評価:A3.99
    13世紀末、悪政に苦しむスコットランドの独立と開放を目指して戦った実在の英雄、ウィリアム・ウォレスの生涯を描いた歴史スペクタクル大作。製作費2700万ドルを投じ、数千人のエキストラと200頭の馬が演じる戦闘場面は、リアルな臨場感に満ちて圧巻。監督・製作・主演の3役を兼ね、アクションから恋の葛藤まで、確かな演出力を見せたのは、「顔のない天使」に続いて2本目の監督作となるメル・ギブソン。脚本は作家として活躍し、初の映画作品となるランダル・ウォレスのオリジナル。製作はギブソン、彼と共にアイコン・プロを主宰するブルース・デイヴィ、「ロシア・ハウス」のアラン・ラッド・ジュニア 。撮影は「レジェンド・オ…

    ヒューマンドラマ、アクション、文芸・史劇、実話

    ネット上の声

    脱線レビューですいません・・・
    文句無し!!
    私の中のベスト1
    アカデミー賞5部門に輝いた超大作!絶対に観るべき映画です。
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:メル・ギブソン
    主演:メル・ギブソン
    8
  9. レ・ミゼラブル

    レ・ミゼラブル
    評価:A3.97
    19世紀フランス初頭、一片のパンを盗んだ罪で投獄されていたジャン・バルジャンが釈放された。救いの手を差しのべてくれた司教の暖かい人柄に触れ、“善”の心を取り戻し、やがて実業家として成功するが…。主演はジェラール・ドパルデュー。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    2回目・・・
    生きる。信念をもって。
    え?ここで?
    大河ドラマに心酔
    製作年:2000
    製作国:フランス
    主演:ジェラール・ドパルデュー
    9
  10. ハムレット

    ハムレット
    評価:A3.94
    17世紀の文豪ウィリアム・シェイクスピアの言わずと知れた古典『ハムレット』を、舞台を中世から19世紀に移し、絢爛豪華なタッチで映画化。監督・脚本・主演は、「世にも憂鬱なハムレットたち」の英国演劇界の俊英ケネス・ブラナーで、オールスター・キャストで4時間の大作に挑んだ。製作はブラナーと「フランケンシュタイン」以降コンビを組むデイヴィッド・バロン。撮影は「アラビアのロレンス」「スカーレット・レター」のヴェテラン、アレックス・トムソン。音楽は「フェイク」のパトリック・ドイルで、主題歌『IN PEACE』をオペラ界の最高のテナー歌手プラシド・ドミンゴが歌う。美術はブラナーとは「ヘンリー5世」以降全作…

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    見応え十分
    演劇?映画?
    製作年:1996
    製作国:イギリス
    監督:ケネス・ブラナー
    主演:ケネス・ブラナー
    10
  11. ラストエンペラー

    ラストエンペラー
    評価:A3.94
    3歳で清王朝の皇帝に即位した溥儀の生涯を、絢爛豪華に描いた歴史大作。1950年中国人戦犯として護送される最中、溥儀は自殺を図る。意識が遠のいていくなか、幼き日の情景が脳裏によみがえってくる……。外国人に初めて撮影許可が下りた紫禁城での即位式は、幼い溥儀に500人の家臣がかしずく圧巻のシーンである。1987年アカデミー賞では作品、監督、撮影、脚色、編集、録音、衣装、美術、作曲とノミネートされた9部門すべてを受賞。出演のほか音楽も担当した坂本龍一は、日本人として初めてアカデミー作曲賞を受賞した。ディレクターズカット版は218分。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    何回みても感激します。
    時代に翻弄された孤独な皇帝
    皇帝の選んだ道は・・・
    くり返しくり返し見た映画はこれだけ!
    製作年:1987
    製作国:イタリア/イギリス/中国
    監督:ベルナルド・ベルトルッチ
    主演:ジョン・ローン
    11
  12. ローズ

    ローズ
    評価:A3.92
    60年代の最大の女性シンガーといわれたジャニス・ジョプリンをモデルに、反体制の空気に満ちた60年代のアメリカの若者を熱狂させた1人のロック歌手ローズの愛と激情の人生を描く。製作総指揮はトニー・レイ、製作はマーヴィン・ワースとアーロン・ロッソ、監督は「シンデレラ・リバティー かぎりなき愛」のマーク・ライデル。ビル・カービーの原案を基に彼とボー・ゴールドマンが脚色。撮影はヴィルモス・ジグモンド、音楽はポール・A・ロスチャイルド、編集はロバート・L・ウォルフ、美術はジム・ショッピ、衣裳はシオニ・V・アルドレッジが各各担当。出演はベット・ミドラー、アラン・ベイツ、フレデリック・フォレスト、ハリー・デ…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    ジョプリン?
    なんか可哀相な人だな
    やっぱりエンディング曲が・・・
    心臓鷲づかみ
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・ライデル
    主演:ベット・ミドラー
    12
  13. 愛と宿命の泉 PART II/泉のマノン

    愛と宿命の泉 PART II/泉のマノン
    評価:A3.91
    隠された泉と数奇な運命に翻弄される人間たちを描いた感動ドラマの続編。パペとウゴランの策略で、マノンの父・ジャンが非業の死を遂げてから10年。マノンは美しい娘に成長していた。ある日、水浴びをするマノンを見たウゴランは激しい恋に落ちる。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    因果はめぐる
    愛と宿命の泉
    べアールが美しい。
    これはすごい!!
    製作年:1986
    製作国:フランス/イタリア
    監督:クロード・ベリ
    主演:イヴ・モンタン
    13
  14. 海と毒薬

    海と毒薬
    評価:A3.90
    太平洋戦争末期、米軍捕虜八名を生体解剖した事件を二人の研究生の目を通して描く。原作は遠藤周作の同名小説、脚本・監督は「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」の熊井啓、撮影は楢山節考」の栃沢正夫がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    実話だから怖い
    熊井啓作品の中で一番いい
    問われる日本人としての行動原理
    重い緊迫感、しかし・・・。
    製作年:1986
    製作国:日本
    監督:熊井啓
    主演:奥田瑛二
    14
  15. ザッツ・エンタテインメント

    ザッツ・エンタテインメント
    評価:A3.90
    トーキー黎明期の1929年に作られた「ホリウッド・レビュー」や「ブロードウェイ・メロディー」に始まって、1958年の「恋の手ほどき(1958)」に至るまで、その間に作られた75本のMGMミュージカル作品を中心に構成した作品。製作・監督・構成はジャック・ヘイリー・ジュニア、製作総指揮はダニエル・メルニック、音楽監督はヘンリー・マンシーニ、音楽監修はジェシー・ケイ、編集はバド・フリージェン、スペシャル・キャストはフレッド・アステア、ビング・クロスビー、ジーン・ケリー、ピーター・ローフォード、ライザ・ミネリ、ドナルド・オコンナー、デビー・レイノルズ、ミッキー・ルーニー、フランク・シナトラ、ジェーム…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    ミッキー・ルーニーいい男
    何度も見てしまう
    文句なし!文句なし!
    いつもながらジーン・ケリーはすばらしい
    製作年:1974
    製作国:アメリカ
    監督:ジャック・ヘイリー・Jr
    主演:フレッド・アステア
    15
  16. ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
    評価:A3.88
    シェイクスピアの傑作戯曲をイタリアのフランコ・ゼフィレッリ監督が映画化。15世紀中頃、イタリア北部の町ベローナ。2大名門として知られるモンタギュー家とキャピュレット家が血で血を洗う抗争をする最中、両家の子息ロミオとジュリエットは舞踏会で出会い、恋に落ちる。2人はお互いの素性を知り落胆しつつも、燃え上がった心を抑えきれず結婚式を挙げるが……。主演にオリビア・ハッセーとレナード・ホワイティング。音楽はニーノ・ロータ。

    ヒューマンドラマ、恋愛、文芸・史劇

    ネット上の声

    恋愛映画の原点。
    ジュリエットの東洋的な美しさ
    時々無性にみたくなる恋愛映画の古典
    数年前オリビアが出演した映画を見たが、まだ美しかったゾ。
    製作年:1968
    製作国:イギリス/イタリア
    監督:フランコ・ゼフィレッリ
    主演:オリヴィア・ハッセー
    16
  17. リトル・プリンセス

    リトル・プリンセス
    評価:A3.88
    逆境にもめげず、明るく強く生きる夢見がちな少女の姿を優しい視点で描いたヒューマン・ストーリー。全米公開時には女性観客の強い支持を得て、異例の再ロードショーが行われた。原作は、『秘密の花園』『小公子』などの児童文学の名作で知られる女性作家、フランセス・ホジスン・バーネットの『小公女』で、名子役シャーリー・テンプル主演の「テンプルちゃんの小公女」(39)に続く2度目の映画化。監督はメキシコ映画界出身で、米国のテレビシリーズ『堕ちた天使たち』(V)の1編『Murder Obliquely』を演出したアルフォンソ・クアロンで、彼にとって初のアメリカ映画。脚本は「マディソン郡の橋」のリチャード・ラグラ…

    ファンタジー、ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    アニメ見た人もぜひ!
    女の子はみんなお姫様なんだ。
    うるっとした
    最後は・・。
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:アルフォンソ・キュアロン
    主演:リーセル・マシューズ
    17
  18. ガンジー

    ガンジー
    評価:A3.86
    インド独立運動の指導者“偉大なる魂”マハトマ・ガンジーの波瀾に満ちた生涯を描く。製作・監督は「マジック」のリチャード・アッテンボロー、エキュゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・スタンレー・エヴァンス、脚本はジョン・ブライレー、撮影はビリー・ウィリアムスとロニー・テイラー、音楽は「大地のうた」他、サタジット・レイ監督とのコンビで知られるインドの代表的音楽家ラヴィ・シャンカール。出演はベン・キングズレー、キャンディス・バーゲン、エドワード・フォックス、ジョン・ギールグッド、ロヒニ・ハタンガディ、ロシャン・セス、マーティン・シーン、イアン・チャールソンなど。イーストマンカラー、シネスコサイズ(一…

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    ためになる歴史映画
    まさにマハトマ
    この映画マジ最高です。
    無抵抗主義で紛争なく独立を主導したインドの偉人
    製作年:1982
    製作国:イギリス/インド
    監督:リチャード・アッテンボロー
    主演:ベン・キングズレー
    18
  19. ドリームガールズ

    ドリームガールズ
    評価:A3.86
    エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ(ビヨンセ)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)の3人組は、コーラスグループ“ドリーメッツ”を結成し、成功を夢見てニューヨークへ旅立った。やり手マネージャーのカーティス(ジェイミー・フォックス)に見出され、大スターのジェームズ・“サンダー”・アーリー(エディ・マーフィ)のバックコーラスとしてデビューするが……。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    これはすごい映画です
    音楽は音霊に言霊が宿ったときに
    ミュージカルが苦手な人にも見てもらいたい秀作
    (^_^)v
    製作年:2006
    製作国:アメリカ
    監督:ビル・コンドン
    主演:ジェイミー・フォックス
    19
  20. 西鶴一代女

    西鶴一代女
    評価:A3.85
    溝口健二監督の「武蔵野夫人」に次ぐ作品で、製作はやはり児井英生。井原西鶴の『好色一代女』に取材して溝口健二が構成を練り、「武蔵野夫人」「大江戸五人男」の依田義賢が脚本を、吉井勇が監修に当たっている。撮影は「唐手三四郎」の平野好美である。出演者は、「稲妻草紙」の田中絹代、「馬喰一代(1951)」「霧笛」の三船敏郎、「結婚行進曲」の山根寿子、「風ふたたび」の浜田百合子、「ある夜の出來事」の宇野重吉のほか、清水将夫、菅井一郎、近衛敏明、市川春代、進藤英太郎、柳永二郎、加東大介などの脇役陣である。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    溝口渾身の一発
    転がり落ちていく女の業
    女の運命を描いた「邦画の至宝」
    製作年:1952
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:田中絹代
    20
  21. モリエール 恋こそ喜劇

    モリエール 恋こそ喜劇
    評価:A3.84
    1644年、22歳の駆け出しの劇作家モリエール(ロマン・デュリス)は前年に旗揚げした劇団の借金が膨れ上がり、債権者から追われていた。多額の借金に苦しむ彼は、金持ちの商人ジュルダン(ファブリス・ルキーニ)に窮地を救われる。借金の肩代わりと引き替えに、ジュルダンの演劇指南役として雇われることになったモリエールは……。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇、実話、天才

    ネット上の声

    モリエール、空白の数ヶ月
    意外にすごい人
    小難しくなくて、小笑交えて面白い、モリエール空白の期間の物語♪
    笑った、泣いた。。
    製作年:2007
    製作国:フランス
    監督:ローラン・ティラール
    主演:ロマン・デュリス
    21
  22. ハムレット

    ハムレット
    評価:A3.83
    デンマークの王子ハムレットの苦悩を描くヒューマン・ドラマ。ウィリアム・シェイクスピアの原作の映画化で、脚本はクリストファー・デ・ボアとフランコ・ゼフィレッリが共同で執筆。製作はデイソン・ラヴェル、監督はフランコ・ゼフィレッリ、撮影はリチャード・マーダン、美術はダンテ・フェレッティが担当。出演はメル・ギブソン、グレン・クロース、ポール・スコフィールド、アラン・ベイツ、イアン・ホルム、ヘレナ・ボナム・カーターなど。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇
    製作年:1990
    製作国:アメリカ
    監督:フランコ・ゼフィレッリ
    主演:メル・ギブソン
    22
  23. 破戒

    破戒
    評価:A3.83
    島崎藤村原作を「黒い十人の女」の和田夏十が脚色、同じく市川崑が監督した文芸もの。撮影は「続 悪名」の宮川一夫。出演は「ぼんち」の市川雷蔵、「人間狩り」の長門裕之など。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    今までの雷蔵の中で、一番かっこよかった
    原作を先に
    全体的に暗い印象
    島崎藤村の小説を映画化
    製作年:1962
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:市川雷蔵
    23
  24. ブラザー・サン シスター・ムーン

    ブラザー・サン シスター・ムーン
    評価:B3.80
    一二〇〇年イタリア中世の都市アシシを舞台に、フランチェスコ会の創立者、聖フランチェスコの生い立ちから一二〇九~十年、ローマでインノケンティウス三世に認められるまでの半生を描く。原題は、彼が神の創生物を讃美するときよく使った言葉である。製作はルチアーノ・ペルジアとスーゾ・チェッキ・ダミーコ、監督は「ロミオとジュリエット(1968)」のフランコ・ゼフィレッリ、脚本はスーゾ・チェッキ・ダミーコ、ケネス・ロス、リナ・ウェルトミューラー、ゼフィレッリの共同。撮影はエンニオ・グァルニエリ、音楽はドノヴァン、編曲・指揮はケン・ソーン、編集はジョン・ラシュトンが各々担当。出演は新人のグラハム・フォークナーと…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    癒しの作品
    何年か前、夜中に放送していて
    本当の聖書の神の息吹に触れる作品
    なーつーかーしー
    製作年:1972
    製作国:イタリア/イギリス
    監督:フランコ・ゼフィレッリ
    主演:グレアム・フォークナー
    24
  25. アクロス・ザ・ユニバース

    アクロス・ザ・ユニバース
    評価:B3.79
    イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、まだ見ぬ父を捜しにアメリカへ。父の働くプリンストン大学へ出向いた彼は、そこで陽気な学生マックス(ジョー・アンダーソン)と出会い、意気投合する。さらに、ジュードはマックスの妹ルーシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)と知り合い、恋に落ちるが……。

    ヒューマンドラマ、青春、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    ビートルズファン限定かな?
    ジュードとルーシーの新しい物語
    ビートルズファン以外
    ビートルズと60年代ラブストーリー
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:ジュリー・テイモア
    主演:エヴァン・レイチェル・ウッド
    25
  26. チップス先生さようなら

    チップス先生さようなら
    評価:B3.79
    イギリスの作家ジェームズ・ヒルトンの代表作「グッドバイ・ミスター・チップス」のミュージカル映画化。監督は「ドリトル先生不思議な旅」などの振付を担当したハーバート・ロス。原作を脚色したのは「黄色いロールスロイス」のテレンス・ラティガン、撮影は「オリバー!」のオズワルド・モリス、音楽は「おしゃれ泥棒」のジョン・ウィリアムス(2)で、作詞作曲は「ドリトル先生不思議な旅」でアカデミー主題歌賞を受けたレスリー・ブリッカス、衣装デザインは「ダーリング」でオスカーを受けたジュリー・ハリスがそれぞれ担当。製作には「ドリトル先生不思議な旅」のA・P・ジャコブが当たっている。美術はケン・アダム、編集はラルフ・ケ…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    愛すべき先生像に涙。
    これがレンタルのみなんて
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:ハーバート・ロス
    主演:ピーター・オトゥール
    26
  27. バリー・リンドン

    バリー・リンドン
    評価:B3.79
    18世紀のアイルランドを舞台に、野心に燃える若者の半生を描いた歴史ロマン。爵位に執着するバリー役は、「ペーパー・ムーン」「ある愛の詩」のライアン・オニール。彼との出会いで人生が大きく変化する伯爵夫人を、モデルから女優に転向したマリサ・ベレンソンが演じる。アカデミー賞作品賞をはじめ7部門にノミネートされ、撮影、衣装デザイン、美術監督、編曲の4部門を受賞。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    歴史資料を見てる様・・・
    ハッピーエンドにならなかった、わらしべ長者
    18世紀のヨーロッパが舞台
    ビバ、映像美。
    製作年:1975
    製作国:イギリス
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:ライアン・オニール
    27
  28. ぼんち

    ぼんち
    評価:B3.78
    週刊新潮に連載された山崎豊子の原作を、「流転の王妃」の和田夏十と市川崑が共同で脚色「女経」の市川崑が監督したもので、大阪船場のぼんちという宿命を負った一人の青年の半生が描かれる。「浮草」の宮川一夫が撮影した。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇、大阪が舞台

    ネット上の声

    船場の掟は厳しい・・・
    他のサイトのレビューでは評価が高いけど
    女系家族、性欲、国策
    やはり強きは女たち。
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:市川雷蔵
    28
  29. 素晴らしき戦争

    素晴らしき戦争
    評価:B3.78
    替え歌でつづられた反戦ミュージカル。俳優として知られたリチャード・アッテンボローの監督第1作。製作はブライアン・ダフィーとリチャード・アッテンボロー。コンテニュィティをアン・スキナーが担当。撮影はゲリー・ターピン、音楽監督はアルフレッド・ラルストン、美術はハリー・ホワイト、振付はエレナー・フェイザン、衣裳デザインはアンソニー・メンデルソン、編集はケヴィン・コナーがそれぞれ担当。出演はローレンス・オリヴィエ、ラルフ・リチャードソン、ジョン・ギールグッド、ジョン・ミルズ、ケネス・モア、ジャック・ホーキンス、コリン・レッドグレーヴ、ポール・シェリー、モーリス・ローヴス、コーリン・ファレル、マルカム…

    ヒューマンドラマ、戦争、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    第一次大戦
    風に揺れるポピーの紅。
    最後まで見れば解る
    冷戦、ベトナム戦争期 英国名優たちの反戦メッセージ
    製作年:1969
    製作国:イギリス
    監督:リチャード・アッテンボロー
    主演:ローレンス・オリヴィエ
    29
  30. シカゴ

    シカゴ
    評価:B3.77
    本年度アカデミー賞で最多12部門13ノミネート、作品賞、助演女優賞ほか最多6部門受賞作。ボブ・フォッシー振り付けの同名ヒット・ミュージカルを、ブロードウェイの人気舞台演出家ロブ・マーシャルが映画化。脚本は「ゴッズ・アンド・モンスター」でオスカー受賞のビル・コンドン。舞台は1920年代のシカゴ。ミュージカルのスターを夢見るロキシーは、愛人を射殺して刑務所に送られるが、そのスキャンダルを利用してスターになろうとする。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇、刑務所

    ネット上の声

    主役3人が立派
    そりゃないよ^^:
    いろんな意味で、お金の臭いがしすぎる映画でした
    最高にセクシーなミュージカル
    製作年:2002
    製作国:アメリカ
    監督:ロブ・マーシャル
    主演:レニー・ゼルウィガー
    30
  31. 山椒大夫

    山椒大夫
    評価:B3.75
    森鴎外の原作(大正五年一月“中央公論”発表)を「唐人お吉」の依田義賢、「鯉名の銀平(1954)」の八尋不二が再解釈を加えて脚色、「祇園囃子」の溝口健二が監督にあたった。撮影宮川一夫、音楽早坂文雄と溝口作品のレギュラー・スタッフの他、建築考証に日本古建築専攻の藤原義一、衣裳考証に「西鶴一代女」その他に協力した上野芳生が加わっている。「恋文(1953)」の田中絹代、香川京子、新派の若手花柳喜章、「にごりえ」の三津田健、「にっぽん製」の菅井一郎、「心臓破りの丘」の清水将夫、「男の血祭」の進藤英太郎などが出演。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    映画史に残る傑作
    ちょいと期待はずれ
    映画史上屈指の名カット!
    おおー、やっと登場したぞ!
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:田中絹代
    31
  32. ラ・マンチャの男

    ラ・マンチャの男
    評価:B3.70
    一九六五年十一月、ブロードウェイで初演以来、ニューヨーク演劇批評家賞を始めさまざまな賞を獲得し、ブロードウェイ、オブ・ブロードウェイで五年間のロングランを続けた『ラ・マンチャの男』の映画化。製作総指揮はアルベルト・グリマルディ、製作・監督は「ホスピタル」のアーサー・ヒラー、脚本はデイル・ワッサーマン、撮影はジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽はミッチ・リイ、作詞はジョー・ダリオン、ミュージカル監督はローレンス・ローゼンタール、衣裳はビットリオ・ガイタ、美術はルチアーノ・ダミアニ、振付はギリアン・リン、編集はフォーマー・ブラングステッドが各々担当。出演はピーター・オトゥール、ソフィア・ローレン、ジェー…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇、刑務所

    ネット上の声

    ミュージカルにしなくても普通にヒューマンドラマでいいんじゃ
    「見果てぬ夢」の翻訳が見事
    獄中の独特な圧迫感
    ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ
    製作年:1972
    製作国:イタリア
    監督:アーサー・ヒラー
    主演:ピーター・オトゥール
    32
  33. ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮

    ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
    評価:B3.70
    18世紀後半のデンマーク。ドイツ人医師のストルーエンセ(マッツ・ミケルセン)は、精神的な病を患っている国王クリスチャン7世(ミケル・ボー・フォルスガール)の侍医となる。国王の信頼を得たストルーエンセは、一方で王妃カロリーネ(アリシア・ヴィキャンデル)と惹(ひ)かれ合うように。しかし事実上の摂政として手腕を振るうようになったストルーエンセを、保守派貴族たちは快く思わず……。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    おそろしい欲望
    マッツ・ミケルセンに魅せられる。
    製作年:2012
    製作国:デンマーク
    監督:ニコライ・アーセル
    主演:マッツ・ミケルセン
    33
  34. マイ・フェア・レディ

    マイ・フェア・レディ
    評価:B3.70
    ロンドンの花売り娘が一流の淑女に変貌していく姿をオードリー・ヘプバーン主演で描き、1964年のアカデミー賞主要8部門を独占した名作ミュージカル。アイルランドの劇作家ジョージ・バーナード・ショウの戯曲「ピグマリオン」をもとにした同名ブロードウェイミュージカルを、「フィラデルフィア物語」のジョージ・キューカー監督が映画化した。ロンドンで花を売り歩いていた女性イライザは、言語学の教授ヒギンズから下品な言葉遣いを直せば一流のレディになれると言われ、教授から言葉や礼儀作法のレッスンを受けることに。猛勉強の末に美しいレディへと成長したイライザは華々しい社交界デビューを飾るが、実は教授が彼女をめぐって友人…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    元祖英会話。
    くたばれ!ヒギンズ
    「プリティー・ウーマン」の原型
    古いなんていっちゃだめ!不朽の名作ここに!
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・キューカー
    主演:オードリー・ヘプバーン
    34
  35. ラウンド・ミッドナイト

    ラウンド・ミッドナイト
    評価:B3.69
    1940年代、50年代の代表的ジャズプレイヤーと、彼を神のように尊敬する若者の交流を描く。製作はアーウィン・ウィンクラー、監督は「田舎の日曜日」のベルトラン・タヴェルニエ、脚本はタヴェルニエとデイヴィッド・レイフィール、撮影はブルーノ・ディ・カイゼル、音楽はハービー・ハンコック、編集はアルマン・ペスニー、衣裳はジャクリーヌ・モローが担当。出演はデクスター・ゴードン、フランソワ・クルゼなど。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    破滅型音楽家の最後の交流
    ジャズが苦手な人もこの映画は感動する
    ジャズってのは、俺の生き方そのものなのさ…
    静かに流れる時間を感じながら見て頂きたい映画
    製作年:1986
    製作国:アメリカ
    監督:ベルトラン・タヴェルニエ
    主演:デクスター・ゴードン
    35
  36. 屋根の上のバイオリン弾き

    屋根の上のバイオリン弾き
    評価:B3.69
    ブロードウェイの公演でロングラン記録を樹立したミュージカルの映画化。政情不安の嵐の中でも、娘たちは恋をし、各自が新しい人生に踏み出す。家長は貧しくも誇り高く、妻を愛し、娘たちを愛し、家を守る。製作・監督は「夜の大捜査線」のノーマン・ジュイソン、イーディッシュ文字の巨匠ショラム・アレイハムのベスト・セラー小説をジョセフ・スタインが脚色、撮影は「オリバー!」のオズワルド・モリス、美術はマイケル・ストリンジャー、音楽監督はジョン・ウィリアムズ、作曲はジェリー・ボック、作詞はシェルドン・ハーニック、管弦楽編曲はアレグザンダーコウレージ、音楽編集はリチャード・カラス、バイオリン演奏はアイザック・スター…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    なんでもかんでも歌にしてしまうのは・・・
    これ程の名画にレビューがないとは・・
    音楽も話の内容もいいです。ユダヤ人への迫害と家族愛の物語。
    これはおもしろかった!
    製作年:1971
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・ジュイソン
    主演:トポル
    36
  37. 鳩の翼

    鳩の翼
    評価:B3.69
    今世紀初頭のロンドンとヴェネツィアを舞台に、新時代の波に揺れる恋人たちの愛憎劇を描いた文芸ロマン。ヘンリー・ジェームズ(1843~1916)の同名小説(邦訳・講談社文芸文庫)の映画化。監督は「バック・ビート」『サイバーネット』(V)のイアン・ソフトリー。脚本は「日蔭のふたり」のホセイン・アミニ。製作は「十二夜」のデイヴィッド・ハーフィットとステイーヴン・エヴァンズ。製作総指揮は「ナイトウォッチ」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟とポール・フェルドシャー。撮影はパトリス・ルコント監督作品で知られるエドゥアルド・セラ。音楽は「勝手に逃げろ、人生。」のガブリエル・ヤレド。美術は『サイバーネット…

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    無垢ということ
    一人、ゴンドラを降りた彼は…….、
    生き続ける面影は
    製作年:1997
    製作国:イギリス
    監督:イアン・ソフトリー
    主演:ヘレナ・ボナム=カーター
    37
  38. 王様と私

    王様と私
    評価:B3.68
    「回転木馬」に次ぐロジャース=ハマーステインのミュージカルでシネマスコープ55の第2回作品。製作は「あの日あのとき」のチャールズ・ブラケット。マーガレット・ランドンのベスト・セラー伝記“アンナとシャム王”を「重役室」のアーネスト・リーマンが脚色、監督は「ショウほど素敵な商売はない」のウォルター・ラング。戦後公開の「アンナとシャム王」は同一テーマによる劇映画である。主演は「誇りと冒涜」のデボラ・カー、舞台で同役を演じたユル・ブリンナー。他に「スカートをはいた中尉さん」のリタ・モレノ、ロンドン生まれの舞台俳優マーティン・ベンソン、「愛情物語」の子役レックス・トンプソンなど。音楽監修と指揮はアルフ…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    ミュージカルはいいね
    細かい点には目をつぶって見よう
    宮殿や衣装のみ見ごたえアリ
    ユル・ブリンナーさんの瞳・・
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ウォルター・ラング
    主演:ユル・ブリンナー
    38
  39. カラーパープル

    カラーパープル
    評価:B3.67
    奴隷のような生活を強いられた薄幸の黒人女性が、1人の人間として目ざめていく姿を描く。製作・監督は始めてシリアスな題材に取り組んだスティーヴン・スピルハーグ、製作はほかにキャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル、そして音楽も担当しているクインシー・ジョーンズ。エグゼクティヴ、プロデューサーはジョン・ピータースとピーター・グーバー、原作(集英社刊)はアリス・ウォーカー、脚本はメノ・メイエス、撮影はアレン・ダヴューが担当。出演はダニー・グローヴァーなど。アンブリン・エンターテインメント提供、クインシー・ジョーンズ製作協力作品。

    ヒューマンドラマ、恋愛、文芸・史劇

    ネット上の声

    黒人映画とは……?
    なかなかいい
    ハリウッド版大河ドラマ?
    ウーピー・ゴールドバーグ好演!
    製作年:1985
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:ウーピー・ゴールドバーグ
    39
  40. 武蔵野夫人

    武蔵野夫人
    評価:B3.66
    当時ベストセラーとなった大岡昇平の同名小説の映画化。復員した青年・勉を引き取ることになった宮地家の妻・道子は、やがて勉を一人の男として意識し始める。勉の兄嫁の富子や嫉妬深い道子の夫などが入り乱れて、愛憎の人間模様が展開する……。複雑な心理描写を溝口の独特の演出力で撮り上げた名編。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    う〜む、今ひとつだなあ
    世界から失われてしまったもの
    時代を感じる
    製作年:1951
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:田中絹代
    40
  41. 風と共に去りぬ

    風と共に去りぬ
    評価:B3.66
    南北戦争勃発寸前のアメリカ。南部の大富豪の娘にして、絶世の美女スカーレット・オハラは、名家の御曹司アシュレー(レスリー・ハワード)に思いを寄せていた。しかし、彼が別の女性と結婚するといううわさを聞いてしまい、嫉妬からとんでもない行動を取ってしまう。

    ヒューマンドラマ、恋愛、文芸・史劇

    ネット上の声

    明日がある
    凄いと唸らせる作品ではある☆3つ半
    何でも持っているのに・・・
    ゲーブルの色っぽさに参りました。
    製作年:1939
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィクター・フレミング
    主演:ヴィヴィアン・リー
    41
  42. こころ

    こころ
    評価:B3.65
    夏目漱石の原作を「女給」の猪俣勝人と長谷部慶次が共同脚色し「青春怪談(1955 市川崑)」の市川崑が監督、「狼」の伊藤武夫が撮影を担当した。主なる出演者は「楊貴妃」の森雅之、「月夜の傘」の新珠三千代、「青空の仲間」の三橋達也、「志津野一平 地獄の接吻」の安井昌二、「うちのおばあちゃん」の田村秋子など。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:森雅之
    42
  43. 大いなる遺産

    大いなる遺産
    評価:B3.65
    画家として成功を収めた青年の恋と成長と、彼の人生を変えた3人の男女との交流を描いたドラマ。文豪チャールズ・ディケンズによる同名作の、デイヴィッド・リーン監督版(46)に次ぐ二度目の映画化。監督は前作「リトル・プリンセス」では『小公女』の映画化を果たしたアルフォンソ・ケアロン。脚本はミッチ・グレイザー。製作は「ザ・ワイルド」のアート・リンソン。製作総指揮はデボラ・リー。撮影のエマニュエル・ルベスキ、音楽のパトリック・ドイル、編集のスティーヴン・ワイズバーグは「リトル・プリンセス」に続く参加。美術は「リチャード三世」(96)のトニー・バロー。衣裳はジュディアンナ・マコフスキー。主人公が描く絵画は…

    ヒューマンドラマ、恋愛、文芸・史劇

    ネット上の声

    ディケンズの作品は日本人には理解し難い?
    遺産は彼女。そしてはばたくチャンス。
    貴婦人の男への復讐劇だったのか?それとも・・・
    ☆☆☆☆☆
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:アルフォンソ・キュアロン
    主演:イーサン・ホーク
    43
  44. 宮廷画家ゴヤは見た

    宮廷画家ゴヤは見た
    評価:B3.65
    18世紀末スペイン、ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任命される一方、権力や社会を批判する絵画も描いていた。ある日、彼のミューズであるイネス(ナタリー・ポートマン)が、ロレンソ神父(ハビエル・バルデム)が指揮する異端審問所にとらわれてしまう。そして彼女を救おうとしたゴヤが見たものとは……。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    ナタリー!!!
    時代に翻弄される人々
    暗くて、散漫で、つまらない駄作。
    M・フォアマン監督。
    製作年:2006
    製作国:アメリカ/スペイン
    監督:ミロス・フォアマン
    主演:ハビエル・バルデム
    44
  45. 私は王である!

    私は王である!
    評価:B3.64
    1418年の李氏朝鮮。国王の長男・譲寧が問題児だったため、国王の太宗が王位継承者に任命したのは三男の忠寧(チュ・ジフン)だった。読書ばかりして、何をするにも他者の協力を必要とする頼りない王子の忠寧は、国王になりたくないと反発し、宮殿から逃げ出してしまう。偶然出会った忠寧そっくりの男ドクチル(チュ・ジフン)と服を取り替え、街の中へ。一方、ドクチルは宮殿に連れていかれ……。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    コジキ王子と同じ物語
    大王も面目躍如。
    製作年:2011
    製作国:韓国
    監督:チャン・ギュソン
    主演:チュ・ジフン
    45
  46. エル・シド

    エル・シド
    評価:B3.63
    11世紀スペインの救国の闘将エル・シドの生涯を描いた70ミリ映画で、「キング・オブ・キングス(1961)」のサミュエル・ブロンストンが製作。監督は「シマロン(1960)」のアンソニー・マン。脚本は「地上最大のショウ」のフレドリック・M・フランクと「キング・オブ・キングス(1961)」のフィリップ・ヨーダン。撮影は「びっくり大将」のロバート・クラスカーが、音楽は「ベン・ハー(1959)」のミクロス・ローザがそれぞれ担当。出演は、「ベン・ハー(1959)」のチャールトン・ヘストン、「ふたりの女」のソフィア・ローレン、ラフ・ヴァローネ、ジュヌヴィエーヴ・パージュ、ジョン・フレイザーなど。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    超大作にふさわしい感動の作品です。
    コスチュームもの
    最高剣士の生き様
    ドラクエみたいです。
    製作年:1961
    製作国:アメリカ
    監督:アンソニー・マン
    主演:チャールトン・ヘストン
    46
  47. スイート・チャリティ

    スイート・チャリティ
    評価:B3.63
    「おかしな二人」のニール・サイモンの舞台ミュージカル(原案はフェデリコ・フェリーニ、テュリオ・ピネリー、エニオ・フライアーの脚本、フェデリコ・フェリーニ監督による「カビリアの夜」)を「シャレード」のピーター・ストーンが脚色、監督・振り付けは、舞台にひき続きボブ・フォッシー(映画第1作)が担当している。タイムズ・スクェア、近代美術館をはじめニューヨーク・ロケをふんだんにとり入れた撮影は「卒業」のロバート・サーティース、ドロシー・フィールズ=サイ・コールマンの作詞・作曲による13曲のナンバー(序曲、フィナーレを含む)が入っている。映画化にあたっての音楽監督・指揮はジョセフ・ガーシェンソン。美術監…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    フェリーニ
    古さを感じさせないミュージカル☆2つ半
    カリビアの夜
    ダンスナンバーはすごいけど
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:ボブ・フォッシー
    主演:シャーリー・マクレーン
    47
  48. サタデー・ナイト・フィーバー

    サタデー・ナイト・フィーバー
    評価:B3.62
    70年代を背景にしながら、大人に脱皮してゆく若者たちの姿を描く。76年に発表された“Tribal Rites of the New Saturday Night”(新しい土曜の夜の部族儀式)というニック・コーンの原作(二見書房刊)の映画化で、製作はロバート・スティグウッド、監督はジョン・バダム、脚色は「セルピコ」のノーマン・ウエクスラー、撮影はラルフ・ボード、編集はデビッド・ローリンズ、音楽はビー・ジーズ(バリー、ロビン、モーリス)、製作デザインはチャールズ・ベイリー、ダンス振付はレスター・ウィルソン、追加音楽・編曲はデビッド・シャイアが各々担当。出演はジョン・トラヴォルタ、カレン・ゴーニー…

    ヒューマンドラマ、青春、ミュージカル、文芸・史劇、ダンサー

    ネット上の声

    らいよんちゃんねる?
    トラボルタ ファンは見なくてはいけない
    70年代後半最高の映画。
    若き日のジョン・トラボルタがいい。
    製作年:1977
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・バダム
    主演:ジョン・トラヴォルタ
    48
  49. 愛の渇き

    愛の渇き
    評価:B3.62
    三島由紀夫の同名小説を藤田繁夫と「夜明けのうた」の蔵原惟繕が共同で脚色、蔵原惟繕が監督した女性ドラマ。撮影もコンビの間宮義雄。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:蔵原惟繕
    主演:浅丘ルリ子
    49
  50. マイケル・コリンズ

    マイケル・コリンズ
    評価:B3.62
    アイルランド独立運動の英雄マイケル・コリンズ(1890~1922)の半生を描いた歴史ドラマ。監督・脚本は自身もアイルランド出身である、「クライング・ゲーム」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のニール・ジョーダン。製作のスティーヴン・ウーリー、共同製作のレドモンド・モリス、音楽のエリオット・ゴールデンサル(「ヒート」)、衣裳のサンディ・パウエル(「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」)は、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」に続きジョーダンと組んだ。撮影はジョーダンとは『殺人天使』(V、82)以来となる「セカンド・ベスト 父を探す旅」のクリス・メンゲス、美術は「嵐の中で輝いて」のアンソニー・プ…

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    マイケル・コリンズ <自己満足度 3/5>
    ”男の生き様”
    いい作品です。
    一つの勝利は、新たな戦いの始まりと気づかされる。
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:ニール・ジョーダン
    主演:リーアム・ニーソン
    50

スポンサードリンク