映画「イヴの総て」のランキング情報

総合評価A
4.08
評価数:232
全映画の平均
(評価:2.58、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数---人
YAHOO 4.21評価数160人
ぽすれん3.60評価数11人
DMM 0.00評価数---人
楽天 0.00評価数---人
ぴあ 3.95評価数58人
映画.com4.10評価数3人
イヴの総て
1950年度アカデミー賞において、作品賞以下6つのオスカーを獲得した作品で、20世紀フォックスの総帥ダリル・F・ザナックが製作にあたっている。「他人の家」のジョセフ・L・マンキーウィッツが脚色及び監督を行い、彼は「三人の妻への手紙」に続いて2年連続のオスカア脚色賞、監督賞を得た。撮影は「他人の家」のミルトン・クラスナー、音楽は「廃虚の群盗」のアルフレッド・ニューマンである。以下のスタッフでは、衣裳監督のチャールズ・ル・メヤと、ベティ・デイヴィスの衣裳デザインのイーディス・ヘッド、録音のW・D・フリックとロジャ・ヒイマンがオスカーを得ている。出演者は「月光の女」のベティ・デイヴィス、「廃墟の群盗」のアン・バクスター、「星は輝く」のセレステ・ホルム、「天国の怒り」のジョージ・サンダース(オスカー助演男優賞)、「頭上の敵機」のゲイリー・メリル、「星は輝く」のヒュー・マーロウらブロードウェイ出身俳優を中心に、「三人の妻への手紙」のセルマ・リッター、監督兼俳優のグレゴリイ・ラトフ、「一ダースなら安くなる」のバーバラ・ベイツ、マリリン・モンローらが共演する。ブロードウェイ劇界の内幕をついたハイ・ブラウ喜劇で、オスカア以外にも各国各種の映画賞を獲得した50年度の代表的アメリカ映画。

ヒューマンドラマ


「イヴの総て」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第384位(11043件中)
1950年
第5位(335件中)
洋画
第639位(31731件中)
アメリカ
第368位(20098件中)
1950年代
第173位(12809件中)
第23回アカデミー賞(1951年開催)
第1位(13件中)
第8回ゴールデン・グローブ(1950年開催)
第1位(9件中)
第16回ニューヨーク映画批評家協会賞(1950年開催)
第1位(2件中)
ジョセフ・L・マンキウィッツ監督が制作
第1位(20件中)
ジョージ・サンダースが出演
第1位(36件中)
アン・バクスターが出演
第2位(23件中)
ベティ・デイヴィスが出演
第1位(51件中)
ゲイリー・メリルが出演
第1位(9件中)

スポンサードリンク