映画「存在の耐えられない軽さ」のランキング情報

総合評価B
3.65
評価数:301
全映画の平均
(評価:2.58、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数人
YAHOO 3.82評価数179人
ぽすれん3.30評価数19人
DMM 3.86評価数7人
楽天 3.32評価数44人
ぴあ 3.75評価数52人
映画.com0.00評価数---人
存在の耐えられない軽さ
 「ライトスタッフ」で一躍有名になったP・カウフマンが68年のチェコ動乱、いわゆる“プラハの春”を題材にして描いた超大作。若者の間に芽生えた民主化要求の波がソ連軍の軍事介入で圧殺されていく中、プレイボーイの医師と二人の女の青春が鮮烈に描かれる。

ヒューマンドラマ


「存在の耐えられない軽さ」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第3750位(26368件中)
1988年
第79位(695件中)
洋画
第2657位(32754件中)
アメリカ
第1590位(20680件中)
1980年代
第525位(4846件中)
フィリップ・カウフマン監督が制作
第2位(9件中)
レナ・オリンが出演
第3位(21件中)
ジュリエット・ビノシュが出演
第5位(39件中)
デレク・デ・リントが出演
第3位(6件中)
ダニエル・デイ=ルイスが出演
第5位(15件中)

スポンサードリンク