全39作品。ジュリエット・ビノシュが出演した映画ランキング

  1. おやすみなさいを言いたくて

    おやすみなさいを言いたくて
    評価:A3.79
    モントリオール世界映画祭(2013年・審査員特別グランプリ)世界各地を飛び回る女性報道写真家のひたむきな生きざまを描き、2013年モントリオール世界映画祭審査員特別賞など数々の賞を受賞した人間ドラマ。監督は、報道カメラマン出身で『卵の番人』の撮影を務めたエリック・ポッペ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    身近の人多くの犠牲によって少し救済できる
    争いの日々にお休みなさいを言おう
    生きる上での価値観を問われる作品
    妻として母としては最低
    製作年:2013
    製作国:ノルウェー,アイルランド,スウェーデン
    監督:エリック・ポッペ
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    1
  2. ポンヌフの恋人

    ポンヌフの恋人
    評価:B3.75
    レオス・カラックス監督による『ボーイ・ミーツ・ガール』『汚れた血』に続く青春3部作最終章のニュープリント版、HDリマスター版。孤独な青年と深い絶望の闇に生きる女性の運命の出会いを描く。

    ヒューマンドラマ、恋愛、クリスマス、ホームレス

    ネット上の声

    すみません。先に謝っておきます...。
    大人になるための常識
    今を生きる。
    1つのシーンのために何度も観れる
    製作年:1991
    製作国:フランス
    監督:レオス・カラックス
    主演:ドニ・ラヴァン
    2
  3. 汚れた血

    汚れた血
    評価:B3.70


    ヒューマンドラマ
    製作年:1986
    製作国:フランス
    監督:レオス・カラックス
    主演:ドニ・ラヴァン
    3
  4. ショコラ

    ショコラ
    評価:B3.70
    冬のある日、フランスの小さな村に謎めいた女性ビアンヌが娘を連れて越してきた。母娘は村人が見たこともないような美味しそうなチョコレートであふれた店を開く。客の好みにピタリと合わせて勧められるチョコレートは人々を虜にし、村人はカトリックの断食期間にも教義に反しチョコレートを食べていた。村の指導者レノ伯爵はその事実に愕然となり、ビアンヌを村から追放しようとする。そんな時、ジプシーの青年ルーの船が村にやってきた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    出てくるチョコが美味しそう。中毒になりハマっていく様子は麻薬のよう...
    ジョニー(ルー)がただただかっこいい。 色気がやばいです。 内容は...
    チョコレートがとってもおいしそうで、不思議な世界感。
    主役が聡明で魅力的 ジョニデがあんなチョイ役とは!
    製作年:2000
    製作国:アメリカ
    監督:ラッセ・ハルストレム
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    4
  5. 存在の耐えられない軽さ

    存在の耐えられない軽さ
    評価:B3.65
     「ライトスタッフ」で一躍有名になったP・カウフマンが68年のチェコ動乱、いわゆる“プラハの春”を題材にして描いた超大作。若者の間に芽生えた民主化要求の波がソ連軍の軍事介入で圧殺されていく中、プレイボーイの医師と二人の女の青春が鮮烈に描かれる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    当時は面白いと思ったんだけどなぁ
    イメージほどは難しくないですよ。
    40歳を過ぎてから観る映画
    昔の彼を思い出した(汗)
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:フィリップ・カウフマン
    主演:ダニエル・デイ=ルイス
    5
  6. コード:アンノウン

    コード:アンノウン
    評価:B3.62
    パリに住む女優とカメラマンの恋人、そして彼の家族。物乞いをする女と、故郷の家族、黒人教師…。彼らを巡る5つのエピソードが不完全な状態で終わっていく一種の群像劇。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ぼんやりとしかわからんのだ!
    未知、不安、警戒、緊張
    解釈は人それぞれ。
    コードによる自衛
    製作年:2000
    製作国:フランス/ドイツ/ルーマニア
    監督:ミヒャエル・ハネケ
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    6
  7. ホウ・シャオシェンの レッド・バルーン

    ホウ・シャオシェンの レッド・バルーン
    評価:B3.61
    1956年に公開されたアルベール・ラモリス監督の名作『赤い風船』にオマージュをささげた、ホウ・シャオシェン監督による詩情あふれる人間ドラマ。仕事に家族のこと、日常の悩みに心がささくれ立つ人形劇師が、息子の子守りをする留学生との交流によってゆるやかに変化していく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    カメラ技巧の贅をつくす小品
    すばらしかったー
    アルヘ゛ールへのオマーシ゛ュ
    子供たちを見守る赤い風船
    製作年:2007
    製作国:フランス
    監督:ホウ・シャオシェン
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    7
  8. イングリッシュ・ペイシェント

    イングリッシュ・ペイシェント
    評価:C3.57
    アカデミー賞(1997年・9部門) 第二次世界大戦下の、北アフリカを舞台にした作品。撃墜されたイギリスの飛行機から、全身に火傷を負った男が助け出された。

    ヒューマンドラマ、恋愛、アフリカ舞台、不倫

    ネット上の声

    アカデミー賞作品って難しいんだよな
    質感の高い演出と映像でおくる
    貴方と地図の無い世界へ、、、
    国境のない海があったのなら
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:アンソニー・ミンゲラ
    主演:レイフ・ファインズ
    8
  9. トリコロール/青の愛

    トリコロール/青の愛
    評価:C3.51
    ヴェネチア国際映画祭(1993年・金獅子賞)ポーランドの巨匠クシシュトフ・キエシロフスキー監督による、青、白、赤のフランス国旗をモチーフにした三部作「トリコロール」の第1作。自動車事故で最愛の夫と娘を失ったジュリーは、すべてを引き払いパリでの生活を始める。静かな日々を過ごすジュリーは、音楽家であった亡き夫に愛人がいたことを知る。ジュリーを演じるのは、「イングリッシュ・ペイシェント」「ショコラ」のジュリエット・ビノシュ。

    ヒューマンドラマ、恋愛、孤独

    ネット上の声

    巨匠が残した芸術品。第一幕の幕開け。
    過去をどう背負って生きるか
    おおっ。映像が美しい☆3.5
    自由を選ぶことの意味
    製作年:1993
    製作国:フランス/ポーランド/スイス
    監督:クシシュトフ・キエシロフスキー
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    9
  10. 40オトコの恋愛事情

    40オトコの恋愛事情
    評価:C3.46
    妻に先立たれたシングルファザーに訪れた恋の行方を、「40歳の童貞男」のスティーブ・カレル&「イングリッシュ・ペイシェント」のジュリエット・ビノシュ共演で描いたロマンティックコメディ。コラムニストのダンは数年前に妻を亡くして以来、思春期の3姉妹を男手ひとつで育てている。毎年恒例になっている親戚の集まりに参加するため、娘たちを連れて実家を訪れたダンは、近所の書店でマリーという女性と出会い、恋に落ちる。ところが、実はマリーはダンの弟の恋人だった。「エイプリルの七面鳥」のピーター・ヘッジズ監督がメガホンをとった。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    オトコならどこか共感できる、、、、はず!
    人に注意して、実は自分も出来てない・・笑
    これはいい!!
    スティーブ・カレルのベスト(個人的)
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・ヘッジズ
    主演:スティーヴ・カレル
    10
  11. こわれゆく世界の中で

    こわれゆく世界の中で
    評価:C3.39
    治安の悪いロンドンのキングス・クロスで、都市の再開発計画を進める建築家ウィル(ジュード・ロウ)。美しい恋人リヴ(ロビン・ライト・ペン)と彼女の娘ビー(ポピー・ロジャース)とともに暮らす彼は、オフィスの窃盗事件をきっかけに出会ったボスニアの未亡人アミラ(ジュリエット・ビノシュ)に心引かれ始める。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    丁寧な造りであるが要(かなめ)が今一つ
    ミンゲラ監督×ジュード=3度目で失敗???
    J・ロウのファンには魅力満載だが
    人の愛と感情の複雑さ・・・
    製作年:2006
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:アンソニー・ミンゲラ
    主演:ジュード・ロウ
    11
  12. PARIS(パリ)

    PARIS(パリ)
    評価:C3.38
    心臓病で余命いくばくもなく、助かるには心臓移植しか手はない元ダンサーのピエール(ロマン・デュリス)。静かに療養生活を送っているピエールを案じた姉エリーズ(ジュリエット・ビノシュ)は、彼と同居を始めることに。そんな状況の中、ピエールは周りの人々の喜びや悲しみに満ちた日常に目を向けるようになる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「世界はどこに?」「いたるところに!」
    開業20周年を記念する第一弾作品★彡
    パリだろうがどこだろうが人生は人生
    パリに暮らすって、こんな感じ?
    製作年:2008
    製作国:フランス
    監督:セドリック・クラピッシュ
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    12
  13. 嵐が丘

    嵐が丘
    評価:C3.32
    父アーンショーに拾われ、連れて来られたジプシーの子ヒースクリフは、ヒンドリー、キャシー兄弟ともに育てられる。特にキャシーとは兄妹以上に仲が良く、一緒にヒースの荒野を駆け回っていた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    復讐の果てに残るもの、それは『無』
    「ヨークシャーの荒涼とした自然」
    ::: 嵐が丘めぐり 上質な挿絵 :::
    映像化では一番好き
    製作年:1992
    製作国:イギリス
    監督:ピーター・コズミンスキー
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    13
  14. 夏時間の庭

    夏時間の庭
    評価:C3.32
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(2009年・外国語映画賞)誕生日を祝ったばかりの母親(エディット・スコブ)が亡くなり、3人の兄妹(ジュリエット・ビノシュ、シャルル・ベルリング、ジェレミー・レニエ)たちは母が遺してくれた美しい邸宅と美術コレクションを処分することにした。遺品の相続処理が進む中、3人の心はそれぞれの思いで揺れ動く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    静かに流れる時。変わるものと変わらぬもの
    しみじみと身につまされるが・・・
    美術品と、愛着のある物の違い
    こりゃまた、異色の映画だね…
    製作年:2008
    製作国:フランス
    監督:オリヴィエ・アサイヤス
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    14
  15. 年下のひと

    年下のひと
    評価:C3.29
     奔放で恋多き女性作家ジョルジュ・サンドと詩人ミュッセとの愛の葛藤を描いたドラマ。1830年代のパリ。

    恋愛

    ネット上の声

    ぐったりと・・・それも愛
    観てよかったです!!
    2つのジェラシー
    The Last Romantic
    製作年:1999
    製作国:フランス
    監督:ディアーヌ・キュリス
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    15
  16. シェフと素顔と、おいしい時間

    シェフと素顔と、おいしい時間
    評価:C3.23
    突然のストでメキシコ行きの飛行機が飛ばないことを知り愕然とするローズ。彼女は、暴力的でしつこい恋人セルジオから一刻も早く逃げようとしていた。一方フェリックスは、別れた恋人に会うためアメリカからミュンヘンへ向かう途中、悪天候でこの空港に足止めを喰らっていた。ローズはあやまって携帯をトイレに落としてしまう。急ぐ彼女は携帯を持っていたフェリックスを見つけるとそれを借りようと声を掛けるのだが…。

    恋愛

    ネット上の声

    フランス料理をワンディッシュプレート盛り
    J・レノとJ・ビノシュの掛け合い漫才
    舞台が代わり映えなし
    仏映画もいいですね。
    製作年:2002
    製作国:フランス
    監督:ダニエル・トンプソン
    主演:ジャン・レノ
    16
  17. 溺れゆく女

    溺れゆく女
    評価:D3.20
     私生児として生まれたマルタンは、10歳のとき父のもとで暮らすようになった。20歳になったマルタンは父の死とともに、狂ったように家を飛び出した。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    邦題おかしいだろう、内容と全く違うよ
    「精神的」に自立した女性を描く作品
    ほのかな幸せの光。
    母性愛
    製作年:1998
    製作国:フランス
    監督:アンドレ・テシネ
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    17
  18. イン・マイ・カントリー

    イン・マイ・カントリー
    評価:D3.14


    ヒューマンドラマ
    製作年:2004
    製作国:イギリス/アイルランド/南アフリカ
    監督:ジョン・ブアマン
    主演:サミュエル・L・ジャクソン
    18
  19. La Verite(仏題・仮)

    La Verite(仏題・仮)
    評価:D3.13
    製作年:2019
    製作国:日本,フランス
    監督:是枝裕和
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    19
  20. チリ33人 希望の軌跡

    チリ33人 希望の軌跡
    評価:D3.12
    2010年に、チリのサンホセ鉱山で起きた落盤事故と作業員救出を実写化した実録ドラマ。地下およそ700メートルで69日間も閉じ込められた33人の作業員と、彼らを助けようと尽力した人々の姿を追う。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    記憶に新しい実話ネタながらやっぱり泣ける
    1人の犠牲者も出さずに33人全員生還とは…
    事実よりもかなり美化してるでしょうね
    南米の優等国、チリの危機管理
    製作年:2015
    製作国:アメリカ,チリ
    監督:パトリシア・リゲン
    主演:アントニオ・バンデラス
    20
  21. トスカーナの贋作

    トスカーナの贋作
    評価:D3.11
    カンヌ国際映画祭(2010年・女優賞)イタリア、南トスカーナ地方の小さな村で講演を終えたばかりのイギリスの作家(ウィリアム・シメル)が、ギャラリーを経営しているフランス人女性(ジュリエット・ビノシュ)と出会う。芸術に関して議論を交わした彼らは、カフェの女主人に夫婦かと勘違いされたことをきっかけに、あたかも夫婦のコピーであるかのように振る舞い、あるときは仲良く、あるときは言い争いつつ、車で村を巡り始める。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    寝落ちしたが・・・魅力的な作品なのは確か
    男女の関係を新鮮な演出で描くアート系映画
    男女はお互いを分かり合えないコピーなのか
    十人十色のマルチストーリー
    製作年:2010
    製作国:フランス/イタリア
    監督:アッバス・キアロスタミ
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    21
  22. マリー 〜もうひとりのマリア〜

    マリー 〜もうひとりのマリア〜
    評価:D3.09
    ヴェネチア国際映画祭(2005年・審査員特別賞)『ショコラ』のJ・ビノシュとラストキング・オブ・スコットランド』のフォレスト・ウィテカー共演のサスペンスドラマ。キリストとマグダラのマリアにまつわる謎を巡り、さまざまな人々の思いが交錯する。監督は『フューネラル』のアベル・フェラーラ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    この映画に隠されたメッセージがミステリー
    かなり宗教的なお話です
    豪華演技派集結の駄作!
    すごい...
    製作年:2005
    製作国:イタリア/フランス/アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    22
  23. カウチ・イン・ニューヨーク

    カウチ・イン・ニューヨーク
    評価:D3.07
     NYに住む精神分析医ハリスは患者に追われる生活に疲れてパリの新聞に“アパート交換”の広告を出した。同じように男に追われることにうんざりしていたパリジェンヌ(J・ビノシュ)と期限付きで部屋を交換。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ニューヨーク×パリなアケルマン
    素敵な女性!
    強引なストーリー
    製作年:1996
    製作国:フランス/ベルギー/ドイツ
    監督:シャンタル・アケルマン
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    23
  24. 隠された記憶

    隠された記憶
    評価:D3.06
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(2005年・外国語映画賞)ある夫婦の元に送られてきた謎のビデオテープをきっかけに、崩壊していく家族の姿と暴き出される過去の秘密を描いた心理サスペンス。監督は本作でカンヌ映画祭監督賞を受賞した名匠ミヒャエル・ハネケ。

    サスペンス

    ネット上の声

    オチが激しく意味不明な映画を語ってみる?
    罪の意識なき罪、ウォーリー君を探せ。
    ショックは大きいですよ。
    勝手に祝賀会開催・・・☆
    製作年:2005
    製作国:フランス/オーストリア/ドイツ/イタリア
    監督:ミヒャエル・ハネケ
    主演:ダニエル・オートゥイユ
    24
  25. ダメージ

    ダメージ
    評価:D3.04
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1992年・作曲賞)人望も厚く、温かい家族にも囲まれた政治家スティーブンは、ある日息子の恋人アンナと知り会う。二人はお互いに運命的なものを感じとり、関係を持つようになる。禁じられた情事に溺れるスティーブンは、やがてアンナと息子が婚約したことを知る……。豪華キャストで描くスキャンダラスなラブ・サスペンス。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    正直、ハーレー・クインっぽい。
    ちょっと大人の…。
    愛欲大ダメージ
    不倫とは。
    製作年:1992
    製作国:イギリス/フランス
    監督:ルイ・マル
    主演:ジェレミー・アイアンズ
    25
  26. Vision ビジョン

    Vision ビジョン
    評価:D2.89
    『萌の朱雀』『殯(もがり)の森』などの河瀬直美が監督と脚本を手掛けたヒューマンドラマ。フランス人の女性エッセイストと吉野で山守をする男の出会いを描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    皆さんのレビューを読んで。あーなるほど。
    輪廻転生ではない、この映画の観方は・・・
    輪廻転生ではない、この映画の観方は・・・
    自然描写は素晴らしい。
    製作年:2018
    製作国:日本,フランス
    監督:河瀬直美
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    26
  27. 綴り字のシーズン

    綴り字のシーズン
    評価:D2.81
    完璧主義者の父ソール(リチャード・ギア)の元、理想的な家族を築き上げてきたナウマン一家。しかし末娘のイライザ(フローラ・クロス)がスペリング大会で優勝したことから、家族の運命は大きく変わっていく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    僕は道理と無縁の人間だった。ブルーム
    日本人にはわかりにくい映画・・
    何とも “けったいな” 映画 !
    よく探したなあ!!
    製作年:2005
    製作国:アメリカ
    監督:スコット・マクギー
    主演:リチャード・ギア
    27
  28. ハイ・ライフ

    ハイ・ライフ
    評価:E2.35
    『ショコラ』『パリ、18区、夜。』などのクレール・ドゥニ監督によるSFスリラー。

    SF
    製作年:2018
    製作国:ドイツ,フランス,イギリス,ポーランド,アメリカ
    監督:クレール・ドニ
    主演:ロバート・パティンソン
    28
  29. コズモポリス(原題)

    コズモポリス(原題)
    評価:E2.33
    『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソンが、一日にして破滅へ向かう若き大富豪を演じるサスペンス・スリラー。人気作家、ドン・デリーロの小説を基に、『クラッシュ』『ヒストリー・オブ・バイオレンス』などの鬼才、デヴィッド・クローネンバーグ監督が映画化。

    サスペンス

    ネット上の声

    原作未読には意味不明。既読は見る価値無し
    さぁ、会話…しないでほしかった…。
    直腸指診を連日受けるアホ。
    これはいかん
    製作年:2012
    製作国:フランス/カナダ
    監督:デヴィッド・クローネンバーグ
    主演:ロバート・パティンソン
    29
  30. カウントダウン 9.11

    カウントダウン 9.11
    評価:E1.30
    9.11アメリカ同時多発テロの発生から間もなく7年。実はそのテロ計画をアメリカのスパイが事前に察知し、しかもその情報をアラブ金融シンジケートに売り渡そうとしていたとしたら…そんな斬新な仮説をもとに、9月1日から11日までの10日間をスリリングに描くサスペンス・アクション!

    サスペンス

    ネット上の声

    寂しいな(泣)
    製作年:2006
    製作国:イタリア/フランス/ポルトガル
    監督:サンティアゴ・アミゴレーナ
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    30
  31. 撤退

    撤退
    評価:E0.00
    イスラエルの映画作家、アモス・ギタイ監督がパレスチナ問題をイスラエルの内側から描いたドラマ。20年前、イスラエルで出産した娘を手放した過去を持つアナは、父の死を機に娘がガザ地区で暮らしていることを知る。主演はジュリエット・ビノシュ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    約束の土地
    製作年:2007
    製作国:イスラエル/イタリア/フランス/ドイツ
    監督:アモス・ギタイ
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    31
  32. カミーユ・クローデル ある天才彫刻家の悲劇

    カミーユ・クローデル ある天才彫刻家の悲劇
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    キリスト教の押し売り
    ジュリエット・ビノシュが、スッポンポン
    製作年:2013
    製作国:フランス
    監督:ブリュノ・デュモン
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    32
  33. ジュリエット・ビノシュ in ラヴァーズ・ダイアリー

    ジュリエット・ビノシュ in ラヴァーズ・ダイアリー
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:2011
    製作国:フランス,ドイツ,ポーランド
    監督:マウゴシュカ・シュモフスカ
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    33
  34. 家族生活

    家族生活
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1984
    製作国:フランス
    監督:ジャック・ドワイヨン
    主演:サミー・フレイ
    34
  35. サン・ピエールの生命(いのち)

    サン・ピエールの生命(いのち)
    評価:E0.00
     「仕立て屋の恋」のパトリス・ルコントが実話を基に映画化した作品。1849年。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    目で愛を語るダニエル・オートウィユ
    愛するという事。
    製作年:1999
    製作国:フランス
    監督:パトリス・ルコント
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    35
  36. 映画史

    映画史
    評価:E0.00
     「勝手にしやがれ」のジャン=リュック・ゴダール監督が、独自の視点で綴った映画の歴史。『すべての歴史』『ただ一つの歴史』『映画だけが』『命がけの美』『絶対の貨幣』『新たな波』『宇宙のコントロール』『徴は至る所に』という、それぞれ独立した全8部構成。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    で、なにがしたいか分かった?そろそろ・・
    陰謀としての映画史
    製作年:1998
    製作国:フランス
    監督:ジャン=リュック・ゴダール
    主演:ジュリー・デルピー
    36
  37. プロヴァンスの恋

    プロヴァンスの恋
    評価:E0.00
     『木を植えた男』の原作者で知られる、ジャン・ジオノの小説『屋根の上の軽騎兵』の映画化。フランスの美しい田園風景にのせて描く、冒険と騎士のロマン溢れるラブ・ストーリー。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    お妃さまとナイトのプラトニックラブ
    プロヴァンスの恋
    コレラ地獄を駆け抜けるシーンだけでも・・
    プラトニックって、いいですね
    製作年:1995
    製作国:フランス
    監督:ジャン=ポール・ラプノー
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    37
  38. ランデヴー

    ランデヴー
    評価:E0.00
     女優志願の少女ニーナ(ビノシュ)は同棲相手と別れ、新しいアパートを探して訪れた不動産屋で内気な青年ポーロ(スタンザック)と出会う。一目惚れしたポーロの熱心な案内で部屋を回るうち、ニーナも彼に好意を持ち、結局、彼のアパートに転がり込む。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ちょっと不細工すぎ
    製作年:1985
    製作国:フランス
    監督:アンドレ・テシネ
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    38
  39. アクトレス ~女たちの舞台~

    アクトレス ~女たちの舞台~
    評価:E0.00
    『クリーン』などで知られるオリヴィエ・アサイヤス監督が、華やかな世界に生きる女優の光と影を描いた人間ドラマ。自身の出世作の再演でヒロインではなく年配女性の役を依頼された大女優の葛藤を、オスカー女優ジュリエット・ビノシュが体現する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    湖の水は冷たそう!(女優は大変だなあ~)
    今週観たいものないんだよねという人はコレ
    いい女にアンチエイジングなど無用。
    あ~ぁ、女優って厄介な生き物。
    製作年:2014
    製作国:フランス,ドイツ,スイス
    監督:オリヴィエ・アサイヤス
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    39

スポンサードリンク