映画「大自然の凱歌」のランキング情報

総合評価C
3.38
評価数:100
大自然の凱歌
19世紀後半から20世紀初頭のウィスコンシン。木材伐採と製紙工場で財をなすバーニーは、昔愛した女の遺児ロッタを年甲斐も無く愛し始める。だが、ロッタの心はバーニーの息子リチャードに向かい……。ゴールドウィンは黙って原作を改変したホークスを解雇、ウィリアム・ワイラーを後任にしたが、ワイラーが監督したのは最後の30分程度だと言われており、ホークス自身「彼は800フィート撮っただけだ。だから本当に私の映画なんだ」と公言している。

「大自然の凱歌」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第4915位(23873件中)
1936年
第16位(327件中)
洋画
第4747位(34218件中)
アメリカ
第2463位(20988件中)
1950年代
第727位(13068件中)
第9回アカデミー賞(1937年開催)
第2位(8件中)
ウィリアム・ワイラー監督が制作
第9位(38件中)
ウォルター・ブレナンが出演
第6位(55件中)
フランシス・ファーマーが出演
第1位(7件中)
エドワード・アーノルドが出演
第3位(35件中)
ジョエル・マクリーが出演
第6位(42件中)