スポンサーリンクあり

映画「燃ゆる女の肖像」のランキング情報

S
4.63
評価数:28144
燃ゆる女の肖像
製作
2019年 フランス
時間
122分
監督
セリーヌ・シアマ
出演
ノエミ・メルランアデル・エネルルアナ・バイラミ
種類
ヒューマンドラマ
18世紀フランスを舞台に、望まぬ結婚を控える貴族の娘と彼女の肖像を描く女性画家の鮮烈な恋を描き、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィアパルム賞を受賞したラブストーリー。画家のマリアンヌはブルターニュの貴婦人から娘エロイーズの見合いのための肖像画を依頼され、孤島に建つ屋敷を訪れる。エロイーズは結婚を嫌がっているため、マリアンヌは正体を隠して彼女に近づき密かに肖像画を完成させるが、真実を知ったエロイーズから絵の出来栄えを批判されてしまう。描き直すと決めたマリアンヌに、エロイーズは意外にもモデルになると申し出る。キャンパスをはさんで見つめ合い、美しい島をともに散策し、音楽や文学について語り合ううちに、激しい恋に落ちていく2人だったが……。「水の中のつぼみ」のセリーヌ・シアマが監督・脚本を手がけ、エロイーズを「午後8時の訪問者」のアデル・エネル、マリアンヌを「不実な女と官能詩人」のノエミ・メルランが演じた。

「燃ゆる女の肖像」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第110位(29706件中)
2019年
第22位(2137件中)
洋画
第94位(39015件中)
フランス
第8位(4952件中)
2010年代
第81位(18999件中)
Amazon定額
第21位(5073件中)
Amazonレンタル視聴
第53位(16900件中)
U-NEXT定額
第40位(14822件中)
セリーヌ・シアマ監督が制作
第1位(5件中)
アデル・エネルが出演
第1位(10件中)
ノエミー・メルランが出演
第1位(7件中)
ルアナ・バイラミが出演
第1位(3件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。