全24作品。スパイ系の定番「007」シリーズの映画ランキング

  1. 007/カジノ・ロワイヤル

    007/カジノ・ロワイヤル
    評価:A3.96
    英国諜報部に属する敏腕スパイ、ジェームズ・ボンドの活躍を描く人気スパイ・アクションのシリーズ第21弾。原点に戻った今作ではボンドが殺しのライセンスを持つ“007”になる前の物語から始まり、国際テロ組織の壊滅が初任務となるボンドの奔走を活写する。

    アクション、007

    ネット上の声

    シリーズの共通項のある種の様式美が変化
    007映画の感想はまずボンドのイメージが大きく左右する。ダニエルボ...
    007シリーズ初めて見た。仕事以外のジェームズボンドの感情が見れて...
    007シリーズを鑑賞するのは本作で3作品目で、今回もアクションも良...
    製作年:2006
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:マーティン・キャンベル
    主演:ダニエル・クレイグ
    1
  2. 007/リビング・デイライツ

    007/リビング・デイライツ
    評価:A3.89
     4代目ボンドとしてT・ダルトンが登場、精悍なヒーローを演ずる。ソ連高官のコスコフが亡命を希望した。

    アクション、007

    ネット上の声

    本気(マジ)な四代目、危険な賭け
    洗練されたクールなボンド!
    昔のボンドも魅力的ですよ。
    ダニエル・グレイの原型
    製作年:1987
    製作国:イギリス
    監督:ジョン・グレン
    主演:ティモシー・ダルトン
    2
  3. 007/私を愛したスパイ

    007/私を愛したスパイ
    評価:A3.81
    KGBの美女スパイと共に敵地へ乗り込んでいくJ・ボンドの姿を描く「007」シリーズ第10弾。製作はアルバート・R・ブロッコリ、監督は「暁の7人」のルイス・ギルバート、脚本はクリストファー・ウッドとリチャード・メイバウム(ノヴェライゼーション/クリストファー・ウッド著『新わたしを愛したスパイ』早川書房刊)、原作はイアン・フレミングの「わたしを愛したスパイ」(早川書房刊)、撮影はクロード・ルノワール、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが各々担当。主題歌をカーリー・サイモンが唄っている。出演はロジャー・ムーア、バーバラ・バック、クルト・ユルゲンス、リチャード・キール、キャロライン・マンロー、バーナード…

    アクション、007

    ネット上の声

    007今度のボンドガールはクールな美女!
    △ロジャー・ムーア=ボンドの決定打△
    007シリーズで一番好きです
    第10作記念超大作
    製作年:1977
    製作国:イギリス
    監督:ルイス・ギルバート
    主演:ロジャー・ムーア
    3
  4. 007/ユア・アイズ・オンリー

    007/ユア・アイズ・オンリー
    評価:B3.79
     ギリシャ沖で遭難した英監視船には、東西均衡のバランスをも崩しかねないミサイル誘導装置ATACが積載されていた。引き上げの作業にあたっていた海洋考古学者が何者かに殺害されるに至り、ジェームズ・ボンドに出動の命が下った。

    アクション、007

    ネット上の声

    宇宙から陸地へ戻ってアクションの大連発!
    ロジャーのベストに挙げる人が多いですね
    「007」が原点に立ち戻った一作
    今までのボンドに喧嘩を売ってまで
    製作年:1981
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:ジョン・グレン
    主演:ロジャー・ムーア
    4
  5. 007/トゥモロー・ネバー・ダイ

    007/トゥモロー・ネバー・ダイ
    評価:B3.78
     「ゴールデンアイ」に続く、新生ジェームズ・ボンドの第2弾。英戦艦が中国領海近くの海域で攻撃を受けた。

    アクション、007

    ネット上の声

    007/第18作はミシェル・ヨーが登場!
    ボンドカーもラジコン操作可とは時代哉
    【脂が乗ったブロスナン版007】
    久々の正しい正統派の007
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・スポティスウッド
    主演:ピアース・ブロスナン
    5
  6. 007/ゴールデンアイ

    007/ゴールデンアイ
    評価:B3.74
     「007/消されたライセンス」以来、6年のブランクをおいて製作された新生007の第1弾。“ゴールデンアイ”と呼ばれる電磁波攻撃用の衛星システムをめぐって、ヨーロッパから南米へと飛び交うボンドの活躍を描く。

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    007ピアース・ブロスナン登場で人気復活
    ボンドが現代風になって帰ってきた
    △新時代の007映画△
    戦車でカーチェイス
    製作年:1995
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:マーティン・キャンベル
    主演:ピアース・ブロスナン
    6
  7. 007/ワールド・イズ・ノット・イナフ

    007/ワールド・イズ・ノット・イナフ
    評価:B3.72
     娯楽映画の金字塔、007シリーズ第19作。5代目ボンド、ピアース・ブロスナンが石油パイプラインを狙うテロリストと攻防戦を繰り広げる。

    アクション、007

    ネット上の声

    【1つの禁じ手と1つの画期的な内容】
    007/19作目はMGM75周年記念作品
    Q=デスモンドリューウェリンの遺作
    007はタイトルのつけ方にセンスがある
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・アプテッド
    主演:ピアース・ブロスナン
    7
  8. 007 スペクター

    007 スペクター
    評価:B3.70
    アカデミー賞(2016年・歌曲賞)長い間人々をとりこにしてきた大ヒット作『007』シリーズで、ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンドを体当たりで演じたアクション大作。前作同様サム・メンデス監督がメガホンを取り、新たなる敵スペクターとボンドの死闘を描く。

    アクション、007

    ネット上の声

    映画自体の中身より、自分の中にある007シリーズのイメージが大事、という人以外楽しめないと思う。
    ダニエルお疲れ。そしてメンデスへ。
    壮大な流れの中でこの内容では、、、
    まあ、かっこいい
    製作年:2015
    製作国:イギリス,アメリカ
    監督:サム・メンデス
    主演:ダニエル・クレイグ
    8
  9. 007 スカイフォール

    007 スカイフォール
    評価:B3.67
    アカデミー賞(2013年・2部門)007のコードネームを持つイギリスの敏腕諜報(ちょうほう)員、ジェームズ・ボンドの活躍を描くスパイ・アクションのシリーズ第23弾。上司Mとの信頼が揺らぐ事態が発生する中、世界的ネットワークを誇る悪の犯罪組織とボンドが壮絶な戦いを繰り広げる。

    アクション、007

    ネット上の声

    今回は郷愁ある作風で、派手ではありませんでした。 オープニングのア...
    ダニエルボンドはクール過ぎて今回も馴染めず。Qも若造で楽しい新兵器...
    本作は今風でめちゃくちゃ面白くてカッコいい。いや~007シリーズに...
    やっぱ007なのに007じゃないみたい
    製作年:2012
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:サム・メンデス
    主演:ダニエル・クレイグ
    9
  10. 007/消されたライセンス

    007/消されたライセンス
    評価:B3.67
     4代目ジェームズ・ボンド、ダルトンの2作目にして最終作であるシリーズ第16作。ボンドとフェリックス(ヘディソン)が逮捕した麻薬王サンチェス(ダヴィ)は部下の手で脱走、フェリックスに瀕死の重傷を負わせ、彼の新妻を殺した。

    アクション、007

    ネット上の声

    友よ、たとえライセンスを消されても・・・
    007ティモシー・ダルトン2作目で降板!
    まじなボンドもいいじゃない。+【総括】
    惜しい!もう2作くらい見たかった。
    製作年:1989
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:ジョン・グレン
    主演:ティモシー・ダルトン
    10
  11. 007/ロシアより愛をこめて

    007/ロシアより愛をこめて
    評価:B3.65
     英国情報部に、ソ連情報部のタチアナという女性が亡命を希望してきた。彼女は手土産に、最新式の暗号機を持ち出すという。

    アクション、007

    ネット上の声

    ボンド、ベリーダンスににやける
    ときたま007祭り・その2
    ボンド初体験は・・・
    ここからシリーズの基礎ができあがった!
    製作年:1963
    製作国:イギリス
    監督:テレンス・ヤング
    主演:ショーン・コネリー
    11
  12. 007/ムーンレイカー

    007/ムーンレイカー
    評価:C3.55
     イギリスへ輸送中の、アメリカのスペース・シャトル、ムーンレイカーが何者かによって奪われた。事件の調査に乗り出したボンドは、背後に、人類抹殺を計画する組織があることを突き止める……。

    アクション、007

    ネット上の声

    ムーアボンド史上最強悪ノリ作
    ジェームズのユーモア炸裂か
    製作中止製作中止製作中止
    007宇宙を行く
    製作年:1979
    製作国:イギリス
    監督:ルイス・ギルバート
    主演:ロジャー・ムーア
    12
  13. 007/美しき獲物たち

    007/美しき獲物たち
    評価:C3.54
     シリコン・バレー壊滅を図る、天才的な大富豪マックス・ゾリン。たった一つのマイクロ・チップから、ボンドは彼の野望に気付く。

    アクション、007

    ネット上の声

    007第14作の舞台は米シリコン・バレー
    ロジャー・ムーア007有終の美
    007ムーア引退、殺しの景色
    美女と骨董品はお大事に
    製作年:1985
    製作国:イギリス
    監督:ジョン・グレン
    主演:ロジャー・ムーア
    13
  14. 007/オクトパシー

    007/オクトパシー
    評価:C3.49
    米軍基地爆破を企む悪人たちの謀略に挑む英国情報部員ジェームス・ボンド。62年の「ドクター・ノオ」以来、シリーズ化されたボンド活躍譚もこの作品で13本目になる。製作はシリーズ全作品を手掛けているアルバート・R・ブロッコリ。エグゼキュティヴ・プロデユーサーはマイケル・G・ウィルソン。監督は前作「007/ユア・アイズ・オンリー」(81)に引きつづきジョン・グレン。イアン・フレミングの短編小説とオリジナル・キャラクターに基づいて、作家で「三・四銃士」の脚本家であるジョージ・マクドナルド・フレーザーが脚色。その脚本をリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソンが全面的に書き直して映画台本にした。撮…

    アクション、007

    ネット上の声

    シリーズ開始から20年を迎えた13作目
    007/シリーズ13作目は題名で一揉め!
    ロジャーポンド、女性の園オクトパシー
    オクトパシー軍団??がチョッとネ…
    製作年:1983
    製作国:イギリス
    監督:ジョン・グレン
    主演:ロジャー・ムーア
    14
  15. 007/ダイ・アナザー・デイ

    007/ダイ・アナザー・デイ
    評価:C3.48
    ピアース・ブロスナンが4度目で自身最後のジェームズ・ボンド役を務めた「007」シリーズの第20作。北朝鮮で武器の密輸に携わるムーン大佐を暗殺したボンドは、その直後に敵に捕らえられ拷問を受ける。14カ月後、逮捕されたムーン大佐の側近ザオとの捕虜交換によってボンドはようやく解放されるが、Mはボンドが情報を漏洩したと疑い諜報員の資格を剥奪。ボンドは自らにかけられた疑いを晴らすため、ザオを追ってキューバへと向かう。「チョコレート」のオスカー女優ハル・ベリーがボンドガールを務める。

    アクション、007

    ネット上の声

    ボンドガール=ハリー・ベリー。水着を着込んでいるなんて反則。
    007シリーズ第20作は第一級娯楽映画!
    話しの筋なんか追わなくてもいいんです・・
    ”SF映画”じゃないんだから…CG過剰!
    製作年:2002
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:リー・タマホリ
    主演:ピアース・ブロスナン
    15
  16. 007/ゴールドフィンガー

    007/ゴールドフィンガー
    評価:C3.44
    アカデミー賞(1965年・音響編集賞)イアン・フレミングの原作を「007/危機一発」のリチャード・メイバウムとポール・デーンが脚色、「好敵手」のガイ・ハミルトンが監督したアクション推理。撮影は「007」シリーズのテッド・ムーア、音楽はジョン・バリーが担当した。出演はショーン・コネリー、「007/危機一発」のバーナード・リー、「怪人マブゼの挑戦」のゲルト・フレーベ、TVのオナー・ブラックマン、「ライノ!」のシャーリー・イートン、プロレスラーのハロルド坂田ほか。製作は前作同様、ハリー・サルツマンとアルバート・ブロッコリ。

    アクション、007

    ネット上の声

    一人目のボンドガール可愛かったのに・・・
    始まるエンティングテーマ曲と映像好きです
    ボンドのキスに「男のかわいい弱さ」あり
    シルクハット=ブーメランはあまりに有名
    製作年:1964
    製作国:イギリス
    監督:ガイ・ハミルトン
    主演:ショーン・コネリー
    16
  17. 007/死ぬのは奴らだ

    007/死ぬのは奴らだ
    評価:C3.42
    ショーン・コネリーから三代目ロジャー・ムーアにバトン・タッチされて新たに登場したシリーズ八作目。製作はハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリ、監督は「007/ダイヤモンドは永遠に」のガイ・ハミルトン、イアン・フレミングの原作をトム・マンキーウィッツが脚本化。撮影はテッド・ムーア、音楽はジョージ・マーティン、主題歌をポール・マッカートニーとリンダ・マッカートニーが作曲し、“ジェームズ・ボンドのテーマ曲”をモンティー・ノーマンが作曲している。編集はバート・ベイツ、レイモンド・ポールトン、ジョン・シャーリーが各々担当。出演はロジャー・ムーア、ヤフェット・コットー、ジェーン・シーモア、クリフ…

    アクション、007

    ネット上の声

    007ボンドが会った最も美しい女性登場!
    オープニングにボンドが出ない唯一の作品
    007役をロジャー・ムーアが演じた初作品
    シリーズ中でも不人気作ですが秀作です
    製作年:1973
    製作国:イギリス
    監督:ガイ・ハミルトン
    主演:ロジャー・ムーア
    17
  18. 007/慰めの報酬

    007/慰めの報酬
    評価:C3.39
    愛する人を失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を追及するうち、新たな悪の組織の陰謀を知る。それは謎の組織の非情な男、ドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)が南米のある政府の転覆と同地の天然資源を手にして、世界を支配しようとするものだった。

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    タフな“ダブルO”は要りませんか?
    ボンド発前作行方不明的失態続編!
    復讐すら超えたボンドの、「信念」
    ”慰めの報酬”の意味を知る
    製作年:2008
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:マーク・フォースター
    主演:ダニエル・クレイグ
    18
  19. 007/黄金銃を持つ男

    007/黄金銃を持つ男
    評価:C3.32
    タイのプーケット島を舞台に、黄金銃を持つ男スカラマンガとボンドの対決を描いた「007」第9作目。製作はアルバート・R・ブロッコリとハリー・サルツマン、監督はガイ・ハミルトン、原作はイアン・フレミング、脚本はトム・マンキーウィッツとリチャード・メイバウム、撮影はテッド・ムーア、音楽はジョン・バリーが各々担当。出演はロジャー・ムーア、クリストファー・リー、ブリット・エクランド、モード・アダムス、フランソワーズ・ティリー、バーナード・リーなど。

    アクション、007

    ネット上の声

    007モード・アダムスは黄金銃より光った
    R・ムーア2度目ボンド役、シリーズ第9弾
    コメディでしょ、絶対コメディでしょ!
    サスペンスの要素はどこにいったの?
    製作年:1974
    製作国:イギリス
    監督:ガイ・ハミルトン
    主演:ロジャー・ムーア
    19
  20. 007/サンダーボール作戦

    007/サンダーボール作戦
    評価:C3.32
    アカデミー賞(1966年)「007」シリーズ第四作目。イアン・フレミングの「サンダーボール作戦」を前三作と同じリチャード・メイバウムが作家ジョン・ホプキンスとジャック・ウィッテンガムの協力を得て脚色、「007/危機一発」のテレンス・ヤングが監督した。撮影は前作と同じテッド・ムーア、音楽はこれも前作と同じジョン・バリーが担当した。美術監督のケン・アダムが小道具の数々を紹介する。出演はショーン・コネリー、ミス・フランスのクローディーヌ・オージェ、TV『スパイ』のルチアナ・パルッツィ、「モール・フランダースの愛の冒険」のモリー・ピーターズ、「007/危機一発」のマルティーヌ・ベズウィック、「リオの男」のアドルフォ・チェリ、…

    アクション、007

    ネット上の声

    ジェームズ・ボンド全力投球
    トロピカ〜ルなバカンスをお茶の間で
    悪ボスは白猫を膝の上でかわいがる
    スケール感、よりアップの第4弾!
    製作年:1965
    製作国:イギリス
    監督:テレンス・ヤング
    主演:ショーン・コネリー
    20
  21. 007/ドクター・ノオ

    007/ドクター・ノオ
    評価:D3.21
    「007」シリーズの記念すべき第1作。フロリダから発射されたロケットの軌道が、何者かの怪電波によって狂わされる。真相を究明すべくボンドはジャマイカに飛び、そこでノオ博士の秘密要塞に潜入する……。エキゾチックな南洋の島を舞台にコネリー=ボンドが誕生した。1963年初公開時のタイトルは「007は殺しの番号」。

    アクション、007

    ネット上の声

    007は殺しの番号・記念すべき第一作登場
    今も続く007シリーズの記念すべき第1作
    やっぱりショーン・コネリーはダンディ!
    1962年上映、現代にはない映画の味
    製作年:1962
    製作国:イギリス
    監督:テレンス・ヤング
    主演:ショーン・コネリー
    21
  22. 007は二度死ぬ

    007は二度死ぬ
    評価:D3.15
    イアン・フレミングの小説をロアルド・ダールが脚色し、「第7の暁」のルイス・ギルバートが監督した007シリーズ第五作目。撮影は「ドクトル・ジバゴ」のフレデリック・A・ヤング、音楽は「さらばベルリンの灯」のジョン・バリーが担当した。出演は「素晴らしき男」のショーン・コネリー、「寒い国から帰ったスパイ」のバーナード・リー、「ミクロの決死圏」のドナルド・プレゼンスのほかに丹波哲郎、浜美枝、若林映子など。製作はハリー・サルツマンとアルバート・R・ブロッコリ。

    アクション、007

    ネット上の声

    △嗚呼、素晴らしき勘違い日本(笑)△
    ゴジラ映画と勘違い・・・でも楽しい
    ボンド日本訪問SF大爆発暴走映画
    007シリーズを追って・・(5)
    製作年:1967
    製作国:イギリス
    監督:ルイス・ギルバート
    主演:ショーン・コネリー
    22
  23. 007/ダイヤモンドは永遠に

    007/ダイヤモンドは永遠に
    評価:D3.06
    “ジェームズ・ボンド・シリーズ”の第7作。製作はハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリ、監督は「007/ゴールドフィンガー」のガイ・ハミルトン、脚色はトム・マンキーウィッツ、撮影はテッド・ムーア、美術はビル・ケニー、音楽はジョン・バリー、編集はジョン・W・ホームズが各々担当。出演は再びボンド役にカムバックしたショーン・コネリー、ジル・セント・ジョン、ナタリーの妹ラナ・ウッド、チャールズ・グレイ、ブルース・キャボット、カントリー・ウエスタン歌手のジミー・ディーンなど。

    アクション、007

    ネット上の声

    007シリーズ7作目はボンド最大の危機!
    ヤマトより、美しさより、永遠なのはダイヤ
    コネリーは007映画のオシャレ度を上げる
    コネリーが再びJ・ボンドに返り咲いた
    製作年:1971
    製作国:イギリス
    監督:ガイ・ハミルトン
    主演:ショーン・コネリー
    23
  24. 007/カジノ・ロワイヤル

    007/カジノ・ロワイヤル
    評価:D2.95
     秘密組織スメルシュによって各国の諜報部員が次々と抹殺されて行く。英情報部は、007のコードネームを後輩に譲り今では隠居生活を営む元祖ジェームズ・ボンドにスメルシュ打倒を依頼するが……。

    アクション、コメディ、SF、007

    ネット上の声

    007/番外編でバカ騒ぎも豪華スター出演
    あれやこれやのスパイコメディの源流
    007番外編。豪華パロディ映画
    ほんと、音楽は最高です。
    製作年:1967
    製作国:イギリス
    監督:ジョン・ヒューストン
    主演:ピーター・セラーズ
    24

スポンサードリンク