スポンサーリンクあり

全50作品。仲代達矢が出演した映画ランキング

  1. 1

    乱
    • A
    • 4.29
    巨匠・黒澤明が構想10年・製作費26億円をかけて完成させたライフワーク的作品で、シェイクスピアの悲劇「リア王」をベースに毛利元就の「3本の矢」の故事などを取り入れながら、裏切りと憎しみの中で殺し合う人々の姿を壮大なスケールで活写した戦国時代劇。70歳を迎えた猛将・一文字秀虎は、家督を3人の息子に譲ることを決意する。息子たちの団結を信じきって自らは隠居を望む弱気な父に対し、3男の三郎は異を唱えるが、怒った父に追放されてしまう。しかし三郎の予想通り、兄の太郎と次郎は秀虎に反旗を翻し、血で血を洗う骨肉の争いが始まる。ワダ・エミが衣装を担当しアカデミー衣装デザイン賞を受賞。公開から30年を経た2015年に4Kデジタル修復版としてよみがえり、第28回東京国際映画祭「Japan Classics」部門で上映された後、17年4月より劇場公開。

    ネット上の声

    • ストーリーはリア王なので、詳細は省くとして、とにかく画像というか、...
    • 『夢を見ていた…』から物語が動き出すの、黒澤明だ!!って興奮した
    • 骨肉の悲劇~巨匠、執念のライフワーク
    • 大掛かりな哲学的舞台芸術のよう
    時代劇
    • 製作年1985年
    • 製作国日本,フランス
    • 時間162分
    • 監督黒澤明
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  2. 2

    切腹

    切腹
    • A
    • 4.29
    「人間の條件」などで知られる社会派の名匠・小林正樹が初めて本格時代劇に挑み、1963年・第16回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した作品。滝口康彦の小説「異聞浪人記」を原作に、「七人の侍」などの名脚本家・橋本忍が脚色を手がけ、武家社会や武士道の残酷さを描いた。寛永7年10月、井伊家の江戸屋敷に津雲半四郎と名乗る浪人が現れ、生活苦から切腹したいので庭先を貸して欲しいと申し出る。近頃、江戸では金に困った浪人が他人の屋敷の玄関先で切腹すると申し出て金品を巻き上げる手口が横行していた。井伊家の家老・斎藤勘解由は半四郎に、春先に同じ用件でやって来た千々岩求女という浪人の話をする。浪人たちの強請同然の手口に悩まされていた勘解由は、死ぬつもりなどない求女に庭先を貸し与え、本当に切腹にまで追い込んだのだ。話を聞き終えた半四郎は、勘解由に衝撃的な事実を語りだす。半四郎を仲代達矢、勘解由を三國連太郎が演じた。

    ネット上の声

    • 正義とは何かという問いをつき詰める映画。
    • u nextは3月に終わる映画が多いから困ったな
    • 終始画面から伝わる迫力に釘付けだった。
    • 仲代、三國、丹波が魅せる、剛速球映画!
    時代劇
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間108分
    • 監督小林正樹
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  3. 椿三十郎
    • A
    • 4.21
    名作「用心棒」の続編ともいえる作品で、前作では桑畑を名乗った三十郎が椿三十郎として活躍。キャラクターとしてはより人間味が増し、ユーモアと知略を駆使し、上役の不正を暴こうと立ち上がった9人の若侍をその凄腕で助けていく。加山雄三をはじめとした血気にはやる若侍たちをうまく制御し、敵方の用心棒仲代達矢と知恵比べをしつつ、有名なラストの決闘シーンへと物語は導かれていく。

    ネット上の声

    • やっぱ、三船・黒沢コンビこそ最強でしょ!
    • 今見ても充分通じるのではないだろうか。
    • ハン・ソロの原型は「椿三十郎」だわ!
    • うわ!完璧!娯楽時代劇の真髄!!
    時代劇
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督黒澤明
    • 主演三船敏郎
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  4. 他人の顔
    • A
    • 4.20
    「砂の女」と同じく安部公房が原作・脚色を担当、勅使河原宏が監督した心理劇。撮影も瀬川浩。

    ネット上の声

    • 若いうちに観る大人の映画
    • 演技派たちの競演
    • 大人のSF映画
    • 白黒で、ミニマリズムを感じるセットや無機質感、平面的なカットがものすごく良かった
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間122分
    • 監督勅使河原宏
    • 主演仲代達矢
  5. 用心棒
    • A
    • 4.20
    二組のやくざが対立するさびれた宿場町。そこへ一人の浪人者がふらりと流れ着く。男はやがて巧みな策略で双方を戦わせ、最後には自らの刀を抜きやくざたちを倒す。町の平和を取り戻した彼は、またいずこへとも知れず去っていく……。時代劇に西部劇の要素を取り入れた痛快娯楽活劇。ピストルにマフラーのニヒルな殺し屋を演じた新鋭・仲代達矢の存在感が光る。64年にはセルジオ・レオーネ監督が本作をもとにマカロニウエスタン「荒野の用心棒」を作り、大ヒットした。

    ネット上の声

    • 痛快娯楽時代劇の真髄!最後まで飽きない!
    • 三船敏郎がもうただただかっこいい、、、
    • 本当に良い映画というのは何年経っても
    • 三船あっての、黒澤作品でしょう。
    時代劇
    • 製作年1961年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督黒澤明
    • 主演三船敏郎
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  6. 殺人狂時代
    • A
    • 4.10
    鬼才・岡本喜八が都筑道夫の小説「なめくじに聞いてみろ」(旧題「飢えた遺産」)を映画化したアクションコメディ。謎の殺し屋組織に命を狙われた男の戦いを、ブラックユーモアを交えながら二転三転するストーリー展開で描く。冴えない大学講師・桔梗信治は、自宅アパートに侵入してきた見知らぬ男に命を狙われる。男の正体は、人口調節のため無駄な人間を殺すことを目的とする組織「大日本人口調節審議会」が差し向けた殺し屋だった。偶然にも落下したブロンズ像が頭部に当たり殺し屋は死んでしまうが、その後も次々と信治のもとに刺客が送り込まれる。信治は偶然知り合った記者・啓子やコソ泥のビルとともに真相を追うが……。仲代達矢が主演を務め、天本英世が殺し屋組織のボス役を怪演。

    ネット上の声

    • 【カルト映画としての強い支持に納得!鬼才・岡本喜八が届ける、今までに観たことのな
    • 主人公が“全然信用できない”という面白み! 殺し屋たちの濃ゆい造形も◎
    • 人工調整協議会という殺し屋集団に命を狙われた犯罪心理学者がトボけた雰囲気のまま戦
    • 仲代達矢演じるとぼけた犯罪心理学講師が突然殺し屋に命を狙われ、その理由を探ってい
    サスペンス、 アクション
    • 製作年1967年
    • 製作国日本
    • 時間99分
    • 監督岡本喜八
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
  7. 人間の條件 完結篇
    • A
    • 4.08
    「人間の条件」第五・第六部で、その完結篇。脚色者に稲垣公一が加わったほかは、いずれも前作と同様のスタッフ。

    ネット上の声

    • 愛すべき妻の元へ帰ることを目標に、ひたすら歩き続ける地獄の戦争ロードムービータイ
    • 迫力あるスケールに描かれる戦時の男の心理
    • 今の戦争映画にはない、鋭い問題提起
    • 人間はどこまで人間でいられるのか?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1961年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小林正樹
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
  8. 影武者
    • A
    • 4.02
    黒澤明監督が「デルス・ウザーラ」以来5年ぶり(日本映画としては「どですかでん」以来10年ぶり)に製作した、戦国スペクタクル巨編。製作総指揮としてフランシス・F・コッポラとジョージ・ルーカスが参加、アメリカでも公開され独創的な様式美と壮麗な合戦絵巻が評判を呼んだ。時は戦国時代、あやうく処刑をまぬがれた盗人が武田信玄の影武者となり、信玄の幻に威圧されながらも敵をあざむいていく。だが男にとって戦国の雄・信玄として生きることはあまりにも過酷だった……。カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。

    ネット上の声

    • 影武者目線で描いた武田家の衰退といった感じ🤔
    • 人は城人は石垣人は堀情けは味方仇は敵なり
    • 壮大なテーマが一級のエンターテイメント
    • 敬愛するがゆえに、敢えて黒澤批判します
    時代劇
    • 製作年1980年
    • 製作国日本
    • 時間179分
    • 監督黒澤明
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  9. 永遠の人
    • B
    • 3.98
    「笛吹川」につづいて木下恵介が自から脚本執筆・監督、コンビの楠田浩之が撮影した、人間愛憎のものがたり。

    ネット上の声

    • 古い作品はほとんど観ないのだけれど、フォロワーさんのレビューを読んでとても観たい
    • フラメンコのリズムに乗せた愛憎劇て…どんなやねん!
    • 【30年という長きにわたる妻の夫に対する積年の恨み
    • アカデミー外国映画賞ノミネートは当然の名作です
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1961年
    • 製作国日本
    • 時間107分
    • 監督木下恵介
    • 主演高峰秀子
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  10. 人間の條件 第3部望郷篇/第4部戦雲篇
    • B
    • 3.97
    工人逃亡の責任を押し付けられた梶は、憲兵隊の拷問から釈放後、臨時召集された。北満の酷寒の中、連日の厳しい訓練の後、兵舎では古参兵のしごきが続く。抗し難い暴力に、梶は軍隊の錯誤を知らされる。そんなある比、美千子が遥か30キロの道程を訪ねてきた。再会して二人、だが愛を確かめるには束の間の一夜だった。部隊がソ満国境の前線に移動する直前、仲間の初年兵が自殺した。そしてもう一人、左翼と罵られた兵士が国境へ向けて逃亡した。いずれも非常な軍隊の犠牲だった。

    ネット上の声

    • シゴキやイジメはいつでも、どこでも
    • 梶も総理も同じでは?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小林正樹
    • 主演仲代達矢
    • 定額
    • レンタル
  11. 白と黒
    • B
    • 3.96
    橋本忍のオリジナルシナリオより「娘と私」の堀川弘通が監督した推理ドラマ。撮影は「ぶらりぶらぶら物語」の村井博。第37回キネマ旬報ベスト・テン第9位。

    ネット上の声

    • DVD化されてなくてアマプラでしか観れない作品
    • もっと格好良い病気なら良かったのにね
    • 邦画の傑作!裁判外の場外乱闘(笑)
    • こういうのを観たいと思っていた
    サスペンス
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間113分
    • 監督堀川弘通
    • 主演小林桂樹
    • レンタル
    • 定額
  12. 激動の昭和史 沖縄決戦
    • B
    • 3.96
    沖縄戦を舞台に、十万の軍人と十五万の民間人の運命を描く。脚本は「裸の十九才」の新藤兼人。監督は「座頭市と用心棒」の岡本喜八。撮影は「学園祭の夜 甘い経験」の村井博がそれぞれ担当。1971年7月17日より、東京・日比谷映画にて先行ロードショー。

    ネット上の声

    • 沖縄県民は帝国陸軍 第32軍に殺されたようなものと解釈できるが、本当にそうなのか?
    • 物語の目線が人間に置かれていない。客観的に戦争を観察している映画だ...
    • 「あまりのひどさにひとこと言いたくなった
    • 罪を贖えるのか?〜沖縄を知るキッカケに
    第二次世界大戦、 沖縄戦、 戦争
    • 製作年1971年
    • 製作国日本
    • 時間149分
    • 監督岡本喜八
    • 主演小林桂樹
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  13. 大菩薩峠
    • B
    • 3.95
    中里介山の同名の小説を「侍」の橋本忍が脚色、「血と砂」の岡本喜八が監督した剣豪もの。撮影は「大工太平記」の村井博。

    ネット上の声

    • 意外と誰も知らない「大菩薩峠」
    • 狂気…ってほどでもなかったかも
    • 斬って斬って斬りまくって…
    • 卑怯なり!竜之介!
    幕末、 時代劇
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間120分
    • 監督岡本喜八
    • 主演三船敏郎
    • レンタル
  14. 人間の條件 第1部純愛篇/第2部激怒篇
    • B
    • 3.92
    昭和18年、戦火の緊張漲る満州。南満州鉄鋼会社に勤める梶は、妻・美千子とともに北満の老虎嶺鉱山に赴任する。召集免除が梶への条件だった。だがそこには過酷な労働と、賃金のピンハネに喘ぐ現地・工人の姿があった。労務管理を担当する梶は、効率的量産のために労働条件の改善を主張するが現場監督と衝突する。そんな折、軍部から緊急増産の命が下り、捕虜600人が貨車で送り込まれた。飢えた彼らは、電流の通った鉄条網の中の宿舎に収容され、特殊工人として酷使される。

    ネット上の声

    • たしかに、スケール高く名作近いですが・・
    • 反戦メッセージそのものが評価できません
    • ありがとう!こんな映画を作って頂いて
    • 勝っていたら創ったかな?一部と二部
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督小林正樹
    • 主演仲代達矢
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  15. 約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯
    • B
    • 3.89
    1961年(昭和36年)に三重県名張市で行った「名張毒ぶどう酒事件」の犯人として投獄され、無実を訴え続けている奥西勝死刑囚の半生を描いたドラマ。昭和36年、三重県名張市の葛尾村で、ぶどう酒を飲んだ女性15人が倒れ、そのうち5人が死亡する事件が発生。村で農業を営む奥西勝も妻が犠牲になるが、警察は「妻と三角関係にあった女性をまとめて毒殺する計画だった」として奥西を逮捕する。奥西は一度は犯行を自白するものの「警察に自白を強要された」と主張して一審で無罪判決。しかし、二審で死刑判決となり、昭和47年に最高裁で死刑が確定。戦後唯一の無罪からの逆転死刑判決となる。いつ訪れるか分らない刑執行におびえ、事件から50年以上にわたり再審請求を繰り返している奥西の孤独や恐怖を描き出していく。主人公の奥西役に仲代達矢、息子の無罪を信じ続ける母タツノ役に樹木希林。「平成ジレンマ」「死刑弁護人」などの司法ドキュメンタリーを多数送り出した東海テレビの製作陣が手がけた。

    ネット上の声

    • 真っ逆さまに落ち込むかも知れないと思って
    • 当時を知らない筈の裁判官が・・・重い内容
    • 科学的新証拠が出ても再審開始にはならない
    • 「眠る村」に引き続き名張毒葡萄酒事件
    死刑囚、 裁判・法廷、 ドキュメンタリー
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間120分
    • 監督齊藤潤一
    • 主演仲代達矢
  16. 沈丁花
    • B
    • 3.86
    「仰げば尊し」の松山善三が原作・脚色を担当、それに「バンコックの夜」の監督千葉泰樹が加わり、千葉泰樹が監督した女性もの。撮影は「戦場にながれる歌」の中井朝一。

    ネット上の声

    • この時代の家族モノって良いですよね~
    • お父さんはなんという名前だったのかな?
    • 京マチ子、司葉子、星由里子、仲代達矢など豪華俳優陣に加え衣装監修に高峰秀子と凄す
    • 京マチ子も司葉子も超かわいいし、縁のある男たちが悉く歯痛になって出現するのも楽し
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督千葉泰樹
    • 主演宝田明
  17. 17

    炎上

    炎上
    • B
    • 3.81
    三島由紀夫の「金閣寺」の映画化で、驟閣という美に憑かれた男を描く異色作。脚色は和田夏十と「四季の愛欲」の長谷部慶次が共同であたり、監督は「穴」の市川崑、撮影は「赤胴鈴之助 三つ目の鳥人」の宮川一夫が担当。「人肌孔雀」の市川雷蔵が現代劇初出演するほか、「大番 (完結篇)」の仲代達矢、「若い獣」の新珠三千代、「大阪の女」の中村鴈治郎、それに浦路洋子・中村玉緒・北林谷栄・信欣三などが出演している。

    ネット上の声

    • 青年の声にならない叫びが炎となって金閣寺を燃やす
    • 汚れた世界 美醜の苦悩 燃え上がる拠り所
    • 一緒に消えてなくなろう・・・ はい?
    • 「炎上」と「金閣寺」(1976)
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国日本
    • 時間99分
    • 監督市川崑
    • 主演市川雷蔵
    • レンタル
    • レンタル
  18. 春との旅
    • B
    • 3.72
    「バッシング」「愛の予感」の名匠・小林政広が、仲代達矢を主演に描く家族のドラマ。共演に徳永えり、大滝秀治、菅井きん、田中裕子、小林薫、柄本明、香川照之ら豪華キャストが揃う。4月の北海道。孫の春に面倒を見られながら静かに余生を過ごす元漁師の忠男は、人生最後の住まいを求め、親戚縁者を訪ねる旅に出る。家族との確執や過去との対面により、忠男と春は人生そのものをじっくりと見つめ直すことになる。

    ネット上の声

    • 小林政広監督作品鑑賞4作目にて初の満点!
    • 脚本、演出、役者が揃えば、傑作になる必然
    • シナリオじゃない、ストーリーじゃない
    • 人は一人では生きられない!…“でも”
    北海道が舞台、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2009年
    • 製作国日本
    • 時間134分
    • 監督小林政広
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  19. 19

    斬る

    斬る
    • B
    • 3.67
    山本周五郎の『砦山の十七日』を原案に、「日本のいちばん長い日」の岡本喜八と「兄弟仁義 関東兄貴分」の村尾昭が共同でシナリオを執筆し、岡本喜八が監督した時代劇。撮影は「春らんまん」の西垣六郎。

    ネット上の声

    • 【そのスタイリッシュでスピード感溢れるカメラワークや演出、ユニークのキャラ設定で
    • 個人的に時代劇の活劇ならこれがNo1だ
    • 以前からずっと観たいと思っていた作品
    • 喜八エンタテインメント時代劇の真髄!
    時代劇
    • 製作年1968年
    • 製作国日本
    • 時間114分
    • 監督岡本喜八
    • 主演仲代達矢
  20. いのちぼうにふろう
    • B
    • 3.65
    昭和四十四年七月、黒澤明、木下恵介、市川崑監督と「四騎の会」を結成した小林監督がならず者の世界に材を得て放つ時代劇。山本周五郎原作『深川安楽亭』の映画化。脚本は仲代達矢夫人で女優の宮崎恭子が隆巴(りゅう・ともえ)のペンネームで執筆。監督は「怪談」の小林正樹、撮影は「無頼漢」の岡崎宏三がそれぞれ担当。1971年10月16日全国公開。第45回キネマ旬報ベスト・テン第5位。

    ネット上の声

    • 最近とんと見ないなんとも青臭くてムズムズしちゃう邦題に惹かれてポチ♪
    • 小林・仲代コンビの隠れた大傑作!
    • ◎仲代が霞む中村翫右衛門の凄み!
    • 山本周五郎原作「深川安楽亭」
    時代劇
    • 製作年1971年
    • 製作国日本
    • 時間121分
    • 監督小林正樹
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
  21. 人斬り
    • C
    • 3.57
    「首」の橋本忍がシナリオを執筆し、「御用金」の五社英雄がメガホンをとった。撮影は「関東おんな悪名」の森田富士郎。

    ネット上の声

    • 哀しきテロリストの自我の目覚めと自由への渇望。
    • しっかり堪能するには最低限の歴史的知識は必要
    • 三島由紀夫の右腕の筋肉がとにかくすごい!
    • 名演技に「息を呑む」とはこの映画のこと
    幕末、 時代劇
    • 製作年1969年
    • 製作国日本
    • 時間139分
    • 監督五社英雄
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  22. ハチ公物語
    • C
    • 3.51
    飼主の大学教授が亡くなってからも、渋谷の駅で主人を待ち続けた忠犬ハチの実話を基に人間と動物の交流を描く。原作・脚本は「映画女優」の新藤兼人、監督は「旅路 村でいちばんの首吊りの木」の神山征二郎、撮影は「きみが輝くとき」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 超有名ハチ公。てっきり感動物語だと思ってました。いやいやこれ、最愛...
    • 帰らぬ主人を待ち続けるハチがとっても健気
    • これは反則!…でも、泣いちゃった(涙)
    • すごい映画。腹を立てて低評価は残念
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1987年
    • 製作国日本
    • 時間107分
    • 監督神山征二郎
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  23. 二百三高地
    • C
    • 3.51
    今世紀初頭、近代化したとは言え、列強諸国に比べ遅れをとる日本が、超大国ロシアに何故戦争を挑んだのか。そして、その戦争を背景に、政府、軍、民間といった様々な階級の人々がいかに生きたかを描く。脚本は「仁義なき戦い」シリーズの笠原和夫、監督は「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士」の舛田利雄、撮影は「トラック野郎 突撃一番星」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 旅順要塞攻略戦~“戦争”に翻弄された人々の物語
    • 日露戦争の勝利なくして今日の我が国なし
    • 韓国人として、アジアの大日本国を観る。
    • 映画『ゴールデンカムイ』熱が冷めやらず
    リアルな戦闘シーンがある、 戦争
    • 製作年1980年
    • 製作国日本
    • 時間181分
    • 監督舛田利雄
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  24. 果し合い
    • C
    • 3.50
    時代劇専門チャンネルが、「たそがれ清兵衛」「武士の一分」などで知られる作家・藤沢周平の短編時代小説を映像化する「藤沢周平 新ドラマシリーズ」の一作。BSスカパー!で放送された後、1週間限定で劇場公開。兄が家督を継いだ庄司家の部屋住みとして生涯の大半を過ごし、いわば厄介者として生きてきた老武士の庄司佐之助。そんな彼の相手をし、面倒を見てくれるのは、甥の娘の美也だけだった。美也には想いを寄せる相手がいたが、その意思に反して親から縁談を持ちかけられ、悩んだ末に美也は縁談を断る。怒った縁談相手は、美也が想いを寄せる男に果し合いを申し込み、それを知った佐之助は、美也のために刀を手にする。老武士・佐之助役に日本映画界の名優・仲代達也が扮し、美也役で桜庭ななみが共演。監督を「北の国から」「最後の忠臣蔵」の杉田成道、脚本を仲代主演の「春との旅」などで知られる小林政広が手がけた。

    ネット上の声

    • もうちょっと上映館があれば・・・。
    • これまで最高の映画のひとつ
    • あまりにがっかり(二人目)
    • 仲代達也の殺陣がすごい。
    時代劇
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督杉田成道
    • 主演仲代達矢
  25. 座頭市あばれ火祭り
    • C
    • 3.48
    座頭市シリーズ二十一本目。脚本は「忍びの衆」の山田隆之と脚本初執筆の勝新太郎が共同であたり、監督は「兇状流れドス」の三隅研次。撮影は「座頭市と用心棒」の宮川一夫が担当。

    ネット上の声

    • ◉一流のスタッフ、キャストで作られたのだが…
    • 座頭市第21作 仲代達矢、ピーターも登場
    • 説明的な会話を廃止した実験映画
    • 座頭市祭り〜特別編 市vs闇公方
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1970年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
  26. 鬼龍院花子の生涯
    • C
    • 3.42
    名匠・五社英雄監督が、直木賞作家・宮尾登美子の同名小説を映画化。大正末期から昭和にかけての土佐を舞台に、侠客・鬼龍院政五郎と彼を取り巻く女たちの凄まじくも絢爛な愛憎劇を、仲代達矢、夏目雅子、岩下志麻らの共演で描く。大正10年。土佐の侠客・鬼龍院政五郎は、松恵という養女をとる。政五郎は正妻である歌のほかに複数の愛人を囲っており、愛人に産ませた娘・花子を溺愛するように。政五郎の身の回りの世話をしながら成長した松恵は、政五郎の反対を押し切って女学校に入学。やがて高校教師の田辺と恋に落ちるが……。

    ネット上の声

    • 『ゼルダの伝説』の主人公がゼルダとはいえないように、今作の主人公は鬼龍院花子では
    • 素晴らしい映画でした(・・・ ♪感動♪ )
    • 任侠+感動+エロ+影像美の奇跡的融合
    • 夏目雅子の美しさは、譬えようが無い。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1982年
    • 製作国日本
    • 時間146分
    • 監督五社英雄
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  27. 金環蝕
    • C
    • 3.33
    保守政党の総裁選挙を端に発した汚職事件を描き、政界のドス黒い内幕を暴露する。脚本は「どてらい男」の田坂啓、監督は「華麗なる一族」の山本薩夫、撮影は「股旅」の小林節雄がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 本作は政治だけを糾弾していないのです 金環蝕とは、日本の輝く繁栄の中心が、国民の腐敗そのもので真っ黒であることを描いているのです
    • こういう映画に政界からの圧力はない?
    • まっくろくろすけ、うーじゃうじゃ
    • 政界アウトレイジ “全員悪人”
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1975年
    • 製作国日本
    • 時間155分
    • 監督山本薩夫
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  28. 役者として生きる~無名塾第31期生の4人
    • C
    • 3.28
    俳優の仲代達矢が主宰する「無名塾」で学ぶ若者たちが役者の道を目指す姿を追ったドキュメンタリー。 仲代が妻の宮崎泰子とともに1975年に開設した俳優養成の私塾「無名塾」は、数年おきに数名の塾生を公募し、これまで200人以上の役者を送り出してきた。塾生は3年の修業期間の中で、仲代や塾の先輩の指導を受け、日曜日以外は朝から夜まで「芝居漬け」の生活を送る。そんな無名塾に2017年、第31期生として、上水流大陸、中山正太郎、島田仁、朝日望の4人が入塾する。しかし、彼らが卒塾する20年は新型コロナウイルスのパンデミックに重なり、稽古や舞台公演も満足にできず、卒塾式も行えなかった。それでも無名塾公演「ぺてん師タルチュフ」と「左の腕」あわせて160公演に出演し、仲代とともに演じ続けた彼らに、仲代がある言葉をかける。 師匠と弟子として、時に厳しい稽古にのぞみ、時に同じ舞台にも立つ仲代と4人の塾生たちの姿を、「仲代達矢 『役者』を生きる」の稲塚秀孝監督がとらえた。

    ネット上の声

    • 同じスクリーンで何本みれるか!2本目
    • 12/30(金)、 1/2(月)、 1/3(火) 18:00-
    ドキュメンタリー
    • 製作年2022年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督稲塚秀孝
    • 主演仲代達矢
  29. 四谷怪談
    • C
    • 3.24
    鶴屋南北原作“東海道四谷怪談”を、「波影」でコンビの八住利雄が脚色、豊田四郎が監督した怪談。撮影は「侍」の村井博。

    ネット上の声

    • 原作には出番ないんだけれど~(byねずみ)
    • 負けやしねぇ!
    • リアリズム時代劇が流行っていたのもあってか、仲代達矢のピカレスクがメインになって
    • ホラー演出抑えめに酷薄で陰惨な人間の業を生々しく凝視する、中川信夫版や三隅研次版
    時代劇
    • 製作年1965年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督豊田四郎
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
  30. 野獣死すべし
    • C
    • 3.19
    大藪春彦の原作を、「氾濫」の白坂依志夫が脚色し「大人には分らない・青春白書」の須川栄三が監督したスリラー。撮影は「奥様三羽烏」の小泉福造。パースペクタ立体音響。

    ネット上の声

    • 主演は松田優作ではなく仲代達矢です。
    • 仲代達矢主演!1959年野獣死すべし!
    • 仲代達也の目力に酔わされて
    • 大藪春彦原作、須川栄三監督、黛敏郎音楽、白坂依志夫脚本等俊英が終結し、仲代達也、
    アクション
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督須川栄三
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
  31. 雲がちぎれる時
    • C
    • 3.17
    田宮虎彦の『赤い椿の花』を、「「挑戦」より 愛と炎と」の新藤兼人が脚色し、「猟銃」の五所平之助が監督した文芸編。撮影も「猟銃」の竹野治夫。

    ネット上の声

    • 有馬稲子の転落劇を歯切れの良いテンポを交えて丹念に掘り下げていく回想シーンが抜群
    • 小川真由美に負けないくらい全身から不幸オーラを振りまく有馬稲子が次々と関係した男
    • 新藤兼人の脚本なので、このまま終わるはずないと思っていたが、案の定···
    • 佐田啓二を心配し常に気にかける伊藤雄乃助がめちゃくちゃいいです
    文芸・史劇
    • 製作年1961年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督五所平之助
    • 主演佐田啓二
  32. 32

    鍵
    • C
    • 3.15
    谷崎潤一郎の同名小説を映画化したもの。「炎上」のコンビ和田夏十と長谷部慶次に市川崑が加わって脚色し、「さよなら、こんにちわ」の市川崑が監督した。撮影は「女と海賊」の宮川一夫。

    ネット上の声

    • メイク、間、視線で薄気味悪さをさらに演出
    • コメディ、ポルノ、ホラー、人間ドラマ。
    • 一般の家族と比べても変わっている家族
    • 耽美な世界観とキャラに見応え☆3.0
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間107分
    • 監督市川崑
    • 主演中村鴈治郎
    • レンタル
    • レンタル
  33. 日本の熱い日々 謀殺・下山事件
    • C
    • 3.15
    昭和二十四年に起きて今だに多くの謎を残す、国鉄初代総裁下山定則が列車線路上に轢断死体で発見された“下山事件”を改めて追求する。矢田喜美雄の原作「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」の映画化で、脚本は「犬笛」の菊島隆三、監督は「天平の甍」の熊井啓、撮影は「翔べイカロスの翼」の中尾駿一郎がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 戦後の日本で実際に起きた昭和ミステリーのドキュメンタリー映画
    • アメリカ様ァ!これが戦後の総括です(笑)
    • 占領時代「戦後史最大の謎」
    • 重厚な重厚な社会派社会派
    冤罪、 実話
    • 製作年1981年
    • 製作国日本
    • 時間115分
    • 監督熊井啓
    • 主演仲代達矢
  34. 黒い河
    • D
    • 3.10
    新進作家富島健夫の同名小説(角川新書版)を「悪魔の顔」の共同脚色者の一人、松山善三が脚色、「あなた買います」以来久々に小林正樹が監督した異色作。撮影は「東京暮色」の厚田雄春。主演は「大忠臣蔵」の有馬稲子、山田五十鈴、「挽歌(1957)」の渡辺文雄、「喜びも悲しみも幾歳月」の桂木洋子、「月と接吻」の淡路恵子、「続大番 (風雲篇)」の仲代達矢。

    ネット上の声

    • 小林正樹監督×有馬稲子主演による社会派作品
    • ‪クズを煮詰めたような役にも関わらずサマになる仲代達矢や、当時はそういうもんだと
    • やっぱり、小林正樹なくして松竹ヌーヴェルバーグはなかったと感じる
    • 有馬稲子も綺麗であるが、悪役の仲代達矢が圧倒的な存在感
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間114分
    • 監督小林正樹
    • 主演有馬稲子
  35. 地獄変
    • D
    • 3.06
    芥川龍之介の同名原作を「日本海大海戦」の八住利雄が脚本化、「喜劇 駅前開運」の豊田四郎が監督した文芸もの。撮影は「連合艦隊司令長官 山本五十六」の山田一夫が担当した。1969年9月20日より一部劇場で先行ロードショー。

    ネット上の声

    • 狂気が伝わる映像美です。
    • その句は別人が詠んだと習ったんだけれど…
    • 貴重な錦之助VS仲代作品
    • 小生のチョイスが悪いのか将軍や侍の映画だと、権力に胡座をかいており、それ故に庶民
    • 製作年1969年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督豊田四郎
    • 主演中村錦之助
  36. 仲代達矢「役者」を生きる
    • D
    • 3.06
    「切腹」「影武者」など150本の映画に出演し、舞台主演は60本を超える名優・仲代達矢が、「役者」として生きる姿を描いたドキュメンタリー。1932年東京に生まれ、俳優養成所を経て55年に俳優座に入って役者の道を歩み始めた仲代は、日本映画の黄金時代に黒澤明、小林正樹、市川崑、木下恵介、岡本喜八、五社英雄といった希代の名監督と、主演俳優として向き合ってきた。75年には俳優養成のための私塾「無名塾」を立ち上げ、数多くの後進も輩出。俳優歴は60年、無名塾は40周年を迎え、80歳を超えてもなお演じることに貪欲に向き合う仲代は、ウジェーヌ・イヨネスコの不条理劇「授業」にも初めて挑み、膨大なセリフと格闘する。その姿を通して、演じることの重さに耐え、役者として生きる仲代の姿を描き出す。監督は「二重被爆」「書くことの重さ 作家 佐藤泰志」といった記録映画に携わってきた稲塚秀孝。

    ネット上の声

    • 2014年末、健さん文太さんのレジェンドが立て続けに亡くなった衝撃・失望感は凄く
    • 一日、いちにちを「生きる」
    • 一日、いちにちを「生きる」
    • 一日、いちにちを「生きる」
    ドキュメンタリー
    • 製作年2014年
    • 製作国日本
    • 時間90分
    • 監督稲塚秀孝
    • 主演仲代達矢
  37. 華麗なる一族
    • D
    • 3.02
    富と権力獲得への手段として、華麗なる閨閥をはりめぐらす万俵一族を主役に、金融界の“聖域”銀行、背後で暗躍する政・財界の黒い欲望を描く。原作は山崎豊子の同名小説。脚本は「戦争と人間 完結篇」の山田信夫、監督も同作の山本薩夫、撮影は「朝やけの詩」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 金融機関再編成時代、弱小都市銀行のオーナー親父が下克上を狙う悪だくみを始めて、み
    • 閨閥、妻妾同居、才色兼備という語を知った
    • 高度経済成長時代というのは、こういう時代
    • この世をば 我が世とぞ思ふ 一族の・・・
    大阪が舞台、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間211分
    • 監督山本薩夫
    • 主演佐分利信
  38. 不毛地帯
    • D
    • 3.02
    二次防の主力戦闘機買い付けに暗躍する商社とそれらと癒着する政財界の黒い断面を描く。原作は山崎豊子の同名小説。脚本は「雨のアムステルダム」の山田信夫、監督は「金環蝕」の山本薩夫、撮影は「わが道」の黒田清巳がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 今では不毛「地獄」になって見えない世界。
    • 正しいことをしたければ、偉くなれ。
    • 正しい事に頭を悩ませた正は正しい。
    • 今、この作品を映像化する意味。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1976年
    • 製作国日本
    • 時間181分
    • 監督山本薩夫
    • 主演仲代達矢
  39. みれん
    • D
    • 2.97
    瀬戸内晴美の“夏の終り”より「鏡の中の裸像」の松山善三が脚色、「ホノルル・東京・香港」の千葉泰樹が監督した文芸もの。撮影は「ハワイの若大将」の西垣六郎。

    ネット上の声

    • 瀬戸内寂聴がまだ晴美だった頃…
    • 1963年製作公開
    • 奇妙な夢から始まる序盤から、古いドイツ映画みたいな滑稽な表現と、変に癖になるセリ
    • 池内淳子を取り囲むタイルが比喩でも何でもなく破壊される若干バカバカしいOPに始ま
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督千葉泰樹
    • 主演仲代達矢
  40. 食卓のない家
    • D
    • 2.95
    長男の犯罪によって一家離散の危機に瀕した一族のそれぞれの苦悩を描く。円地文子の同名小説を「東京裁判」の小林正樹が脚本・監督、撮影は「泰造」の岡崎宏三が担当。

    ネット上の声

    • 家族とは何かを考えさせられます。
    • 着物姿の小川眞由美が登山用のピッケルを振り回して、水槽を破壊した後、大きめの金魚
    • 小林正樹の劇映画の遺作としては少々寂しい出来
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1985年
    • 製作国日本
    • 時間145分
    • 監督小林正樹
    • 主演仲代達矢
  41. 姿三四郎
    • D
    • 2.95
    明治十五年から二十年、怒涛のように押し寄せた西洋文化の前に、みるみる衰退していった日本の柔術。その中で、日本人の心を失わなかった一握りの人々が、やがて新しい「柔道」を完成させていく姿を描く。脚本は「世界名作童話 白鳥の王子」の隆巴、監督は「青葉繁れる」の岡本喜八、撮影は「八甲田山」の木村大作がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • DVD化希望
    • 観れば幻の大技”山嵐”が会得できる!
    • 黒澤『姿三四郎』では役名を小夜に改悪されてたがこの喜八版は富田常雄の原作通りの乙
    • 浅野ゆう子の「人殺し!」が印象的ですね?岡本喜八が黒澤オマージュ?会社からの要請
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1977年
    • 製作国日本
    • 時間143分
    • 監督岡本喜八
    • 主演三浦友和
  42. 出所祝い
    • D
    • 2.88
    東宝が初めて製作するやくざ映画。脚本は「ツンツン節だよ 全員集合!!」の田坂啓と「人斬り」の五社英雄。監督五社英雄。撮影は「いのちぼうにふろう」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • ヤクザ映画でわっしょいしていた東映に、ワテらもヤクザ映画作って東映にカチコミ入れ
    • 義理の二文字にドスが飛ぶ!
    • 後ろ後ろ!
    • 当時既にヤクザ映画お得意の東映ではなく、不況だった東宝が半ば商売方法をマネする形
    • 製作年1971年
    • 製作国日本
    • 時間131分
    • 監督五社英雄
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
  43. おしどりの間
    • D
    • 2.87
    別冊文芸春秋連載、舟橋聖一の原作から「天上大風」の長瀬喜伴が脚色、「世にも面白い男の一生 桂春団治」の木村恵吾が監督、同じく三村明が撮影を担当する。主な出演者は「流れる」の山田五十鈴、「あばれ鳶」の瑳峨三智子、「霧の音」の上原謙、「江利チエミの サザエさん(1956)」の仲代達矢、「この世の花」の淡路恵子、他に千秋実、南美江、森啓子など。

    ネット上の声

    • 女って,気の無い男には残酷だよなあ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督木村恵吾
    • 主演山田五十鈴
  44. NORINTEN~稲塚権次郎物語
    • D
    • 2.87
    世界の小麦の70%以上の基となった「農林10号(ノーリン・テン)」の育種者で、第2次世界大戦後の世界的な食糧危機を救い、「農」の神様と呼ばれた稲塚権次郎の半生を仲代達矢の主演で描く。農学校卒業後、農家の跡取りとして農作業に勤しむ権次郎だったが、彼の向学心がやむことはなかった。親戚の応援を受け、東京で育種家の道を歩んだ権次郎は、その生真面目な性格から、周囲からは変人扱いされながらも研究に没頭した。のちに妻となるイトとの出会いや、世界を救うこととなる「小麦農林10号」育種の成功など、稲塚権次郎の生涯と彼が生きた時代が描かれる。監督は「仲代達矢『役者』を生きる」などのドキュメンタリー映画を数多く手がけ、稲塚氏の遠戚でもある稲塚秀孝。

    ネット上の声

    • 富山の田舎の知られざる世界の救世主!
    • ややチグハグ
    • 無名の偉人の話は心がジクジクしますよ
    • 矍鑠たる仲代達矢はよしとしても・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督稲塚秀孝
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
  45. 五匹の紳士
    • D
    • 2.84
    大野靖子と「獣の剣」の五社英雄が共同でシナリオを執筆五社英雄が監督したアクションもの。撮影は「殴り込み侍」の酒井忠。

    ネット上の声

    • “ネガポジ”は白黒画像を反転させるから“白が黒に“黒が白”に変わるユニークな映像
    • もっと欲しくなるのが、カネ
    • 『陽暉楼』の名シーン、お手洗いでのキャットファイトは、本作ですでにやってるんだね
    • 女と別れ話の最中に親子を轢き殺してしまい服役したウエダは同房のセンゴクからある話
    アクション
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督五社英雄
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  46. 最後の審判
    • D
    • 2.80
    W・P・マッギバーンの同名の原作を「ここから始まる」の松山善三と「城取り」の池田一朗が共同で脚色「悪の紋章」の堀川弘通が監督したスリラーもの。撮影は「喜劇 駅前音頭」の黒田徳三

    ネット上の声

    • 羽田空港の直ぐ近くに住んでいたんだな~
    • 女性絡みの犯罪が成功することはない。
    • 堀川弘通監督の『白と黒』(仲代達矢主演)を観たばかりだが、またまた堀川監督&仲代
    • 成瀬『女の中にいる他人』に連なる東宝の海外ミステリ翻案で、真っ直ぐ悪人な仲代達矢
    サスペンス
    • 製作年1965年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督堀川弘通
    • 主演仲代達矢
  47. 御用金
    • D
    • 2.77
    「喜劇 爬虫類」の田坂啓とテレビ出身の五社英雄が脚本を共同執筆し、五社がメガホンをとった時代劇。「お熱い休暇」の岡崎宏三が撮影を担当した。わが国はじめてのパナビジョン。1969年5月17日より全国公開。(70ミリ)

    ネット上の声

    • ◉正統派ジョン・フォード的黒沢時代劇とは一線を画す五社英雄のマカロニワールド
    • 村娘の浅丘ルリ子が故郷に帰ってみると、神隠しにあって全員が消えていた
    • 五社英雄監督が『五匹の紳士』の次に仲代達矢と組んだ作品を初鑑賞
    • フジテレビによる映画製作第1作目です。
    時代劇
    • 製作年1969年
    • 製作国日本
    • 時間123分
    • 監督五社英雄
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  48. 日本海大海戦
    • D
    • 2.73
    ベテラン八住利雄がシナリオを執筆し、「連合艦隊司令長官 山本五十六」の丸山誠治が、メガホンをとった戦記もの。特技監督は「怪獣総進撃」の円谷英二、撮影は「肉弾」の村井博が担当した。

    ネット上の声

    • 強国ロシアに挑戦した「帝国主義戦争」
    • 特撮の巨匠円谷英二最後の作品。
    • 明治日本の熱き群像を描いた秀作
    • 三船敏郎の存在感はさすが。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1969年
    • 製作国日本
    • 時間128分
    • 監督丸山誠治
    • 主演三船敏郎
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  49. 日本の悲劇
    • D
    • 2.72
    「バッシング」「愛の予感」など、社会がかかえる闇に深く切り込んだ人間ドラマを手がける小林政広監督が、年金不正受給事件を題材に取り上げ、ある家族が崩壊していく姿を通して日本の無縁社会の問題をあぶりだしていく。余命3カ月と宣告された不二男は、医者の制止も聞かずに勝手に退院し、自室の扉を固く閉ざして閉じこもってしまう。一方、不二男の息子で、失業中の上に妻子にも逃げられてしまった義男は、父の年金を頼りに無為無職の日々を過ごしていたが、父の突然の行動に戸惑う。困惑する義男はドア越しに父へ呼びかけるが、不二男は聞く耳を持たず……。「春との旅」でも小林監督とタッグを組んだ名優・仲代達矢が不二男に扮し、息子・義男を北村一輝が演じる。

    ネット上の声

    • 「日常という名の悲劇」、意欲は買うが・・
    • 社会の厳しさ、人間の弱さ、幸福の有り難さ
    • ザ・ワンシチュエーション・メッセージ(2)
    • 映像の先を考えるきっかけに
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間101分
    • 監督小林政広
    • 主演仲代達矢
  50. 無頼漢
    • E
    • 2.67
    河竹黙阿弥の「天衣紛上野初花」を題材に、寺山修司が脚本を書き、「心中天網島」の篠田正浩が監督した異色時代もの。撮影は「御用金」の岡崎宏三が担当。

    ネット上の声

    • 脚本に注目!!岩下志麻の小悪魔ぶり!!
    • 大江戸あばんぎゃるどでございます♡
    • 変革への力・寺山修司型
    • かっこよかった~★
    時代劇
    • 製作年1970年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督篠田正浩
    • 主演仲代達矢

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。