全29作品。花火が印象的な映画ランキング

  1. おにいちゃんのハナビ

    おにいちゃんのハナビ
    評価:S4.20
    年に一度打ち上げられる花火に思いを託す余命わずかな少女と兄のきずなを描く感動のトゥルーストーリー。『ソラニン』などで一躍人気俳優となった高良健吾が、妹から生きる勇気をもらい、引きこもりから再生する兄を演じている。

    ヒューマンドラマ、実話、花火が印象的、難病、家族、白血病

    ネット上の声

    泣けます!.....号泣です!....兄弟愛.....最高でした!
    超感動!泣きすぎて頭が痛くなっちゃった!
    想いがこもった”ハナビ”が心に響く良作!
    何気ない毎日が奇跡なのかもしれないですね
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:国本雅広
    主演:高良健吾
    1
  2. マイ・フレンド・メモリー

    マイ・フレンド・メモリー
    評価:A3.96
    頭はいいが難病を抱えて余命いくばくもない少年と立派な体格ながら学習障害を抱えた少年の友情を描いたヒューマン・ドラマ。ロッドマン・フィルブリックの『フリーク・ザ・マイティ 勇士フリーク』(邦訳・講談社)を原作に、脚本は「心の指紋」のチャールズ・リーヴィットが執筆。監督には「ヒア・マイ・ソング」のピーター・チェルソムがあたった。製作はジェーン・スターツとサイモン・フィールズ。製作総指揮はボブとハーヴェイ・ワインスタイン兄弟とジェリー・ゴールドスタイン。撮影は「フル・モンティ」のジョン・デ・ボーマン。音楽は「ダークシティ」のトレヴァー・ジョーンズ。美術はキャロライン・ハナニア。編集はマーティン・ウ…

    ヒューマンドラマ、青春、花火が印象的、友情

    ネット上の声

    マイフレンドフォーエバーの方が好きです。
    すごく泣ける!ではないところがいい。
    タイトル通り、メモリーに残ります。
    シリアスなシャロン・ストーンがいい
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・チェルソム
    主演:エルデン・ヘンソン
    2
  3. ぼくたちと駐在さんの700日戦争

    ぼくたちと駐在さんの700日戦争
    評価:A3.88
    1970年代の田舎町を舞台に、7人の高校生と地元の駐在さんが繰り広げるイタズラ戦争を描く青春コメディー。実話を基にした“半”フィクションのブログ小説を、「時効警察」で演出と脚本を担当した塚本連平がスピード感あふれる演出で映像化した。

    コメディ、花火が印象的、懐かしいノスタルジックな夏

    ネット上の声

    きっといつか何か掴むんだ ねぇそうだろ?
    良作! 心地良い笑いと、心地良い感動!
    ストーリーはさほどでもないけど、市原隼人と佐々木蔵之介の演技が素晴...
    青春コメディの秀作。何度繰り返し見ていることか。何にも考えず笑える...
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:塚本連平
    主演:市原隼人
    3
  4. 灯台守の恋

    灯台守の恋
    評価:A3.81
    カミーユ(アン・コンサイニー)は両親の家を売るため、故郷のブルターニュ地方に戻ってくる。そして偶然、灯台守だった父(フィリップ・トレトン)と母(サンドリーヌ・ボネール)の秘密を知るのだった。

    ヒューマンドラマ、花火が印象的

    ネット上の声

    思いやりの愛に満ちた大人のラブストーりー
    地の果ての葛藤、ブルターニュの灯台で
    愛する人のためにできること
    つきせぬ想い
    製作年:2004
    製作国:フランス
    監督:フィリップ・リオレ
    主演:サンドリーヌ・ボネール
    4
  5. ジョー・ブラックをよろしく

    ジョー・ブラックをよろしく
    評価:B3.78
    死神と人間の女性が紡ぎ出すファンタスティックなラヴストーリー。監督・製作は「セント・オブ・ウーマン夢の香り」のマーティン・ブレスト。脚本は「フリントストーン」のロン・オズボーンとジェフ・レノ、「ジュニア」のケビン・ウェイド、「訣別の街」のボー・ゴールドマン。撮影は「大いなる遺産」のエマニュエル・ルベズキ。音楽は「モンタナの風に抱かれて」のトーマス・ニューマン。美術は「カジノ」のダンテ・フェレッティ。編集はジョー・ハッシングとマイケル・トロニック。衣裳は「フェイク」のオード=ブロンソン・ハワードとデイヴィッド・ロビンソン。出演は「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のブラッド・ピット、「バスキア…

    恋愛、花火が印象的

    ネット上の声

    とてもファンタジックな作品でした。
    ☆死神さんを、よろしく〜♪
    クレアが光ってました。
    ただただ甘〜い娯楽恋愛映画:最後「あるこ
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・ブレスト
    主演:ブラッド・ピット
    5
  6. ポンヌフの恋人

    ポンヌフの恋人
    評価:B3.78
    レオス・カラックス監督による『ボーイ・ミーツ・ガール』『汚れた血』に続く青春3部作最終章のニュープリント版、HDリマスター版。孤独な青年と深い絶望の闇に生きる女性の運命の出会いを描く。

    ヒューマンドラマ、恋愛、花火が印象的、クリスマス

    ネット上の声

    すみません。先に謝っておきます...。
    大人になるための常識
    今を生きる。
    1つのシーンのために何度も観れる
    製作年:1991
    製作国:フランス
    監督:レオス・カラックス
    主演:ドニ・ラヴァン
    6
  7. 月とキャベツ

    月とキャベツ
    評価:B3.73
     個性派ミュージシャン山崎まさよしが映画初主演した異色ラブ・ストーリー。バンドを解散し独立したとたん、歌が作れなくなったミュージシャン花火。

    ヒューマンドラマ、恋愛、花火が印象的、夏休みが舞台

    ネット上の声

    8月のクリスマス→月とキャベツ回帰
    山崎まさよしさん、やるなぁ!!
    忘れさせない映画
    歌が生まれる時
    製作年:1996
    製作国:日本
    監督:篠原哲雄
    主演:山崎まさよし
    7
  8. 男はつらいよ 望郷篇

    男はつらいよ 望郷篇
    評価:B3.69
    ひさびさにこのシリーズが生みの親、山田洋次のもとに帰っての五作目。脚本は「新・男はつらいよ」でコンビを組んだ山田洋次と宮崎晃。監督は「続男はつらいよ」の山田洋次。撮影は高羽哲夫が担当。

    ヒューマンドラマ、コメディ、花火が印象的、北海道が舞台、男はつらいよ

    ネット上の声

    恋の花も花火と共に散るシリーズ5作目
    鈍感マドンナ・・・
    労働者諸君!
    勘違いする寅と、鈍感なマドンナという …
    製作年:1970
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    8
  9. ゴールデンスランバー

    ゴールデンスランバー
    評価:B3.67
    人気作家・伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を、『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』に続き中村義洋監督が映画化したサスペンス。巨大な陰謀に巻き込まれ、首相暗殺の濡れ衣を着せられた宅配ドライバーの決死の逃避行をスリリングに描く。

    ヒューマンドラマ、花火が印象的、冤罪、逃亡劇

    ネット上の声

    『たいへんよくできました』をペタン♪
    ドカーン!…リンゴ製品…ぽかーん…
    ホームとは、たとえばこんな人の存在
    芸達者な役者さんが勢揃い
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:中村義洋
    主演:堺雅人
    9
  10. 妖怪百物語

    妖怪百物語
    評価:B3.65
     大映「妖怪」シリーズの第一弾。一つの怪談を語るたびにロウソクを消していく“百物語”から物語は始まる。

    特撮、花火が印象的

    ネット上の声

    昔の映画・・・出来はいい!!
    ろうそくを灯してご覧下さい
    毛利郁子がきれい
    「ゲゲゲの鬼太郎」でおなじみの妖怪たちが勢揃い。
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:安田公義
    主演:藤巻潤
    10
  11. HANA-BI

    HANA-BI
    評価:B3.64
    ヴェネチア国際映画祭(1997年・金獅子賞)妻や同僚の生と死を目の当たりにした、孤独な刑事の生き様を描いたドラマ。監督・脚本は「キッズ・リターン」の北野武。撮影を「岸和田少年愚連隊血煙り純情篇」の山本英夫が担当している。主演は「GONIN2」のビートたけし。97年ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞、サンパウロ映画祭バンデイラ・パウリスタ賞、ヨーロピアン・アカデミー賞スクリーン・インターナショナル賞受賞。

    ヒューマンドラマ、花火が印象的

    ネット上の声

    ただそれに圧倒され
    生き様が伝わる
    なるほど、、、「バイオレンス」と「静寂」
    北野監督の世界に初めて触れた気がしました
    製作年:1997
    製作国:日本
    監督:北野武
    主演:ビートたけし
    11
  12. ミッドナイトクロス

    ミッドナイトクロス
    評価:B3.63
     効果音の収録中に自動車事故を目撃したB級映画専門の効果マン。しかし事件の背後には政治がからんでおり、彼のテープには事故が殺人であった事を示す証拠が残されていた……。

    サスペンス、花火が印象的

    ネット上の声

    対極同士が奏でる絶妙なアンサンブル
    映画史に残る名シーン
    本来のデ・パルマ
    最後のシーンの盛り上がりが最高です☆
    製作年:1981
    製作国:アメリカ
    監督:ブライアン・デ・パルマ
    主演:ジョン・トラヴォルタ
    12
  13. 男はつらいよ 寅次郎恋やつれ

    男はつらいよ 寅次郎恋やつれ
    評価:B3.60
     国民的人気シリーズ「男はつらいよ」第13作目で、マドンナ役は「男はつらいよ 柴又慕情」に引き続き吉永小百合が演じた。何と本作では寅さんが二人の女性にふられてしまう。

    ヒューマンドラマ、コメディ、花火が印象的、男はつらいよ

    ネット上の声

    渥美清も吉永も倍賞も・・・みんな若かった
    リバイバル寅さんレビュー二本立ての其の二
    誰かに似ていると思ったら、高島アヤパン
    この娘の言っていることは甘いと思った
    製作年:1974
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    13
  14. この空の花 長岡花火物語

    この空の花 長岡花火物語
    評価:C3.58
    TAMA映画賞(2012年・最優秀作品賞)新潟県長岡市に暮らす昔の恋人だった教師の片山(高嶋政宏)から、生徒が創作した「まだ戦争には間に合う」という名の舞台と花火を見てほしいと手紙で伝えられた地方紙記者の玲子(松雪泰子)。その機会を生かし、彼女は東日本大震災の被災者を迅速に受け入れた同地の様子も見て回ることに。市内を旅する中で不思議な出来事と人々に次から次へと遭遇する玲子は、それらすべてが空襲や地震から立ち直ってきた長岡の歴史と密接にかかわってくることに気付く。やがて彼女の旅は、過去、現在、未来といった時間を超越したものへと変わっていく。

    ヒューマンドラマ、ドキュメンタリー、花火が印象的

    ネット上の声

    観れば観るほど味が出る日本人必見の物凄い映画
    まだ間に合いますか?
    みんなが爆弾なんかつくらないで、きれいな花火ばかりつくっていたら、きっと戦争なんか起きなかったんだな。
    観るほどに味が出る日本人必見の物凄い映画
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:大林宣彦
    主演:松雪泰子
    14
  15. 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間

    江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間
    評価:C3.58


    ホラー、花火が印象的
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:石井輝男
    主演:吉田輝雄
    15
  16. 我が家の楽園

    我が家の楽園
    評価:C3.56
    アカデミー賞(1939年) ブロードウェイのヒット作を「或る夜の出来事」の名コンビ、R・リスキンが脚色、キャプラが監督して映画化。オスカーの監督賞を得た風刺コメディの快作。

    ヒューマンドラマ、コメディ、花火が印象的

    ネット上の声

    いい映画が「我が家」を「楽園」にする
    世間の常識に囚われない
    今回のテーマは難しいぞ
    人生は楽しむものだ
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・キャプラ
    主演:ジェームズ・スチュワート
    16
  17. ブルーバレンタイン

    ブルーバレンタイン
    評価:C3.55
    あるカップルの出会いから結婚、そして破局までを描き、サンダンス映画祭やカンヌ国際映画祭など世界各地の映画祭で注目されたラブストーリー。壊れかけた夫婦には、『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリング、『ブロークバック・マウンテン』のミシェル・ウィリアムズがふんし、過激な性描写や体重増量も辞さない迫真の演技を披露。

    ヒューマンドラマ、恋愛、花火が印象的

    ネット上の声

    もう戻れない・・・すきま風が切ないです
    男女の感情の機微を絶妙に描いた秀作
    恋は花火、愛は永遠(きっと)
    人は追われたら逃げるもの
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:デレク・シアンフランス
    主演:ライアン・ゴズリング
    17
  18. 座頭市あばれ凧

    座頭市あばれ凧
    評価:C3.49
    子母沢寛の原作を「座頭市兇状旅」の犬塚稔が脚色「座頭市千両首」の池広一夫が監督した座頭市シリーズの七作目。撮影は「日本名勝負物語 講道館の鷲」の竹村康和。

    時代劇、花火が印象的、座頭市

    ネット上の声

    水中でも炸裂する市(いち)の居合い
    時代劇 x ホラー。歴史に残したい一本
    ザ・座頭市?〜悲しみの花火
    これが座頭市の本質では?
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:池広一夫
    主演:勝新太郎
    18
  19. 座頭市喧嘩旅

    座頭市喧嘩旅
    評価:C3.49
    子母沢寛の原作より、「江戸無情」の犬塚稔が脚色、「対決(1963)」の安田公義が監督した仁侠もの。撮影は、「悪名波止場」の本多省三。

    時代劇、花火が印象的、座頭市

    ネット上の声

    座頭市の5作目、今回も市が活躍する。
    金にうるさいのはその価値を知るから
    食事のシーンに哀愁を感じました。
    お美津っぁん
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:安田公義
    主演:勝新太郎
    19
  20. 九龍の眼/クーロンズ・アイ

    九龍の眼/クーロンズ・アイ
    評価:C3.47


    カンフー、花火が印象的

    ネット上の声

    成龍 in 黄金週間 ? アパアパ
    全力投球って……疲れない?
    やられてなんぼの見せ方満載
    チェンのアクション目当て
    製作年:1988
    製作国:香港
    監督:ジャッキー・チェン
    主演:ジャッキー・チェン
    20
  21. 八日目

    八日目
    評価:C3.46
    エリート・ビジネスマンがダウン症の青年との奇妙な友情を通じて人生の本当の意味を学ぶ様を描いたファンタジー。監督・脚本・台詞は「トト・ザ・ヒーロー」でカンヌ映画祭新人監督賞に輝いたベルギーのジャコ・ヴァン・ドルマルで、彼の長編第2作。製作はフィリップ・ゴドー。撮影の「カストラート」のワルテル・ヴァン・デン・エンデ、監督の実兄で音楽のピエール・ヴァン・ドルマル、美術のユベール・プイユ、編集のスザナ・ロスベール、録音のドミニク・ヴァルニエは「トト・ザ・ヒーロー」に続いての参加。出演は「フランスの女」のダニエル・オートゥイユ、実際にダウン症患者で、障害者の劇団で活躍し、「トト・ザ・ヒーロー」にも出演…

    ヒューマンドラマ、花火が印象的

    ネット上の声

    仕事人間のオヤジが寂しく切な〜〜い!!!
    障害者との接点で自分を見出だす
    主人公の笑みが今でも心に残る
    Wings And Everything/Symbolic Nature
    製作年:1996
    製作国:ベルギー/フランス
    監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル
    主演:ダニエル・オートゥイユ
    21
  22. 天国の本屋〜恋火

    天国の本屋〜恋火
    評価:C3.45
    地上で、伝説の“恋する花火”を復活させようと奮闘する香夏子(竹内結子)。天国で、ある女性の未完成の組曲を完成させようとする健太(玉山鉄二)。2人が出会ったとき、愛の奇跡が起きる……。

    恋愛、花火が印象的

    ネット上の声

    DMMでのレビュー数は20件、平均点3.40点と低いけど
    雰囲気は好き♪ ・・でもなんか物足りない
    アーティストがもつべき大切なもの
    恥ずかしいけど泣けました・・・
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:篠原哲雄
    主演:竹内結子
    22
  23. 灰とダイヤモンド

    灰とダイヤモンド
    評価:C3.43
    「地下水道」のアンジェイ・ワイダが監督したポーランド映画。ドイツ降服直後のポーランドを背景とする、ロンドン派の抵抗組織に属した一人の青年の物語である。イェジー・アンジェイエフスキーの原作を、アンジェイエフスキー自身とワイダが脚色にあたり、撮影はイェジー・ウォイチック。音楽はフィリップ・ノワック指揮のウロツラウ放送五重奏団。出演するのはズビグニエフ・チブルスキー、エヴァ・クジイジェフスカ、アダム・パウリコフスキー、ボグミール・コビェラ、スタニスラフ・ミルスキー、ズビグニェフ・スコフロニュスキー等。

    ヒューマンドラマ、花火が印象的

    ネット上の声

    展開が悪く!アンニュイな感じε=( ̄。 ̄;)
    ワイダ作品!生き抜くことの難しさ・・・
    今でも光り輝くダイヤモンドの如し
    青春映画。表現が恥ずかしいですが
    製作年:1957
    製作国:ポーランド
    監督:アンジェイ・ワイダ
    主演:ズビグニエフ・チブルスキー
    23
  24. ぼくらの七日間戦争

    ぼくらの七日間戦争
    評価:C3.37
    校則に反発して廃工場に立て篭った中学生と教師や親など大人たちとの戦いを描く。宗田理原作の同名小説の映画化で脚本は前田順之介と菅原比呂志が執筆。監督はこれが第一作となる菅原比呂志、撮影は河崎敏がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、花火が印象的、夏休みが舞台

    ネット上の声

    少年少女のエスケープ~悪い大人をやっつけろ!
    NO.159「ほ」のつく元気になった邦画2
    NO.159「ほ」のつく元気になった邦画
    口先ばかりの大人にならないでください。
    製作年:1988
    製作国:日本
    監督:菅原比呂志
    主演:宮沢りえ
    24
  25. 打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

    打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?
    評価:C3.36
    小学校最後の夏休み、プールの掃除当番ため登校していた典道、祐介、なずな。祐介は、典道に水泳の競争で勝った方がなずなに告白するという話をもちかける。「Love Letter」「花とアリス」の岩井俊二が当初TVドラマ用に制作した本作は、TVドラマとして初の日本映画監督協会新人賞を受賞する快挙を成し遂げ、のちに同監督作品「Undo」とともに劇場公開された。主演は奥菜恵、山崎裕太。

    ヒューマンドラマ、恋愛、花火が印象的、懐かしいノスタルジックな夏、夏に見たくなる、夏休みが舞台

    ネット上の声

    なぜかすごく懐かしい気持ちになってしまう
    スーファミ、花火大会、校庭、プール、転校
    人生は「にゃんたんのゲームブック」!?
    夏になると無性に見たくなる作品
    製作年:1993
    製作国:日本
    監督:岩井俊二
    主演:山崎裕太
    25
  26. 冬の猿

    冬の猿
    評価:C3.35
    フランス映画界を誇る2大スター、ジャン=ポール・ベルモンド×ジャン・ギャバン幻の競演!名匠アンリ・ヴェルヌイユが謳いあげる人間ドラマの秀作!

    ヒューマンドラマ、花火が印象的

    ネット上の声

    ジャン・ギャバン、ベルモンド共演の映画。
    世の中の迷える“猿”どもよ
    これがアルベールの生きる道
    『ポンヌフの恋人』の花火は
    製作年:1962
    製作国:フランス
    監督:アンリ・ヴェルヌイユ
    主演:ジャン・ギャバン
    26
  27. 女の中にいる他人

    女の中にいる他人
    評価:D3.18
    エドワード・アタイヤの「細い線」を「肉体の学校」の井手俊郎が脚色、「乱れる」の成瀬巳喜男が監督した心理ドラマ。撮影は「けものみち」の福沢康道。

    ヒューマンドラマ、花火が印象的

    ネット上の声

    新珠三千代がどんどん険しい表情に…
    77点 お見事!新珠&三橋さん!
    後半、緊迫感やや欠ける・・・
    本当に強いのはオンナ
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:小林桂樹
    27
  28. 泥棒成金

    泥棒成金
    評価:D3.13
    アカデミー賞(1956年・撮影賞)猫の異名を持つ宝石泥棒のジョン・ロビー(ケイリー・グラント)は、今では引退し、リビエラの別荘で暮らしていた。ある日、偽者の猫が現れたと聞いたロビーは、偽者が誰なのかを確かめるべくニースへ。そこでロビーはアメリカから避暑に訪れた大金持ちの娘フランセス(グレイス・ケリー)を好きになってしまう。そんな中、偽者の猫がフランセスの母の宝石を狙い……。

    恋愛、花火が印象的

    ネット上の声

    フランス娘のその後
    風景とグレースの美しさだけで絵になります
    サスペンス色を排したヒッチコック作品。
    大画面で見たかった南フランスの風景
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ケイリー・グラント
    28
  29. GONZO〜ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて〜

    GONZO〜ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて〜
    評価:D2.74
    激動の1960年代から1970年代に活躍し、その過激な言動が今もさまざまな表現で語り継がれるアメリカの伝説的ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソン。取材対象の中に入り込みその本質を伝える独自の手法で、従来のジャーナリズムを根底から覆した彼は時代の寵児(ちょうじ)となった。ハンター自身の言葉や遺族、友人らへのインタビュー、貴重な記録映像などから彼の実像に迫る。

    ドキュメンタリー、花火が印象的

    ネット上の声

    古き良き時代のジャーナリストなのかな
    いまふたつ
    メディアに汚されないジャーナリストに献杯
    伝説的なアウトロージャーナリストの一生
    製作年:2008
    製作国:アメリカ
    監督:アレックス・ギブニー
    主演:ハンター・S・トンプソン
    29

スポンサードリンク