スポンサーリンクあり

映画「泥棒成金」のランキング情報

D
2.80
評価数:4539
泥棒成金
製作
1955年 アメリカ
時間
106分
監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演
ケイリー・グラントグレイス・ケリーシャルル・ヴァネル
種類
花火が印象的サスペンス
南仏リビエラを舞台に、汚名を着せられた元宝石泥棒が、自分の手口を真似た神出鬼没の宝石泥棒を捕らえるため奮闘する姿を軽快なタッチで描いたラブサスペンス。屋根を飛び回る姿から「猫(キャット)」と呼ばれた宝石泥棒のジョン・ロビーは、今は足を洗い、仮釈放の身で自由気ままに暮らしていた。しかし、ある時、リゾート地の高級ホテルから次々に宝石が盗まれる事件が発生する。その手口がかつてのロビーのそれと同じことから、警察はすぐさまロビーを捕らえようとするが、身に覚えのないロビーは警察の手を逃れ、独自に調査を開始する。自分の偽物が狙いそうな高価な宝石をもった金持ちの旅行客に近づき、犯人を捕らえようと考えたロビーは、保険会社のヒューソンの協力を得て、アメリカ人女性のジェシーとその娘で若く美しいフランセスの2人に近づく。しかし、ロビーとヒューソンが目を光らせていたにもかかわらず、母娘の宝石が盗まれてしまい……。フランセス役のグレイス・ケリーは、「ダイヤルMを廻せ!」「裏窓」に続いて3作連続でヒッチコック作品のヒロインを務めた。アカデミー賞で撮影賞受賞。1954年、日本初公開。2014年、特集企画「スクリーン・ビューティーズ」の第3弾「ヒッチコックとブロンド・ビューティー」にて、デジタルリマスター版上映。

「泥棒成金」のランキング情報

サスペンス
第2745位(11427件中)
1955年
第108位(625件中)
洋画
第11370位(38930件中)
アメリカ
第6082位(23959件中)
1950年代
第1904位(13163件中)
Amazonレンタル視聴
第5521位(16903件中)
U-NEXT定額
第4809位(14782件中)
花火が印象的
第24位(28件中)
第28回アカデミー賞(1956年開催)
第5位(14件中)
アルフレッド・ヒッチコック監督が制作
第24位(54件中)
ケイリー・グラントが出演
第21位(53件中)
シャルル・ヴァネルが出演
第6位(20件中)
グレイス・ケリーが出演
第6位(12件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。