映画「初めての愛」のランキング情報

総合評価E
0.00
評価数:5
初めての愛
“青春”そのものが、本来持っている光と影、やさしさ、ためらい。様々な角度から“青春”を掘りおこす。全編に流れる歌は、作詞、作曲小椋桂で自らが歌っている。脚本は「蒼ざめた日曜日」の井手俊郎、監督は脚本も執筆している同作の森谷司郎、撮影は「白鳥の歌なんか聞えない」の中井朝一がそれぞれ担当。

「初めての愛」のランキング情報

1972年
第345位(455件中)
邦画
第16892位(28268件中)
1970年代
第3274位(4244件中)
森谷司郎監督が制作
第18位(21件中)
島田陽子が出演
第12位(20件中)
加東大介が出演
第35位(72件中)
岡田裕介が出演
第12位(15件中)
志垣太郎が出演
第11位(13件中)