映画「ヴィクトリア女王 世紀の愛」のランキング情報

総合評価D
2.95
評価数:1771
ヴィクトリア女王 世紀の愛
18歳で女王に即位し、ビクトリア朝と呼ばれるイギリスの繁栄時代を築いたビクトリア女王の若き日々を描く伝記映画。主演は「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラント。1837年、ウィリアム王が病に倒れ、王位継承権を持つビクトリアは王室の権力争いに巻き込まれていた。従弟のアルバートも次期女王の夫の地位を狙う1人であったが、2人は激しい恋に落ち、結婚することになる。しかし、女王となったビクトリアには母親との確執や政治家との駆け引きなど、さまざまな困難が待ち受けていた。

「ヴィクトリア女王 世紀の愛」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第7873位(23873件中)
2009年
第300位(1567件中)
洋画
第7682位(34218件中)
イギリス
第807位(3043件中)
2000年代
第2555位(14009件中)
第82回アカデミー賞(2010年開催)
第8位(11件中)
ジャン=マルク・ヴァレ監督が制作
第5位(6件中)
エミリー・ブラントが出演
第8位(25件中)
ミランダ・リチャードソンが出演
第8位(26件中)
ポール・ベタニーが出演
第4位(16件中)
ルパート・フレンドが出演
第3位(9件中)