全11作品。第82回アカデミー賞(2010年開催)の映画ランキング

  1. しあわせの隠れ場所

    しあわせの隠れ場所
    評価:S4.17
    アカデミー賞(2010年・主演女優賞)ホームレス同然の生活からアメリカン・フットボールのプロ選手になった少年の実話を映画化した感動的な人間ドラマ。裕福な家族と黒人少年との、偶然の出会いと深いきずなを丁寧につづる。

    ヒューマンドラマ、実話、天才、アメフト・ラグビー

    ネット上の声

    ぜひエンドロールを全部見てほしいです!
    作品への入り方で評価がわかれそうですね
    すごく良かった、是非とも見て欲しい。
    SJの言葉に感じる、この映画の「良心」
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・リー・ハンコック
    主演:サンドラ・ブロック
    1
  2. スター・トレック

    スター・トレック
    評価:A3.98
    アカデミー賞(2010年・メイク・ヘアスタイリング賞)ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズに乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーになってしまう。それが気に入らないスポック(ザカリー・クイント)は、カークを船から追い出そうとするが……。

    SF、宇宙、スター・トレック

    ネット上の声

    スタートレックファンでなくても楽しめます
    スタートレック未見者の為のスタートレック
    あははは・・・これがスタートレックかぁ。
    女性も楽しめるエンターテイメント 80点
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:J・J・エイブラムス
    主演:クリス・パイン
    2
  3. 瞳の奥の秘密

    瞳の奥の秘密
    評価:A3.85
    アカデミー賞(2010年・外国語映画賞)長年勤めた刑事裁判所を退職した男が、25年前の未解決殺人事件をモチーフに小説を書き出すものの、過去の思い出に支配され苦悩するサスペンス・ドラマ。アルゼンチンを代表する名監督ファン・J・カンパネラが1970年代の祖国の姿を背景に、過去と現在を巧みに交差させ、一人の人間の罪と罰や祖国の軌跡を浮き彫りにする。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    深く悲しい愛、蘇る愛、それぞれの愛
    サスペンス映画ではあるが、ラブストーリーといった方が良いですね。
    もっさりした演出で興味が半減のサスペンス
    これでいいのか? アカデミー外国語映画賞
    製作年:2009
    製作国:スペイン/アルゼンチン
    監督:フアン・ホセ・カンパネラ
    主演:リカルド・ダリン
    3
  4. アバター

    アバター
    評価:B3.75
    アカデミー賞(2010年)『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。

    SF、惑星

    ネット上の声

    「アバター 3D」 酔うほどの臨場感!
    まー美しい!
    キャメロン監督が「タイタニック」以来のメガホンをとりました。
    3Dで見たではないが、「異世界」の壮大さは分かります
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:ジェームズ・キャメロン
    主演:サム・ワーシントン
    4
  5. クレイジー・ハート

    クレイジー・ハート
    評価:B3.74
    アカデミー賞(2010年・2部門)ジェフ・ブリッジスが破滅的な人生を送るシンガーを演じ、アカデミー賞主演男優賞を受賞した感動のヒューマンドラマ。かつて一世を風靡(ふうび)した伝説のシンガーソングライターの愛と再生を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    哀しいくらいどうしようもない男と女
    極上のカントリーに酔いしれる☆
    愛する女性と親友がいれば・・・
    ジェフ・ブリッジズの名前と顔やっと覚えた
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:スコット・クーパー
    主演:ジェフ・ブリッジス
    5
  6. イングロリアス・バスターズ

    イングロリアス・バスターズ
    評価:C3.56
    アカデミー賞(2010年・助演男優賞)1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげていた。やがて彼らはパリでの作戦を実行に移す。

    アクション

    ネット上の声

    キル・ビル、キル・ナチ、キル・ヒトラー
    狂乱騒ぎで後味が悪い。故に正しい
    これが「映画だっ!」なんつって。
    むかつくけど、ランダ大佐が主役
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:クエンティン・タランティーノ
    主演:ブラッド・ピット
    6
  7. プレシャス

    プレシャス
    評価:C3.52
    アカデミー賞(2010年・2部門)実父と義理の父によって妊娠を2度させられ、母親(モニーク)からは精神的にも肉体的にも虐待を受ける16歳の少女プレシャス(ガボレイ・シディベ)。悲惨な家庭環境に生きる彼女は、学校の先生や友達、ソーシャルワーカー(マライア・キャリー)らの助けを借り、最悪の状況から抜け出そうとするが……。

    ヒューマンドラマ、貧困

    ネット上の声

    「カツマー」ならこの映画をどう観る?
    あらすじ書く人さああああ
    ドン底を照らす光。
    痛くなかった暴力
    某エンジニア
    ★★★★(4点)
    毒親に育てられたどん底人生から、支援学校の入学で改善する話。 こんな親に育てられたらどんな賢人でもおかしくなる。 貧困の連鎖は環境次第、親次第。そこから救うのは社会福祉なんだろうけど。
    年と共に涙もろくなった
    ★★(2点)
    近親相姦シーンがあるため家族で見ると超絶気まずいです・・・ 話はなかなか面白かった
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:リー・ダニエルズ
    主演:ガボレイ・シディベ
    7
  8. カールじいさんの空飛ぶ家

    カールじいさんの空飛ぶ家
    評価:C3.52
    アカデミー賞(2010年・2部門)『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。

    アニメ、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    愛する妻が死にました。それでもじいさんは
    妻のエピソードと関連性のない『冒険劇』。
    エンタティンメントとしては今回も上出来
    感動満載。でも悪役に不満が、、、
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:ピート・ドクター
    主演:エドワード・アズナー
    8
  9. ヴィクトリア女王 世紀の愛

    ヴィクトリア女王 世紀の愛
    評価:C3.48
    アカデミー賞(2010年・衣装デザイン賞)7つの海を支配し、イギリスを「太陽の沈まない帝国」と呼ばれるまでに押し上げたヴィクトリア女王(エミリー・ブラント)。黄金期を夫婦で支えた女王とアルバート王子(ルパート・フレンド)だったが、真のきずなを結ぶまで数々の波乱と困難を乗り越えなければならなかった。王室の権力争いや、マスコミが書きたてるスキャンダルなど幾多の荒波にもまれながら、ピュアな愛が育っていく。

    恋愛

    ネット上の声

    アルバート公に惚れます(顔じゃなくて…)
    権力闘争の後の幸せ
    ヴィクトリアとアルバートの純粋な愛の形。
    女王って自分からプロポーズするんだね。。
    製作年:2009
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:ジャン=マルク・ヴァレ
    主演:エミリー・ブラント
    9
  10. ハート・ロッカー

    ハート・ロッカー
    評価:C3.43
    アカデミー賞(2010年)イラクに駐留するアメリカ軍の中でも、最大の危険を伴う爆発物処理班の兵士を描き、2009年の賞レースを席巻した戦争アクション。命知らずの兵士と仲間との確執と友情を軸に、緊張感あふれる爆発物処理の現場をリアルに映し出す。

    アクション、戦争、テロリストとの死闘を描いた、リアルな戦闘シーンがある

    ネット上の声

    これまでのイラク物と比べ着眼点が良かったのかな、
    迫力あるシーンはあるが、期待したほどではない。
    アメリカ軍爆弾処理班の日常をリアルに描く
    みんな犬死に、RPG戦争ゲーム実写版
    製作年:2008
    製作国:アメリカ
    監督:キャスリン・ビグロー
    主演:ジェレミー・レナー
    10
  11. ザ・コーヴ

    ザ・コーヴ
    評価:E2.18
    アカデミー賞(2010年)美しい海岸線が広がる和歌山県太地町にある小さな入り江では、毎年9月になるとひそかにイルカ漁が行われていた。街を挙げて立入禁止にするほどの厳戒態勢の中、撮影隊はカメラを持ち込み、その実態を隠し撮りで撮影。そこには血で真っ赤に染まる海と叫び声を上げる大量のイルカたちの姿があった。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    これはドキュメントではない。騙されるな!
    プロバガンダ色の強いエンタメドキュメント
    そこまで騒ぎ立てるドキュメントじゃないな
    で、ここで騒いでる人たちは観たわけ!?
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:ルイ・シホヨス
    主演:リック・オバリー
    11

スポンサードリンク