映画「見知らぬ渡り者」のランキング情報

総合評価E
0.00
評価数:0
見知らぬ渡り者
ルイス・ラムーアの原作をクリストファー・ノッフが脚色、1945年以来モノグラム社、アライド・アーチスツで西部劇を手がけてきたトーマス・カーが監督した西部劇。撮影監督は「最初のテキサス人」のウィルフリッド・M・クライン、音楽は「開拓者の血闘」のハンス・J・サルター。主演には、「開拓者の血闘」のジョエル・マクリーと「硝煙」のヴァージニア・メイヨが「死の谷」以来、久々に顔を合わせているほか、バリー・ケリー、新人子役フィリップ・フィリップス、テレビの「折れた矢」シリーズの人気者マイケル・アンサラなど。

「見知らぬ渡り者」のランキング情報

西部劇
第992位(1018件中)
1957年
第647位(692件中)
洋画
第33694位(34223件中)
アメリカ
第20712位(20989件中)
1950年代
第12508位(13068件中)
トーマス・カー監督が制作
第4位(5件中)
マイケル・アンサラが出演
第6位(6件中)
ジョエル・マクリーが出演
第41位(42件中)
ヴァージニア・メイヨが出演
第25位(27件中)
バリー・ケリーが出演
第6位(6件中)