映画「不滅の熱球」のランキング情報

総合評価D
2.74
評価数:24
不滅の熱球
名投手沢村栄治の半生と日本プロ野球の誕生時代を描いたもので、「平手造酒(1954)」の菊島隆三が脚本を書き、「魔子恐るべし」の鈴木英夫が監督に当っている。撮影は「君死に給うことなかれ」の中井朝一。出演者は、「君死に給うことなかれ」の池部良と司葉子、「荒城の月(1954)」の滝花久子、清水将夫、「二十四の瞳(1954)」の笠智衆のほか、千秋実、藤原釜足、土屋嘉男、北沢彪などで、巨人第二軍が水原、三原、中尾、川上、千葉、筒井、平山、吉原、白石、中島、スタルヒンの諸選手に扮して試合場面に出場している。

「不滅の熱球」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第9720位(23744件中)
1955年
第91位(620件中)
邦画
第7057位(28267件中)
1950年代
第1837位(13066件中)
鈴木英夫監督が制作
第12位(34件中)
笠智衆が出演
第40位(90件中)
藤原釜足が出演
第13位(58件中)
池部良が出演
第40位(115件中)
司葉子が出演
第34位(80件中)