映画「制服の処女」のランキング情報

総合評価C
3.53
評価数:17
全映画の平均
(評価:2.58、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数人
YAHOO 4.14評価数7人
ぽすれん0.00評価数---人
DMM 0.00評価数---人
楽天 0.00評価数---人
ぴあ 3.90評価数10人
映画.com0.00評価数人
制服の処女
「白痴(1921)」「激流の哀曲」の監督者カール・フレーリッヒが総指揮のもとに完成された作品で、クリスタ・ウィンスロー原作の舞台劇『昨日と今日』を、ウィンスロー自身及びF・D・アンダムが共同で脚色し、ラインハルト門下の女流舞台監督として令名あるレオンティーネ・ザガンが第一回作品としてメガフォンを取った。出演者は全部舞台女優であり、映画には初出演の人々のみを集められている。主演はドロテア・ヴィーク、ヘルタ・ティーレ、エレン・シュヴァネッケ等の若い女優及び、エミリア・ウンダ等である。キャメラはライマール・クンツェ、フランツ・ワイマイヤーの二人である。

ヒューマンドラマ、青春


「制服の処女」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第5390位(26368件中)
青春
第909位(3821件中)
1931年
第6位(261件中)
洋画
第3909位(32754件中)
フランス
第650位(4013件中)
ドイツ
第256位(1996件中)
1950年代
第388位(13004件中)
レオンティーネ・サガン監督が制作
第1位(1件中)
ヘルタ・ティーレが出演
第1位(5件中)
ドロテア・ウィークが出演
第1位(6件中)
エミリア・ウンタが出演
第1位(1件中)

スポンサードリンク