映画「新やじきた道中」のランキング情報

総合評価E
2.19
評価数:14
新やじきた道中
菅沼完二の企画で、週刊朝日連載の長谷川町子の漫画を映画化したもの。脚本は「赤穂城」の民門敏雄が書いている。「銭形平次捕物控 地獄の門」をあげた監督森一生、キャメラマン牧田行正が続いてとりあげた作品である。出演者は、花菱アチャコと横山エンタツのコンビを復活した二人が久しぶりの共演で、弥次郎兵衛、喜多八を演じ、それに清川虹子、ラジオの丹下キヨ子、「母子鶴」の少女流行歌手江利チエミ、落語家三遊亭圓馬のほか、伴淳三郎、澤村國太郎、横尾泥海男、上田寛、正木隆子などである。

「新やじきた道中」のランキング情報

1952年
第96位(394件中)
邦画
第12917位(28268件中)
1950年代
第2862位(13069件中)
森一生監督が制作
第42位(111件中)
横山エンタツが出演
第4位(39件中)
花菱アチャコが出演
第6位(93件中)
清川虹子が出演
第21位(76件中)
丹下キヨ子が出演
第2位(4件中)