スポンサーリンクあり

全50作品。森一生監督が制作した映画ランキング

  1. 不知火檢校
    • B
    • 3.97
     悪の限りをつくす盲目の按摩師・徳の市を主人公としたピカレスク時代劇。

    ネット上の声

    • 「座頭市」に昇華する勝新太郎の主演作
    • 勝新の眼はつむっていても開眼
    • 座頭市はここから生まれた
    • なんと素敵なピカレスク
    時代劇
    • 製作年1960年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  2. 昨日消えた男
    • C
    • 3.50
    「天国と地獄」の小国英雄がオリジナル・シナリオを執筆「ど根性物語 図太い奴」の森一生が監督した推理もの時代劇。撮影は「座頭市喧嘩旅」の本多省三。

    ネット上の声

    • 元祖暴れん坊将軍??
    時代劇
    • 製作年1964年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  3. 横溝正史シリーズ/悪魔の手毬唄
    • C
    • 3.45

    ネット上の声

    • 何度観ても泣いてしまいます。
    • 『金田一耕助』=『古谷一行』
    金田一耕助、 サスペンス
    • 製作年1977年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督森一生
    • 主演古谷一行
  4. 銭形平次
    • C
    • 3.42
    「紅蝙蝠(1950)」と同じく清川峰輔の企画で、野村胡堂の知られた捕物シリーズの小説から「鬼あざみ」の冬島泰三が脚色して、「阿修羅判官」の森一生が監督に当たっている。主演は、「月の渡り鳥」をあげた長谷川一夫、それに「雪割草」の三條美紀、「阿修羅判官」の長谷川裕見子、「鉄の爪」の日高澄子などがつき合っている。

    ネット上の声

    • 銭の乱れ撃ちに効果は・・
    • 謎解きパートもあるが何と言っても最大の見せ場は犯人に鬼のような手数で銭を投げつけ
    時代劇
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督森一生
    • 主演長谷川一夫
  5. 藤十郎の恋
    • C
    • 3.36
    菊池寛の原作から「楊貴妃」の依田義賢が脚本を書き「花ざかり男一代」の森一生が監督する。撮影は「楊貴妃」の杉山公平、音楽は「おえんさん」の斎藤一郎の担当。「つばくろ笠」の長谷川一夫、「楊貴妃」の京マチ子、「あした来る人」の小沢栄、「八州遊侠伝 源太あばれ笠」の柳永二郎、「伊太郎獅子」の三田登喜子、猿之助劇団の女形市川松蔦などが出演する。

    ネット上の声

    • おさん茂兵衛 心と血で贖った芝居
    • 結末が。。。
    • 暗い部屋で悩む藤十郎の下に光を持ったお梶が寄ってくるシーンには色々な含意があって
    • 撮影の杉山公平は『元禄忠臣蔵』などでも良い仕事をしたわけでこれはもう森版の『近松
    時代劇
    • 製作年1955年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督森一生
    • 主演長谷川一夫
  6. ある殺し屋
    • C
    • 3.33
    藤原審爾の原作『前夜』を、「赤い天使」の増村保造と、「大捜査網」の石松愛弘が共同で脚色し、「あの試走車を狙え」の森一生が監督したサスペンスドラマ。撮影は「小さい逃亡者」の宮川一夫。主な出演者は「陸軍中野学校」の市川雷蔵、「クレージー大作戦」の野川由美子、「出獄の盃」の成田三樹夫。

    ネット上の声

    • 昔はこんな素晴らしい作品が撮れたんですね
    • ひたすら雷蔵をカッコよく演出した映画。
    • 動じない男、懲りない女、真似する男
    • 世界も魅了するであろう殺し屋映画
    殺し屋、 サスペンス、 アクション
    • 製作年1967年
    • 製作国日本
    • 時間82分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  7. 兵隊やくざ 脱獄
    • C
    • 3.26
    有馬頼義の原作「貴三郎一代」を、「処女が見た」の舟橋和郎が脚色し、「ほんだら捕物帖」の森一生が監督した“兵隊やくざ”シリーズ第四作目。撮影は「若親分乗り込む」の今井ひろし。

    ネット上の声

    • 脱走で満州の陸軍刑務所に入れられ、たまたま知り合いの上官のはからいで兵隊に戻る
    • 走るトラックの荷台で小川真由美とキス、彼女を残して飛び降り駆け出す大宮(勝新)、
    • 大宮と有田のコンビ、急死に一生の連続を知恵と度胸で何とか乗り切る相棒二人
    • なにげなーくお父さんがテレビで見てたこのシリーズめっちゃ面白かった!!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
  8. 悪名太鼓
    • D
    • 3.00
    今東光の原作を「宿無し犬」の藤本義一が脚色「駿河遊侠伝 賭場荒し」の森一生が監督した悪名シリーズ九作目。撮影もコンビの今井ひろし。

    ネット上の声

    • 気楽に面白い
    • 主人公の男前度は現代ヤサ男のバイブル☆
    • 朝吉、西へ
    • 朝吉、西へ
    時代劇
    • 製作年1964年
    • 製作国日本
    • 時間85分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  9. 薄桜記
    • D
    • 2.98
    五味康祐の産経新聞連載小説の映画化で、赤穂浪士の仇討を背景とした時代劇。「ジャン・有馬の襲撃」の伊藤大輔が脚色し、「次郎長富士」の森一生が監督した。撮影も「次郎長富士」の本多省三。

    ネット上の声

    • 真城千都世の破壊力がすさまじい
    • 大映時代劇という芸術(アート)
    • 見応えある殺陣の美しさ
    • 修羅妄執の世界じゃのう
    時代劇
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  10. 銭形平次捕物控 からくり屋敷
    • D
    • 2.92
    企画は「神州天馬侠(1952)」の高桑義生、野村胡堂の原作から「社長秘書」の八尋不二が脚色し、「腰抜け巌流島」の森一生が監督に当り、「大仏開眼」の杉山公平が撮影を担当している。出演者の主なものは「大仏開眼」の長谷川一夫と黒川弥太郎、「稲妻(1952)」の三浦光子のほか霧立のぼる、入江たか子、青山杉作などである。

    ネット上の声

    • お金を投げつけまくる平次 最後には一両金貨まで投げていた 意外にからくり屋敷の仕
    • 大映創立80周年の映画祭を前に、名作リストには入っていないものの、人気シリーズな
    • 2023/2/5
    時代劇
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督森一生
    • 主演長谷川一夫
  11. わたしの名は情婦
    • D
    • 2.88
    「大江戸七変化」「虹男」の辻久一の企画。脚本は「わが恋は燃えぬ」(新藤兼人と協同)の依田義賢で「地下街の弾痕」につぐ森一生の監督である。キャメラは「地下街の弾痕」の石本秀雄担当、主演は「どぶろくの辰(1949)」の水戸光子「地下街の弾痕」の二本柳寛でそれに「地下街の弾痕」「どぶろくの辰(1949)」の菅井一郎「母恋星」「三つの真珠」の沢村貞子「飛騨の暴れん坊」の阿部九洲男「こんな女に誰がした」の常盤操子らが出演する。

    ネット上の声

    • マスコミの専横は今も昔も…
    時代劇
    • 製作年1949年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督森一生
    • 主演水戸光子
  12. おけさ唄えば
    • D
    • 2.85
    「続サラリーマン忠臣蔵」の笠原良三のオリジナル・シナリオを、「風と雲と砦」の森一生が監督した歌謡股旅もの。撮影担当も「風と雲と砦」の本多省三。

    ネット上の声

    • 当時のアイドル、橋幸夫を迎えて市川雷蔵がコメディ演技で器用なところを見せる
    • 市川雷蔵のコメディ演技は華があってそれでいて砕けてる感じが良いね(*´Д`)
    • 市川雷蔵、水谷八重子、2代目中村鴈治郎のやり取りが楽しいコメディ
    • 股旅ものはあまり好みではないけど、この作品はコミカルで楽しい
    時代劇
    • 製作年1961年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  13. 座頭市御用旅
    • D
    • 2.84
    昭和三十七年「座頭市物語」以来のシリーズ二十三本目。脚本は「渡世人 命の捨て場」の直居鉄哉。監督は「皆殺しのスキャット」の森一生。撮影は「片足のエース」の森田富士郎。

    ネット上の声

    • もうテレビ版のような作り
    • 燃え盛る炎は市の怒りの炎
    • 座頭市シリーズ23作品目
    • 抜群に面白かった
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1972年
    • 製作国日本
    • 時間90分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
    • 定額
  14. 三代の盃
    • D
    • 2.83
    八尋不二の原作を「蝙蝠屋敷」の吉田哲郎が脚色、「新源氏物語」の森一生が監督した侠客もの。撮影は「銭形平次捕物控 美人鮫」の本多省三。

    ネット上の声

    • 山根貞夫の解説に「60年代の仁侠映画の設定そのまま」って書いてあったけどほんとに
    • ええっ 喧嘩しちゃいけないの?!
    • 陰影の美と端正な語り口に森一生かとわなないたけど、ちまちま気持ち悪いパンが苦手
    時代劇
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  15. 忍びの衆
    • D
    • 2.78
    司馬遼太郎の原作「伊賀の四鬼」をテレビドラマ「悪一代」を書いた山田隆之が脚色し、「眠狂四郎円月殺法」の森一生が監督した“忍びの者”シリーズ第九作。撮影は「二代目若親分」の森田富士郎。

    ネット上の声

    • 忍者も悩みが多いということです。
    • 生米って腹持ちが良いのかなあ~
    • レンタル忍者・松方弘樹、
    • 垂直ジャンプで塀に登ったりのトリック撮影に興醒めしてしまう私は忍者映画をそもそも
    時代劇
    • 製作年1970年
    • 製作国日本
    • 時間79分
    • 監督森一生
    • 主演松方弘樹
  16. まらそん侍
    • D
    • 2.73
    伊馬春部の放送劇を「虚無僧変化」の八木隆一郎が脚色し、「俺は藤吉郎」の森一生が監督、「帰って来た幽霊」の本多省三が撮影を担当した。主なる出演者は「花の渡り鳥」の勝新太郎、「又四郎喧嘩旅」の瑳峨三智子、三田登喜子、「新・平家物語 義仲をめぐる三人の女」の夏目俊二、「チャッカリ夫人とウッカリ夫人 (夫婦御円満の巻)」の大泉滉など。

    ネット上の声

    • 大泉滉の走る姿が笑えます。
    • 始めの方に出てくる、褒美として巨大キセルの煙草を回し吸いする絵面がチーチ&チョン
    • 勝新太郎等、キャストに頼りすぎていて物語自体はあまり面白くない
    • 家老の娘に惚れた若い武士がマラソンで勝負する話
    時代劇
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間90分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  17. 若親分兇状旅
    • D
    • 2.72
    「眠狂四郎無頼控 魔性の肌」の高岩肇がシナリオを執筆し、「ある殺し屋」の森一生が監督した“若親分”シリーズ第六作目。撮影は「陸軍中野学校 密命」の今井ひろし。

    ネット上の声

    • わかりやすく単体で充分楽しめた
    • 若親分の推理日誌
    • シリーズ第7作
    • スカパーにて
    アクション
    • 製作年1967年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  18. 怪談蚊喰鳥
    • E
    • 2.72
    宇野信夫の原作を、「非情の男」の共同執筆者・国弘威雄が脚色し、「大菩薩峠 完結篇(1961)」の森一生が監督した文芸怪談映画。撮影も同じく本多省三が担当。

    ネット上の声

    • 小さい頃怖かった映画・・・
    • 怪談入り犯罪映画
    時代劇
    • 製作年1961年
    • 製作国日本
    • 時間78分
    • 監督森一生
    • 主演船越英二
    • 定額
  19. ある殺し屋の鍵
    • E
    • 2.71
    藤原審爾の原作『消される男』(弥生書房刊)を、「痴人の愛(1967)」の増村保造が構成、「処女が見た」の小滝光郎が脚色した。監督は「若親分兇状旅」の森一生で、「ある殺し屋」の続編。撮影は「座頭市牢破り」の宮川一夫。

    ネット上の声

    • 雷蔵さんが渋い
    • 雷蔵さんが渋い
    • 前作ほどでは
    • 踊りの師匠は砥いた針で人を消す裏稼業で自分が消されそうになった恨みは晴らすが報酬
    殺し屋、 サスペンス
    • 製作年1967年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  20. 陸軍中野学校 雲一号指令
    • E
    • 2.63
    「複雑な彼」の長谷川公之がシナリオを執筆、「ほんだら捕物帖」の森一生が監督したシリーズ第二作目。撮影は「若親分乗り込む」の今井ひろし。

    ネット上の声

    • 新型爆弾を積んだ船が爆破される
    • 村松英子ら懐かしい顔ぶれ多いスパイ映画
    • 陸軍中野学校2! 市川雷蔵主演
    • 中野学校の防諜作戦
    サスペンス
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間81分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
    • レンタル
    • レンタル
  21. 続・座頭市物語
    • E
    • 2.63
    前作についで第二作目。子母沢寛原作を、前作と同じく犬塚稔が脚色、「江戸へ百七十里」の森一生が監督したやくざもの。撮影は「青葉城の鬼」の本多省三。

    ネット上の声

    • 市と与四郎…いや、勝新と若山富三郎物語
    • 顔をさわる名シーンがちょっと台無し
    • 勝新太郎&若山富三郎 兄弟役で共演!
    • 兄でもありライバルでもあり
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間72分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
  22. 秘録おんな蔵
    • E
    • 2.62
    「講道館破門状」の浅井昭三郎がシナリオを執奏し、「鉄砲伝来記」の森一生がメガホンをとった風俗もの。撮影は「眠狂四郎人肌蜘蛛」の武田千吉郎。

    ネット上の声

    • 森一生監督の腰の据わった演出を楽しむ
    • 吉原じゃあ旦那も浮気厳禁なんだ!
    • いままで吉原の映画いくつか見たけど帯の説明や踏み合いとか初めて知ったし、特に安田
    • 吉原ものは何しろ面白いですよね…、馴染みの客を他の女郎に盗られたら掴み合いのキャ
    • 製作年1968年
    • 製作国日本
    • 時間78分
    • 監督森一生
    • 主演安田道代
  23. 座頭市逆手斬り
    • E
    • 2.62
    子母沢寛の原作を、「新鞍馬天狗」の浅井昭三郎が脚色、「忍びの者 伊賀屋敷」の森一生が監督した“座頭市”シリーズ第十一作目。撮影もコンビの今井ひろし。

    ネット上の声

    • 「やめようかな・・・」の一言で大爆笑。とにかく、人助けをすると大変な目に遭ってきた座頭市だからしょうがない。
    • コンパクトで、無駄がない座頭市
    • ザ・座頭市?〜市ものまね講座?
    • 偽者も登場する有名人
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1965年
    • 製作国日本
    • 時間78分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  24. 新悪名
    • E
    • 2.61
    「悪名」シリーズの第三作。今東光原作を「悪名」の依田義賢が脚色、「三代の盃」の森一生が監督したヤクザもの。撮影は「鉄砲安の生涯」の今井ひろし。

    ネット上の声

    • 田宮二郎さんのキャラクターはこっちの方が好きやな、内容も人情味のある内容で良かっ
    • 生きた英霊には墓があったが妻も子分も縄張りもなく第三国人や女郎や弱者たちとバラッ
    • 万里昌代ちゃんがもの凄え美人でうっとり&伊達三郎が悪党じゃ無くて(笑)
    • 復員後の朝吉と清次との出会いを中心に地味に物語が続きます
    時代劇
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間99分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
  25. 荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻
    • E
    • 2.61

    ネット上の声

    • 森一生&黒澤明によるリアリズム時代劇
    • 鍵屋って戦後まで残っていたんだ!
    • 「七人の侍」への導線
    • 決闘鍵屋の辻
    時代劇
    • 製作年1952年
    • 製作国日本
    • 時間82分
    • 監督森一生
    • 主演三船敏郎
  26. 26

    化身

    化身
    • E
    • 2.58
    今東光原作・週刊サンケイ連載の同名小説を、「釈迦」の八尋不二が脚色。「新源氏物語」の森一生が監督した愛欲篇。撮影もコンビの本多省三。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  27. 破れ傘長庵
    • E
    • 2.57
    「抜打ち鴉」の犬塚稔と「雲右衛門とその妻」の辻久一が共同で脚本を執筆、「陽気な殿様」の森一生が監督した異色時代劇。撮影もコンビの今井ひろし。

    ネット上の声

    • 勝新太郎が極悪非道の悪党を
    • 白黒ネコちゃん名演技!
    • 嫌な良い映画 その2
    • 『座頭市物語』の犬塚稔脚本、『不知火検校』の森一生監督という黄金コンビだが、劣化
    時代劇
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  28. 江戸へ百七十里
    • E
    • 2.56
    週刊読売連載山手樹一郎原作を「香港の星」の笠原良三が脚色、「新・悪名」の森一生が監督した明朗時代劇。撮影もコンビの今井ひろし。
    時代劇
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  29. 悪名市場
    • E
    • 2.55
    今東光原作を「新・悪名」の依田義賢が脚色、「陽気な殿様」の森一生が監督したヤクザもの。撮影もコンビの今井ひろし。

    ネット上の声

    • 面白いがあと一歩
    • 「梅に鶯、松に鶴、そして朝吉には清次」
    • @勝新の河内音頭が良かった♪(^-^)b
    • 悪名の偽物に悪名が仕え詐欺師一味にいたぶられる偽物の代わりに本物が河内音頭を裸で
    時代劇
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  30. 陽気な殿様
    • E
    • 2.52
    週刊文春連載・五味康祐原作を「江戸へ百七十里」の笠原良三が脚色、「続・座頭市物語」の森一生が監督した喜劇調様代劇。撮影は「江戸へ百七十里」の今井ひろし。
    時代劇
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  31. 新・忍びの者
    • E
    • 2.49
    村山知義の原作を、「犯罪作戦NO・1」の高岩肇が脚色、「悪名波止場」の森一生が監督した忍者もの。撮影は「妖僧」の今井ひろし。

    ネット上の声

    • 「忍びの者」シリーズ第3作目です。
    • 闇の世界の住人の目から観た戦国権力闘争記
    • 五右衛門は生きていた!
    • 文子出てるからという動機付けで観た『新・忍びの者』。秀吉の晩年、朝鮮出兵前から亡
    時代劇
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  32. 横溝正史シリーズ/不死蝶
    • E
    • 2.48

    ネット上の声

    • 戦後の横溝作品における神秘的側面
    金田一耕助、 サスペンス
    • 製作年1978年
    • 製作国日本
    • 時間143分
    • 監督森一生
    • 主演古谷一行
  33. 眠狂四郎 円月殺法
    • E
    • 2.47
    「賞金稼ぎ」の高田宏治と高橋稔が脚本を共同執筆し、「四谷怪談 お岩の亡霊」の森一生が監督したシリーズ第十三作。撮影は同作でコンビを組んだ武田千吉郎。

    ネット上の声

    • シリーズ通算13作目
    • 亡くなった市川雷蔵の穴を埋めるために東映からレンタルされた松方弘樹は、雷蔵の当た
    • 円月殺法を惜しげもなく繰り返しお披露目する松方狂四郎
    • 松方弘樹の眠狂四郎
    時代劇、 眠狂四郎
    • 製作年1969年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督森一生
    • 主演松方弘樹
  34. 悪名波止場
    • E
    • 2.45
    今東光原作“悪名”より「悪名市場」の依田義賢が脚色、「てんやわんや次郎長道中」の森一生が監督した悪名シリーズ。撮影は「舞妓と暗殺者」の本多省三。

    ネット上の声

    • いつもながら素晴らしい
    • 女のために働いて女子船で遊ばれて女と簀巻きで棄てられて女子船に救われてガールの投
    • かっこいー田宮二郎とニセ清次藤田まことのやりとりが笑える
    • 港町で覚醒剤中毒の女性とおなご船と薬を影で売る組のお話
    時代劇
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  35. 濡れ髪喧嘩旅
    • E
    • 2.44
    「千姫御殿(1960)」の八尋不二の脚本を、「薄桜記」の森一生が監督した、現代調の股旅もの。撮影も同じく「薄桜記」の本多省三。主な出演者は「薄桜記」の市川雷蔵、真城千都世、「初夜なき結婚」の川崎敬三、「魔笛若衆」の浦路洋子。

    ネット上の声

    • 面白い時代劇
    時代劇
    • 製作年1960年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  36. 四谷怪談 お岩の亡霊
    • E
    • 2.44
    鶴屋南北の原作「東海道四谷怪談」を「座頭市果し状」の直居鉄哉が脚色し、「関東おんな悪名」の森一生が監督した。撮影は「用心捧兇状旅」の武田千吉郎が担当。戦後七度目の映画化。

    ネット上の声

    • まあ、いろんなお岩さんの映画作品がありますよねっ
    • 近衛をなぜそこまで立てたの?
    • これぞジャパニーズホラー
    • 納涼=怪談 時季はずれ?
    時代劇
    • 製作年1969年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督森一生
    • 主演佐藤慶
    • レンタル
    • 定額
  37. あぶく銭
    • E
    • 2.43
    「おんな極悪帖」の星川清司のオリジナル脚本を、「忍びの衆」の森一生が監督した遊侠篇。撮影は同作の森田富士郎が担当。

    ネット上の声

    • 軽く馬鹿にしながら見たが、雨の瓦先覚悟を決めたが如くまっすぐ歩く勝新と天地茂かっ
    • 二組のヤクザが縄張り争いをしている町に、3人組の賭場荒らしが現れ、大暴れする
    • 勝新と天知茂が反目し合いながらもある出来事をきっかけにタッグを組む
    • 革ジャンの勝新で刑事みたいだと思ったら三人組のチンピラだった
    • 製作年1970年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  38. 忍びの者 伊賀屋敷
    • E
    • 2.42
    「八州遊侠伝 男の盃」の直居欽哉と服部偉が共同でシナリオを執筆「暴れ犬」の服部佳が監督した“忍びの者”シリーズ第六作目。撮影もコンビの今井ひろし

    ネット上の声

    • 少し老けメイクの才蔵(雷蔵)が退場し、子のサイスケ(雷蔵)が主役として少し若メイ
    • 史実にある由比正雪の乱を下敷きに、忍者映画というよりも歴史ミステリーの趣向で成功
    • 雷蔵主演の忍びの者シリーズで、石川五右衛門、霧隠才蔵に続き、今度は才蔵の息子で2
    • 早く薫姫見たさにシリーズ中2作すっ飛ばして伊賀屋敷
    時代劇
    • 製作年1965年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  39. 忍びの者 新・霧隠才蔵
    • E
    • 2.42
    「若親分喧嘩状」の高岩肇がシナリオを執筆、「ほんだら剣法」の森一生が監督した“忍びの者”シリーズ第七作目。撮影もコンビの今井ひろし。

    ネット上の声

    • 風魔一族の首領と聞いて思い浮かべるのは、「仮面の忍者赤影」第4部に登場する、左卜
    • あっれえ?『続・霧隠才蔵』で死んだはずの家康が生きてる?何だ、こりゃ
    • 前作に引き続き同じ森一生監督なんだけど、なんだけど、なんだかな
    • 大坂の陣が終わり、徳川の天下になりつつある時代
    時代劇
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  40. 次郎長富士
    • E
    • 2.41
    「若き日の信長」の八尋不二の脚本により同じく「若き日の信長」の森一生が監督した、おなじみ次郎長もの、オールスター・キャスト映画。撮影は「魔笛若衆」の本多省三。

    ネット上の声

    • オールスターを使い切るために必死
    • 前半、長谷川一夫さん、中盤、市川雷蔵さん、後半、長谷部一夫さん
    • こういう定番もので、オールスター映画ときたら、カツライスを比較するのにもってこい
    • かなり退屈だったし、ヤクザってつくづくしょうもないな…と思ったけど、次郎長ものは
    時代劇
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督森一生
    • 主演長谷川一夫
    • レンタル
  41. 悪名十八番
    • E
    • 2.40
    今東光の原作『裸蟲』を、「なみだ川」の依田義賢が脚色し、「ある殺し屋の鍵」の森一生が監督した“悪名”シリーズ第十四作目。撮影は「若親分兇状旅」の今井ひろし。

    ネット上の声

    • 森光子とHするか?勝新のコスプレ好き?
    • なんでこうなるの?
    • 選挙騒動に巻き込まれた朝吉は生娘に惚れて探して助けだすも清次との最後の悪名でまた
    • 仮出所して相撲大会で活躍して目を付けられる
    時代劇
    • 製作年1968年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  42. 鉄砲伝来記
    • E
    • 2.38
    高野悦子の原案から「陸軍中野学校 開戦前夜」の長谷川公之がシナリオを執筆、「悪名十八番」の森一生が監督した歴史に題材を取った悲恋もの。撮影は「眠狂四郎女地獄」の森田富士郎。

    ネット上の声

    • 刀鍛冶が見せる鉄砲製作への意地
    • 蝶蝶夫人の戦国時代版。
    • 火縄銃のコピー
    • 若尾文子主演作として観るなら珍作になるだろうけど、鉄砲伝来によって人生が狂ってし
    時代劇
    • 製作年1968年
    • 製作国日本
    • 時間108分
    • 監督森一生
    • 主演リック・ジェイソン
  43. 朱雀門
    • E
    • 2.38
    川口松太郎の原作「皇女和の宮」(朝日新聞連載)より「新・平家物語 静と義経」の八尋不二が脚本執筆、「あばれ鳶」の森一生が監督した悲恋メロドラマ。撮影は「夜の河」の宮川一夫。主な出演者は「慕情の河」の若尾文子、「大阪物語」の市川雷蔵、「続・銀河の都」の山本富士子、「鼠小僧忍び込み控 子の刻参上」の夏目俊二、「一夜の百万長者」の舟木洋一、ほかに東野英治郎、小沢栄、柳永二郎、滝花久子、三宅邦子など。
    時代劇
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間101分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  44. 暴れ犬
    • E
    • 2.37
    「ごろつき犬」の藤本義一がシナリオを執筆「駿河遊侠伝 度胸がらす」の森一生が監督した“犬シリーズ”第四作目。撮影もコンビの今井ひろし。

    ネット上の声

    • 「犬」シリーズ第4作目です。
    • 天知茂出ないのか、、大坂志郎が悪い訳じゃないけど、、、鴨井大介はいつも通りルパン
    • しょぼくれ刑事が大坂次郎に代替わりしたものの、なかなかの好演
    • スケジール調整が大変だったのか、今回も天知茂が出てこない
    アクション
    • 製作年1965年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督森一生
    • 主演田宮二郎
  45. あばれ鳶
    • E
    • 2.37
    纏片手に恋の達引と男の意地を描いた時代篇。「台風騒動記」の八住利雄が脚本を書き、「銭形平次捕物控 人肌蜘蛛」の森一生が監督、「不知火奉行」の本多省三が撮影を担当する。主な出演者は「月形半平太(1956)」の市川雷蔵、林成年、「この女に手を出すな」の瑳峨三智子、「第三非常線」の近藤美恵子、他に中村玉緒、黒川弥太郎、小町瑠美子。宝塚歌劇団から大映入りした八木紀子が第一回出演する。

    ネット上の声

    • 火消しの1人という町民役ながらあふれ出る気品で火事場に行っても汚れない雷蔵さまク
    • 雷蔵さん主演の『破戒』のブルーレイの特典でついていたDVDで鑑賞です
    • ストーリーとしては平凡な、まあ普通に「いい話」なんですよ
    • 市川雷蔵主演のモノクロ映画
    時代劇
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  46. ど根性物語 図太い奴
    • E
    • 2.35
    今東光の原案より、椎名竜治がシナリオを執筆「新忍びの者」の森一生が監督した風俗ドラマ。撮影はコンビの今井ひろし。

    ネット上の声

    • 面白かったし、ラストは普通にジーンとしてしまった
    • 勝新映画の中でも大分マイナーな部類と思われる
    • 東野英治郎に怒鳴られてシュンとなる勝新
    • 勝新のキュートネスを堪能
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1964年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  47. 日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里
    • E
    • 2.35
    かつて雑誌『少年倶楽部』に連載された山中峯太郎の『敵中横断三百里』の映画化。「どん底」のコンビ、黒澤明と小国英雄が共同で脚本を書き「稲妻街道」の森一生が監督、「青空娘」の高橋通夫が撮影した。主演は「青空娘」の菅原謙二、「暖流(1957)」の根上淳、船越英二、品川隆二、「花嫁立候補(1957)」の川崎敬三。ほかに北原義郎、高松英郎、石井竜一、柳永二郎など。

    ネット上の声

    • 『少年倶楽部』作品に現代っ子も熱狂する?
    • 黒澤フリークにだけお勧めします
    • ご都合主義の理由
    • 十分楽しめる映画
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督森一生
    • 主演菅原謙二
  48. 駿河遊侠伝 賭場荒し
    • E
    • 2.34
    子母沢寛の原作を「傷だらけの山河」の新藤兼人が脚色「昨日消えた男」の森一生が監督した仁侠もの。撮影は「柔道名勝負物語 必殺一本」の今井ひろし。

    ネット上の声

    • お馴染みの次郎長ものかと思って見てみると、勝新の顔つきがなんだか不良少年じみてい
    • やんちゃの挙げ句に大店を食い潰した若き清水次郎長(勝新太郎)が、様々な任侠と出会
    • 清水の次郎長の若かりし頃のロードムービーをカツシンが演ずるシリーズ第一作
    • それはもうありふれた股旅モノを勝新に置き換えましたという感じ
    • 製作年1964年
    • 製作国日本
    • 時間90分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  49. 若き日の信長
    • E
    • 2.33
    大佛次郎の歌舞伎劇から、「遊太郎巷談」の八尋不二が脚本をものし、「人肌牡丹」の森一生が監督した時代劇。撮影は「人肌牡丹」の相坂操一。

    ネット上の声

    • 他の映画、ドラマにない信長像
    時代劇
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
    • レンタル
  50. 大菩薩峠 完結篇
    • E
    • 2.32
    「大菩薩峠(1960)」の第三部・完結編で、中里介山の原作を、一・二郎に続き衣笠貞之助が脚色し、三隅研次に代って「おけさ唄えば」の森一生が監督した。撮影も「おけさ唄えば」の本多省三。

    ネット上の声

    • 目は見えなくとも心の目は開いておる!
    • 大菩薩峠 完結編 主演市川雷蔵
    • 彷徨う雷蔵と祟り
    • 圧巻のラスト
    時代劇
    • 製作年1961年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
    • レンタル

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。