映画「心臓破りの丘」のランキング情報

総合評価E
0.00
評価数:0
心臓破りの丘
ボストン・マラソンで第一位となった山田敬蔵選手をモデルに「続々十代の性典」の須崎勝弥が脚本をかき、「再会(1953)」の木村恵吾が監督した。題名はボストン・マラソンの難コース「ハアト・ブレーキング・ヒル」から採っている。撮影は「続々十代の性典」の姫由真佐久、音楽は「紅椿」の飯田三郎。「母の湖」の根上淳、「にごりえ」の久我美子、「女の一生(1953)」の宇野重吉、英百合子、北林谷栄、「夜明け前」の滝沢修、「無法者」の清水将夫、二十年ぶりで帰朝したフランク・熊谷などが出演する。

「心臓破りの丘」のランキング情報

1954年
第415位(551件中)
邦画
第25549位(28313件中)
1950年代
第11534位(13068件中)
木村恵吾監督が制作
第40位(52件中)
滝沢修が出演
第39位(46件中)
宇野重吉が出演
第59位(66件中)
根上淳が出演
第56位(70件中)
清水将夫が出演
第33位(34件中)