映画「サラリーマン喧嘩三代記」のランキング情報

総合評価E
0.00
評価数:0
サラリーマン喧嘩三代記
製作は「浅草四人姉妹」の坂上静翁。「恋の応援団長」の井上梅次の監督作品で、「娘十九はまだ純情よ」の井出雅人が井上梅次と共同で、ユーモア作家佐々木邦の原作から脚本を書いている。撮影は「チョイト姐さん思い出柳」の鈴木博。出演者は、「明日は日曜日」の小川虎之助、「リンゴ園の少女」の片山明彦、「夕焼け富士」の藤田進、花井蘭子、柳家金語樓、三條利喜江、「若き日のあやまち」の左幸子、「激流(1952)」の若山セツ子及びその他の助演者たちである。

「サラリーマン喧嘩三代記」のランキング情報

1952年
第303位(393件中)
邦画
第25209位(28264件中)
1950年代
第11344位(13066件中)
井上梅次監督が制作
第100位(107件中)
藤田進が出演
第61位(86件中)
花井蘭子が出演
第37位(47件中)
若山セツ子が出演
第23位(29件中)
片山明彦が出演
第28位(39件中)