スポンサーリンクあり

映画「最後の戦闘機」のランキング情報

E
2.58
評価数:27
最後の戦闘機
製作
1935年 フランス
時間
120分
監督
アナトール・リトヴァク
出演
シャルル・ヴァネルジャン=ピエール・オーモンアナベラ
種類
ヒューマンドラマアクション
「今宵こそは」「女人禁制」のアナトール・リトヴァク監督作品でジョゼフ・ケッセルの名小説に基づいた映画。脚本はケッセルがリトヴァクと協力して書き卸したもので、台詞もケッセルの執筆、そしてコンティニュイティはJ・キューベが担任した。主役は、「戦いの前夜」「巴里祭」のアナベラ、「白き処女地」「乙女の湖」のジャン・ピエール・オーモン、「装へる夜」のジャン・ミュラー、「外人部隊(1933)」のシャルル・ヴァネル、の四人で、以上を助けて「白き処女地」のダニエル・マンダイユ、「外人部隊(1933)」のピエール・ラブリ、「白き処女地」のシュザンヌ・デュプレ、「リリオム」のローラン・トゥータン、ルネ・ベルジュロン、少年俳優セルジュ・グラーヴ、アレクサンダー・リニョオ、それから歌手のクレール・フランコネエ、等が出演している。撮影は「商船テナシチー」「戦いの前夜」のアルマン・ティラールで、ルイ・ネが補佐した。作曲はフランスの近代音楽の名匠アルテュール・オネガーで、モーリス・ジョーベールが指揮に当たった。

「最後の戦闘機」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第14722位(30239件中)
アクション
第4514位(15855件中)
1935年
第45位(336件中)
洋画
第14470位(39188件中)
フランス
第2679位(4974件中)
1950年代
第2580位(13172件中)
Amazon定額
第1863位(5084件中)
Amazonレンタル視聴
第7006位(16909件中)
アナトール・リトヴァク監督が制作
第9位(23件中)
シャルル・ヴァネルが出演
第10位(20件中)
アナベラが出演
第6位(17件中)
ジャン=ピエール・オーモンが出演
第6位(18件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。