スポンサーリンクあり

映画「恋文裁判」のランキング情報

E
評価数:0
恋文裁判
製作
1951年 日本
時間
---分
監督
中村登
出演
角梨枝子桂木洋子小林トシ子
種類
---
「海を渡る千万長者」の石田清吉の製作で、小糸のぶの原作から、「若い娘たち(1951)」「その人の名は言えない」の井手俊郎が脚色し、「わが家は楽し」の中村登が監督に当たり、撮影は「愛情の旋風」の竹野治夫が担当している。配役の主なものは、「その人の名は言えない」の角梨枝子が松竹入社第一回作品として出演し、「泣きぬれた人形」の岡田英次と桂木洋子、文学座の加藤治子、ほかに二本柳寛、岸恵子、水の江滝子、藤原釜足、村瀬幸子、小林トシ子などの助演陣に、O・S・Kから秋月惠美子、小町瑠美子などの賛助出演がある。

「恋文裁判」のランキング情報

1951年
第308位(364件中)
邦画
第28713位(31571件中)
1950年代
第9930位(13163件中)
中村登監督が制作
第59位(67件中)
小林トシ子が出演
第8位(10件中)
角梨枝子が出演
第25位(36件中)
桂木洋子が出演
第21位(28件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。