映画「吃七捕物帖 一番手柄」のランキング情報

総合評価E
0.00
評価数:2
全映画の平均
(評価:2.58、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数---人
YAHOO 4.50評価数2人
ぽすれん0.00評価数---人
DMM 0.00評価数---人
楽天 0.00評価数---人
ぴあ 0.00評価数---人
映画.com0.00評価数人
吃七捕物帖 一番手柄
製作は「母を慕いて」の石田清吉、脚本は「夏祭り三度笠」の柳川真一と、永江勇との共同執筆、監督は「女次郎長ワクワク道中」の斎藤寅次郎、撮影は「母を慕いて」の服部幹夫、配役は「鞍馬の火祭」の高田浩吉と岸惠子、「女次郎長ワクワク道中」のキドシンこと木戸新太郎、伴淳三郎、「飛び出した若旦那」の水原眞知子のほか柳家金語楼、加藤嘉、堺駿二、清川虹子などである。

「吃七捕物帖 一番手柄」のランキング情報

1951年
第99位(357件中)
邦画
第14994位(26527件中)
1950年代
第2731位(13004件中)
斎藤寅次郎監督が制作
第8位(83件中)
岸恵子が出演
第34位(75件中)
高田浩吉が出演
第15位(98件中)
柳家金語楼が出演
第20位(110件中)
水原真知子が出演
第5位(41件中)