映画「愛と希望の街」のランキング情報

総合評価C
3.56
評価数:39
全映画の平均
(評価:2.58、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数人
YAHOO 3.81評価数16人
ぽすれん3.00評価数1人
DMM 5.00評価数1人
楽天 4.00評価数11人
ぴあ 3.60評価数9人
映画.com3.90評価数1人
愛と希望の街
ある小都市の駅前。靴磨きの女たちに混じって一人の少年が鳩を売っていた。そこへ会社役員の令嬢京子が通りかかり、その鳩を七百円で買う。少年はお金が要るから鳩を売るのだと言う。京子は同情するが、実は鳩の帰巣本能を利用した巧みな金儲けだった……。「鳩を売る少年」のタイトルで書かれた大島オリジナルのシナリオで、若干27歳で監督に抜擢された大島渚監督の記念すべき長編デビュー作。

ヒューマンドラマ


「愛と希望の街」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第4823位(26368件中)
1959年
第35位(729件中)
邦画
第2631位(26527件中)
1950年代
第326位(13004件中)
大島渚監督が制作
第3位(25件中)
望月優子が出演
第5位(30件中)
藤川弘志が出演
第1位(1件中)
富永ユキが出演
第1位(1件中)
千之赫子が出演
第1位(11件中)