映画「愛すれど心さびしく」のランキング情報

総合評価A
4.07
評価数:22
全映画の平均
(評価:2.58、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数人
YAHOO 4.32評価数22人
ぽすれん0.00評価数---人
DMM 0.00評価数---人
楽天 0.00評価数---人
ぴあ 0.00評価数---人
映画.com0.00評価数---人
愛すれど心さびしく
ひたすら恋人の幸せをねがい、ひとりぼっちの愛に生きる… やわらかな情感をたたえる永遠に清らかな愛の世界! 病院に入院した友人、スピロスの近くにいようとジョージア州の小さな町に越してきた聾唖の彫金師シンガー(A・アーキン)。下宿先の娘ミック(S・ロック)は、音楽の道に進みたいと望んでいるが腰を悪くした父親の収入が少ないため、レコードを聞くこともできない。ある日シンガーは壁に頭を打ち付け、昏倒していた流れ者の酔っ払いブライアント(S・キーチ)を部屋に泊めてやる。ブライアントを治療した黒人医師のコープランド(P・ロドリゲス)は、シンガーから治療費の受け取りを拒否し、その代わりに聾唖の患者の通訳を依頼する。 音楽を求めながらも叶わないミックにシンガーは自ら購入したレコードを聞かせ、ミックはシンガーに音楽の素晴らしさを伝えようとする。また、ある事件がきっかけでコープランドと娘の関係は断絶してしまっていた。シンガーはコープランドが病気で余命いくばくもないことを娘に伝え、二人の関係を修復する。そしてミックは父親の腰が一生治らず、学校を辞めて働かなければならないことを親から告げられ、次第にシンガーを避けるようになる。やがてスピロスが病院で亡くなったことを知ったシンガーは、ある決意をする… 過酷な現実の前で失われていく希望と閉塞感を描いたカーソン・マッカラーズの原作「心は孤独な狩人」を映画化、主演のアラン・アーキンは聾唖の主人公を巧みに演じ、アカデミー主演男優賞にノミネートされた。 ※米国のDVDマスターを使用しています。

ヒューマンドラマ


「愛すれど心さびしく」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第501位(26368件中)
1968年
第2位(559件中)
洋画
第327位(32754件中)
アメリカ
第185位(20680件中)
1960年代
第17位(5757件中)
第34回ニューヨーク映画批評家協会賞(1968年開催)
第1位(5件中)
ロバート・エリス・ミラー監督が制作
第1位(5件中)
アラン・アーキンが出演
第2位(30件中)
ステイシー・キーチが出演
第1位(26件中)
ソンドラ・ロックが出演
第1位(11件中)
ローリンダ・バレットが出演
第1位(1件中)