スポンサーリンクあり

全6作品。アミターブ・バッチャンが出演した映画ランキング

  1. サイラー ナラシムハー・レッディ 偉大なる反逆者
    • S
    • 4.69
    19世紀インドでイギリス軍と戦った領主ナラシムハー・レッディを描く歴史アクション大作。「RRR」の主演俳優ラーム・チャランが製作に名を連ねる。 1840年代、南インドのレーナードゥ地方には61の領主国家があり、イギリス東インド会社が征服を押し進めていた。ウイヤーラワーダ地方の領主ナラシムハー・レッディは、各地の領主を団結させ、増税に苦しむ民衆を従えて反乱を起こす。一度はイギリス東インド会社の軍隊に勝利したナラシムハー・レッディだったが、その後には敵方からの奸計や復讐が待ち受けていた。 主演はテルグ語映画のスター俳優、チランビージ。共演に「ブラフマーストラ」などで活躍するベテラン実力派のアミターブ・バッチャン、「バーフバリ」シリーズのアヌシュカ・シェッティ。

    ネット上の声

    • インド人目線になってしまうほど素晴らしい英雄譚
    • 気がつけば今年も残り2ヶ月ほど
    • 非業が非業とは思えない
    • 秋のインド祭り3発目!
    アドベンチャー(冒険)、 アクション
    • 製作年2019年
    • 製作国インド
    • 時間167分
    • 監督スレーンダル・レッディ
    • 主演チランジーヴィ
  2. ピンク
    • S
    • 4.53
    ベンガル語映画の監督アニルッド・ロイ・チョウドリーのヒンディー語映画デビュー作。『ピクー』(2015)等の監督で、ベンガル人のシュージト・サルカールが製作を担当、脚本にも参加し、インドが抱える深刻な社会問題を盛り込んだ力作を完成させた。アミターブ・バッチャン以外は若手俳優と中堅の脇役俳優というキャストは地味だが、彼らの熱演と巧みなストーリー展開が観客を捉え、スマッシュヒットとなった。第64回国家映画賞の社会問題映画賞を受賞したほか、多くの映画賞で作品賞、監督賞などにノミネート、アミターブ・バッチャンは3つの主要な映画賞で主演男優賞を獲得した。ニューデリー南部の集合住宅で同居する若い女性、ミナール、ファラク、アンドレアは、3人組の若者にコンサート会場で誘われ、夕食を共にする。だが、その後、レイプされそうになり、ミナールが若者の1人ラジヴィールをビンで殴り、彼女たちは自宅に逃げ帰った。大けがをして病院に担ぎ込まれたラジヴィールは政治家の甥で、ミナールたち3人は殺人未遂等で訴えられる。同時に、彼女たちは様々な嫌がらせと誹謗中傷に晒されたことから、同じ敷地内に住む老弁護士ディーパクの申し出を受けて弁護を依頼する。高齢のディーパクの弁護は一見頼りなかったが、彼は確固たる信念を持っていた…。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2016年
    • 製作国インド
    • 時間130分
    • 監督アニルッダ・ロイ・チョウドゥリー
    • 主演アミターブ・バッチャン
  3. 家族の四季 -愛すれど遠く離れて-
    • A
    • 4.29
    アミターブ・バッチャン、シャー・ルク・カーンら、インドを代表する豪華キャストが集結した家族ドラマ。大富豪のラーイチャンドは、養子ながら愛情をかけて育ててきた長男ラーフルに縁談を持ちかけるが、ラーフルは庶民の娘アンジャリーと恋に落ちてしまう。アンジャリーとの恋を反対されたラーフルは、愛する家族に別れを告げてアンジャリーと生きることを決意。数年後、ラーフルの弟ローハンは家族の絆(きずな)を取りもどすため、兄が暮らすイギリスへと向かう。

    ネット上の声

    • インド中の女性が泣いた! 作品すべてが大ヒットの【カラン・ジョーハ...
    • インド中の女性が泣いた! 作品すべてが大ヒットの【カラン・ジョーハ...
    • 絆ゆえの対立する父と息子を解ってほしい
    • インドに触れてみよう。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国インド
    • 時間210分
    • 監督カラン・ジョーハル
    • 主演シャー・ルク・カーン
  4. 4

    炎
    • C
    • 3.33
    インドで最も大衆に愛された、インド映画の金字塔的作品。その影響は映画にとどまらず、現代アートなどにも及ぶという伝説の映画が、ついに日本初独占配信。黒澤明監督作『七人の侍』(1954)のハリウッド版リメイク『荒野の七人』(1960)からアイディアを得て作られたが、こちらは「荒野の二人」が活躍。公開当初からインド各地でロングランが相次ぎ、ムンバイのミネルヴァ劇場では5年以上ロングランした。出演者や挿入歌に加え、名脚本家コンビのサリーム=ジャーヴェードによる印象的なセリフも人気の的で、現在に至るまで多くの映画に引用されている。2人組の泥棒ヴィールとジャイは、かつて勇敢な警部として名を馳せたタークルから呼び出される。警官を辞めて今は村長となったタークルの依頼は、彼の村を襲う盗賊の頭目、ガッバル・シンの生け捕りだった。やってきた村で、ヴィールは馬車の御者バサンティに惚れ、一方ジャイは、タークル家の嫁で未亡人のラーダーに心惹かれる。収穫期に穀物を奪おうと襲ってきた盗賊の手下3人を撃退した2人だったが、その後ホーリー祭に沸く村を、ガッバルに率いられた一味が再び襲撃する…。

    ネット上の声

    • 盗賊団から村を守るために雇われた2人の泥棒、ヴィールとジャイの戦いを描く西部劇風
    • The Magnificent Indians. これぞ”カレー・ウェスタン”の決定版!
    • インド映画の金字塔的作品と聞いて見てみたら、果たしてその評判に相応しい傑作でした
    • 製作年から言ってもマカロニ・ウエスタンのとくにレオーネの雄大な世界に大きな影響を
    アクション
    • 製作年1975年
    • 製作国インド
    • 時間---分
    • 監督ラメーシュ・シッピー
    • 主演ダルメンドラ
  5. ブラフマーストラ
    • C
    • 3.21
    インド古代史をモチーフに、現代インドで繰り広げられる神々の物語を壮大なスケールで描いたファンタジーアクション。 ムンバイで暮らす天涯孤独の青年シヴァは、見知らぬ科学者が何者かに襲われる場面を幻視する。その理由を調べはじめた彼は、古代ヴェーダの時代から秘密裏に受け継がれてきた神々の武器「アストラ」と、その中でも最強といわれる「ブラフマーストラ」の存在を知る。ブラフマーストラが目覚めれば、世界は地獄と化すという。そしてシヴァは、それらの武器を守護する役割を務めてきた人物の息子であり、偉大なる火の力を宿す救世主だった。 「SANJU サンジュ」のランビール・カプールが主人公シヴァを演じ、「RRR」のアーリアー・バット、ボリウッドの重鎮アミターブ・バッチャン、「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」のシャー・ルク・カーンが共演。インド映画として初めて全米映画ランキング初登場第2位を記録した。

    ネット上の声

    • インド映画らしさを無くしたインド映画(T_T)
    • 長い…とにかく長い‼️
    • インド映画の底力‼️
    • ムンバイで暮らす天涯孤独の青年・シヴァ、彼は内なる心に偉大な火の力を宿す救世主だ
    アクション
    • 製作年2022年
    • 製作国インド
    • 時間167分
    • 監督アヤーン・ムカルジー
    • 主演ランビール・カプール
    • レンタル
  6. アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター
    • E
    • 2.01

    ネット上の声

    • う〜ん、このごちゃごちゃした感じが、インドっぽくて良いねー良いよー😆
    • アラジンってタイトルだけど皆が想像するあのアラジンではなくて、何ていうかアラジン
    • リテーシュ・デーシュムクがお気に入りの俳優さんなのとアミターブ・バッチャンがガッ
    • 冴えない青年アラジンが擦ったランプから出てきたのはロマンスグレーのイケオジ(演:
    ファンタジー
    • 製作年2009年
    • 製作国インド
    • 時間127分
    • 監督スジョイ・ゴーシュ
    • 主演アミターブ・バッチャン

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。