スポンサーリンクあり

映画「キネマの神様」のランキング情報

D
2.89
評価数:12939
キネマの神様
製作
2021年 日本
時間
125分
監督
山田洋次
出演
沢田研二菅田将暉永野芽郁
種類
ヒューマンドラマ
松竹映画の100周年を記念した作品で、人気作家・原田マハの同名小説を山田洋次監督が映画化。“映画の神様”を信じ続ける男の人生と、彼を取り巻く人々との愛や友情、家族の物語を描く。映画監督を目指し、助監督として撮影現場で働く若き日のゴウは、撮影所近くの食堂の娘・淑子や仲間の映写技師テラシンとともに夢を語らい、青春の日々を駆け抜けていた。しかし、初監督作「キネマの神様」の撮影初日に転落事故で大きなケガを負い、作品は幻となってしまう。大きな挫折を味わったゴウは夢を追うことを諦めてしまい、撮影所を辞めて田舎へと帰っていった。それから約50年。かつて自身が手がけた「キネマの神様」の脚本が出てきたことで、ゴウの中で止まっていた夢が再び動き始める。「男はつらいよ」「学校」「釣りバカ日誌」など松竹の看板シリーズを手がけてきた山田監督がメガホンをとり、山田監督作に数多く携わってきた朝原雄三も脚本に参加している。現在のゴウを沢田研二、若き日のゴウを菅田将暉が2人1役で演じる。ゴウ役は当初、志村けんが務める予定だったが、志村が新型コロナウイルス感染症の肺炎により降板、後に死去したことから、かつて志村と同じ事務所でもあった沢田が志村の意思を継ぎ、代役としてゴウを演じることになった。

「キネマの神様」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第10598位(30240件中)
2021年
第759位(1920件中)
邦画
第6981位(31752件中)
2020年代
第3087位(7465件中)
Amazon定額
第1307位(5085件中)
Amazonレンタル視聴
第4969位(16910件中)
U-NEXT定額
第4454位(15105件中)
DmmTV定額
第988位(4369件中)
hulu定額
第1551位(4249件中)
山田洋次監督が制作
第75位(92件中)
菅田将暉が出演
第18位(45件中)
沢田研二が出演
第7位(19件中)
永野芽郁が出演
第5位(14件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。