スポンサーリンクあり

全19作品。沢田研二が出演した映画ランキング

  1. 太陽を盗んだ男
    • A
    • 4.37
    自ら製造した原子爆弾で政府を脅迫する男の孤独な闘いを鋭い風刺とパワフルな演出で描き、現在もカルト的人気を誇る異色のアクション映画。中学校の冴えない理科教師・城戸は、原子力発電所に侵入してプルトニウムを盗み出し、自宅アパートで苦労の末に原子爆弾の製造に成功。警察に脅迫電話を掛けると、以前バスジャック事件に遭遇した際に知り合った山下警部を交渉相手に指名する。明確な目的も思想も持たない城戸は、テレビの野球中継を試合終了まで放送させるよう要求したり、ラジオ番組を通して次の要求を募集したりと、行き当たりばったりの犯行を続けるが……。沢田研二が主演を務め、菅原文太が山下警部を圧倒的存在感で熱演。「青春の殺人者」の長谷川和彦監督の長編第2作で、「ザ・ヤクザ」のレナード・シュレイダーが原案と共同脚本を手がけた。

    ネット上の声

    • こんな映画はもう見れないですよね 被曝の症状は目を覆いたくなります...
    • 人を食うような圧巻作☆まさに日本映画の宝
    • 反逆精神に権力が敗北する最高の反逆映画。
    • 痛快と表現するのは不適切だと思います。
    サスペンス
    • 製作年1979年
    • 製作国日本
    • 時間147分
    • 監督長谷川和彦
    • 主演沢田研二
    • 定額
    • レンタル
  2. 土を喰らう十二ヵ月
    • B
    • 3.73
    沢田研二が主演を務め、作家・水上勉の料理エッセイ「土を喰う日々 わが精進十二カ月」を原案に描いた人間ドラマ。「ナビィの恋」の中江裕司が監督・脚本を手がけ、原作の豊かな世界観に着想を得てオリジナルの物語を紡ぎ出す。 長野の人里離れた山荘で1人で暮らす作家のツトム。山で採れた実やキノコ、畑で育てた野菜などを料理して、四季の移り変わりを実感しながら執筆する日々を過ごしている。そんな彼のもとには時折、担当編集者である歳の離れた恋人・真知子が東京から訪ねてくる。2人にとって、旬の食材を料理して一緒に食べるのは格別な時間だ。悠々自適な暮らしを送るツトムだったが、13年前に他界した妻の遺骨を墓に納めることができずにいた。 ツトムの恋人・真知子役に松たか子。料理研究家の土井善晴が、劇中に登場する料理の数々を手がけた。

    ネット上の声

    • 「太陽を盗んだ男」から「土を喰らう男」へ‼️
    • 生きることと食べることと、そして輪廻
    • 映画であり、フィクションでも有り…。
    • 数々のお料理が美味しそうでした。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国日本
    • 時間111分
    • 監督中江裕司
    • 主演沢田研二
    • 定額
    • レンタル
  3. 大阪物語
    • B
    • 3.73
    漫才師の両親を持つ多感な少女の心の成長を、大阪の暮らしや四季のうつろいの中に綴った青春ドラマ。監督は「たどんとちくわ」の市川準。脚本は「何もかも百回も言われたこと」の犬童一心。撮影を「たどんとちくわ」の小林達比古と「つぐみ」の蔦井孝洋が担当している。主演は、映画初出演の池脇千鶴と新人・南野公助、そして「虹をつかむ男」の田中裕子と「夢二」の沢田研二。関西テレビ開局40周年記念、芸術文化振興基金助成作品。

    ネット上の声

    • イージー・ライダーin大阪下町
    • 池脇、沢田、田中、良い家族
    • 大阪のTV局の40周年記念作品
    • 池脇千鶴の鮮烈デビュー作
    大阪が舞台、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1999年
    • 製作国日本
    • 時間120分
    • 監督市川準
    • 主演池脇千鶴
  4. 4

    夢二

    夢二
    • C
    • 3.32
    「ツィゴイネルワイゼン」(1980)、「陽炎座」(81)に続く鈴木清順監督の「浪漫3部作」の完結編で、大正から昭和にかけて活躍した画家・竹久夢二の半生を幻想的に描き出す。 恋人の彦乃と駆け落ちするため夢二は金沢の湖畔へやってくるが、そこに彦乃は現れず、さらには静かで小さな村に突然の銃声が鳴り響く。妻を寝取られた男・鬼松が、妻と妻を寝取った男を殺して山に逃げ込んだようなのだが……。 夢二役は「カポネ大いに泣く」(85)に続き清順監督作の主演となった沢田研二。2012年、「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎座」とあわせてニュープリントでリバイバル上映。2023年には鈴木清順監督生誕100年を記念した特集上映「SEIJUN RETURNS in 4K」にて、4Kデジタル完全修復版で公開。

    ネット上の声

    • 「僕は駆け落ちで忙しいッ!」と天ぷら蕎麦を啜る沢田研二に「絵描きなはれ」としかな
    • 北斎さんも天心さんも夢二さんも、苦手です.
    • 待てど暮らせど来ぬ人を♪
    • 清順美学、ココに極まる
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1991年
    • 製作国日本
    • 時間128分
    • 監督鈴木清順
    • 主演沢田研二
    • レンタル
    • 定額
  5. ときめきに死す
    • C
    • 3.24
    歌舞伎町の医者を自称する男(杉浦)は、謎の組織から若い男(沢田)の世話を引き受ける。男は暗殺者で、暗殺指令を待っていた。田舎町の別荘で暮らす2人に、ある日、組織から若い女(樋口)が派遣される。3人の共同生活が始まり、その中で女はやがて暗殺者を愛するように。しかしそれも束の間、暗殺司令が下り、暗殺者は犯行予定地へ向かう。丸山健二の同名小説を基に、大幅にストーリーを改変し、森田芳光らしいセリフの構成、空間の処理などが施された優れた異色作。

    ネット上の声

    • 終盤のクライマックスで急激に静から動に転換され、壮絶なシーンをもって観終わってみると、何だか納得感がありました
    • 象徴的な表現がちりばめられた、秀作。
    • どこがいいのか全然わからない
    • 森田シネマにいきづく丸山文学
    サスペンス
    • 製作年1984年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督森田芳光
    • 主演沢田研二
  6. カタクリ家の幸福
    • D
    • 3.04
    「殺し屋1」の三池崇史監督が、韓国映画「クワイエット・ファミリー」を豪華キャスト共演で、ミュージカル映画にリメイク。丹波哲朗、忌野清志郎なと個性派俳優も出演。脱サラして人里離れた山中で、ペンション経営を始めるカタクリ家の6人。しかし、やっと来た客が、原因不明の死を遂げてしまう。それでなくても経営難に悩む一家は、死体を隠し事件を隠蔽しようとするが、そのせいで次から次へと困った事態が生じてしまう。

    ネット上の声

    • ★三池監督のこんなミュージカルも最高~♪
    • うわっ ミュージカルにする意味ないじゃん
    • ミュージカル嫌いを治すための究極の劇薬
    • 災難は、歌って踊ってやりすごせ
    サスペンス
    • 製作年2001年
    • 製作国日本
    • 時間113分
    • 監督三池崇史
    • 主演沢田研二
  7. キネマの神様
    • D
    • 2.89
    松竹映画の100周年を記念した作品で、人気作家・原田マハの同名小説を山田洋次監督が映画化。“映画の神様”を信じ続ける男の人生と、彼を取り巻く人々との愛や友情、家族の物語を描く。映画監督を目指し、助監督として撮影現場で働く若き日のゴウは、撮影所近くの食堂の娘・淑子や仲間の映写技師テラシンとともに夢を語らい、青春の日々を駆け抜けていた。しかし、初監督作「キネマの神様」の撮影初日に転落事故で大きなケガを負い、作品は幻となってしまう。大きな挫折を味わったゴウは夢を追うことを諦めてしまい、撮影所を辞めて田舎へと帰っていった。それから約50年。かつて自身が手がけた「キネマの神様」の脚本が出てきたことで、ゴウの中で止まっていた夢が再び動き始める。「男はつらいよ」「学校」「釣りバカ日誌」など松竹の看板シリーズを手がけてきた山田監督がメガホンをとり、山田監督作に数多く携わってきた朝原雄三も脚本に参加している。現在のゴウを沢田研二、若き日のゴウを菅田将暉が2人1役で演じる。ゴウ役は当初、志村けんが務める予定だったが、志村が新型コロナウイルス感染症の肺炎により降板、後に死去したことから、かつて志村と同じ事務所でもあった沢田が志村の意思を継ぎ、代役としてゴウを演じることになった。

    ネット上の声

    • テラシンが作った夢の映画館、テアトル銀幕のロケ地の川越スカラ座がいい、とてもいい
    • 「お帰り 寅さん」に続く松竹のお祭り的な映画だが、つぎはぎ感は否めない
    • 志村けんさんへの思いだけで代役を快諾した沢田研二に、ただただ喝采
    • Haruka823さんとのデートムービー🎥💗
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間125分
    • 監督山田洋次
    • 主演沢田研二
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  8. リボルバー
    • D
    • 2.85
    盗まれた一挺の拳銃を通して少年、少女、警官、会社員、OL、競輪狂、ホステスなどさまざまな男女の生きざまを描く。佐藤正午原作の同名小説の映画化で、脚本は「噛む女」の荒井晴彦が執筆。監督は「波光きらめく果て」の藤田敏八、撮影は「STAY GOLD ステイ・ゴールド」の藤沢順一がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 長谷川和彦『太陽を盗んだ男』の後に観よ!
    • 拳銃を奪われた若い警官をめぐる群像劇。
    • 登場人物がそれぞれの生き方が描かれいる
    • 久しぶりの藤田敏八作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1988年
    • 製作国日本
    • 時間115分
    • 監督藤田敏八
    • 主演沢田研二
    • 定額
    • 定額
  9. 魔界転生
    • D
    • 2.78
    天草四郎を中心に、細川ガラシャ夫人、宮本武蔵などが現世で果たせなかった夢、願望を満たすため黄泉の国から甦り徳川幕府をおびやかす。山田風太郎の原作の映画化で、脚本は「悪魔が来たりて笛を吹く(1979)」の野上龍雄、「忍者武芸帖 百地三太夫」の石川孝人、「復活の日」の深作欣二の共同執筆、監督も同作の深作欣二、撮影は「古都(1980)」の長谷川清がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 公開当時、沢田研二の出演が話題になってたけど、僕にとっては
    • エロエムエッサエム、色気全開!
    • ソニーとジュリーに首ったけ♪
    • やっぱりこっちのほうがいいな
    時代劇
    • 製作年1981年
    • 製作国日本
    • 時間122分
    • 監督深作欣二
    • 主演沢田研二
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  10. ヒルコ 妖怪ハンター
    • E
    • 2.68
    塚本晋也監督がデビュー作「鉄男」に続いて手がけた監督第2作で、諸星大二郎の漫画「妖怪ハンター」を沢田研二主演で実写映画化。新進気鋭の考古学者・稗田礼二郎は学界で注目を集めていたが、ある学説を唱えたことで異端視され、その存在はほとんど忘れ去られていた。そんな彼のもとに、義兄で中学校教師の八部高史から「古代人が悪霊を鎮めるために造った古墳を発見した」という内容の手紙が届く。自分の学説が証明されると考えた稗田は八部の家を訪ねるが、八部は生徒の月島令子とともに謎の失踪を遂げていた。2人を捜すため学校へ向かった稗田と八部の息子まさおの前に、恐ろしい妖怪ヒルコが出現。妖怪退治の武器を手に立ち向かう稗田たちだったが……。1991年の初公開から30年目を迎えた2021年7月、レストア&リマスター版が公開。

    ネット上の声

    • どことなく学校の階段っぽくもあり、どことなく遊星からの物体Xのパクりっぽくもあり
    • ん〜、ちょっと子供向け過ぎたかも・・・
    • 新時代(90年代)のヤング稗田礼二郎
    • 「妖怪ではなかったと思います」
    ホラー
    • 製作年1991年
    • 製作国日本
    • 時間90分
    • 監督塚本晋也
    • 主演沢田研二
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  11. 幸福のスイッチ
    • E
    • 2.66
    和歌山県を舞台に、ガンコ親父と3人姉妹が繰り広げる人間模様を描いたハートウォーミングストーリー。儲けにならない仕事ばかり引き受ける電器屋の父・誠一郎に反発して上京し、デザイン会社でイラストレーターとして働きはじめた怜。しかし、自分が思い描いていた仕事ができず、会社を辞めてしまう。そんな中、帰省することになった怜は、父の電器屋を手伝うハメになり……。主人公の不器用な父娘を、沢田研二と上野樹里が好演。

    ネット上の声

    • 女性らしい視点で描かれていて新鮮
    • 父娘の<スイッチ>がもどるとき…
    • 樹里、不機嫌モード全快〜!
    • 楽しく、優しく、あたかかく
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督安田真奈
    • 主演上野樹里
    • 定額
  12. ザ・タイガース 華やかなる招待
    • E
    • 2.56
    「初恋宣言」の田波靖男がシナリオを執筆し、「にっぽん親不孝時代」の山本邦彦が監督した歌謡喜劇。撮影は「北穂高絶唱」の村井博が担当した。

    ネット上の声

    • 岸辺一徳が跳んで跳ねて踊ってます。
    • これで長髪なんてヤァヤァヤァ
    • 日本映画の名作のひとつ
    • チョコレートは○冶♪
    青春
    • 製作年1968年
    • 製作国日本
    • 時間88分
    • 監督山本邦彦
    • 主演沢田研二
    • レンタル
    • 定額
  13. ザ・タイガース ハーイ!ロンドン
    • E
    • 2.44
     「ザ・タイガース」シリーズ第三作。仕事が忙しいザ・タイガースの前に悪魔の化身が現れて、時間を売ると持ちかける。

    ネット上の声

    • スマイル・フォー・ミー
    • とにかく眠たいシロー
    • ジュリーが美しい。
    ファンタジー
    • 製作年1969年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督岩内克己
    • 主演沢田研二
  14. eiko[エイコ]
    • E
    • 2.33
    秋森エイコ(麻生久美子)はアパートで一暮らしをしている23歳の女性。ある日、エイコは仕事帰りに道ばたでキャッチセールスから幸せを呼ぶ大きな石の指輪を購入させられる。

    ネット上の声

    • 先日、「インスタント沼」を観て以来ずっと観たかった作品
    • 自分もしっかりと生きようと思う。
    • 女の子は結構共感しやすいと思う。
    • 信じてたら,幸せになれるよね
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2003年
    • 製作国日本
    • 時間108分
    • 監督加門幾生
    • 主演麻生久美子
  15. パリの哀愁
    • E
    • 2.31
    パリを舞台に、日本人の青年とフランス人の人妻の悲恋を描く。脚本は「がんばれ!若大将」の田波靖男と「三億円をつかまえろ」の菊島隆三、監督は「沖田総司」の出目昌伸、撮影は「黒薔薇昇天」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • パリを舞台に、日本人の青年(沢田研二 )とフランス人の人妻の悲恋を描いた作品
    • アラブ・ゲリラの自動小銃が例のダカカカカ!っていう東宝SEで草
    • 沢田研二氏とクロディヌ・オージェの共演の恋愛モノでした
    • 小さい頃、サムライとかがヒットしてた頃かな
    • 製作年1976年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督出目昌伸
    • 主演沢田研二
  16. ザ・タイガース 世界はボクらを待っている
    • E
    • 2.09
    「温泉ゲリラ 大笑撃」の田波靖男がシナリオを執筆し、「ドリフターズですよ! 前進前進また前進」の和田嘉訓が監督した。撮影は長谷川清。

    ネット上の声

    • 当時グループサウンズ人気NO.1のアイドル映画
    • ザ・タイガースはみんなのもの
    • 『シネマの神様』でのダメ親父ぶりで、すっかり嘗ての面影無しなジュリーですが、ジュ
    • ジュリー、女性型宇宙人に惚れられUFOで誘拐され宇宙に旅立つも、残ったタイガース
    コメディ、 SF
    • 製作年1968年
    • 製作国日本
    • 時間88分
    • 監督和田嘉訓
    • 主演沢田研二
  17. 炎の肖像
    • E
    • 2.07
    歌手・沢田研二の分身ともいえる青年を主人公に、自由とロマンを求める青春の孤独を描く青春映画。脚本は「バージンブルース」の内田栄一、監督は同作の藤田敏八と「秘本袖と袖」の加藤彰、撮影は「あばよダチ公」の山崎善弘がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • ジュリー版『ワン・プラス・ワン』
    • 俺はジュリーや!
    • 予告編の「セックスからステージまで、ジュリーのすべてをあなたにー」が表しているよ
    • どんなに乱暴で横柄、雑さを出そうとしてもどうしてもジュリーの品の良さがにじみ出て
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督藤田敏八
    • 主演沢田研二
  18. バカヤロー!4 YOU!お前のことだよ
    • E
    • 2.02
    現代人のストレスをテーマに、主人公が「バカヤロー!」と叫ぶまでのシチュエーションを描くオムニバス第4弾。総指揮・脚本は「おいしい結婚」の森田芳光。監督はコントグループ“爆笑問題”の太田光(第1話)、CM出身の加藤良一(第2話)、森田組出身の明石知幸(第3話)でいずれも本作が映画デビュー。撮影監督は「おいしい結婚」の前田米造がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • あまり好きではない
    • 爆笑問題の・・・
    • 爆笑問題・太田ファンは是非。
    • 前田米造撮影監督が亡くなった時、「爆笑問題カウボーイ」で本作を撮った時の思い出を
    コメディ
    • 製作年1991年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督太田光
    • 主演春風亭小朝
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  19. 19

    最悪

    最悪
    • E

    ネット上の声

    • 話が違うじゃないか!
    サスペンス
    • 製作年2001年
    • 製作国日本
    • 時間104分
    • 監督大森一樹
    • 主演沢田研二

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。