スポンサーリンクあり

全40作品。成瀬巳喜男監督が制作した映画ランキング

  1. 乱れる
    • A
    • 4.27
    「みれん」の松山善三がオリジナル・シナリオを執筆、「女の歴史」の成瀬巳喜男が監督した女性ドラマ。撮影もコンビの安本淳。

    ネット上の声

    • 成瀬巳喜男監督。女性映画の名手だそうな。
    • ヒロインの心理描写が巧みで面白い☆3つ半
    • かつてこんなにもすばらしい映画があった
    • 恋愛映画として、すでに完成されている。
    恋愛
    • 製作年1964年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演高峰秀子
    • レンタル
    • 定額
  2. 妻として女として
    • A
    • 4.05
    「別れて生きるときも」のコンビ井手俊郎と松山善三のオリジナル・シナリオを、「秋立ちぬ」の成瀬巳喜男が監督した女性映画。撮影は「「赤坂の姉妹」より 夜の肌」の安本淳。

    ネット上の声

    • 女心は単純なのに。。。
    • 本妻とお妾さんの戦い
    • 本当に美人ばかり
    • 男女関係の影と戦後社会にけりをつけそこねること。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1961年
    • 製作国日本
    • 時間106分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演高峰秀子
  3. 3

    驟雨

    驟雨
    • A
    • 4.04
    故岸田国士の戯曲『紙風船』『驟雨』『ぶらんこ』『屋上の庭園』『隣の花』『犬は鎖につなぐべからず』『かんしゃく玉』等から「ここに泉あり」の水木洋子が脚色し、「くちづけ(1955)」第三話の成瀬巳喜男が監督、「朝霧(1955)」の玉井正夫が撮影を担当した。主なる出演者は「花ひらく(1955)」の佐野周二、「美しき母」の原節子、「あばれ行燈」の香川京子、「花嫁会議」の小林桂樹、「生きものの記録」の根岸明美、「くちづけ(1955)」第三話の伊豆肇など。

    ネット上の声

    • なんてことない日常なのにひき込まれる
    • 5年目夫婦の機微(あきらめとも言う)
    • 夫婦間の齟齬を描かせたらピカイチ
    • なんてことはない夫婦の断面
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演佐野周二
    • レンタル
    • 定額
  4. 秋立ちぬ
    • A
    • 4.02
    「がめつい奴」の笠原良三のオリジナル・シナリオを、「夜の流れ」の成瀬巳喜男が監督した、都会の子の哀歓を描いたもの。撮影も「夜の流れ」の安本淳。東宝スコープ、パースペクター式立体音響。

    ネット上の声

    • いつの時代も子供は大人に振りまわされる
    • 時代をうつす子どもの姿
    • 先日の「浮雲」で成瀬巳喜男作品デビューし、他作品も・・・となっていたところで、7
    • 昭和の銀座界隈や晴海埠頭の風景、人々の生活、それを追うだけでも楽し...
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国日本
    • 時間79分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演大沢健三郎
    • レンタル
    • 定額
  5. 女の座
    • A
    • 3.99
    「ベビーギャングとお姐ちゃん」の井手俊郎と「二人の息子」の松山善三が共同で脚本を執筆、「妻として女として」の成瀬巳喜男が監督した家庭劇。撮影もコンビの安本淳。

    ネット上の声

    • 成瀬作品鑑賞デビューです
    • 1962年製作の東宝お正月映画
    • 東宝オールスターキャストで年始にぴったり〜!なーんてウキウキして見始めたもののな
    • 「家長」の笠智衆が死ぬんだろう(老け顔演技がすごい)と思ってたら系図の末端の子供
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間111分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演高峰秀子
    • レンタル
    • 定額
  6. あらくれ
    • B
    • 3.96
    自然主義文学の代表的作家・徳田秋声の同名小説を、「浮雲」の成瀬巳喜男監督、水木洋子脚色、高峰秀子主演で映画化。大正初期。子どもの頃に農家へ養子に出された庄屋の娘・お島。結婚話を嫌がって東京へ逃げ出した彼女は、神田の缶詰屋の若主人の後妻となる。しかし女出入りの激しい夫と気性の激しいお島との間には諍いが絶えず、大ゲンカの末に離婚。東北の山村の旅館で女中として働き始めた彼女は、そこの若旦那と関係を持つが、若旦那の病気の妻が帰ってきたために居場所を失ってしまう。東京へ戻ったお島は洋服職人と再婚して2人で店を開き、商売を軌道に乗せていくが……。

    ネット上の声

    • 成瀬アンド高峰秀子の黄金コンビ作でダメ男ゴロゴロ映画でもある
    • 働き者で気が強く頭がいい女、但し男運なし
    • 徳田秋声の原作を成瀬巳喜男監督が映画化
    • エネルギッシュな主人公が大きな魅力
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間121分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演高峰秀子
    • レンタル
    • 定額
  7. 女が階段を上る時
    • B
    • 3.95
    「日本誕生」の共同執筆者・菊島隆三が自らのシナリオをプロデュースする第一回作品で、バーのマダムの生活の表裏を描いたもの。高峰秀子が主演の他に衣裳も担当している。「コタンの口笛」の成瀬巳喜男が監督し、「顔役と爆弾娘」の玉井正夫が撮影した。パースペクタ・ステレオフォニック・サウンド。

    ネット上の声

    • 成瀬巳喜男監督。男の“理想の女”のお話。
    • したたかな女とズルい男の大人の愛の物語
    • 女の生き様を余すことなく描く☆3つ
    • 銀座かぁ 行ってないな最近・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国日本
    • 時間111分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演高峰秀子
  8. 杏っ子
    • B
    • 3.93
    東京新聞に連載されたベスト・セラー室生犀星の原作を、「女であること」の田中澄江と成瀬巳喜男が共同脚色し、「あらくれ(1957)」の成瀬巳喜男が監督、「狙われた娘」の玉井正夫が撮影した文芸映画。主演は「女であること」の香川京子、「悪徳」の木村功、それに山村聡に新人三井美奈。ほかに小林桂樹、太刀川洋一、加東大介、中村伸郎、などが助演。

    ネット上の声

    • 義理の父親へのコンプレックス
    • こういう父親になりたい
    • 原作・室生犀星
    • 夫婦ってなに?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演山村聡
  9. 乱れ雲
    • B
    • 3.89
    「拳銃は俺のパスポート」の山田信夫がシナリオを執筆し、「ひき逃げ」の成瀬巳喜男が監督した交通問題をテーマとした社会ドラマ。撮影は「颱風とざくろ」の逢沢譲。

    ネット上の声

    • 成瀬監督最期のテーマは禁断の愛:まとめ付
    • 2人の愛がドラマチックに描いている
    • つきまとう過去・金・カップル
    • 成瀬巳喜男監督の遺作
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1967年
    • 製作国日本
    • 時間108分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演加山雄三
    • レンタル
    • 定額
  10. 流れる
    • B
    • 3.87
    大川端に時代の流れと共に移る芸者の世界を描いた幸田文原作の映画化。脚色は「夜の河」の田中澄江と「日蝕の夏」の井手俊郎の共同、監督は「妻の心」の成瀬巳喜男、撮影は「飯沢匡作「二号」より ある女の場合」の玉井正夫の担当。主な出演者は、二十年振りでカムバックした栗島すみ子、「嵐(1956)」の田中絹代、「猫と庄造と二人のをんな」の山田五十鈴、「妻の心」の高峰秀子、「女囚と共に」の岡田茉莉子、ほかに杉村春子、中北千枝子、加東大介、宮口精二など。

    ネット上の声

    • 豪華女優陣とかわいい猫❣️ 目はハートで演技も感心したりだけど、内...
    • その流れは、かくも激しく私を揺さぶる。
    • 女のひとの生きていく強さを流れる品格。
    • 豊かな劇空間を作り出す、成瀬マジック
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間117分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演田中絹代
    • 定額
  11. 歌行燈
    • B
    • 3.81
    泉鏡花の同名小説を映画化したもので、衣笠貞之助・相良準が脚色、「かげろう絵図」の衣笠貞之助が監督した。撮影は「嫌い嫌い嫌い」の渡辺公夫。

    ネット上の声

    • 成瀬流芸道作品、映画的美点多々あり
    • 山田五十鈴が可愛らしい
    • 唄が駄目なら…。
    • 舞・鼓・謡
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1943年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演花柳章太郎
  12. 娘・妻・母
    • B
    • 3.80
    山の手の中流家庭を舞台に、各世代の女の姿を描いたドラマ。「新・三等重役 当るも八卦の巻の巻」の井手俊郎と、「予科練物語 紺碧の空遠く」の松山善三の共同脚本を「女が階段を上る時」の成瀬巳喜男が監督した。撮影は「羽織の大将」の安本淳。

    ネット上の声

    • 近頃は女と靴下は強くなったと言うけれど、
    • 成瀬流な語り口が魅了するオールスター大作
    • 家族といる幸せと家族であることの不幸
    • しっかり感情移入できる・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国日本
    • 時間123分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演三益愛子
    • レンタル
    • 定額
  13. 13

    稲妻

    稲妻
    • B
    • 3.79
    企画は「大学の小天狗」の根岸省三、林芙美子の原作から「めし」「紅扇」の田中澄江が脚色し、「おかあさん」に次いで成瀬巳喜男の監督したもの。撮影は「呼子星」の峰重義が担当している。出演者は、フランスから帰国後「朝の波紋」「東京のえくぼ」と二本撮った高峰秀子、「利根の火祭」の三浦光子、「丹下左膳(1952)」の村田知英子との三姉妹役に、丸山修、浦辺粂子、中北千枝子、小澤榮などである。

    ネット上の声

    • 特異な家族構成の家庭崩壊劇に観る成瀬巳喜男監督の演出力が絶品
    • 成瀬映画で魅せた、浦辺粂子、真骨頂の演技
    • 夏の夕立の稲妻は直ぐに収まるのです
    • 不協和音が激しく鳴り響いたその後は
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1952年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演高峰秀子
    • レンタル
  14. 14

    鰯雲

    鰯雲
    • B
    • 3.72
    厚木附近の農家の、当主・嫁・姑・息子たちの姿を、早春から初夏にかけての季節を背景に描いたもので、原作は和田伝の同名小説。「奴が殺人者だ」の橋本忍が脚色、「杏っ子」のコンビ成瀬巳喜男が監督、玉井正夫が撮影した。「駅前旅館」の漆島千景、「炎上」の中村鴈治郎、「風流温泉日記」の小林桂樹、「花の慕情」の司葉子、その他木村功・新株三千代・水野久美・加東大介・杉村春子などが出演している。

    ネット上の声

    • 農地改革と高度成長の狭間にある近郊農村の時代変化を描いた成瀬監督の手堅さ
    • シネ・ヌーヴォで開催中の「生誕105年、没後5年、橋本忍映画祭2024」からもう
    • 地味な素材なのに決して退屈しない
    • 農業の問題は今も解決していない
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国日本
    • 時間129分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演淡島千景
  15. 15

    浮雲

    浮雲
    • B
    • 3.72
    名匠・成瀬巳喜男が林芙美子の同名小説を映画化し、日本映画を代表する1作として語り継がれる名作メロドラマ。戦後の荒廃した日本を舞台に、腐れ縁の男女の愛の顛末を描く。戦時下の昭和18年。タイピストとしてインドシナへ渡った幸田ゆき子は、技師の富岡兼吾と出会う。富岡には日本に残してきた妻がいたが、2人は恋に落ちる。終戦後、富岡はゆき子に妻との離婚を約束して日本へ戻る。しかし遅れて帰国したゆき子が東京の富岡の家を訪ねると、富岡はいまだに妻と暮らしていた。そんな富岡に失望したゆき子は別れを決意するが、結局離れることはできず、2人は不倫の関係をずるずると続けていく。ヒロイン・ゆき子を高峰秀子、相手役の富岡を森雅之がそれぞれ好演。

    ネット上の声

    • 騙されても一途に愛を追い求める終戦期の女性の強さと哀しさを感じた。...
    • 成瀬が描く堕落愛、それも1つの愛の結実
    • 森雅之さん、似合ってます。こういう役
    • 男と女の恋愛心理を描き出す名作!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1955年
    • 製作国日本
    • 時間124分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演高峰秀子
    • レンタル
    • 定額
  16. 妻の心
    • B
    • 3.72
    「鬼の居ぬ間」の井手俊郎のオリジナル・シナリオを「驟雨」の成瀬巳喜男が監督、夫婦愛の機微を描き出そういう野心作。撮影は「女房族は訴える」の玉井正夫。主な出演者は「新・平家物語 義仲をめぐる三人の女」の高峰秀子、「婚約三羽烏」の小林桂樹、根岸明美、中北千枝子、「愛情の決算」の三船敏郎、田中春男、「見事な娘」の杉葉子、「鬼の居ぬ間」の千秋実、「幸福はあの星の下に」の花井蘭子、「裁かれる十代」の加東大介など。

    ネット上の声

    • 巨匠がのっているときは、尋常ではない傑作が連続して作られます
    • ★昭和30年代初頭の雰囲気に浸れる
    • 昭和30年ごろのホームドラマ
    • 三船敏郎が浮いている
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演三好栄子
  17. 17

    めし

    めし
    • B
    • 3.70
    製作は「哀愁の夜(1951)」の藤本真澄。朝日新聞連載中絶筆となった林芙美子の原作から「哀愁の夜(1951)」の井手俊郎と「少年期」の田中澄江とが共同で脚本を執筆、「舞姫(1951)」の成瀬巳喜男が監督に当っている。撮影は「武蔵野夫人」の玉井正夫である。出演者は、「死の断崖」の上原謙と島崎雪子、「麦秋」の原節子と杉村春子、二本柳寛、「赤道祭」の杉葉子と山根壽子、「平手造酒(1951)」の山村聡、花井蘭子などの他に、進藤英太郎、大泉滉、風見章子、中北千枝子、小林桂樹などである。

    ネット上の声

    • 【原作者の林芙美子は、原節子の起用に対し”美しすぎる。全く原作のイメージと異なる・・”と反対したが、”遣る瀬泣き男”じゃなかった、成瀬己喜男が主役に起用し、原節子の第二期黄金時代を彩った作品。】
    • 諦めに近い男女間・夫婦間の機微が細やかに…
    • 成瀬巳喜男&林芙美子。主演・上原謙&原節子
    • 人々のすれ違いが、自然な勘違いや言葉足らずによって、コミュニケーションの一部とし
    夫婦、 大阪が舞台、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演上原謙
    • レンタル
    • 定額
  18. おかあさん
    • B
    • 3.65
    名匠・成瀬巳喜男監督が、戦後の下町を舞台に庶民の日常を温かいまなざしでつづった家族ドラマ。全国児童つづり方集「おかあさん」をもとに、名脚本家・水木洋子が脚色した。戦災で家業のクリーニング店を失った福原家は、父が工場の守衛、母が露店の飴売り、長女も今川焼を売り、苦労の末にようやく店を再開させる。病に伏せていた長男は亡くなったが、父の弟子・木村が店を手伝ってくれることに。そんな矢先、父が他界してしまう。母は2人の娘と幼い甥を抱え、木村の手ほどきを受けながら必死に店を切り盛りしていく。母を田中絹代、長女を香川京子が演じた。

    ネット上の声

    • 成瀬巳喜男監督の代表作は、本作3年後の1955年の「浮雲」とされるようですが、本作こそ代表作にふさわしい作品と思います 大好きな作品です
    • 苦労を重ねながら堅実に生きる、そんな日本のおかあさんの実像を描く成瀬演出の確かさと美しさ
    • 成瀬監督が描く、“我慢”の世界が心を打つ
    • 加東大介 まさに此の役 面目絶妙 
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1952年
    • 製作国日本
    • 時間100分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演田中絹代
    • レンタル
    • 定額
  19. 放浪記
    • C
    • 3.62
    東宝が創立三十周年記念映画の一つとして、林芙美子原作から「旅愁の都」の井手俊郎と「女ばかりの夜」の田中澄江が共同で脚色、「女の座」の成瀬巳喜男が監督した文芸もの。撮影もコンビの安本淳。創立30周年記念映画、昭和37年度芸術祭参加作品。

    ネット上の声

    • ペシミズムの中に存在する 生きる力☆
    • 成瀬監督 パンクな女を描く
    • 高峰秀子の演技の幅に驚く。
    • 林芙美子という人・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間123分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演高峰秀子
  20. 女の中にいる他人
    • C
    • 3.55
    エドワード・アタイヤの「細い線」を「肉体の学校」の井手俊郎が脚色、「乱れる」の成瀬巳喜男が監督した心理ドラマ。撮影は「けものみち」の福沢康道。

    ネット上の声

    • 新珠三千代がどんどん険しい表情に…
    • 77点 お見事!新珠&三橋さん!
    • 悪女も賢女も,女って怖いね〜
    • 後半、緊迫感やや欠ける・・・
    花火が印象的、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間102分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演小林桂樹
  21. 女の歴史
    • C
    • 3.52
    「越前竹人形」の笠原良三がオリジナル・シナリオを執筆「放浪記(1962)」の成瀬巳喜男が監督した女性ドラマ。撮影は「続雲の上団五郎一座」の安本淳。

    ネット上の声

    • 激動の時代を懸命に生きる女性
    • 人と関わるということ
    • 昭和の女の半生
    • ひとりぽっち
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間126分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演高峰秀子
  22. 夜ごとの夢
    • C
    • 3.52

    ネット上の声

    • サイレントで鍛えられるアイディア
    • サイレント映画の高水準を示す佳作
    • キャラメルは明治♡
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1933年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演栗島すみ子
  23. 山の音
    • C
    • 3.52
    川端康成の原作を、「にごりえ」の水木洋子が脚色、「あにいもうと(1953)」の成瀬巳喜男が監督した。「愛人」の玉井正夫の撮影、「恋文(1953)」の斎藤一郎の音楽である。主な主演者は、「にごりえ」の山村聡、丹阿弥谷津子、長岡輝子、「東京物語」の原節子、「にっぽん製」の上原謙、「家族あわせ」の角梨枝子、「純情社員」の杉葉子、「恋文(1953)(1953)」の中北千枝子など。

    ネット上の声

    • 成瀬監督とスタッフの手腕が結集された逸品
    • 奥行きが深く見えるビスタ(展望)
    • 原作をここまでうまく映画化できる
    • 原作を読まないとわからない要素
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演原節子
    • レンタル
    • 定額
  24. 24

    晩菊

    晩菊
    • C
    • 3.52
    藤本真澄製作による林芙美子原作の映画化。「めし」のコンビ田中澄江(魅せられたる魂)と井手俊郎(落語長屋は花ざかり)が共同脚色し、「山の音」の成瀬巳喜男が監督している。撮影は「芸者小夏」の玉井正夫、音楽は「金色夜叉(1954)」の斎藤一郎。出演者は「勲章」の杉村春子、「わたしの凡てを」の上原謙、有馬稲子、「七人の侍」の加東大介、「御ひいき六花撰 素ッ飛び男」の小泉博などである。

    ネット上の声

    • 元芸者の女性たちを冷徹に描いた傑作
    • お金がないのは不幸か
    • 因業ばあさんに共感
    • 芸者のその後
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間102分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演杉村春子
    • レンタル
    • 定額
  25. ひき逃げ
    • C
    • 3.48
    「六條ゆきやま紬」の松山善三のオリジナル・シナリオを、「女の中にいる他人」の成瀬巳喜男が監督した社会ドラマ。撮影は「エレキの若大将」の西垣六郎。

    ネット上の声

    • 加害者と被害者は誰でも両方持っている
    • 母親の復讐は想定外の感情に揺れて…
    • 息子をひき逃げで失った女の復讐劇
    • 大変失礼ながら(って誰に?)
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演高峰秀子
  26. 26

    妻
    • C
    • 3.26
    林芙美子の『茶色の目』を原作とし、主なスタッフは「夫婦」の監督成瀬巳喜男、脚本井手俊郎、音楽斎藤一郎のトリオ。撮影は「七色の街」の玉井正夫である。「煙突の見える場所」の上原謙、「人生劇場 第一部」の高峰三枝子、「生きる」の丹阿弥谷津子をめぐって伊豆肇、高杉早苗、三國連太郎、中北千枝子などが出演する。

    ネット上の声

    • 夫婦生活の倦怠・甘えをドライに描く
    • 恋をする、さりげない瞬間に
    • キーワード
    • モノローグで始まり、モノローグで終わる夫婦
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演上原謙
  27. あにいもうと
    • C
    • 3.22
    室生犀星往年の名作の再映画化。「愛情について」の水木洋子が脚本をかき「妻」の成瀬己喜男が監督にあたった。撮影は「胡椒息子」の峰重義。出演者は「黒豹」の京マチ子、「胡椒息子」の船越英二、潮万太郎、「獅子の座」の浦辺粂子、堀雄二、「再会(1953)」の森雅之、久我美子、などである。

    ネット上の声

    • 原作の良さを最大限に生かした脚本・演出・演技の見事な成瀬作品、その簡潔さと完成度の高さ
    • 成瀬監督が描く厭世的作風から見えるもの
    • 血縁ゆえの愛憎を描いた家族映画の秀作
    • 伊之吉の妹、もんちゃんとさんちゃん
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演京マチ子
    • レンタル
  28. 石中先生行状記
    • C
    • 3.21
    「望みなきに非ず」の製作者藤本真澄の担当で、小説新潮連載の石坂洋次郎の原作を「深夜の告白」の八木隆一郎が脚色を執筆、監督は「春の目ざめ」以来の成瀬巳喜男が久方の担当である。キャメラは「小原庄助さん」の鈴木博。医学博士、洋画家でラジオの「二十の扉」の宮田重藏が出演する他「男の涙」の渡辺篤「忘れられた子等」の堀雄二「青い山脈(1949)」の藤原釜足と同じく池部良、杉葉子らをはじめ「野良犬(1949)」の三船敏郎、「大都会の顔」の若山セツ子、「静かなる決闘」の中北千枝子が出演する外、進藤英太郎、飯田蝶子らが助演する。

    ネット上の声

    • 日常をつぶさに描き、それがドラマとなる
    • 3話オムニバスのほのぼのコメディ
    • 石坂洋二郎原作のオムニバス三本
    • 三話入って御代は同じ!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1950年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演宮田重雄
  29. 君と別れて
    • C
    • 3.20
     成瀬巳喜男が自身初となる長編オリジナル脚本を監督したサイレント作品。成瀬のサイレント時代の代表作とされている。

    ネット上の声

    • 成瀬巳喜男&水久保澄子!!
    • チョコレートは明治♡
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1933年
    • 製作国日本
    • 時間60分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演吉川満子
  30. 30

    夫婦

    夫婦
    • C
    • 3.19
    「丘は花ざかり(1952)」の藤本真澄の製作で、脚本も同じく水木洋子と井手俊郎が共同で書いている。監督は「稲妻(1952)」の成瀬巳喜男、撮影は「丘は花ざかり(1952)」の中井朝一である。配役の主なものは、「丘は花ざかり(1952)」の上原謙、杉葉子、「恐妻時代」の小林桂樹、「春の囁き」の三國連太郎と岡田茉莉子、「港へ来た男」の藤原釜足などである。

    ネット上の声

    • 夫婦の危機を絶妙のバランスで表現
    • 結婚して6年も経つと..。
    • 名匠の腕が光る
    • 成瀬恐るべし
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演上原謙
  31. コタンの口笛
    • C
    • 3.19

    アイヌ民族への差別と和解がテーマ。しかし原作とは違い悲惨な描写が多い

    アイヌ民族の子供の苦悩を描いた、石森延男の同名長篇小説から、「隠し砦の三悪人」の共同脚本執筆者の一人、橋本忍が脚本を書き、「鰯雲」の成瀬巳喜男が監督した。撮影は「社長太平記」の玉井正夫。

    ネット上の声

    • イカンテばあちゃん役・三好栄子さんの魂の演技に、私はしばらく泣きっぱなし!!
    • もっと前向きに作ってほしかった。
    • 志村喬みたいな俳優は無意識化で”善き人”だと刷り込まれているから、差別側に回られ
    • この世界の片隅にでも思ったけど、こんなに辛いことが続いてもひたむきに生きる姿があ
    人種差別、 社会派ドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間126分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演森雅之
  32. お国と五平
    • C
    • 3.13
    製作は清川峰輔と「佐々木小次郎 (第一部)(1950)」の宮城鎭治で、谷崎潤一郎の原作から「霧笛」の八住利雄が脚本を書き、「めし」の成瀬巳喜男が監督に当たっている。撮影は「赤道祭」の山田一夫。出演者の主なものは、「紅扇」の木暮実千代、「慶安秘帖」の大谷友右衛門、「魚河岸帝国」の山村聡及び田崎潤のほか、三好栄子、柳谷寛、藤原釜足などである。

    ネット上の声

    • 木暮実千代がドエロい!
    • 卑、卑怯者~!
    • 夫の仇討ちに出た妻・お国と従者・五平が旅をしていくうちに互いに惚れあっていること
    • あの日は肋骨を患っていて__というのも肋間神経痛か気胸かとも囁かれた胸から背中に
    時代劇
    • 製作年1952年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演木暮実千代
  33. 腰辨頑張れ
    • D
    • 3.04

    ネット上の声

    • 腰辨頑張れ(腰弁頑張れ)
    • 腰弁=安月給とり
    • 80年前とは思えない新鮮さ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1931年
    • 製作国日本
    • 時間28分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演山口勇
  34. 白い野獣
    • D
    • 2.85
    「わが愛は山の彼方に」の田中友幸製作。脚本は「春の目ざめ」(脚本・演出)につぐ成瀬巳喜男と西亀元貞(第一回)の協同で、成瀬巳喜男が演出した。撮影は「音楽五人男」の玉井正夫担当。主演は「女優須磨子の恋」(松竹)「第二の人生」の山村聡、「戦争と平和」「雲は天才である」(準備中)の飯野公子、「わが愛は山の彼方に」の三浦光子で、ほかに木匠久美子、千石規子、北林谷栄、石黒達也らが出演する。

    ネット上の声

    • 性病の 影響で精神異常になってしまった女性が恐すぎた😢顔付きがもう ホラー😨
    • フラッパーヘアでオーバーオールの売春婦更生施設のみなさんサイコー明日わたしもオー
    • いくら許せなかったとは言え生活のために身を売った彼女にあんなひどい一言絶対に言え
    • 女(中北千枝子)の過去の過ちを心の底では許せない復員兵(岡田英次)というエピソー
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1950年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演山村聡
  35. 銀座化粧
    • D
    • 2.85
    製作は「若さま侍捕物帳 謎の能面屋敷」「女左膳」の伊藤基彦、井上友一郎の原作を「桃の花咲く下で」の岸松雄が脚色し、「薔薇合戦」の成瀬巳喜男が監督に当たっている。主なキャストは、「おぼろ駕篭」の田中絹代、「桃の花咲く下で」の花井蘭子、「赤い鍵」の堀雄二、それに香川京子、東野英治郎、柳永二郎、三島雅夫、田中春男など。

    ネット上の声

    • 本作、おかあさん、晩菊 続けてご覧頂くと感慨深いものがあります
    • 田中絹代の演技をひたすら見つめる作品だった
    • 成瀬監督が、女性映画の名手と言われる所以
    • 満足に舗装もされていない銀座
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演田中絹代
    • 定額
    • 定額
  36. 生さぬ仲
    • D
    • 2.74
    「我輩は探偵でアル」の市川哲夫の次作品、新派往年の当り狂言柳川春葉の同名の原作を「フランチェスカの鐘」の沢村勉が脚色している、撮影は倉持友一、プロデュースは石田清吉の担当、出演は「晩春」の宇佐美淳「白虎」の市川春代「真昼の円舞曲」の吉川満子「薔薇はなぜ紅い」の浜田百合子「深夜の告白」の河津清三郎「四谷怪談(1949)」の三津田健「暁の脱走」の小沢栄「我輩は探偵でアル」でデビューした紅朱実、小川芸能社長小川吉衞氏の娘で「新愛染かつら」にデビューした小川弘子などである。

    ネット上の声

    • 初めての成瀬巳喜男監督作品
    • 煙草に火をつける動作でシーンを繋げたり、足元のショットだけで感情を表現したり、洗
    • 多用されるズーミングが今見ると古臭いなあ、と思っていたのだが、筑波雪子が娘を取り
    • ズームを使いすぎるかどうか分からないけど、いくらか違うところがあるとも言える
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1932年
    • 製作国日本
    • 時間78分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演奈良真養
  37. 限りなき舗道
    • E
    • 2.55

    ネット上の声

    • 幸福はどこにあるの?
    • 一部納得がいかない
    • 他の監督の都合がつかずにお鉢が回ってきた企画だったということが俄には信じられない
    • 「僕、結婚したら会社へでも勤めようと思うよ」とスーパー金持ちの若旦那は言った
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1934年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演忍節子
  38. 薔薇合戦
    • E
    • 2.50
    戦争前、都新聞に連載されていた丹羽文雄の小説が原作であって、これを「怒りの街」の西亀元貞が戦後的に脚色し、「白い野獣」「怒りの街」の成瀬巳喜男が監督している。美術監督には松山崇が当っている。主演は「女医の診察室」の三宅邦子、「山のかなたに」の若山セツコ、「接吻第一号」の桂木洋子、それに対して男優側では、「接吻第一号」の鶴田浩二、「君が心の妻」の永田光男、「帰郷(1950)」の仁科周芳、その他大坂志郎、女優では千石規子、若杉曜子などが重要なパートで出演している。

    ネット上の声

    • 企業と女たち
    • 三姉妹の長女三宅邦子の見えざる支配に追従する次女若山セツ子と反発する三女桂木洋子
    • 次女の大人しい若山セツ子が、長女の女社長三宅邦子に初めて自分の意見を言い歯向かう
    • 原作のせいかもしれないけど、出てくる人みんな脳みその使い方が似ててそれがなんだか
    • 製作年1950年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演三宅邦子
  39. 愉しき哉人生
    • E
    • 2.31

    ネット上の声

    • もし時空を越え現代に紫式部がいて浮遊するドローンを見たならば『源氏物語』の一節に
    • おとぎ話っぽいがそれも善き哉
    • 戦前ファンタジー?
    • 最初は胡散臭すぎて、こりゃ詐欺の話かねと思ったけど、最後の方には私も幸せで笑顔に
    コメディ
    • 製作年1944年
    • 製作国日本
    • 時間80分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演柳家金語楼
  40. 不良少女
    • E
    雑誌『小説新潮』に掲載された田村泰次郎の短編小説から成瀬巳喜男が、一昨年東宝で発表した「春の目ざめ」の続編として脚色し、久々に演出に当たる。スタッフとして企画の本木莊二郎、撮影の玉井正夫、キャストとして久我久美子、木匠久美子、立花満枝、登山清子らが東宝から参加している。他に「四人目の淑女」の森雅之「月よりの使者(1949)」の喜多川千鶴に、東横から小杉勇、青山健吉、如月麗子が出演し、更に「野球狂時代」につぐ杉狂児、杉義一親子、昭和十三年度の日活映画「路傍の石」の片山明彦と星美千子が十一年ぶりに顔を合わせる。
    • 製作年1949年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演小杉勇

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。