スポンサーリンクあり

全49作品。バーバラ・スタンウィックが出演した映画ランキング

  1. 四十挺の拳銃
    • A
    • 4.05
     力が物を言う西部開拓時代のアメリカ。アリゾナのコーチス郡。

    ネット上の声

    • 暴走する馬のOP
    西部劇、 アクション
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間81分
    • 監督サミュエル・フラー
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  2. 深夜の告白
    • B
    • 3.96
    ビリー・ワイルダー初期の作品にして、フィルムノワールの傑作といわれるサスペンス映画。保険外交員のウォルターは、訪問先の人妻から夫に内緒で、彼に傷害保険をかけたいと相談される。ただならぬ様子に一旦は拒絶するが、美しい妻の魅力にとらわれ夫殺害の共犯者に堕ちてゆく。殺人シーンでは、現場に居合わせる人物の表情を長くとらえ、間接的なリアリズムを演出。2人を取り巻く脇のキャラクターも秀逸である。

    ネット上の声

    • 悪女スタンウィックの蠱惑的魅力
    • ワイルダーの演出が光る!☆3つ
    • 『情婦』制作へのステップ作品
    • ワイルダーのサスペンス・・・
    サスペンス
    • 製作年1944年
    • 製作国アメリカ
    • 時間106分
    • 監督ビリー・ワイルダー
    • 主演フレッド・マクマレイ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  3. わたしの願い
    • B
    • 3.63
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間79分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  4. いつも明日がある
    • C
    • 3.58
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国アメリカ
    • 時間84分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  5. 教授と美女
    • C
    • 3.53
    ニューヨークのトッテン財団では、8人の学者たちによる百科事典の編纂が大詰めを迎えていたが、文法学者のポッツ教授がある俗語を耳にしたことから、これまでの努力が世間から隔絶していたことに気づき、街へ調査に出かける。そこで出会ったナイトクラブの歌姫、オシェイに協力を求めるが……。公開当時、アメリカでヒットしたものの、時代の影響で輸入されなかった。ビリー・ワイルダーはホークス演出の見学許可を条件に脚本に参加。翌年には監督デビューしており、これに備えての勉強だったという。

    ネット上の声

    • 老教授らがチャーミングです。
    • "yum yum"っていいなあ~
    • 言葉からキスへの勇気
    • ワイルダー脚本の成果
    恋愛
    • 製作年1941年
    • 製作国アメリカ
    • 時間111分
    • 監督ハワード・ホークス
    • 主演ゲイリー・クーパー
  6. レディ・イヴ
    • C
    • 3.49
    美人の女詐欺師が蛇にしか興味のない御曹司と恋に落ちるラブ・コメディ。監督・脚本は、脚本家として映画の道に入り、数々の話題作の脚本を担当しながらも、「サリヴァンの旅」「結婚五年目(パーム・ビーチ・ストーリー)」「殺人幻想曲」などスクリューボール・コメディの名作を自ら監督してきたプレストン・スタージェス。製作はポール・ジョーンズ、原作はモンクトン・ホッフェ、撮影はヴィクター・ミルナー、編集はスチュアート・ギルモア、美術はハンス・ドライヤー、音楽はジグモンド・クラムゴールドが担当している。主演は、女詐欺師に、「ステラ・ダラス(1937)」「教授と美女」「私は殺される」のバーバラ・スタンウィック、彼女が恋に落ちる世間知らずの御曹司にジョン・フォード、ジョゼフ・L・マンキーウィッツ、ロバート・アルドリッチといった名匠の作品に数多く出演しているヘンリー・フォンダ。その他、エルンスト・ルビッチの「天国は待ってくれる」などに出演し、片眼鏡に葉巻がトレード・マークのチャールズ・コバーンや、苦みばしった顔をしながら根は優しい男を演じて定評があり、「スミス都に行く」などに出演しているウィリアム・デマレストなど。

    ネット上の声

    • 素晴らしい!知らないということは恐ろしい
    • やや笑いにくい作品だが・・・
    • 忘れられた聖林の革命児の遺産
    • 女性と衣装について考える
    恋愛
    • 製作年1941年
    • 製作国アメリカ
    • 時間93分
    • 監督プレストン・スタージェス
    • 主演ヘンリー・フォンダ
  7. 大平原
    • C
    • 3.48
    「平原児」「海賊(1938)」に次ぎセシル・B・デミルが製作・監督した映画で、アーネスト・ヘイコックスの物語をジャック・カニンガムが改作し、「ワイキキの結婚」のウォルター・デレオンが「海賊(1938)」のC・ガードナー・サリヴァン及びジェシー・L・ラスキー・ジュニアと協力脚色したもの。出演は「ゴールデン・ボーイ」のバーバラ・スタンウィック、「デッド・エンド」のジョエル・マクリー、舞台から来たロバート・プレストン、「北海の子」のエイキム・タミロフ及びリン・オヴアマン、「シカゴ」のブライアン・ドンレヴィー、「海賊(1938)」のイヴリン・キース、その他アンソニー・クイン、J・M・ケリガン、ヘンリー・コルカー等である。撮影は「平原児」「海賊(1938)」のヴィクター・ミルナー担当。

    ネット上の声

    • いかにしてアメリカは一つになるのか
    • ノンストップ・アクション大作
    • 線路は続くよどこまでも♪
    • ミスター・デミル あなたの敷いた 線路は
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1939年
    • 製作国アメリカ
    • 時間135分
    • 監督セシル・B・デミル
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  8. 吹き荒ぶ風
    • C
    • 3.44
    「遠い太鼓」のミルトン・スパーリングが主宰するユナイテッド ・ステイツ・ピクチュアズ・プロの1953年作品。メキシコ油田を舞台にした活劇で、監督は「白昼の脱獄」のヒューゴー・フレゴニーズ。「探偵物語」のフィリップ・ヨーダンが脚本を書下ろし、撮影は「遠い太鼓」のシド・ヒッコックス、音楽は「楽園に帰る(1953)」のディミトリ・ティオムキンの担当。主演は「楽園に帰る(1953)」のゲェリイ・クーパー、「深夜の告白」のバーバラ・スタンウィック、「見知らぬ乗客」のルース・ローマン、「世界を彼の腕に」のアンソニー・クインで、ワード・ボンド(「恋は青空の下」)、アイアン・マクドナルド、リチャード・カーランらが助演。

    ネット上の声

    • アクション映画
    • ゲイリー・クーパーもアンソニー・クインもウォード・ボンドもほとんど何もしてないな
    • 本筋が始まるまでのマクラの方が、『黄金』やら『恐怖の報酬』を詰め込んでいて賑やか
    • 本当はG.クーパーとA.クインの石油バカ二人の山師魂の熾烈に山賊をぶっつけた闘争
    西部劇
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間91分
    • 監督ヒューゴ・フレゴネーズ
    • 主演ゲイリー・クーパー
  9. 9

    群衆

    群衆
    • C
    • 3.42
    「或る夜の出来事」のフランク・キャプラ監督、ロバート・リスキン脚本の名コンビが贈る社会風刺ドラマ。解雇されそうになった女性記者アンは、ジョン・ドーという人物が社会抗議のために自殺しようとしているという内容の記事をでっちあげる。大反響を呼んだその記事を利用して発行部数を伸ばすため、オーディションで選ばれた元野球選手の男がドーを演じることに。一躍時の人となった彼は、民衆の偶像として祭り上げられるが……。

    ネット上の声

    • マスコミの政治利用の凄まじさ、熱しやすく冷めやすい大衆、されど米国の民主主義を信じたい・信じられる
    • 民衆とマスメディアの暴走の怖さを描いたアメリカ民主主義の危うさとキャプラ監督の愛ある回答
    • ゲイリー・クーパーに初めて会えた。
    • マスメディアと現代社会を鋭く描写
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1941年
    • 製作国アメリカ
    • 時間124分
    • 監督フランク・キャプラ
    • 主演ゲイリー・クーパー
  10. ステラ・ダラス
    • C
    • 3.38
    同じサミュエル・ゴールドウィンが製作したことのるオリーヴ・ヒギンス・プラウティ作の同名の小説のトーキー化で「愛怨二重奏」「膝にバンジョー」のバーバラ・スタンウィックが主演する。監督には「テキサス決死隊(1936)」「シナラ」のキング・ビダーが当たった。潤色には「名門芸術」のガートルード・パーセルと舞台演出家ハリー・ワグスタフ・グリブルが共同し、脚色には「若草物語(1933)」「愛と光」等のチーム、サラ・Y・メイソンとビクター・ヒアマンが協力し、撮影は「孔雀夫人(1936)」「リリオム」のルドルフ・マテが指揮した。女主人公スタンウィックを助けて「クレイグの妻」「空飛ぶ音楽」のジョン・ボールス、「紅雀」のアン・シャーリー、「知人の愛」のアラン・ヘール等が出演するほか、バーバラ・オニール、マージョリー・メイン、エドモンド・エルトン、ジョージ・ウォルコット、ティム・ホルト等の新顔が助演している。

    ネット上の声

    • “母もの”の原典!
    • (*^^*)
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1937年
    • 製作国アメリカ
    • 時間106分
    • 監督キング・ヴィダー
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  11. 人妻の危機
    • C
    • 3.35
    キャンプ地に脱獄囚が現れる、モーリス・ジムのサスペンス・ラジオ・ドラマの映画化。短縮版。オリジナルは68分。監督はジョン・スタージェス、製作はソル・ベア・フィールディン、原作はモーリス・ジム、脚本はメル・ディネリ、撮影はヴィクター・ミルナー、音楽はディミトリ・ティオムキンが担当。出演はバーバラ・スタンウィック、バリー・サリヴァン、ラルフ・ミーカー、リー・アーカーほか。

    ネット上の声

    • トラブルの発端はあの少年
    • '20 10/16 ジャケ写掲載していただきました
    • 水も滴るいい女
    • 「バーバラ・スタンウィックが出演しているサスペンス映画」というだけで面白そうだが
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間---分
    • 監督ジョン・スタージェス
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  12. クリスマス・イン・コネチカット
    • C
    • 3.21
    「トータル・リコール」「ターミネーター」シリーズなどのアーノルド・シュワルツェネッガーが監督デビューを果たしたコメディー映画。原作はアイリーン・ハミルトン、脚本はジャネット・ブロウネル、ライオネル・ハウザー、アデール・コマンディニ。製作総指揮はスタンリー・M・ブルックス。

    ネット上の声

    • Merry Christmas‼️⛄️🎄✨
    • 特典の短編が傑作
    • What a Christmas !!!
    • 人気フードライターの女性が、その虚像がバレそうになるのを嘘で固めて乗り切ろうとバ
    クリスマス、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1945年
    • 製作国アメリカ
    • 時間101分
    • 監督ピーター・ゴッドフリー
    • 主演バーバラ・スタンウィック
    • レンタル
  13. 呪いの血
    • D
    • 2.98

    ネット上の声

    • マーサ・アイヴァースの奇妙な愛
    • カーク・ダグラスのデビュー作!
    • 子供時代の殺人行為を胸中に潜ませている地方検事夫婦が、かつて行動をともにしていた
    • 冒頭の豪雨が降る中での殺人、陰影の効いた画などいかにもフィルム・ノワールといった
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1946年
    • 製作国アメリカ
    • 時間117分
    • 監督ルイス・マイルストン
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  14. 青春カーニバル
    • D
    • 2.88
    アラン・ワイスの原案を彼とアンソニー・ローレンスが脚色、TVの新鋭ジョン・リッチが演出した青春ドラマ。撮影は「スーザンの恋」のルシエン・バラード、音楽はジョセフ・J・リリーが担当した。出演は「キッスン・カズン」のエルヴィス・プレスリー、「九月になれば」のジョーン・フリーマン、「私は殺される」のバーバラ・スタンウィック、「ミサイル空爆戦隊」のリーフ・エリクソンなど。製作はハル・B・ウォリス。

    ネット上の声

    • エルヴィス目当てに😍
    • バーバラ・スタンウィックが57歳の時に出演した作品ということで鑑賞
    • エルヴィス演じる主人公、心広過ぎる😅
    • プレスリーインサーカス
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1964年
    • 製作国アメリカ
    • 時間101分
    • 監督ジョン・リッチ
    • 主演エルヴィス・プレスリー
  15. 熱い夜の疼き
    • D
    • 2.82

    ネット上の声

    • 中国人の物真似は今ならクレーム必至!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1952年
    • 製作国アメリカ
    • 時間105分
    • 監督フリッツ・ラング
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  16. タイタニックの最期
    • D
    • 2.82
    フェリックス・リーゼンバーク氏原作の「イースト・サイド・ウエスト・サイド」と言う小説を映画化したもので「悲恋の楽聖」「近代恋愛ごっこ」等と同じくアラン・ドワン氏の監督になったものである。ドワン氏が自ら小説をアダブトし、それをキャサリン・ヒリカー女史及H・H・カルドウェル女史が脚色した。主役は「ボクシング修羅王」「雲晴れて愛は輝く」に最近主演したジョージ・オブライエン氏で、「雲晴れて愛は輝く」のヴァージニア・ヴァリ嬢、J・ファーレル・マクドナルド氏、この映画で処女出演をするジューン・コリアー嬢、その他ドーア・デイヴィッドソン氏、ホームズ・ハーバート氏、ジョン・ミルターン氏等が共演している。

    ネット上の声

    • ドラマ性の強いタイタニック☆2つ
    • 氷の海に聖歌が響く時
    • 家族映画としてのタイタニック
    • クラシックの名作!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間98分
    • 監督ジーン・ネグレスコ
    • 主演クリフトン・ウェッブ
    • レンタル
  17. 鍬と星
    • D
    • 2.76

    ネット上の声

    • バーバラ・スタンウィック出演作なので観てみた
    • アイルランドの大英帝国に対する民衆蜂起を描いた極めて暗澹たる思いのする作品ではあ
    • 普通だったら市民蜂起や抵抗の最前線にいる男たちが英雄的主人公として描かれるはずな
    • ジョンフォードが「男の敵」に続いて自身のルーツ・アイルランドを舞台とした作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1936年
    • 製作国アメリカ
    • 時間---分
    • 監督ジョン・フォード
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  18. 紅唇罪あり
    • D
    • 2.75

    ネット上の声

    • 父の営む田舎の酒場で働いていたが日々の客のセクハラが嫌になったので、ニューヨーク
    • プロダクションコードの餌食になった映画だけど、内容にそこまでの影響が出てなくてよ
    • ハリウッドは30年代前半に表現の規制のための審査機構を設け、その規定である「ヘイ
    • なんて魅惑的なんだ!もう瞬殺ノックアウト、あんな妖艶な愁いを含む愛らしきbaby
    • 製作年1933年
    • 製作国アメリカ
    • 時間70分
    • 監督アルフレッド・E・グリーン
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  19. 欲望の谷
    • D
    • 2.74
    「彼等は馬で西へ行く」のルイス・J・ラクミルが製作した1954年作色彩シネマスコープ映画。雑誌“コリア”連載のドナルド・ハミルトンの小説から「雨に濡れた欲情」のハリー・クライナーが脚色、「命を賭けて」のルドルフ・マテが監督した。撮影は「地上より永遠に」のバーネット・ガフィとW・ハワード・グリーン、音楽は「ケイン号の叛乱」のマックス・スタイナーである。出演者は「醜聞殺人事件」のグレン・フォード、「吹き荒ぶ風」のバーバラ・スタンウィック、「目撃者は語らず」のエドワード・G・ロビンソン、ダイアン・フォスター、「彼等は馬で西へ行く」のメイ・ウィン、ブライアン・キース、ワーナー・アンダーソンなど。アメリカではコロムビアより発売された。

    ネット上の声

    • 敵の内部崩壊
    • 馬、牛の暴走が、圧巻
    アクション
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間96分
    • 監督ルドルフ・マテ
    • 主演グレン・フォード
    • レンタル
  20. 第二の妻
    • E
    • 2.62
    マーティン・ヴェールの戯曲からトーマス・ジョブが脚色、英国渡来のピーター・ゴッドフリー(「真夏の曲線美」)が監督した1947年映画で、製作は「裸の町」の故マーク・ヘリンジャー。撮影は「夜も昼も」のペヴァレル・マーレー、音楽は「レベッカ」のフランツ・ワックスマンが担当。「サハラ戦車隊」のハンフリー・ボガート、「私は殺される」のバーバラ・スタンウィック、「夜も昼も」のアレクシス・スミスを中心に、「レベッカ」のナイジェル・ブルース、イゾベル・エルソム、パット・オムーアらが助演する。

    ネット上の声

    • ニューロティックなボギーの怪演
    • '22 12/2 ジャケ写掲載していただきました
    • ボギー、スタンウィックの共演
    • 愛した男は既婚者だった
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1947年
    • 製作国アメリカ
    • 時間99分
    • 監督ピーター・ゴッドフリー
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  21. ゴールデン・ボーイ
    • E
    • 2.62
    「歌へ陽気に」「虚栄の市(1935)」のルーベン・マムーリアンが監督したもので、クリフォード・オデッツ作同名の戯曲の映画化である。脚本は「ステラ・ダラス(1937)」「愛と光」のサラ・Y・メイソン、ヴィクター・ヒアマン組が更にルイス・メルツァー及びダニエル・タラダッシュと協力して書いている。主演者は「ステラ・ダラス(1937)」「膝にバンジョウ」のバーバラ・スタンウィック、「オーケストラの少女」「ステージ・ドア」のアドルフ・マンジュウ及び新人ウィリアム・ホールデンで、「悪漢の町」のジョセフ・カレイア、「夕陽特急」のサム・レヴィーン、新顔のリー・J・コッブ、ベアトリス・ブリン、「暗黒王マルコ」のエドワード・ブロフィー等が助演している。キャメラは「大地」「忘れがたみ」のフロイントの担任。

    ネット上の声

    • バイオリンの名演奏家だが、生活と成功のためにボクシングのチャンプを目指す青年の苦
    • 私の推し女優のバーバラ・スタンウィックの出演作でもあり、なんとあのウィリアム・ホ
    • 話は極端な気もするけど、主人公、ローナ、父親の3人の想いに心揺さぶられました
    • 映画の感想の前に、主人公の父親を演じたリーJコッブに驚いた
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1939年
    • 製作国アメリカ
    • 時間99分
    • 監督ルーベン・マムーリアン
    • 主演バーバラ・スタンウィック
    • 定額
    • レンタル
  22. 夜の看護婦
    • E
    • 2.60
    「壁の中の声」「禁断の華」出演のバーバラ・スタンウィックが主演する映画でドーラ・メイシイの筆になる小説から「市街」のオリヴァー・H・P・ギャレットが脚色し「民衆の敵」「都会の世紀末」のウィリアム・A・ウェルマンが監督したもの。助演者は「近代エロ双紙」のベン・ライオンと「無冠の帝王」のクラーク・ゲーブル、「民衆の敵」のジョージ・ブロンデル、チャールズ・ウィニンジャー、エドワード・ヌージェント、ラルフ・ハロルドその他でカメラは「スヴェンガリ」「地獄の一丁目」のバーニー・マクギルの担任。

    ネット上の声

    • バーバラ・スタンウィックきゃわー
    • 少しガールズムービー風
    • 製作年1931年
    • 製作国アメリカ
    • 時間72分
    • 監督ウィリアム・A・ウェルマン
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  23. 肉體と幻想
    • E
    • 2.59
    夢や幻想の心理的現象が肉体に関連を及ぼす点においてそれぞれ一致したものを持つオスカー・ワイルド、ラスロ・ヴァドナイ、エリス・セント・ジョゼフの3人の短篇小説に基づき、3つの挿話よりなる映画で、製作はジュリアン・デュヴィヴィエとシャルル・ボワイエ、監督はジュリアン・デュヴィヴィエである。出演者はシャルル・ボワイエのほか「ステラ・ダラス(1937)」「母親」のバーバラ・スタンウィック、エドワード・G・ロビンソン、新星ベティ・フィールド、ロバート・カミングス、「駅馬車(1939)」「明日は来らず」「ハリケーン(1937)」等で知られている性格俳優トーマス・ミッチェル等である。

    ネット上の声

    • 第一話、内面が外見を変える、自分自身を愛していてこそ人を愛せる、みたいなメッセー
    • 夢や幻想の心理的現象が肉体に関連を及ぼす点においてそれぞれ一致したものを持つオス
    • 三話オムニバスの第二話目の主役がエドワード・G・ロビンソンで、先日観た「夜は千の
    • 古い映画ですが三話とも普遍的なストーリー ファンタジックでもありロマンチック
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1943年
    • 製作国アメリカ
    • 時間93分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演シャルル・ボワイエ
    • 定額
    • レンタル
  24. 私は殺される
    • E
    • 2.57
    「ラブ・レター(1945)」「カサブランカ」のハル・B・ウォリスが製作したスリラーで1948年作品。ラジオ放送劇としてヒットしたルシル・フレッテャー作のスリラーを、作者自ら脚色し「栄光の都」「凡て此世も天国も」のアナトール・リトヴァクが監督に当たり「盗まれた青春」「栄光の都」ソル・ポリートが撮影いし、「ジェキル博士とハイド氏」のフランツ・ワックスマンが音楽を作曲している。主演は「肉体と幻想」「大平原」のバーバラ・スタンウィックで、新人スターのバート・ランカスターが共演するほか「ラブ・レター(1945)」のアン・リチャーズ、「美しき被告」のウェンデル・コーリー、新顔のハロルド・ヴァーミリア、エド・ベグリー、リーフ・エリックスン等が助演する。

    ネット上の声

    • 電話のベルが恐怖を生み出す
    • 奇妙な依頼
    • 電話の混線により殺人計画の話を聞いてしまって…という端緒を据えるのは現代では絶対
    • 「深夜の告白」に続き、連続バーバラ・スタンウィック主演作を、バート・ランカスター
    サスペンス
    • 製作年1948年
    • 製作国アメリカ
    • 時間89分
    • 監督アナトール・リトヴァク
    • 主演バーバラ・スタンウィック
    • 定額
    • レンタル
  25. 奇蹟の処女
    • E
    • 2.56
    「希望の星」「夜の看護婦」と同じくバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、「結婚双紙」の脚色者ジョン・ミーハンとロバート・リスキンの合作の舞台劇を、「希望の星」のジョー・スワーリングが潤色し、「希望の星」「大飛行船」のフランク・キャプラが監督に当たった。主役を助けて、「男子入用」「キスメット(1930)」のデイヴィッド・マナース、「ハリウッドは大騒ぎ」のサム・ハーディ、「女性に捧ぐ」のベリル・マーサー、「死の拳銃狩」のラッセル・ホプトンが共演する。カメラは「海底二千尺」「大飛行船」のジョセフ・ウォーカーである。

    ネット上の声

    • キャプラらしさが十分感じられる作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1931年
    • 製作国アメリカ
    • 時間90分
    • 監督フランク・R・キャプラ
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  26. 愛の弾丸
    • E
    • 2.53
    「紅唇罪あり」「相寄る魂」のバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、アニー・オークリーの実話に基いてジョセフ・フィールズとエワート・アダムソンが協力して書き卸し、「女装陸戦隊」のジョエル・セイヤーと「快勇二丁拳銃」のジョン・ツウィストが共同脚色し、「乙女よ嘆くな」「旅烏子供連れ」のジョージ・スティーヴンスが監督に当たり、「洞窟の女王」「深夜の星」のJ・ロイ・ハントが撮影した。助演は「ポンペイ最後の日(1935)」「男の敵」のプレストン・フォスターを始め、「社長は奥様がお好き」のメルヴィン・ダグラス、「三銃士(1935)」のモローニ・オルセン、「バワリイ」のパート・ケルトン、「小牧師(1934)」のアンディ・クライド、酋長サンダーバード等という顔ぶれである。

    ネット上の声

    • Jフォードを筆頭にJキューカー、Jターナー、Jマーシャル、そしてJスティーブンス
    • ジョージ・スティーヴンス監督、バーバラ・スタンウィック主演
    • バーバラ・スタンウィックのワーストか?
    • バーバラスタンウィックのアイドル映画
    西部劇
    • 製作年1935年
    • 製作国アメリカ
    • 時間88分
    • 監督ジョージ・スティーヴンス
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  27. 復讐の荒野
    • E
    • 2.24
    殺された父の仇を討つべく、ギャングのボスに戦いを挑んでいくヒロインの活躍を描いた、ジャパニーズ・ウエスタンシリーズの第1作。監督は「MONKEY EXPRESS モンキー・エクスプレス」の室賀厚。脚本は、『オーバーレブ』の濱崎剛志と室賀監督の共同。撮影を「MONKEY EXPRESS~」の加藤孝信が担当している。主演は「DANBALL HOUSE GiRL」の米倉涼子。スーパー16ミリからのブローアップ。

    ネット上の声

    • 傲慢な牧場主を父親に持つ娘の生き様を描いたヒューマン西部劇
    • 西部劇だけど会話のシーンが多い映画でした
    • 単純な仇討ちもの娯楽西部劇かと思ったら、人間ドラマを軸にした見応えのある傑作だっ
    • 土地のためなら邪魔なやつは縛り首にし、自分の名をつけた通貨を発行し、破産したらワ
    西部劇
    • 製作年1950年
    • 製作国アメリカ
    • 時間109分
    • 監督アンソニー・マン
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  28. カリフォルニア
    • E
    • 2.16
    19世紀中頃のカリフォルニアを舞台に、州への昇格に反対する男たちを描く西部劇。ボリス・イングスターの小説の映画化で、脚本はフランク・バトラーとセオドア・ストラウズが共同で執筆。製作はシートン・I・ミラー、監督はジョン・ファーロウ、撮影はレイ・レナハン、音楽はアール・ロビンスン、ヴィクター・ヤングが担当。出演はレイ・ミランド、バーバラ・スタンウィック、バリー・フィッツジェラルド、アルバート・デッカー、アンソニー・クインなど。

    ネット上の声

    • 珍しいバーバラスタンウィックカラー作品
    西部劇
    • 製作年1947年
    • 製作国アメリカ
    • 時間97分
    • 監督ジョン・ファロー
    • 主演レイ・ミランド
  29. 風雲のチャイナ
    • E
    • 1.84
    フランク・キャプラ監督による、中国を舞台にしたメロドラマ。宣教師である婚約者と結婚するため、革命真っ只中の中国へやって来たアメリカ人ミーガン。革命による混乱で婚約者とはぐれ怪我を負った彼女は、イェン将軍に助けられ、彼の豪邸へ連れて行かれる。そこで彼女は、将軍の愛人が敵に極秘情報を流そうとしているのを発見する。理想主義者のミーガンは、許すことによって愛人は考えを改めるのではないかと将軍に提案するが……。

    ネット上の声

    • キャプラ監督作品
    • フランク・キャプラ監督の作品なら…という感じで観てみましたがこれはちょっと私的に
    • アジア人に対する偏見と差別に満ちた昔の映画を冷ややかな目で観るのが割と好きで、本
    • イェン将軍の目元とか髪型なんか変だなと思ったら、演じてたニルスアスターがスウェー
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1933年
    • 製作国アメリカ
    • 時間88分
    • 監督フランク・キャプラ
    • 主演バーバラ・スタンウィック
    • レンタル
  30. 新妻はお医者さま
    • E
    「肉体と幻想」「大平原」のバーバラ・スタンウィックと「運命の饗宴」「荒野の決闘」のヘンリー・フォンダが主演する映画で、ダルトン・トランボの書き下ろしのストーリーに基づき、「アリゾナ(1940)」「真実の告白」と同じくクロード・ビニヨンの脚本、ウェズリー・ラッグルズの監督チームによってなった。
    恋愛、 コメディ
    • 製作年1941年
    • 製作国アメリカ
    • 時間94分
    • 監督ウェズリー・ラッグルス
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  31. 情事の代償
    • E
    サスペンス
    • 製作年1950年
    • 製作国アメリカ
    • 時間100分
    • 監督ロバート・シオドマク
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  32. 希望の星
    • E
    後に「或る夜の出来事」「素晴らしき哉、人生!」などの傑作を生みだしたフランク・キャプラ監督による恋愛ドラマ。富豪の跡取り息子ジェリーは、画家になることを夢見ていた。彼には親が決めた婚約者がいたが、ある日、絵のモデルとして起用した女性ケイと恋に落ちる。当然ジェリーの両親は2人の交際に猛反対するが……。ヒロインのケイを演じるのは、この作品を機にキャプラ作品の常連となるバーバラ・スタンウィック。

    ネット上の声

    • 字幕なしで鑑賞
    • 製作年1930年
    • 製作国アメリカ
    • 時間98分
    • 監督フランク・R・キャプラ
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  33. バファロウ平原
    • E
    「悪の対決」「対決の一瞬」のアラン・ドワン監督による、開拓期のモンタナを舞台にする牧牛業者の権利争いとインディアン蜂起をめぐる西部劇。トム・ブラックバーンの原作を「怒りの刃」のハワード・エスタブルックと「悪の対決」のロバート・ブリースが共同脚色し、「怒りの刃」のジョン・アルトンが撮影した。音楽はルイス・フォーブス。久方ぶりの「烙印なき男」のバーバラ・スタンウィックが女丈夫の女牧童を演じる他、「対決の一瞬」のロナルド・レーガン「殺し屋ネルソン」のジャック・エラム「悪の対決」のランス・エヴァンス等が出演。製作ベネディクト・ボジャース。
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間88分
    • 監督アラン・ドワン
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  34. 三人姉妹
    • E
    「肉体と幻想」「大平原」のバーバラ・スタンウィックと「雨ぞ降る」「彩られし女性」のジョージ・プレントが主演する映画で、スチーヴン・ロングストリート作の小説を「ブルースを唄う女」のレノア・コフィーが脚色、「アメリカ交響楽」「情熱の航路」のアーヴィング・ラパーが監督した。助演者は「暗い勝利」のジェラルディン・フィッツジェラルド、「嵐の青春」のナンシー・コールマン、「シー・ホーク(1940)」のドナルド・クリスプ、新人ギグ・ヤング、「我が道を往く」のジーン・ロックハート、フロンディー・シリーズのラリー・シムズである。なお撮影は「情熱の航路」のソル・ポリートが監督し、音楽は「カサブランカ」のマックス・スタイナーが作曲した。1942年作品。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1942年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督アーヴィング・ラパー
    • 主演バーバラ・スタンウィック
    • レンタル
  35. スピード王
    • E
    「仔鹿物語」「緑園の天使」のクラレンス・ブラウンが製作並びに監督に当った1950年作品。脚本は「謎の下宿人」のバリー・リンドンとマージ・デッカーの書き下ろし。撮影は「夢みる少女」のハロルド・ロッソン、音楽は「暴力行為」のブロニスロウ・ケエパアの担当。主演は「帰郷(1948)」のクラーク・ゲーブルと「群衆」のバーバラ・スタンウィックで、「晴れて今宵は」のアドルフ・メンジュウ、「海の呼ぶ声」のウィル・ギア、「凸凹殺人ホテル」のローランド・ウィンタース、その他リラ・ブリッス、エモリー・パーネル、フランク・ジェンクス、ヘレン・スプリングらが助演する。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1950年
    • 製作国アメリカ
    • 時間91分
    • 監督クラレンス・ブラウン
    • 主演クラーク・ゲイブル
  36. 壁の中の声
    • E
    チャニング・ポロックの筆になる小説「扉の記号」を映画化したもので脚色は「噂の女」「アリバイ」のC・ガードナー・サリヴァン、台詞は「奇略縦横」のジョージ・スカーボロウ、監督は「彼の捕えし女」「愛欲の人魚」のジョージ・フィッツモーリス、カメラは「紐育の囁き」「アリバイ」のレイ・ジューンがそれぞれ担当している。主演者は「愛欲の人魚」「殺人倶楽部」のロッド・ラ・ロック、新進バーバラ・スタンウィックで「脱走兵」「心の歌」のウィリアム・ボイド、「シンギング・フール」「ソニー・ボーイ」のベティー・ブロンソン、ハリー・スタッブス、ザス・ピッツ、ハリー・メステイヤー、マック・スウェイン等が助演。ちなみにこの物語は1921年にも映画化されたことがあるものである。
    • 製作年1929年
    • 製作国アメリカ
    • 時間70分
    • 監督ジョージ・フィッツモーリス
    • 主演ロッド・ラ・ロック
  37. 十仙ダンス
    • E
    「希望の星」「夜の看護婦」のバーバラ・スタンウィックが主演する映画。原作及び脚色者は共に「大飛行船」「ラスト・パレイド」と同じくジョー・スワーリング、ドロシー・ハウエルで監督者は「悪漢の歌」のライオネル・バリモア。主演者を助けて「マルタの鷹(1931)」「繁昌娘」のリカルド・コルテス、「彼女の名誉」「恋愛即興詩」のモンロー・オウスリー、「都会の世紀末」「蹴球大学」のサリー・ブレーンデイヴィッド・ニュウェル、シドニー・ブレイシー等が出演する。キャメラは「無冠の帝王」「二十四時間」のアーネト・ホーラーと「ショー・ボート」「薫る河風」のギルバート・ウォーレントンの二人が担当。
    • 製作年1931年
    • 製作国アメリカ
    • 時間80分
    • 監督ライオネル・バリモア
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  38. 女囚の意気地
    • E
    • 製作年1933年
    • 製作国アメリカ
    • 時間---分
    • 監督ハワード・ブレザートン
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  39. 39

    母
    • E
    かつてコリーン・ムーア主演で映画化されたエドナ・ファーバー作の小説「ソー・ビッグ」のトーキー化で、「狂へる天才」「悪魔スヴェンガリ」を脚色した故J・グラブ・アレキサンダーと「男子入用」「支配する声」のロバート・ロードが脚色し、「民衆の敵」「天晴れウォング」のウィリアム・A・ウェルマンが監督に当たり、「最後の偵察」「腕の男」のシド・ヒコックスが撮影した。主役は「希望の星」「夜の看護婦」のバーバラ・スタンウィックが勤め、「怪探偵張氏」のジョージ・プレント、「ウォタルウ橋」のベティー・デイヴィス、「都会の世紀末」「異国の母」のディッキイ・ムーア、「摩天樓の悲劇」「狂へる銀翼」のハーディー・オルブライト、「鉄窓と花束」「大西洋横断」のアール・フォックス、「夜の天使」のアラン・ヘール、「鉄壁の男」のドーン・オデイ、ロバート・ワーウィック、アーサー・ストン、メイ・マディスン、ドロシー・ピーターソン、ハリー・ペレスフォード等である。
    • 製作年1932年
    • 製作国アメリカ
    • 時間80分
    • 監督ウィリアム・A・ウェルマン
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  40. 愛怨二重奏
    • E
    「小都会の女」「愛の花篭」のロバート・テイラーと「ガルシアの伝令」「花嫁の家出」のバーバラ・スタンウィックとが主演する映画で、ジョージ・オーアバックの原作を「脱線僧正」のレオン・ゴートンと「彩られし女性」のジョン・ミーハンが協力脚色し、「ローズ・マリイ(1936)」「桑港」のW・S・ヴァン・ダイクが監督し、「桑港」「巨星ジーグフェルド」のオリヴァー・T・マーシュが撮影した。助演は「五ツ児誕生」「彩られし女性」のジーン・ハーショルト、「港に異常なし」「僕の脱走記」のジョセフ・カレイア「青春の抗議」のジョン・エルドレッジ、「放送豪華版」のサミュエル・S・ハインヅその他の面々である。
    • 製作年1936年
    • 製作国アメリカ
    • 時間---分
    • 監督W・S・ヴァン・ダイク二世
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  41. 相寄る魂
    • E
    「紅唇罪あり」「女囚の意気地」と同じくバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、「シャーロック・ホームズ(1932)」のバートラム・ミルハウザーが「ビッグ・トレイル」のビューラー・マリー・ディックと共同して書き下ろした台本により「地獄の市長」「男の一頁」のアーチー・L・メイヨが監督し、「ジェニイの一生」「三角の月」のレオン・シャムロイが撮影している。助演者はブロードウェイの人気俳優たるオットー・クルーガー、「たそがれの女」「魔の海底」のラルラ・ベラミーを始め、「女囚の意気地」のルール・ドネリー、舞台女優のローラ・ホープ・クルーズ、「天国爆撃隊」のジョージ・クーパー、「怪特急列車」のフランク・アルバートソン、クララ・ブランディック、ウォーリス・クラークその他の面々である。
    • 製作年1933年
    • 製作国アメリカ
    • 時間---分
    • 監督アーチー・L・メイヨ
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  42. ガルシアの伝令
    • E
    「噫初恋」「奇傑パンチョ」のウォーレス・ビアリー、「愛の弾丸」「近代脱線娘」のバーバラ・スタンウィック、「空飛ぶ音楽」「ロジタ(1936)」のジョン・ボールズが主演する映画で、「情無用ッ」「水兵万歳」のジョージ・マーシャルが監督にあたったもの。エルバート・ハッバートのエッセイとアンドリュー・S・ロウアンの著書を素材として、「戦う巨象」「嵐の三色旗」のW・P・リプスコームが「野性の叫び(1935)」「曲芸団」のジーン・ファウラーと協力して脚本を書いた。助演者は「小牧師(1934)」のアラン・ヘール、「恋のセレナーデ」のハーバート・マンディン、モナ・バリー、エンリケ・アコスタその他で、撮影は「リリオム」「メトロポリタン(1935)」のルドルフ・マテの担当である。
    • 製作年1936年
    • 製作国アメリカ
    • 時間77分
    • 監督ジョージ・マーシャル
    • 主演ウォーレス・ビアリー
  43. 近代脱線娘
    • E
    • 製作年1935年
    • 製作国アメリカ
    • 時間---分
    • 監督シドニー・ランフィールド
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  44. たそがれの女
    • E
    政治家ボブ・グローバーの愛人になり私生児を産んだルル。ロベルタと名づけられた赤ん坊は、やむを得ない事情でグローバーの養女として育てられることになる。時がたち、グローバーは知事として成功する。彼の娘が実は愛人に産ませた子であることを、以前からルルに想いを寄せていた新聞記者ホーランドが嗅ぎつけ、記事にして公表しようとするのだが……。監督は後に「或る夜の出来事」等の作品を遺した名匠フランク・キャプラ。
    • 製作年1932年
    • 製作国アメリカ
    • 時間81分
    • 監督フランク・キャプラ
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  45. 紐育の顔役
    • E
    「愛怨二重奏」「ガルシアの伝令」のバーバラ・スタンウィックと「この三人」「幸福は空から」のジョエル・マクリーが主演する映画で「目撃者(1936)」「ある女の一生」のアルフレッド・サンテルが監督したもの。マックス・ブランドの原作を「四十二番街」のライアン・ジェームズがセオドア・リーヴスと協力脚色した。助演者は「テキサス決死隊(1936)」「無法地獄」のロイド・ノーランを始め「生きているモレア」のスタンリー・リッジス、「壁の穴(1929)」のバリー・マッカラム、新顔のリー・ボウマン、「ガラスの鍵」のアーヴィング・ベーコンその他の面々で、撮影は「一九三七年度の大放送」「青春ホテル」のテオドル・スパークールが担当した。
    • 製作年1937年
    • 製作国アメリカ
    • 時間77分
    • 監督アルフレッド・サンテル
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  46. 花嫁の秘密
    • E
    • 製作年1936年
    • 製作国アメリカ
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演ハティ・マクダニエル
  47. 膝にバンジョー
    • E
    「ニューヨークの顔役」「愛怨二重奏」のバーバラ・スタンウィックと「この三人」「ニューヨークの顔役」のジョエル・マクリーが主演する映画で「小公子」「人妻日記」のジョン・クロムウェルが監督に当たったもの。原作はハリー・ハミルトンの小説で「虎鮫島脱獄」のナナリー・ジョンソンが脚色した。助演俳優は「ショウボート(1936)」のヘレン・ウェストリー、「踊るアメリカ艦隊」のバディー・エブセン「地獄への挑戦」のウォルター・ブレナン、「オペラ・ハット」のウォルター・カトレット、「艦隊を追って」のアンソニー・マーティン、「十字軍」のキャサリン・デミル、ミナ・ゴンベル、スペンサー・チャータース、ヴィクター・キリアン等で、ホール・ジョンスン合唱団も出演している。撮影は「青春の抗議」のアーネスト・パーマーが担当し、作詩作曲は「明朗色時代」のジミー・マクヒュー、ハロルド・アダムソン組である。
    • 製作年1936年
    • 製作国アメリカ
    • 時間96分
    • 監督ジョン・クロムウェル
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  48. 烙印なき男
    • E
    西部劇小説家ゼーン・グレイの原作を脚色したもの。ナチュラマとは、シネマスコープ発祥の地フランスのアナモーフィック・システムを、モークレール博士他の研究により一歩進めた改良型でシネマスコープと比べて遥かに粒子が小さいのが特徴とされ、音響はシネマスコープと同じ、スクリーンの縦横比は1対2.35である。製作、監督はジョセフ・ケイン、脚色は「戦う雷鳥軍団」のケーネス・ガメットとヴァロン・スコットが担当している。主演は「重役室」のバーバラ・スタンウィック、バリー・サリヴァン、(舞台では「ケイン号の反乱に対する軍事裁判」)と「大砂塵」のスコット・ブラディ。
    • 製作年1956年
    • 製作国アメリカ
    • 時間90分
    • 監督ジョセフ・ケイン
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  49. ムーンライター
    • E
    西部劇
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間77分
    • 監督ロイ・ローランド
    • 主演バーバラ・スタンウィック

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。