映画「烙印なき男」のランキング情報

総合評価E
0.00
評価数:0
烙印なき男
西部劇小説家ゼーン・グレイの原作を脚色したもの。ナチュラマとは、シネマスコープ発祥の地フランスのアナモーフィック・システムを、モークレール博士他の研究により一歩進めた改良型でシネマスコープと比べて遥かに粒子が小さいのが特徴とされ、音響はシネマスコープと同じ、スクリーンの縦横比は1対2.35である。製作、監督はジョセフ・ケイン、脚色は「戦う雷鳥軍団」のケーネス・ガメットとヴァロン・スコットが担当している。主演は「重役室」のバーバラ・スタンウィック、バリー・サリヴァン、(舞台では「ケイン号の反乱に対する軍事裁判」)と「大砂塵」のスコット・ブラディ。

「烙印なき男」のランキング情報

1956年
第697位(727件中)
洋画
第33773位(34218件中)
アメリカ
第20744位(20988件中)
1950年代
第12697位(13068件中)
ジョセフ・ケイン監督が制作
第38位(39件中)
バーバラ・スタンウィックが出演
第47位(48件中)
バリー・サリヴァンが出演
第28位(28件中)
メアリー・マーフィが出演
第8位(8件中)
スコット・ブラディが出演
第15位(15件中)