全7作品。ゲームを映画化した映画ランキング

  1. ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン

    ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン
    評価:B3.70


    アニメ、ゲームを映画化、剣と魔法

    ネット上の声

    すべての運命には語るべき理由がある
    クラウド最高!!
    内容は紙のようだけど、映像美に脱帽!
    昔は星3 今では星5 ザックス最高
    製作年:2005
    製作国:日本
    主演:櫻井孝宏
    1
  2. ねこあつめの家

    ねこあつめの家
    評価:B3.60
    スマートフォン用人気ゲームアプリ「ねこあつめ」を基にした、不調が続く小説家と猫の交流を描く心温まる人間ドラマ。『ボクは坊さん。

    コメディ、猫(ネコ)、ゲームを映画化、小説家

    ネット上の声

    ホンワカー
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:蔵方政俊
    主演:伊藤淳史
    2
  3. g@me.

    g@me.
    評価:C3.53
    狂言誘拐を仕組んだ男女の恋の行方を描いたサスペンス。監督は「マナに抱かれて」の井坂聡。東野圭吾原作の『ゲームの名は誘拐』を、「いきすだま 生霊」の尾崎将也が脚色。撮影を「黄昏流星群 星のレストラン」の佐々木原保志が担当している。主演は、「ドラゴンヘッド」の藤木直人と「TRICK トリック―劇場版―」の仲間由紀恵。

    サスペンス、恋愛、誘拐、ゲームを映画化

    ネット上の声

    仲間由紀恵のビンタとミニスカ【!!】
    誰がこのゲームの勝利者なのか?
    もう一度観たいあのシーン
    大人なサスペンス・ラヴ
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:井坂聡
    主演:藤木直人
    3
  4. サイレントヒル

    サイレントヒル
    評価:C3.40
    「サイレントヒル……」と謎の言葉を発して悪夢にうなされながら失踪してしまった最愛の娘シャロン(ジョデル・フェルランド)を探すため、ウェストバージニア州の街“サイレントヒル”を訪れた母親のローズ(ラダ・ミッチェル)。彼女は、忌まわしい過去がある呪われたこの街で、想像を絶する恐怖に襲われる……。

    ホラー、ゲームを映画化

    ネット上の声

    ストーリー展開よりもシーンを楽しみたい人へ
    恐ろしくも美しい世界。織り成す悲しき物語
    映像は大変良。ストーリーは分かりにくい。
    退屈さをやり過ごせば最高のゾンビに会える
    製作年:2006
    製作国:アメリカ/日本/カナダ/フランス
    監督:クリストフ・ガンズ
    主演:ラダ・ミッチェル
    4
  5. スーパーマリオ/魔界帝国の女神

    スーパーマリオ/魔界帝国の女神
    評価:D2.80
    ファミコン・ゲームの人気キャラクターが、地底恐竜都市で大活躍をするファンタジー・アクション。監督は「D.O.A.(1988)」のコンビ、ロッキー・モートンとアナベル・ヤンケル。製作は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のエグゼクティヴ・プロデューサー、ジェイク・エバーツと「シティ・オブ・ジョイ」の監督・製作のローランド・ジョフィ。脚本は「ミステリー・デイト」のパーカー・ベネットとテリー・ランチ、「ビルとテッドの地獄旅行」のエド・ソロモン。オリジナル・デザインは任天堂の宮本茂と手塚卓志。撮影は「パワー・オブ・ワン」のディーン・セムラー、音楽は「永遠に美しく…」のアラン・シルヴェストリが担当。主演は「フ…

    ファンタジー、コメディ、SF、ゲームを映画化

    ネット上の声

    マリオ・マリオとルイージ・マリオ
    マリオの職業は
    意外と
    マリオとは関係ないけどおもしろい。
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:ロッキー・モートン
    主演:ボブ・ホスキンス
    5
  6. ストリートファイター

    ストリートファイター
    評価:E2.42
    ゲームソフトの世界的なベストセラー、『ストリートファイターII』をハリウッドで実写映画化したSFアクション。監督・脚本は「ダイ・ハード1、2」「フリント・ストーン モダン石器時代」などの脚本を手掛け、本作が初監督となるスティーヴン・E・デ・スーザ。製作は「運命の逆転」「クロウ 飛翔伝説」のエドワード・R・プレスマンと、『ストリートファイター』シリーズのゲームメーカー、カプコン社長の辻本憲三。撮影は「ローズマリーの赤ちゃん」「透明人間(1992)」の名手ウィリアム・A・フレイカー。音楽は「クロウ 飛翔伝説」「ハード・ターゲット」のグレアム・レヴェルがスコアを書き、ハマー、アイス・キューブ、パブリック・エネミーら豪華アーティストが楽曲を提供。美術は「タワーリング・インフェルノ」「ポセイドン・アドベンチャー」のウィリアム・J・クレバー、アクション場面の擬斗は「ダイ・ハード1、2」のチャーリー・ピサーニがそれぞれ担当。出演は「ハード・ターゲット」「タイムコップ」の活劇スター、ジャン・クロード・ヴァン・ダム。本作が遺作となった「蜘蛛女のキス」「プレイグ」のラウル・ジュリアを始め、「ジョイ・ラック・クラブ」のミンナ・ウェン、「ジェロニモ(1994)」のウェス・ステューディ、オーストラリア出身のポップシンガーのカイリー・ミノーグ、「モーリス」「フォー・ウェディング」のイギリスの名優サイモン・カラウ、日本の新進俳優の沢田謙也ら、国際色豊かな顔触れが脇を固める。日本公開ではオープニング・フィルムとしてCHAGE&ASKAが歌う挿入歌『Something There』(ランディ・セント・ニコラス演出)のプロモーション・フィルムが上映された。

    アクション、格闘技、ゲームを映画化
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・E・デ・スーザ
    主演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム
    6
  7. ファイナルファンタジー

    ファイナルファンタジー
    評価:E2.09
    監督・原作はゲームシリーズを手がけた坂口博信。アニメーション監督は「タイタニック」のアンディ・ジョーンズ。ステージング監督は「マトリックス」のストーリーボードを担当したタニ・クニタケ。VFXスーパーバイザーはデジタル・ドメインで「フィフス・エレメント」「タイタニック」に携わったレモ・バルセルス。ゲーム「FF」の小高忠男、ジェームズ・ロジャーズらも参加。声の出演には、ミンナ・ウェンはじめ有名俳優が集合。

    SF、ゲームを映画化、剣と魔法

    ネット上の声

    「スカッ」としない駄作
    感想(補完)
    普通
    科学者アキが繰り返し見る夢が人類を救う鍵
    製作年:2001
    製作国:アメリカ/日本
    監督:坂口博信
    主演:ミンナ・ウェン
    7

スポンサードリンク