映画「検察側の罪人」のランキング情報

総合評価D
2.73
評価数:66884
検察側の罪人
木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野。やがて、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。最上を師と仰ぐ沖野も取り調べに力を入れるが、松倉は否認を続け、手ごたえがない。沖野は次第に、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上の方針に疑問を抱き始める。木村がエリート検事の最上、二宮が若手検事の沖野に扮する。

「検察側の罪人」のランキング情報

サスペンス
第2212位(8968件中)
2018年
第609位(1355件中)
邦画
第7016位(28310件中)
2010年代
第5210位(15714件中)
Amazon定額
第1376位(3794件中)
Amazonレンタル視聴
第5389位(13956件中)
U-NEXT定額
第4446位(11353件中)
Netflix定額
第722位(1361件中)
hulu定額
第1193位(2590件中)
原田眞人監督が制作
第14位(31件中)
吉高由里子が出演
第9位(22件中)
二宮和也が出演
第22位(30件中)
木村拓哉が出演
第19位(25件中)
平岳大が出演
第2位(6件中)