全20作品。吉高由里子が出演した映画ランキング

  1. 横道世之介

    横道世之介
    評価:A3.92
    ブルーリボン賞(2014年・作品賞)『パレード』『悪人』の原作者として知られる吉田修一が毎日新聞で連載していた作品を映画化。長崎から上京してきたお人よしの主人公の青年と周囲の人々のエピソードが描かれる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    この世は…「出会い」で満ち溢れている
    年をとればとる程、きっと切なく感じる
    W浅野ならぬW由里子、恐るべし!!
    懐かしく恥ずかしく爽やか
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:沖田修一
    主演:高良健吾
    1
  2. 転々

    転々
    評価:A3.83
    借金を抱えた主人公が100万円の謝礼と引き換えに借金取りの散歩に付きあうコミカルな味わいの人間ドラマ。“脱力系”の代名詞で独自の映像世界を築いている三木聡監督が脚本も務め、直木賞作家・藤田宜永の同名小説を映像化。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    歩いてわかる、東京の良さ、家族の良さ
    『時効警察』ファンの方は是非!
    深夜ドラマの美味しいトコロ
    積み荷は降ろす方向で。
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:三木聡
    主演:オダギリジョー
    2
  3. ユリゴコロ

    ユリゴコロ
    評価:B3.59
    第14回大藪春彦賞を受賞し、第9回本屋大賞にもノミネートされた沼田まほかるのミステリー小説を映画化。ある一家の父の書斎で見つかった殺人者の手記を入口に、殺人に取りつかれた女性の壮絶な人生を描く。

    サスペンス

    ネット上の声

    見るに耐えないシーンは多いが、見応えあり
    原作が気になる。小説向きのような気がする
    原作ファンは大幅な設定変更に覚悟を
    やっぱ吉高由里子は普通じゃないなぁ
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:熊澤尚人
    主演:吉高由里子
    3
  4. 重力ピエロ

    重力ピエロ
    評価:B3.57
    作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説である、傑作ミステリーの映画化作品。数々の伏線を基に、一つに絡み合ったすべての謎が解けたとき、過去から今へとつながる家族の真実が明らかにされる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    サスペンスなんだけど、あたたかい雰囲気に包まれた家族の物語。 悲し...
    原作に魂を揺さぶられたのに、映画は中途半端だ
    ミツバチは留まり泉水と春は生きてゆく
    私が感じた疑問と、原作を読んでの考察
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:森淳一
    主演:加瀬亮
    4
  5. きみの友だち

    きみの友だち
    評価:C3.53
    とあるフリースクールを訪れた記者の中原(福士誠治)は、子どもたちに絵を教えている恵美(石橋杏奈)の友だちについての話を聞く。恵美と病弱で学校を休みがちな由香(北浦愛)は10歳のころから親友同士で、中学になってもいつも一緒だった。2人を取り巻く者たちもそれぞれに不安や迷いを抱える中、由香の体調が悪化していく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    まるで寄木細工のように丹精込めて作り上げられていた
    忘れるんだったら、思い出作らない方がいいよ
    雨の向こうに広がる青空という妥協が残念
    甘くない、でもそのまま受け入れてくれる
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:廣木隆一
    主演:石橋杏奈
    5
  6. 真夏の方程式

    真夏の方程式
    評価:C3.46
    きれいな海に面した玻璃ヶ浦で計画されている、海底鉱物資源の開発。その説明会に招待された物理学者・湯川学(福山雅治)は、緑岩荘という旅館を滞在先に選ぶ。そして、そこで夏休みを過ごす旅館を営む川畑夫婦(前田吟、風吹ジュン)のおい、恭平と知り合う。次の朝、堤防下の岩場で緑岩荘に宿泊していたもう一人の客・塚原の変死体が発見される。図らずも事件に直面した湯川は、旅館廃業を考えていたという川畑夫婦や、夫婦の娘で環境保護活動に奔走する成実(杏)らと塚原の思わぬ因縁を知る。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    真実を知って、それを伝える
    結局、正しい答えはわからないけど映像の美しさと映画的な演出に総合的...
    このシリーズ好きです。 なぜ子供にっていう。やるせなすぎる。
    「全てを知って決断すること」湯川先生の論破が。。
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:西谷弘
    主演:福山雅治
    6
  7. ロボジー

    ロボジー
    評価:C3.46
    弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走していた。しかし、発表直前の1週間前にロボットが大破してしまう。慌てた3人はとっさの判断で、一人暮らしの頑固老人・鈴木(五十嵐信次郎)をロボットの中に入れて出場したところ、鈴木の奇妙な動きが絶賛され……。

    コメディ

    ネット上の声

    「あのー鈴木さん」素朴に面白かったです☆
    “ニュー潮風”はスバル360に似てる♪
    予告編でネタバレさせる愚者たちへ
    【重要】★鑑賞に際する注意点
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:矢口史靖
    主演:ミッキー・カーチス
    7
  8. 検察側の罪人

    検察側の罪人
    評価:C3.44
    『クローズド・ノート』『犯人に告ぐ』などの原作で知られる雫井脩介のミステリー小説を、木村拓哉と二宮和也の初共演で映画化。東京地方検察庁を舞台に、人望の厚いエリート検事と彼に心酔する新米検事がある殺人事件の捜査をめぐってすれ違い、やがて二人の正義がぶつかり合うさまが映し出される。

    サスペンス

    ネット上の声

    捻じ曲がったキムタクと強烈なニノ。
    先入観を持たずに観賞できればなぁ
    異なる正義を貫く2人の検事の戦い
    正直物足りない(試写会で視聴)
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:原田眞人
    主演:木村拓哉
    8
  9. 婚前特急

    婚前特急
    評価:C3.38
    24歳のOLチエ(吉高由里子)は今を楽しく生きるべく、時間を有効利用して5人の彼氏と付き合っていた。結婚する気などさらさらないチエだったが、親友の結婚を機にたった一人の本当の相手を選ぶため、彼氏5人の査定を始める。こうしてチエの本当の相手探しが始まったが……。

    コメディ、恋愛

    ネット上の声

    いちばん!大声を出して笑わせてくれた映画
    吉高由里子様の驚くべき素顔
    納まるところに納まった?
    新作で店頭に並んでいたときから、気になっていて
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:前田弘二
    主演:吉高由里子
    9
  10. GANTZ

    GANTZ
    評価:C3.31
    まったく就職が決まらない大学生の玄野(二宮和也)と、彼の幼なじみで正義感の強い性格の加藤(松山ケンイチ)は、電車にひかれて命を落としてしまう。しかし、黒い謎の球体“GANTZ”が彼らを呼び出し、“星人”と呼ばれる異形の敵との戦いを強いる。加藤は争いを避けるが、玄野はサバイバルに身を投じることを決意する。

    アクション、SF

    ネット上の声

    ジャニーズが多用される本当の理由。
    どうせPART2の前にテレビ放送される
    わけわからんが、それでもハマル
    死後の世界に選ばれた戦士が、謎の星人と闘うSF映画
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:佐藤信介
    主演:二宮和也
    10
  11. GANTZ: PERFECT ANSWER

    GANTZ: PERFECT ANSWER
    評価:C3.28
    「週刊ヤングジャンプ」の奥浩哉の人気コミックを実写映画化したSFアクションムービー『GANTZ』2部作のクライマックスとなる後編。死を迎えた男女たちが黒い謎の球体“GANTZ”に召集され、“星人”と呼ばれる強敵たちとの戦いを繰り広げる様をダイナミックに描く。

    アクション

    ネット上の声

    ぱ〜と1も原作見ていないのですが…^^;
    あれっ、目から汁が・・・
    ちいてん、雰囲気は原作と合っているけど、わけわからなすぎ、70点(ガンツ風評価で書きました)。
    鈴木(田口トモロヲ)がいつの間にか高得点をゲットしていた!?
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:佐藤信介
    主演:二宮和也
    11
  12. 紀子の食卓

    紀子の食卓
    評価:C3.27
    海外でも高い評価を得ている鬼才、園子温が放つ衝撃作『自殺サークル』の続編。生きる実感を求め、レンタル家族にはまる娘たちと、その行方を追う父親の行動を通し家族のあり方や「本当の自分とは?」と問いかける。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    どっちに転ぶかは自分次第
    コインロッカーベイビーズ
    自殺サークルを見たのが多分3年か4年前。 そのアンサーとも言える内...
    これがホームパーティだ←失敗する
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:園子温
    主演:吹石一恵
    12
  13. カイジ2〜人生奪回ゲーム〜

    カイジ2〜人生奪回ゲーム〜
    評価:D3.16
    福本伸行原作の人気コミックを、『DEATH NOTE デスノート』シリーズの藤原竜也主演で実写化したサバイバル・スリラーの続編。再び多額の借金を背負った主人公が大金をゲットするために、まさしく命懸けのゲームに挑む姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    【前作視聴・原作読了】な人の感想
    ビリビリする心理戦が見たい
    原作には到底およばない
    吉高さん、あれ?
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:佐藤東弥
    主演:藤原竜也
    13
  14. カメリア

    カメリア
    評価:D2.97
    物語の舞台は韓国の釜山、テーマは愛という条件で、監督たちが自由に撮り上げた3本のオムニバス・ムービー。釜山国際映画祭と会場の釜山広域市が始めた本プロジェクトには、『怪盗ブラック・タイガー』のウィシット・サーサナティヤン、『地球を守れ!』のチャン・ジュヌァン、そして『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が集い、個性豊かな3人の監督が、それぞれの釜山と愛のドラマを映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    もう1回見たいとは正直思わない
    三作品からなるオムニバス映画
    吉高ちゃん
    「アイアン・プッシー」最高じゃん!
    製作年:2011
    製作国:タイ/日本/韓国
    監督:ウィシット・サーサナティヤン
    主演:ミシェル・シャオワナサイ
    14
  15. 婚前特急 -ジンセイは17から-

    婚前特急 -ジンセイは17から-
    評価:D2.86
    池下チエ、24歳。現在、彼女には5人の恋人がいる。そんな彼女にも純粋な高校時代があった。やんちゃな同級生達と社会人や大学生やらとの合コンに明け暮れていたその頃、チエは青臭い中学生と付き合っていた。仲間には言えない淡い恋。でも、あまりにも幼稚なその交際はやがて終わり「やっぱ若い男はダメだ!」とばかりに方向転換、50代文筆家に乗り換えた。しかしオトナはオトナでいろいろ面倒な事情も多く…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    吉高さんの魅力を知る。
    劇場版と間違った!ww
    おい、タイトル~~!間違えた俺アホか
    ケータイドラマでした。
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:前田弘二
    主演:吉高由里子
    15
  16. 僕等がいた 前篇

    僕等がいた 前篇
    評価:D2.85
    高校時代から社会人にかけての若さならではのピュアな恋を切なく描いた人気コミックを、『ハナミズキ』の生田斗真と『蛇にピアス』の吉高由里子主演で映画化した2章仕立てのラブストーリー前編。吉高演じる女子高生が、人気者だがどこか陰のある生田演じる男子高校生と惹(ひ)かれ合う過程をつづっていく。

    ヒューマンドラマ、青春、北海道が舞台

    ネット上の声

    西野カナに共感できる人は、共感できる映画
    涙がでないのは青春を忘れた私のせい?
    原作好きにはおすすめしない
    恋空もそうだったけど
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:三木孝浩
    主演:生田斗真
    16
  17. 蛇にピアス

    蛇にピアス
    評価:D2.73
    蛇のように割れた舌を持つ男アマ(高良健吾)と出会った19歳のルイ(吉高由里子)は、自分とはまったく違う世界に住む彼と付き合いつつ、アマの紹介で知り合った彫り師シバ(ARATA)とも関係を持ち始める。ルイはピアスを開け、背中に入れ墨を彫り身体改造の痛みと快楽に身を委ねる日々を送るが、どこか満たされぬ思いを抱えていた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「痛み」を感じることでぎりぎり「生きる」
    蜷川御大のタンのみならず体も真っ二つに!
    Hシーン満載でも、勃起つどころか激萎え…
    この映画に共感できないタイプの人間です
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:蜷川幸雄
    主演:吉高由里子
    17
  18. 僕等がいた 後篇

    僕等がいた 後篇
    評価:E2.71
    高校2年生の冬、矢野(生田斗真)は家庭の事情で釧路から東京に転校するが、彼と七美(吉高由里子)は再会を誓い合う。それから数年後、就職活動に明け暮れる七美をそばで支えてくれたのは矢野の親友である竹内(高岡蒼佑)だった。最初は遠距離恋愛を続けていた二人だが、ある日突然矢野はぷっつりと消息を絶ち、音信不通のまま月日だけが流れていった。

    恋愛

    ネット上の声

    人間の感情が映っていない映画に魅力はない
    しょせん、夢見る少女マンガ
    ちょっともったいない・・・
    ハッピーエンドはやめてくれ
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:三木孝浩
    主演:生田斗真
    18
  19. 朝市の嫁さん

    朝市の嫁さん
    評価:E2.48


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    朝市の結婚が
    製作年:2014
    製作国:日本
    主演:吉高由里子
    19
  20. 夕映え少女

    夕映え少女
    評価:E2.40
    川端康成のあまり知られていない初期短編小説の中から女性を描いた4作品を、東京藝術大学大学院映像研究科に在籍する4人の監督が映像化に挑戦したオムニバス映画。『イタリアの歌』『むすめごころ』『浅草の姉妹』、そして表題作『夕映え少女』で主演を務めるのは、吉高由里子や五十嵐令子など期待度の高い若手女優たち。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    難解?いや、制作側の消化不足かと。
    乙女心は、かくも複雑なり…
    消化不良・・・オチが不明
    二人の声も消えてしまった、あゝあれは波瑠
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:山田咲
    主演:吉高由里子
    20