全26作品。二宮和也が出演した映画ランキング

  1. DOOR TO DOOR 〜僕は脳性まひのトップセールスマン〜

    DOOR TO DOOR 〜僕は脳性まひのトップセールスマン〜
    評価:S4.44


    ヒューマンドラマ、家族

    ネット上の声

    良かった。このドラマにはモデルがいた
    英ちゃんに逢いたくなります
    親子の情愛溢れる傑作
    すごいの一言
    製作年:2009
    製作国:日本
    主演:二宮和也
    1
  2. マラソン

    マラソン
    評価:S4.38


    ヒューマンドラマ、実話、自閉症、TVドラマ

    ネット上の声

    彼の後ろにはいつも虹がありました。
    にの演技上手すぎスゴイ
    久しぶりの★5つ作品
    久しぶりに見ました。
    某エンジニア
    ★★★★(4点)
    二宮氏の演技が素晴らしい。 体の動き、発音、目線、全てがリアル。 ふつうの役者の方が、自閉症者を演じる時は、過剰に演じられがちですが、二宮氏はとても自然体。 また主人公の母親の子育て論には、反論も多いようでですが、それもまたリアルだなと感じました。過保護になったり、突き放したり、絶望したり。完璧な人間なんていないですからね。
    製作年:2007
    製作国:日本
    主演:二宮和也
    2
  3. 天城越え

    天城越え
    評価:S4.11


    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    蟹江「重かったでしょう」長塚「ええ」
    人間心理にぐっとくるもの・・
    田中裕子孃
    純愛物語
    製作年:1998
    製作国:日本
    主演:田中美佐子
    3
  4. ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~

    ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~
    評価:A4.06
    『おくりびと』などの滝田洋二郎監督と『母と暮せば』などの二宮和也が初タッグを組み、幻のレシピを追い求める男の姿を描く感動作。“麒麟の舌”と呼ばれる究極の味覚を持つ料理人が、戦時下の混乱の中で消失した伝説の“料理全席”を追い求めるうちに、約70年前のある謎に迫る姿を描写する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    二宮さんが主役である理由が分かりました
    二度目の本番アカデミー賞も狙える作品
    食べず嫌いで、後悔されませんように!
    そのレシピの味(思い)があなたを満たす
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:滝田洋二郎
    主演:二宮和也
    4
  5. 天国で君に逢えたら

    天国で君に逢えたら
    評価:A4.06


    ヒューマンドラマ、実話、サーファー、家族

    ネット上の声

    とてもゆるやかに
    静かな愛
    この世から旅立つ間際に…
    託す想い
    製作年:2009
    製作国:日本
    主演:二宮和也
    5
  6. 青の炎

    青の炎
    評価:A4.01
    家族の平和を守るために犯罪に走った少年の心理を描く青春サスペンス。監督は「魔性の夏 四谷怪談より」の蜷川幸雄。貴志祐介の同名小説を基に、蜷川監督と宮脇卓也が共同で脚色。撮影を「サトラレ」の藤石修が担当している。主演は「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」の二宮和也。

    サスペンス、青春

    ネット上の声

    あなどる・・・どころか、素晴しいんですわ
    酔っ払い親父達の映画談議は的を得ず。
    彼なりの”男”としての使命感
    切なさがいつまでも残ります
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:蜷川幸雄
    主演:二宮和也
    6
  7. 車イスで僕は空を飛ぶ

    車イスで僕は空を飛ぶ
    評価:A3.98


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    リアルだった
    考えさせられました
    “生きる”意味
    製作年:2012
    製作国:日本
    主演:二宮和也
    7
  8. フリーター、家を買う。スペシャル

    フリーター、家を買う。スペシャル
    評価:A3.95
    出演:二宮和也、香里奈 他。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    これがアイドルか…
    製作年:2011
    製作国:日本
    主演:二宮和也
    8
  9. 赤めだか

    赤めだか
    評価:A3.92


    ヒューマンドラマ、青春

    ネット上の声

    おもしろい!
    厳しさとやさしさと
    製作年:2015
    製作国:日本
    主演:二宮和也
    9
  10. 硫黄島からの手紙

    硫黄島からの手紙
    評価:A3.82
    アカデミー賞(2007年)第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる“硫黄島の戦い”を、日本側の視点から描いた戦争映画。硫黄島でアメリカ軍を悩ませた伝説の陸軍中将である栗林忠道と彼の部下たちによる死闘が描かれる。

    ヒューマンドラマ、戦争、実話、リアルな戦闘シーンがある

    ネット上の声

    ベクトルだけでも価値がある
    重く、深く、刻みこむ。
    反戦映画とは何か。
    戦争は肯定できない
    製作年:2006
    製作国:アメリカ
    監督:クリント・イーストウッド
    主演:渡辺謙
    10
  11. ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY

    ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY
    評価:B3.75
    人気アイドルグループ・嵐がスクリーン・デビュー。同じくジャニーズのV6、井ノ原快彦の少年時代のエピソードを随所に織り込み、少年たちの日常を描いた青春ドラマ。監督は「トリック」の堤幸彦。

    ヒューマンドラマ、ヤンキー

    ネット上の声

    堤節がそれなりに強い
    LIFE IS HARD だけど HAPPY
    文化祭で上演している自主制作のような雰囲気
    八塩団地に潜入してみたくなる!
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:堤幸彦
    主演:相葉雅紀
    11
  12. 坊っちゃん

    坊っちゃん
    評価:B3.72


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    非常に良かった
    製作年:2016
    製作国:日本
    主演:二宮和也
    12
  13. 母と暮せば

    母と暮せば
    評価:B3.71
    「父と暮せば」などの戯曲で有名な井上ひさしの遺志を名匠山田洋次監督が受け継ぎ、原爆で亡くなった家族が亡霊となって舞い戻る姿を描く人間ドラマ。原爆で壊滅的な被害を受けた長崎を舞台に、この世とあの世の人間が織り成す不思議な物語を映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    戦争に関する死は「運命」なんかじゃない!
    息子がいる人は 痛いほど わかると思う。
    舞台的、オーバー&直接的表現に入り込めず
    キャスティングって大事だねー
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:吉永小百合
    13
  14. ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY

    ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY
    評価:B3.71
    V6井ノ原快彦の「一風変わった」団地での青春時代のエピソードを原案にした「ピカ☆ンチ」の続編。高校を卒業し、それぞれの道を歩み出した主人公たち5人のその後を描く。出演は、前作に引き続き嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)、山崎一、宮地真緒、櫻井淳子。監督も前作の堤幸彦が続投する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    私もすごく良いと思いました。
    ぜひ前作を見てから。
    いいっ
    LIFE IS HARD だから HAPPY
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:堤幸彦
    主演:相葉雅紀
    14
  15. 少しは、恩返しができたかな

    少しは、恩返しができたかな
    評価:B3.67


    ヒューマンドラマ、実話、難病、TVドラマ

    ネット上の声

    若手俳優陣は最高。でも・・・
    今を生きる
    すばらしい作品です ぜひみていただきたい
    マザコン嫌いは観ない方が・・・
    製作年:2006
    製作国:日本
    主演:二宮和也
    15
  16. ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY

    ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY
    評価:B3.61
    アイドルグループ、嵐がマンモス団地に暮らす腐れ縁の仲間たちにふんするシリーズがおよそ10年ぶりに復活し、バラバラになった彼らが巡り合う姿を描くドラマ。初恋相手の母と年の差結婚をしたハル、息子の教育方針に悩む元暴走集団総長チュウなど、それぞれの環境で暮らす5人の仲間たちの様子と再会を映す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    2週間で撮ったとは思えないくらい笑えた!
    嵐、婚活か?、
    面白かった。ファンにはいいかなー(*^。^*)
    面白かったです。堤色でてた。
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:木村ひさし
    主演:相葉雅紀
    16
  17. 最後の約束

    最後の約束
    評価:C3.52


    ヒューマンドラマ、サスペンス
    製作年:2009
    製作国:日本
    主演:大野智
    17
  18. 鉄コン筋クリート

    鉄コン筋クリート
    評価:C3.51
    1993年から「ビッグスピリッツ」誌上で連載された、松本大洋原作による伝説的な超人気漫画の劇場版アニメ。義理と人情の架空の街“宝町”で自由に飛びまわる2人の少年クロとシロの冒険をダイナミックに描く。

    アニメ

    ネット上の声

    子供の頃確かに鉄コン筋クリートと間違えたりもしたけど、でも題名と違い映画はかなり大人向きアニメだぞ!
    足りないからこそ人を超え、支えあうことで闇に落ちない生き方
    スタジオ4℃と蒼井優のすごさ
    独特な画が印象的
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:マイケル・アリアス
    主演:二宮和也
    18
  19. オリエント急行殺人事件

    オリエント急行殺人事件
    評価:C3.50

    ネット上の声

    三谷版もよかったです
    地上波放送にて鑑賞
    ラヂオの時間は終了しました
    原作よりこっちの方が良い
    製作年:2015
    製作国:日本
    主演:野村萬斎
    19
  20. 黄色い涙

    黄色い涙
    評価:C3.48
    1963年、高度経済成長期真っ只中の東京の阿佐谷で、マンガ家の村岡(二宮和也)、歌手の井上(相葉雅紀)、画家の下川(大野智)、小説家の向井(櫻井翔)ら4人の芸術家の卵たちが、とある計画を実行しようとしていた。ガンに侵された村岡の母を東京の病院に入院させるため、嫌がる母を上京させようとするのだが……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    昭和を生きる青年たちのとある数年を綺麗に魅せています
    私が漫画史研究家として、撮影に資料協力した作品です。
    のんびり
    癒される
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:犬童一心
    主演:二宮和也
    20
  21. 検察側の罪人

    検察側の罪人
    評価:C3.40
    『クローズド・ノート』『犯人に告ぐ』などの原作で知られる雫井脩介のミステリー小説を、木村拓哉と二宮和也の初共演で映画化。東京地方検察庁を舞台に、人望の厚いエリート検事と彼に心酔する新米検事がある殺人事件の捜査をめぐってすれ違い、やがて二人の正義がぶつかり合うさまが映し出される。

    サスペンス

    ネット上の声

    やはり、原作越えは… 映像も 良かったですが、尺の 問題ですかね?...
    捻じ曲がったキムタクと強烈なニノ。
    先入観を持たずに観賞できればなぁ
    異なる正義を貫く2人の検事の戦い
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:原田眞人
    主演:木村拓哉
    21
  22. GANTZ

    GANTZ
    評価:C3.31
    まったく就職が決まらない大学生の玄野(二宮和也)と、彼の幼なじみで正義感の強い性格の加藤(松山ケンイチ)は、電車にひかれて命を落としてしまう。しかし、黒い謎の球体“GANTZ”が彼らを呼び出し、“星人”と呼ばれる異形の敵との戦いを強いる。加藤は争いを避けるが、玄野はサバイバルに身を投じることを決意する。

    アクション、SF

    ネット上の声

    この演出は凄い
    おもしろかったけど、無理して詰め込みすぎの感あり。後編が心配です。
    何が起きているのかもわからないままに、突きつけられる厳しい試練
    死後の世界に選ばれた戦士が、謎の星人と闘うSF映画
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:佐藤信介
    主演:二宮和也
    22
  23. GANTZ: PERFECT ANSWER

    GANTZ: PERFECT ANSWER
    評価:C3.28
    「週刊ヤングジャンプ」の奥浩哉の人気コミックを実写映画化したSFアクションムービー『GANTZ』2部作のクライマックスとなる後編。死を迎えた男女たちが黒い謎の球体“GANTZ”に召集され、“星人”と呼ばれる強敵たちとの戦いを繰り広げる様をダイナミックに描く。

    アクション

    ネット上の声

    ぱ〜と1も原作見ていないのですが…^^;
    あれっ、目から汁が・・・
    ちいてん、雰囲気は原作と合っているけど、わけわからなすぎ、70点(ガンツ風評価で書きました)。
    偉大な原作が中途半端なパラレルワールドになりました
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:佐藤信介
    主演:二宮和也
    23
  24. プラチナデータ

    プラチナデータ
    評価:C3.26
    さまざまな作品が映画化されている東野圭吾の小説を、『ハゲタカ』『るろうに剣心』の大友啓史監督が映画化したサスペンス。DNAデータを基に犯罪捜査が行われる近未来を舞台に、自らが携わるDNA解析捜査で連続殺人事件の容疑者となってしまった科学者の逃亡劇を描く。

    サスペンス

    ネット上の声

    手から伝わる。
    ニノてなんだ
    豊川悦司とニノが良かった。行き過ぎた管理社会みたいな近未来SFもの...
    ○ニノが囁く「プラチナデータ」に何か嵌る
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:大友啓史
    主演:二宮和也
    24
  25. 大奥

    大奥
    評価:C3.25
    男だけを襲う謎の疫病が席巻して8割の男が死に至った江戸時代、すべての重要な仕事を女が占め、男が体を売るという男女逆転の浮世と化していた。その結果、一人の女将軍(柴咲コウ)に3,000人の美しき男たちが仕える女人禁制の男の園、大奥が生まれ、ぜいを極めていたが、そこに一人の若い侍(二宮和也)がやって来る。

    時代劇

    ネット上の声

    男女逆転の社会ってどんなものなのかを見せてくれた
    見方を間違えると、批判しか出来なくなる。
    意外と柴崎出てこない・・ニノ素敵でした
    男女逆転という設定がなぜ必要だったのか
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:金子文紀
    主演:二宮和也
    25
  26. ANOTHER GANTZ

    ANOTHER GANTZ
    評価:D3.02


    ヒューマンドラマ、アクション、SF

    ネット上の声

    ガンツ、自分なりに考えてみました。
    原作知らないですが
    刺激的でした。
    映画の宣伝
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:佐藤信介
    主演:二宮和也
    26

スポンサードリンク