映画「ベスト・フレンズ・ウェディング」のランキング情報

総合評価E
2.56
評価数:5573
ベスト・フレンズ・ウェディング
結婚の決まった元恋人の愛を取り戻そうと悪戦苦闘する女性の姿を描いたラブ・コメディ。処女作「ミュリエルの結婚」でオーストラリアン・アカデミー賞で4部門を受賞したP・J・ホーガンのハリウッド初進出作。脚本は「ため息つかせて」のロナルド・バス、製作はバスと「雲の中で散歩」のジェリー・ザッカー、製作総指揮も同作のジル・ネッターと、「キルトに綴る愛」のパトリシア・ウィッチャー。撮影は「クローンズ」のラズロ・コヴァックス、音楽は「SPACE JAM」のジェームズ・ニュートン・ハワードで、オープニングの『ウィッシン・アンド・ホーピン』などバート・バカラック作曲によるナンバー5曲が物語を彩る。美術は「ディック トレイシー」のリチャード・シルバート、編集は「恋の闇 愛の光」のガース・クレイヴンと「ライトスタッフ」のリサ・フラクトマン、衣裳は「ブロードウェイと銃弾」のジェフリー・カーランド。主演は「マイケル・コリンズ」「世界中がアイ・ラヴ・ユー」のジュリア・ロバーツ。共演は「カンザス・シティ」のダーモット・マルロニー、「真夏の出来事」のキャメロン・ディアス、「プレタポルテ」のルパート・エヴェレット、「羊たちの沈黙」のフィリップ・ボスコ、「ハーモニー」のレイチェル・グリフィス、本作がデビューのキャリー・プレストンほか。

「ベスト・フレンズ・ウェディング」のランキング情報

コメディ
第4141位(9696件中)
恋愛
第2336位(4674件中)
1997年
第275位(828件中)
洋画
第11887位(34223件中)
アメリカ
第6460位(20989件中)
1990年代
第2544位(7348件中)
Amazonレンタル視聴
第6869位(14559件中)
Netflix定額
第847位(1396件中)
結婚
第20位(34件中)
P・J・ホーガン監督が制作
第5位(5件中)
ジュリア・ロバーツが出演
第20位(42件中)
キャメロン・ディアスが出演
第18位(35件中)
ダーモット・マローニーが出演
第14位(27件中)
ルパート・エヴェレットが出演
第11位(25件中)